ウォーターサーバーの勧誘がうざい!しつこい勧誘を断る5つの対処法

ウォーターサーバーの勧誘がうざい!しつこい勧誘を断る5つの対処法

ショッピングセンターや家電量販店などに買い物に行った際、営業マンからしつこくウォーターサーバーの勧誘をされた経験がありませんか?

折角、楽しい気分で買い物をしているのに、興味の無いウォーターサーバーの勧誘をされたら非常にうざいですよね。

いらないと言っているにも関わらず、いつまでも付いてくるし…

中には、営業マンのしつこさに負けて、ウォーターサーバーに契約した人もいるでしょう。

そこでこの記事では、ウォーターサーバーのうざい勧誘を断る対処法を紹介していきます。

今後、うざい勧誘をされた際に上手く断れるように、ぜひ参考にしてみて下さいね。

ウォーターサーバーの勧誘をされている人はかなり多い!

上記、SNSに寄せられているウォーターサーバーの勧誘に関する苦情の一部。

善良な市民が、ウォーターサーバーのうざい勧誘に巻き込まれているみたいです…

ただ、ウォーターサーバーの勧誘されたことない人からすると、どこで勧誘されるのか気になりますよね、

そこで、ウォーターサーバーの勧誘をされる場所を紹介していきます。

ウォーターサーバーの勧誘をされる3つのパターン

ウォーターサーバーの勧誘をされるケースは、大きく分けて下記の3つ。

  • ショッピングセンター
  • 訪問販売
  • 電話勧誘

パターン別にどのような勧誘をされるのか紹介していくので、チェックしてみて下さいね。

ショッピングセンター

最もウォーターサーバーの勧誘を受ける確率が高いのは、ショッピングセンターや家電量販店などです。

買い物をしているお客さんをターゲットにして、営業マンたちがウォーターサーバーの勧誘を行っています。

断ってもしつこく声をかけてくるため、中には言いくるめられて足を止めてしまう人がいます。

しかし、足を止めてしまい営業マンの話に耳を貸してしまうと、その時点で相手のペース。

半ば強引に申し込みの話を進められてしまい、興味もないウォーターサーバーに契約を結ぶ事態に巻き込まれます。

訪問販売

ショッピングセンターほどではありませんが、自宅まで訪れてウォーターサーバーの勧誘をされるケースもあります。

知らない人がいきなり家の前まで来ると少し恐怖を感じますよね…

営業マンはインターフォン越しに「○○株式会社の△△と申します。ウォーターサーバーの訪問販売でお邪魔しました。」

上記のような文句で、ウォーターサーバーの営業を行ってきます。

一度玄関内に入れて、営業マンに耳を貸してしまうとその時点でアウト。

営業マンは話術のプロなので、言いくるめられてしまい、興味もないウォーターサーバーを契約してしまう流れになります。

電話勧誘

手持ちのスマホにいきなり電話がきて、ウォーターサーバーの勧誘をされるケースもあります。

いきなり知らない番号から電話がくると少し怖いですよね…

営業電話をかけてくる業者は、あらゆるネットワークを駆使して、個人の電話番号をゲットしています。

電話に出なければ勧誘される心配はありませんが、電話に出てしまうと、あらゆる話術を活用して勧誘をされることに。

ただ、面と向かって話しているわけではないので、最も断りやすい営業方法と言えます。

「相手のペースに巻き込まれている…」と感じたら、すぐに電話を切ってしまうのが得策です。

そして今後、ウォーターサーバーの営業電話に出ない様に、番号を覚えておくようにしましょう。

ウォーターサーバーが欲しくても勧誘から契約するべきではない

ウォーターサーバーに興味を持っている時に、タイミングよく勧誘を持ち込まれても、その場で契約するべきではありません。

というのも、ショッピングセンターなどで勧誘をしている営業マンは、ほとんどが1社のみしか取り扱っていないため。

1社~2社と少ない選択肢の中から選ばなければならないので、あなたの好みに合ったサーバーに申し込めません。

また、代理店の営業マンで複数メーカーの取り扱いがあっても、1番費用の高いサーバーを進められます。

そのため、申し込みをしてから後悔する人が多く、中にはトラブルには発展することも。

くれぐれも再地場でウォーターサーバーに申し込まない様にしましょう。

ウォーターサーバーのうざい勧誘を上手く断る5つの対処法

「いりません!」とはっきり断れる人であれば、勧誘をされても契約に繋がる心配はありません。

ただ、誘われたらはっきりと断れない人や、上手く言いくるめられてしまう人も多いでしょう。

そこでここからは、ウォーターサーバーに勧誘されたときに上手く断る5つの対処法を紹介していきます。

  • すでにウォーターサーバーを持っていることを伝える
  • 金銭的に申し込めないと伝える
  • 必要が無いことをはっきりと伝える
  • 話を聞く素振りを見せない
  • パンフレットだけ貰い後で検討すると伝える

