注文ノルマなしで月額料金が安いウォーターサーバーおすすめランキング!費用や特徴を比較!

注文ノルマなしウォーターサーバーのおすすめランキング!費用や特徴を比較!

「ウォーターサーバーには注文ノルマがある?」「注文ノルマが無いウォーターサーバーは無いの?」

ウォーターサーバーは基本的に水を定期配送し、注文ノルマがあるケースがほとんどです。

月ごとに水の消費量は変わるため、水の購入ノルマがあると少し不安になりますよね…

そこでこの記事では、注文ノルマなしのおすすめウォーターサーバーをランキング形式で紹介していきます。

月額料金や特徴を紹介していくので、参考にしてみてくださいね。

この記事の監修者:家電コーディネイター/ライター 藤山 哲人(ふじやま てつひと)

●バラエティ向け
あらゆる家電を使い込んで比較して、性能を数値やグラフにする技術系気電ライター。
「マツコの知らない世界」番組史上最多の6回(TBS)はじめ出演番組50本以上。
「家電Watch」「ビジネスジャーナル」などのWeb媒体やラジオのレギュラーを持つ。
Mail:tetsu-f@techdoc.jp
Facebook:https://www.facebook.com/tetsuhito.fujiyma

注文ノルマなしのおすすめウォーターサーバーベスト5

ボトル注文のノルマが無いウォーターサーバーを、月額料金や特徴などで比較しランキングを形式で紹介していきます。

電気代もおおむね500円/月ぐらいかかります。
メーカーやモデルによって±200円ほどの差があるので注意してください。
とくにお湯は電気代がかかります。ウォーターサーバーによっては、スイッチを切ってお湯を沸かさないようにできるモデルもあります。冷水だけなら、月額200円以下程度でしょう。
順位 メーカー 水の値段 レンタル料 月額料金
1位 アルピナウォーター 1050円 無料(エコサーバー872円) 約2500円
2位 クリクラ 1300円 417円 約4000円
3位 アクアクララ 1200円 300円~600円 約3000円
4位 シンプルウォーター 1500円 無料 約1860円
5位 ピュアハワイアンウォーター 2000円~4000円 無料 約4500円

1位:アルピナウォーター

第1位に輝いたアルピナウォーターは、ウォーターサーバー業界の中で水代が最も安く、12Lあたり1050円とリーズナブルな価格で使用できます。

同社は「アルピナウォーター」以外にも「信濃涌水」「ピュアハワイアン」などのブランドもあります。サーバは他ブランドと共用です。
水の種類は、天然水のRO水。硬度 1mgの超軟水を使用しています。

水代以外の初期費用・配送料・サーバーメンテナンス代も無料で、ランニングコストを抑えられるのも嬉しいポイント。

東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城(一部除く)は、母体のトーエルガスの配達網で送料無料。12リッターボトル3本から配送可能です。
それ以外は1箱(8リッターボトル3本入り)から注文可能。本州は送料500円、北海道・四国・九州は600円が別途かかります。
水道水と違い塩素が入っていません。水が痛みやすいのでサーバーはクリーニング機能付きがオススメです。

スタンダードサーバー・卓上型・エコサーバーの3種類から選べます。

エコサーバーに関しては月額レンタル代872円が発生し、スタンダードサーバーに比べて高くなるものの、機能面やランニングコストを考えるとエコサーバーがおすすめ。

また、エコサーバーは他のサーバーが搭載していない、ダブルチャイルドロック・クリーニング機能・エコモードを搭載しています。

アルピナウォーター使用者の口コミ

2位:クリクラ

水の種類はRO水。ミネラル分を別に配合。硬度30mg。
サーバーの吸気口には、空気清浄機と同じHEPAフィルターを採用しているので、ウィルスやカビ菌などがボトルに進入するのを防ぎます。
水栓は単純な自然吐出式なので、停電時にも水が注げます。
また、ボトルには取っ手が付いているので、運搬やボトルの交換時が少し楽になります。12kgなので重いですが。。。
全国に自社の配送網がありますが、ホームページで郵便番号を入力して、配達可能地域か否かを確認してください。
サーバは全部で4種類。標準タイプ、卓上タイプ(どちらも無料)、スリムデザイン(初回のみ2200円)、スリムタイプ再加熱(初回のみ4400円)(月々レンタル料はスリムタイプも無料)があります。

