ウォーターサーバーのメリット・デメリットを紹介!実際に使用している人のリアルな口コミも教えます

ウォーターサーバーのメリット・デメリットを紹介!必要な人の特徴も解説!

「ウォーターサーバーを申し込もうとしているけどどのようなメリットがあるのか?」

「よく便利って聞くけどデメリットもあるのでは?」

ウォーターサーバーに興味がある人の中には、上記のような疑問を感じている人も多いのではないでしょうか?

もちろんウォーターサーバーを使うメリットは多いですが、人によってはデメリットがあるもの事実。

メリット・デメリットを理解していない状態でウォーターサーバーを申し込んでしまうと、早期解約に繋がってしまい余計な出費が増えてしまうことも。

そのような状況に陥らないためにも、この記事ではウォーターサーバーのメリット・デメリットを解説。

ウォーターサーバーに興味がある人はぜひ参考にしてみて下さいね。

ウォーターサーバーのメリット

ウォーターサーバーを使用する上でどのようなメリットがあるのか疑問に思う人もいるでしょう。

ウォーターサーバーのメリットは下記の通り。

  • 冷水と温水がいつでも飲める
  • ウォーターサーバーで使われているお水は安全性が高い
  • コンビニやスーパーなどで重たい水を買ってくる手間が無くなった
  • 水分補給が習慣化するため健康的になる
  • 災害時の備蓄水としても活用できる

それぞれ見ていきましょう。

冷水と温水がいつでも飲める

ウォーターサーバーの一番のメリットは、コックを一ひねりするだけで、冷水と温水が出てくるという点。

のどが渇いた時にはすぐに冷たい水が飲めて、コーヒーやお茶を飲みたい時にはすぐにお湯が出てくるのでとっても便利です。

冷蔵庫にミネラルウォーターを入れておくと場所を取ってしまたり、お湯ができるまで時間が掛かったりしないため、生活が豊かになります。

また、ウォーターサーバーで使われているお水は、赤ちゃんのミルク作りに最適なお水。

お湯がすぐに出てくるので、赤ちゃんを待たせずに済み、親子両方への負担がかからずに済みますね。

ウォーターサーバーのお水は料理にも最適

ウォーターサーバーで使われているお水は、飲み水だけではなく、料理に使うのも最適です。

特にご飯を炊くときに、ウォーターサーバーのお水を使うと、水道水よりもふっくらとした仕上がりになります。

お水を変えるだけで料理のレベルが一段階アップするので、主婦にとっては嬉しいポイントですね。

ウォーターサーバーで使われているお水は安全性が高い

ウォーターサーバーで使われているお水は、メーカーごとに厳格に定めた基準を合格している非常に安全性の高いお水です。

中には、モンドセレクションを受賞しているほどの世界からも認められているメーカーもあるほど。

そのため、老若男女問わず誰でも口にできるお水となっています。

日本の水道水は非常に安全性が高いとされていますが地域によって、カルキの匂いがしたり、塩素臭がしたりと美味しくない地域もあります。

お水は口にする機会が多いからこそ、味や鮮度などにはこだわってみるもの良いでしょう。

ウォーターサーバーの水は安全!水を安全に保つための4つの仕組み

コンビニやスーパーなどで重たい水を買ってくる手間が無くなる

水道水から出てくるお水を飲むに抵抗がある人は、コンビニやスーパーなどで天然水を買ってきて飲む人がほとんどだと思います。

ただ、ペットボトルのお水を買って、自宅まで持って帰るのは中々面倒ではありませんか?

特に女性や高齢者にとっては、重たいペットボトルを買ってくるのはかなり大変だと思います。

その点、ウォーターサーバーのお水は、配送員の方が自宅まで届けてくれるので買い物に行く手間が無くなります。

日常的な買い物が楽になるのは非常に嬉しいポイントですね。

水分補給が習慣化するため健康的になる

テレビや雑誌などで目にしたことがある人も多いと思いますが、人は1日2Lのお水を飲んだほうが良いと言われています。

というのも、お水をたくさん飲むと体内の不純物が水とともに流れて排出され、老廃物や不純物を取り除く効果が期待できるため。

その点、ウォーターサーバーがお家にあれば、お水を摂取するのが習慣的になるため自然と水分補給する機会が多くなります。

便秘を解消する効果や美肌効果にも繋がるので、健康や美容に気を使っている人には大きなメリットと言えます。

災害時の備蓄水としても活用できる

地震などの災害が起きた際は水道からお水が出なくなり、お水の買い占めが起きる可能性があるため、飲み水や生活用水が確保でき無くなることも。

加えて、コンビニやスーパーなどの買い占めも起きてしまうため、さらに飲み水の確保が困難になります。

そのような災害の緊急時に、ウォーターサーバーのお水が役に立ちます。

ボトルを開封していない状態であれば、おおよそ1年くらいは賞味期限が持つため、長期間の保管が可能。

いざという時に役立つため、非常に安心できますね。

ウォーターサーバーを申し込んで良かった人の口コミ一覧

ウォーターサーバーのメリットが理解できたところで、ここからはウォーターサーバーを申し込んで良かった人の口コミを紹介していきます。

それぞれ見ていきましょう。

ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーのメリットが理解できたところで、ここからはデメリットを紹介。