それぞれの対処法を理解し、勧誘を上手く断れるようになりましょう。

すでにウォーターサーバーを持っていることを伝える

既に持っている人に、無理やり新しいウォーターサーバーを進めてくる営業マンはいません。

そのため、「既に持っているのでいりません」と伝えれば、きっぱりと断れます。

例えウォーターサーバーを持っていなくても、持っていると伝えれば営業マンも諦めるでしょう。

場合によっては「他社からの乗り換えでお得なキャンペーンが受けられます」と言われるケースもあります。

しかし、ほとんど嘘なので、「今のサーバーで間に合っています」と伝えましょう。

金銭的に申し込めないと伝える

ウォーターサーバーの勧誘をする営業マンは「初回の水代無料!」「サーバー設置費用無料」など安さを売りにしてくるケースが多いです。

しかし、最初は無料でも次の月から水代やレンタル代、電気代などが必ずかかります。

そのため、「経済的に無理」と伝えましょう。

金銭面で余裕がない人に無理やり進めるほど、営業マンは冷酷ではありません。

必要が無いことをはっきりと伝える

ウォーターサーバーの勧誘をされた際に、「家では必要ありません!」とはっきり伝えるのが、最も効果的な断り方です。

営業マンにとっても、必要ないことを伝えられれば、そこから営業を仕掛けようという気が起こりません。

ただ、あいまいな返事をすると、相手は様々な話術を交えて言いくるめられてしまうことも。

そのため、勇気を振り絞ってはっきりと伝えられるようにしましょう。

話を聞く素振りを見せない

ショッピングセンターで営業の勧誘を受けた際、足を止めて営業マンの話に耳を傾けてしまうと、無理やり言いくるめられてしまいます。

そのため、足を止めずに話を聞く素振りを見せないのが大切。

しつこく勧誘を持ち込まれても、無視して歩き去ってしまえば、その後の話が進んでいく恐れがありません。

パンフレットだけ貰い後で検討すると伝える

ショッピングセンターなどで声をかけられて、相手のペースに巻き込まれてしまったら、相当上手く言い返さないとそのまま申し込みに進んでしまいます。

興味もないウォーターサーバーに申し込んでも、費用がかかるだけでもったいないですよね。

そのため、はっきりと断れない場合は、「パンフレットだけ貰って検討します」と伝えましょう。

くれぐれも曖昧な返事をして、勧誘に載ってしまってはいけません。

ウォーターサーバーのうざい勧誘を断る際にしてはいけない4つのこと

前の項目でウォーターサーバーの勧誘の断り方を紹介しました。

ただ、勧誘を断る際にしてはいけないことが主に4つあります。

  • 商品について自分から質問をする
  • 「無料」「お得なキャンペーン」などの甘い文句につられない
  • 少ない知識で意見を言う
  • 考えたり躊躇ったりする素振りを見せる

上記の4つをしてしまうと、はっきり断り切れずに契約に至ってしまうことも。

契約して後悔しないためにも、断る際にしてはいけないことを理解していきましょう。

商品について自分から質問をする

ウォーターサーバーについての商品説明を受けている際に、商品に関しての質問をするのはNGです。

というのも、「商品への質問が出る=契約する意思がある」となるので、契約に至ってしまう可能性が高くなります。

「どのような天然水を使っているのですか?」「どのような機能があるんですか?」などの質問はくれぐれもしない様にしましょう。

「無料」「お得なキャンペーン」などの甘い文句につられない

ウォーターサーバーの営業マンは、勧誘の際に「お得なキャンペーンを実施しています」「初回の水代が完全無料です!」などの甘い文句を言ってきます。

ウォーターサーバーについて詳しくない人からすれば、「お得じゃん!」と誘惑されがちかもしれません。

しかし、甘い文句は契約を結ぶために言っているので、つられない様に気をつけましょう。

お得なサービスが受けられたとしても最初が0円なだけで、その後は通常料金の4.000円~6.000円ほどの費用を支払わなければなりません。

少ない知識で意見を言う

ウォーターサーバーに関して少しでも知識がある人でやりがちなのが、知識で対抗すること。

営業マンはウォーターサーバーに関してのプロなので、少し知識があるくらいでは、言いくるめられてしまいます。

相手にしてしまうと契約する可能性が高くなるケースも。

そのため、一番大切なのは相手にしないこと。

相手は営業のプロであることを忘れずに、知識で対抗しない様にしましょう。

考えたり躊躇ったりする素振りを見せる

営業マンの説明を受けている際に、申し込みを検討する素振りや考えている雰囲気を出すのはNGです。

隙を見せてしまうと、その隙に付け込んでくるので、話が進んでしまいます。

そのため、毅然とした態度で断るようにしましょう。

ウォーターサーバーはWEBからの申し込みがおすすめ

ウォーターサーバーに申し込む方法は大きく分けて下記の3つ。

  • 営業からの申し込み
  • メーカーに電話をかけての申し込み
  • 公式ホームページからのWEB申し込み

最もおすすめの申し込み方法は、公式ホームページからのWEB申し込みです。

WEBで申し込みをすると、メーカーごとのお得なキャンペーンを確実に受けられます。

中には、「WEB申し込みのお客様限定」としているメーカーもあるほど。

何よりも、数あるメーカーの中から自分の好みに合わせたサーバーを、ゆっくりと探せるのが大きな魅力です。

ウォーターサーバーの営業では、契約を結ぶために嘘をついている可能性もあるので、くれぐれも騙されない様にしましょう。

ウォーターサーバーを使う理由とは?サーバーを使った方が良い人の特徴を紹介!

ウォーターサーバーは自分でしっかりと選んでから申し込みましょう

この記事ではウォーターサーバーの勧誘の断り方について紹介してきました。

しつこい勧誘を受けた時は、はっきりと断るか、相手にしないのが1番です。

曖昧な態度や悩んでいる素振りを見せてしまうと、その隙に付け込んできて、言いくるめられてしまいます。

また、ウォーターサーバーに興味を持っているタイミングでも、勧誘からの申し込みはしない方が得策。

勢いで申し込んでしまうと、自分の好みに合ったサーバーが見つからず、後々に後悔してしまいます。

必ずWEB上で各メーカーの特徴などを考慮したうえで、自分に合ったサーバーを選ぶようにしましょう!

ウォーターサーバーのメリット・デメリットを紹介!実際に使用している人のリアルな口コミも教えます