クリクラの特徴は何と言っても月額料金の安さで、サーバーレンタル料・入会金・宅配料・解約金が全て無料。

解約金がかからないウォーターサーバーは、業界内でもクリクラだけです。

契約年数を満了するまでサーバーを使用する必要が無いため、手軽に申し込みができるのも嬉しいポイント。

また、1年に1回無料定期メンテナンスが受けられ、ウォーターサーバーの衛生面を保ち、安全に使用できます。

クリクラ使用者の口コミ

3位:アクアクララ

 

水の種類はRO水にミネラル分を添加。硬度29.7mg
全国的にフランチャイズ展開をしていますが、一部配達のできない地域もあるので、ホームページでお住まいの地域を確認してください。

第3位は、スタイリッシュなサーバーデザインが特徴的で、グッデザイン賞を受賞した経歴があるアクアクララです。

ボトルが外側から見えない仕組みになっているため、サーバーデザインにこだわりたい人にとてもおすすめ。

ボトルの注文ノルマなしで、ここまでおしゃれなサーバーを使えるのはアクアクララだけメリットです。

また、アクアクララで使われている天然水はモンドセレクション金賞を受賞した経歴もあります。

日本だけではなく、世界からも認められているため、味わいや衛生面が保証されています。

ボトルは上部設置式です。
またボトルには取っ手があるので、運搬や交換のとき少し楽です。
ネスカフェとのコラボモデルサーバーもあり、レギュラーソリュブル(インスタント)バリスタ 50モデルと、カプセル式にレギュラー式ドルチェグスト ジェニオ アイモデルがあります。
タンクを隠す「アクアファブ」は、吐水口が高く屈まずに操作できるのが特徴。またコップ受けのトレイは収納式なので、普段はトレイを閉まって、スタイリッシュにできます

アクアクララ使用者の口コミ

4位:シンプルウォーター

氷穴で有名な富士山の鳴沢地区でくみ上げたバナジウム天然水。水の種類はもちろん、天然水。非加熱でフィルターで精製された水を、真空パックしているので、非加熱でも安心。水はリターナルボトルではなく、ワンウェイ方式の分厚いビニールパック式。サーバにセットすると、針(ニドル)がビニールの中に差し込まれ、真空状態を保ったままです。
ボトルサーバと違い、空気がパック内に入らないので、カビや菌の進入が一切ありません。
またパックは6リッターなので、女性でも簡単に取替え可能。
購入は3パック入った1箱単位から。
ワンウェイ方式の宅配なので、全国に配送可能。送料は
青森県・岩手県・秋田県・宮城県・福島県・山形県が100円、
鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県が200円
香川県・愛媛県・徳島県・高知県が300円
北海道・九州各県が400円
沖縄が1500円
その他、関東甲信越・北陸・中部・近畿の各県は無料

第4位は富士山で採水しているミネラル成分豊富な天然水が楽しめる、シンプルウォーターです。

熱を加えずに非加熱で処理しているため、美味しさや栄養素を壊さずに、自然な味わいを家庭で楽しめます。

また、シンプルウォーターの天然水には、バナジウム成分が豊富に含まれており、飲むだけで美肌効果や痩身効果が期待できます。

水の容器も6.2Lと軽量ボトルが使われているため、使い勝手が良いのも特徴です。

シンプルウォーター使用者の口コミ

5位:ピュアハワイアンウォーター

第5位は、南国の楽園ハワイで採水した水を原水として使用している、ピュアハワイアンウォーターです。

ハワイは大陸から離れた場所に位置しており、環境汚染などの影響を一切受けないため、安全性が非常に高くなっています。

そんなハワイで採水されている天然水を、注文ノルマなしで楽しめるのは大きな魅力です。

また、水の値段も11.4Lあたり1800円と比較的リーズナブルな価格なので、ランニングコストを抑えられます。

ハワイのオアフ島(ホノルル)にあるトーエルガスUSAの取水設備で精製・パッキング。
海外のミネラルウィーターは、硬水が多くおなかを壊す人も多いのですが、この水は、ROでほぼ純水(H2O)になるため超軟水です。
水の種類は、天然水のRO水。硬度 1mgの超軟水。
トーエル配送圏の東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城は2箱(12リッター2本/箱)からの注文で配送無料。
その他の本州は送料350円(税別)、北海道・四国・九州の各道県は送料600円。
またリターナルボトルの形をしているものの、ワンウェイ方式で、潰してリサイクルゴミとして捨てられます。ただしトーエル配送圏に限り、使用済みボトルの回収サービスもあり。
サーバは「アルピナウォーター」と共通で全部で4種類。標準タイプ、卓上タイプ(どちらも無料)、スリムデザイン(初回のみ2200円)、スリムタイプ再加熱(初回のみ4400円)(月々レンタル料はスリムタイプも無料)があります。