デメリットを理解しておかないと、申し込んでから後悔してしまう可能性も考えられます。

下記の3つがウォーターサーバーのデメリット。

  • ウォーターサーバーのサイズが大きく設置場所に困ってしまう
  • ペットボトルや浄水器よりも費用が高い
  • ボトル交換やメンテナンスが面倒

それぞれ見ていきましょう。

ウォーターサーバーが大きく設置場所に困ってしまう

まず1つ目のデメリットは、ウォーターサーバーの設置で場所を取ってしまうということ。

スリムなタイプのウォーターサーバーも増えてきましたが、それでも少し大きいため、他の家具が置けなくなってしまうと不満を感じている人もいるようです。

特に、現在住んでいる家が狭いと、設置スペースに悩んでしまいます。

また、小さいお子さんやペットを飼っている家庭では、ウォーターサーバーにいたずらをされてしまい故障に繋がるケースも。

そのような不安や悩みを抱えている人は、卓上型の小型サーバーがおすすめです。

この記事の後半でおすすめサーバーを紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ペットボトルや浄水器よりも費用が高い

各メーカーで異なるものの、ウォーターサーバーにかかる一般的な費用は、水代・サーバーレンタル代・メンテナンス代・電気代・お水の配送料など様々。

コンビニやスーパーなどで天然水を購入する費用に比べて、かなり割高な費用がかかってしまいます。

加えて、月額費用の他にも、初回契約料や解約金、修理費用がかかってしまうケースも。

ウォーターサーバーの費用を少しでも安く済ませたい人は、各メーカーの費用を比較してみましょう。

メーカーによっては、サーバーレンタル費用・水の配送料などを無料としているところもあります。

下記の記事でウォーターサーバーにかかる費用を紹介しているので、合わせて読んでみて下さいね。

ウォーターサーバーは月々いくらかかる?料金の内訳や月額が低いメーカーを紹介!

ボトル交換やメンテナンスが面倒

お水のボトル自体は配送員の方が届けてくれるものの、ボトルの交換は自らで行わなければなりません。

ウォーターサーバーで使われているボトルは。10L前後がほとんどなので、持ち上げるだけでも一苦労。

特に女性や高齢者の方からすれば交換がかなり大変。

ウォーターサーバーによっては、ボトルが軽量化されていたり、ボトル交換口が足元に付いていたりするものもあります。

そのため、様々なウォーターサーバーを比較して検討しましょう。

ウォーターサーバーを申し込んで失敗した人の口コミ

ウォーターサーバーのメリットが理解できたところで、ここからはウォーターサーバーを申し込んで失敗した人の口コミを紹介していきます。

それぞれ見ていきましょう。

おすすめのウォーターサーバー3つを紹介

ここからはウォーターサーバーに興味を持っている人向けて、おすすめのウォーターサーバー3つを紹介していきます。

  • コスモウォーター/smartプラス
  • フレシャス/スラット
  • ワンウェイウォーター

ここでおすすめするウォーターサーバーは、先ほど説明したデメリットを補える機能を搭載しています。

ぜひウォーターサーバー選びの参考にしてみて下さいね。

ボトル交換口が足元に付いているコスモウォーター/smartプラス

最初に紹介するのは、コスモウォーターが出しているsmartプラスというグットデザイン賞を受賞しているウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーは通常、ボトル交換口が上に付いているため、女性や高齢者からするとボトル交換が大変というデメリットがあります。

しかし、smartプラスでは足元にボ突交換口が付いているため、誰でも簡単に交換が可能に。

加えて、高さ110㎝・横幅30㎝・奥行34㎝とかなりスリム設計になっているのも、おすすめするポイントです。

3つのチャイルドロック機能が付いているのも、小さいお子さんがいる家庭にとっては大きなメリットですね。

常温水も出てくるフレシャス/スラット

続いて紹介すするのは、温度調節機能を搭載しているフレシャスのスラットです。

使用者の用途に合わせて温度を調節でき、赤ちゃんのミルクづくりにピッタリの常温水がすぐに用意できます。

また、業界屈指のエコモードを搭載しており、電気代を最大70%カットできるのも嬉しいポイント。

キッズデザイン賞を受賞しているので、小さなお子さんがいても安心して使用できますね。

月額費用を押えたい人におすすめのワンウェイウォーター

ワンウェイウォーター

続いて紹介するのは、月額料金が水代以外かからない魚介最安値を掲げているワンウェイウォーターです。

機種によって多少値段は異なるものの、最も安い機種は、驚愕の1250円。

一般的なウォーターサーバーの月額が4000円前後なので、それと比べても半分以下の価格でウォーターサーバーを使用できます。

まら、エコモードを搭載しており、月々の電気代は446円と家計に優しい省エネ設計なのも嬉しいポイント。

少しでも月額料金を低く抑えたい人におすすめできるウォーターサーバーです。

メリット・デメリットを理解してウォーターサーバーに申し込もう!

この記事では、ウォーターサーバーのメリット・デメリットを紹介してきました。

メリット・デメリットをまとめると下記の通り。

ウォーターサーバーに興味を持っている人は、それぞれの特徴をしっかりと理解してから、申し込みをするようにしましょう。

ウォーターサーバーがあると生活水準が上がり、生活が豊かになるので、ぜひ使ってみて下さいね。