ピュアハワイアンウォーター使用者の口コミ

注文ノルマなしのメリット・デメリット

注文ノルマなしのウォーターサーバーには契約して使用していくうえで、メリット・デメリットがあります。

注文ノルマなしのメリット

水を飲みたい時に注文できる

注文ノルマがあると、水が余っている状況でも定期で送られてくるため、月ごとに余ってしまいます。

また、水を消費しきれないとボトルを保管しておくためのスペースを取ったり、水の品質が落ちたりすることに。

しかし、水の注文ノルマが無い場合、使いたい人の好きなタイミングで注文できます。

自宅やその時の状況・環境に合わせて、必要な量を注文できるのが購入ノルマなしのメリットです。

水の使用量が少ない人は月額コストを抑えられえる

ウォーターサーバーを使用していくうえで、家族の人数や消費量によって水の使用量が大きく異なります。

水の消費量が少ない家庭で、注文ノルマがあるウォーターサーバーを使用すると、水の少量と月額料金が釣り合いません。

また、水が消費しきれずに余ってしまうケースも考えられ、注文した分の費用が無駄になってしまいます。

しかし、注文ノルマが無ければ必要以上に水を購入する必要がないため、無駄なコストのカットが可能。

「あまり水は飲まないけどウォーターサーバーを使いたい」「一人暮らしだけどウォーターサーバーを使いたい」という人にとてもおすすめです。

飲用として使う場合は、1日や1週間に飲むペットボトルの本数を数えれば、大体の目安になります。
飲用+料理にも使う場合は、一般に1人1.5~2リッター/日を目安するといいでしょう。
超軟水でバーなどででてくるピカピカのコップに洗う場合は3リッター/日見てください。
水道水の匂いが気になる、赤ちゃんのミルクだけというように使用量が少ない場合、または水代を節約したい場合は、水道直結式のRO浸透装置があります。ミネラル分などほぼない、純水になりますが、こちらも候補にしてはいかがでしょうか?

注文ノルマなしのデメリット

購入ノルマなしのサーバーは少ない

ウォーターサーバーは注文ノルマがあるのが一般的で、注文ノルマなしウォーターサーバーは非常に少ないです。

そのため、注文ノルマなしと言う条件でウォーターサーバーを選ぶと、選択肢が非常に狭まってしまいます。

サーバーデザインや機能面も重視したいと考えている人は、注文ノルマなしの条件を外して検討してみましょう。

水を注文しなくてもその他の費用がかかる

水を注文しなくてもウォーターサーバーのレンタルは継続的に続いているため、毎月レンタル費用や電気代が発生します。

ウォーターサーバーを使用していないにも関わらず、料金が発生するのは不満を感じますよね。

しかし、ウォーターサーバーは購入ではなくレンタルして使う場合がほとんどなので、必要経費と割り切るようにしましょう。

注文ノルマがあっても配送スキップ機能を使える

注文ノルマと言う言葉を聞くと、「達成しないと何かペナルティがあり費用が発生するのでは?」と不安を感じる人も多いかもしれません。

しかし、そこまでの恐怖を感じる必要は無く、先月分の水が余ったら配送スキップをすればOK。

配送スキップ機能はほとんどのメーカーで使用できます。

そのため、過度に注文ノルマがあるメーカーを避ける必要はないのです。

連続で配送スキップすると配送休止手数料がかかるため注意

水の配送をスキップする際には、連続で水の配送をスキップしない様に気をつけましょう。

2回連続で水の配送をスキップすると、配送休止手数料が発生するため、無駄な費用を払わなければなりません。

ほとんどの企業が2か月連続で休止手数料がかかるため、1ヶ月以内で水を消費しきれるにしましょう。

しかし、メーカーによっては2か月連続のスキップも無料としているため、事前に確認しておきましょう。

配送スキップがあるおすすめのウォーターサーバー

最後に配送スキップが可能なウォーターサーバーを紹介します。

配送スキップを設けているウォーターサーバーの中にも、休止期間や手数料など細かな違いがあるため、各サーバーの特徴を理解しておくのが重要です。

コスモウォーター

コスモウォーター 商標 1028

コスモウォーターは1ヶ月あたり12L×2本セットの合計24L(月額3800円)で定期配送されます。

配送スキップは、1回までなら無料、2か月以上連続で配送スキップすると月額800円の休止手数料がかかるため注意しましょう。

静岡、京都、大分の取水地から48時間以内に取水・精製した天然水を配送。
水の種類は、天然水。
お住まいの地域に一番近い取水地から新鮮な天然水を配送。
滋賀県・京都府・大阪府・奈良・和歌山より西の四国・中国地方は京都の天然水、
九州各県(沖縄県はサービスエリア外)は熊本の天然水、
それ以外の北陸・関東甲信越・東北・北海道の各都道県は、静岡の天然水が届きます。
便利なのは下部設置式のタンク。取替えが楽で、定重心なので地震にも強く安心です。
ただしポンプ式なので停電時には利用できません。
ボトルはリターナルボトルの形をしていますが、潰せるワンウェイ方式です。
密閉式で水を使うと、その分ボトルが潰れるので、ボトル内に菌やカビが進入しないので衛生的。
配送地域 全国(沖縄県・離島を除く)
水の値段 1900円(12L)
ノルマ 12L×2本
配送休止手数料 800円
月額費用 4.273円~

フレシャス

フレシャス 商標 1028

フレシャスはメンテナンス料・配送料無料で使用でき、初月はサーバーレンタル料無料ですので、ボトル・パック(水7.2L~)の費用のみで済みます。

配送スキップ機能は、60日未満まで無料ですが、60日以上スキップする場合は1ヶ月あたり1100円の休止手数料がかかります。

ボトルはワンウェイのつぶれるボトルで9リッターです。7リッターのビニールパック方式もあります。サーバによってどちらかになるので、容器からサーバを選んでもいいでしょう。また水によってはボトルでの提供がない場合もあるので注意してください。
とにかくサーバのバリエーションが豊富なのが特徴です。
ボトル式は下部設置タイプ。ビニールパックは上部設置で、どちらも女性でも交換が楽にできます。ビニールパック式は、サーバーにセットすると、針(ニドル)がビニールの中に差し込まれ、真空状態を保ったままなので菌の侵入などがありません。
いずれのサーバもポンプ式なので、停電時には吐水できないので注意してください。
取水地は、富士山の麓、朝霧高原、木曽(御嶽山ちかく)の3箇所。とくに富士山の水は、あと数メートルで国立公園という好立地。未開発の地を流れてくる天然水で人気です。朝霧高原は、バナジウム天然水。木曽はこんこんと湧き出るが取水量制限のある貴重な涌水です。
水の種類は、いずれも天然水。
富士山:24mg
朝霧高原:85mg(軟水だが水道よりやや硬め)
木曽:20mg
配送地域 全国(沖縄県・離島を除く)
水の値段 【フレシャス富士】
1,506円/9.3L
1,155円/7.2L
925円/4.7L
【フレシャス木曾】
1,170円/7.2L
【フレシャス朝霧高原】
1,140円/7.2L
ノルマ Slat=9.3L×1箱(2本)/月
dewo、サイフォンプラス=7.2L×1箱(4パック)/月
dewo mini=4.7L×1箱(4パック)/月
配送休止手数料 1100円
月額費用 4670円~

プレミアムウォーター

プレミアムウォーター 商標

プレミアムウォーターは、1ヶ月あたり12L×2本1セット「4,233円」から定期配送され、基本プランの場合は契約年数2年です。

配送スキップ機能は60日未満まで無料でできるものの、60日以配送スキップすると800円の停止手数料がかかります。

また、配送停止してから90日経過すると880円の追加料金が発生し、120日経過すると強制解約になります。

そのため、プレミアムウォーターで配送スキップ機能を使う場合は、60日未満を目安にしておきましょう。

取水地を全国に持つのが特徴です。
富士吉田、富士、北アルプス、兵庫県の朝来、南阿蘇など。すべて天然水で熱処理なしのフィルターにより精製しています。硬度は以下の通りです。
富士吉田:25mg
富士:59mg
北アルプス:29mg
朝来:45mg
金城:83mg(軟水だが水道より硬め)
南阿蘇:36mg
ボトルはワンウェイ方式の潰れるボトル。外気が入りにくく衛星的です。
サーバのバリエーションも豊富。珍しい常温サーバは電気代が不要なのでお財布にも優しくなります。またデザイン家電のcadoとのコラボモデルもあり、こちらのみタンク下部設置式です。
配送地域 全国(沖縄県・離島を除く)
水の値段 1520円/12L
ノルマ 12L×2本
配送休止手数料 1100円
月額費用 4180円~

ライフスタイルに合ったウォーターサーバーを選ぼう

ウォーターサーバーはノルマなしが良いのか、ノルマはあったほうが良いのかは一概にどちらと言い切れません。

人によって向き不向きがあるため、最も大切なのは使用する人のライフスタイルに合わせて購入すること。

例えば一人暮らしや長期間家を空ける機会が多い人の場合、レンタル料がかかっても注文ノルマなしのウォーターサーバーの方が使いやすいです。

対して、家族の人数が多く水の消費量が多い家庭の場合は、決められた量の水が送られてくる注文ノルマがある方がお得です、

このように、使用する人の環境によって異なるため、しっかりと比較してからウォーターサーバーを選びましょう!

監修者の藤山さんがおすすめするウォーターサーバー選びのコツ

藤山様2

RO水と天然水

RO水はRO逆浸透膜フィルターという装置を使って水から不純物を取り除き、ほぼ純水にします。

このRO逆浸透膜フィルターは、大型客船が海水から真水を作るのに利用したり、半導体製造に必要な純水を作る装置で、目に見えない溶けた塩の分子も取り除くほど。

メーカーによっては、いったん純水を作り、改めてミネラル分を加えて美味しさを添加するものや、そのままでH2Oに近い水の場合もあります。

どちらが好みかは人それぞれですが、飲料としての水の味は、ミネラルが含まれているほうが、美味しいと感じる人が多いです。

純水は、紅茶や緑茶など風味を壊したくない場合にぴったりで、食品に浸透するので、調理の時短になるほか、ごはんを炊くといつもより柔らかく仕上がるのでおすすめ。

天然水は湧き水や地下水そのもので、一般的には瞬間煮沸させて滅菌しています。

またミネラルや天然成分を多く含むので、美味しく感じる人が多いようです。

RO水にミネラル添加したものも含め天然水は、お水そのものを楽しんだり、水割りなどに適していますね。

なお赤ちゃんのミルクように使う場合は、超軟水にする必要がありませんが、水道より柔らかい50mg以下のものがおすすめです。

水の硬度(軟水と硬水)

1リットルあたり120mg以上のミネラル分を含むものを硬水、それ未満を軟水と呼びます。

日本の水道はおよそ50~75mg(水道局により差がある)に調整されており、コンタクトレンズ用の精製水は、純度100%のH2Oなので超軟水。

なお普段飲んでいる水より硬い水を飲むと、おなかを壊しやすいので、赤ちゃんのミルクなどには注意しましょう。

海外のミネラルウォーターはほとんどが硬水(ボルビックは軟水)で、海外の水道もほぼ硬水。

お腹をこわしやすいので注意が必要です。

水タンクの設置位置

サーバーのほとんどはボトルを上部に設置するタイプ。

これはサーバの構造が簡単で、洗浄などのメンテナンスも楽ですが、ボトルの交換が大変です。

また地震のときに倒れやすいので、必ず転倒防止をする必要があります。

下部設置はボトル交換が簡単という側面がありますが、ポンプが必要になり水の径路も長くなるので、メンテナンスが面倒なのがデメリットです。

自動クリーニング

ミネラルウォーターは、塩素が入っていないので、空気に触れると痛みやすくなります。

ボトルから冷却・加熱径路に入った水は痛みやすいので、自動クリーニング機能が付いているサーバーがおすすめです。

とくに長期間家を空けた場合などはクリーニング必須と言えますね。

日々のお手入れも大切

とく吐出口は水受けに溜まった水は痛みやすいので、必ず毎日掃除する必要があります。

デザインに目を奪われてしまいがちですが、吐出口のキャップを外して洗えたり、受け皿も外せるサーバーを選びましょう。

また、受け皿に突起が少なく、さっと拭き掃除できるサーバーが衛生面を気にしている人にピッタリです。