キララのウォーターサーバーの電気代や月額費用はいくら?他社と比較して徹底解説!

定額制で好きなだけ水を使えたり、炭酸水が作れたりと、お得で独自の特徴を持っているキララのウォーターサーバー。

他社メーカーには無い特徴があるため、高い人気を誇っています。

キララは定額料金制なので、毎月決まった料金を支払えば使用できますが、プラスでかかる料金が電気代。

使用状況や頻度によって電気代の料金は変動し、ウォーターサーバーの料金だけを確かめる方法は無いので、毎月いくら位かかっているのか疑問ですよね。

そこでこの記事では、キララウォーターサーバーの気になる電気代や、その他の料金を紹介していきます。

ぜひ、あなたのウォーターサーバー選びに役立ててみて下さいね。

キララウォーターサーバーの電気代は約1.300円~1.700円

キララウォーターサーバーの電気代は、使用頻度や状況によっても異なりますが、おおよそ1.300円~1.700円ほど。

ウォーターサーバーの一般的な電気代が1.000円ほどなので、電気代は少々割高です。

ひと月当たりの電気代を1.300円とすると、1日あたり43円、1年あたり15.600円。

1日あたりの電気代はかなり小さな額ですが、年間を通して考えると大きな金額になりますね。

エコモードを使用すれば電気代を約800円に抑えられる

キララのウォーターサーバーには、消費電力をカットできるエコモードが搭載されています。

キララに搭載されている機能は、部屋の明るさを感知して、使用していない際自動的にスリープ機能になるオート節電エコ機能。

わざわざ手動で切り替えなくても自動的にエコモードになるのは嬉しいポイントですね。

エコモードを使用した時の電気代は約800円で、使用していない時に比べて500円~1.000円ほど抑えられます。

かなりお得な電気代でウォーターサーバーを活用できますね。

キララの電気代を他社メーカーと比較!

メーカー サーバー名 電気代
キララ ヌゥーボ(通常使用時) 約1.300円
ヌゥーボ(エコモード使用時) 約800円
ピュアハワイアンウォーター スタンダードサーバー 約1.000円
エコサーバー 約600円
エフィールウォーター フロアータイプ 約1.647円
カウンタータイプ 約1.296円
アクアクララ アクアファブ 約800円
アクアスリム 約1.000円
アクアウィズ 約475円
アクアアドバンス 約350円
アクアセレクト ライフ 約680円
アクアセレクトサーバー 約750円
信濃湧水 スタンダードサーバー 約1.000円
エコサーバー 約300円
コスモウォーター smartプラス 約465円
ECOTTO 約125円
プレミアムウォーター amadanaウォーターサーバー 約980円
amadanaスタンダードサーバー 約1.060円
Cado×プレミアムウォーター 通常時:約840円

エコモード時約670円

クリクラ サーバーL 約1.283円
ワンウェイウォーター smart 通常時:約494円

エコモード時;約436円

スタイリッシュサーバー 約688円
お掃除ロボット一体型サーバー 約744円
うるのん スタンダードサーバー 約1.000円
ウォーターサーバーグランデ 通常時:約755円

エコモード時:513円

アルピナウォーター 床置きタイプ 約1.000円
フレシャス slat 約380円(すべてのエコ機能稼働時)
Slat+café 約380円(すべてのエコ機能稼働時)
Dewo 約330円(すべてのエコ機能稼働時

キララウォーターサーバーの電気代が高い理由とは?

エコモードを使用すれば、一般的なウォーターサーバーよりも電気代を抑えられます。

ただ、通常モードで使用すると電気代はかなり高いですよね。

なぜ、キララのウォーターサーバーは他社よりも高いのでしょうか?

自動クリーニング機能が搭載されているため

キララウォーターサーバーの電気代が高いのは、自動クリーニング機能が付いているため。

サーバー内のタンクや配管の中に熱湯を循環させることで、殺菌を消毒し、内部の衛生環境を維持してくれます。

セルフメンテナンスする手間が無くなるメリットがある反面、サーバー内で熱湯を作るために消費電力が大きくなるのがデメリット。

電気代を抑えるか、セルフメンテナンスをするかどちらかを選ばなければなりません。

キララで電気代以外にかかる費用の内訳

ここまでキララウォーターサーバーの電気代を詳しく説明してきましたが、月々にかかる料金は当然電気代だけではありません。

そこでここからは、電気代以外にかかる費用について紹介していきます。

キララの詳しい料金を知りたい人は参考にしてみてください。

キララはプランによって料金が異なる

キララでは契約年数ごとの3つの契約プランに分けられており、それぞれで料金が異なります。

1年プランの場合 2年プランの場合 3年プランの場合
5.400円 5.000円 4.600円

上記の金額に水代が含まれており、水は使い放題なので、いくら追加注文しても料金は変わりません。

加えて、契約年数が増えていく毎に金額がお得になるサービスも。

家族の人数が多く、水の消費量が多い家庭にはピッタリのメーカーですね。

サーバーのレンタル料

現代ではレンタル料を無料としているメーカーが多い中で、キララはサーバーレンタル料がかかり、ひと月当たりの料金は1.200円。

レンタル料が無料なのは少し残念ですね。

ただ、レンタル料が高い分、炭酸水が作れるなどキララ独自の魅力があるのも確かです。

どこにウォーターサーバーの価値を見出すかは、あなた次第なので自分が求める要素を明確にしておきましょう。

解約料

キララ契約を満了していない状態で解約すると、違約金が発生します。

契約プランごとの解約金は下記の通り。

プラン名 解約金が発生する条件 解約金額
1年プラン 契約から2年以内の解約 5.000円
2年プラン 契約から2年以内の解約 13.000円
3年プラン 契約から3年以内の解約 18.000円

契約時のプランが長いほど、解約料金が高くなってしまうので、十分に気をつけましょう。

キララの解約金はいくら?解約手続きの流れと無料で解約する裏技を簡単解説

炭酸水を使用する場合は3.000円~4.000円ほど料金高くなる

キララは自宅で炭酸水を作れるのが大きな特徴であり、メリットです。

ただ、ウォーターサーバーだけで炭酸水を作れないので、炭酸水を作成するための道具を購入しなければなりません。

用意する道具は、炭酸水カートリッジと炭酸シェイカーの2つ。

それぞれの料金は下記の通りです。

炭酸ガスカートリッジ 通常購入 3.900円
定期購入 3.600円
炭酸シェイカー 2.500円
炭酸ガス&シェイカーセット 通常購入4.300円
定期購入4.000円

通常に購入するよりも、定期購入した方が費用を安く抑えられるのでおすすめです。

キララウォーターサーバーの月額料金は最低7.000円以上!

ここまでキララウォーターサーバーの料金を紹介してきましたが、「それぞれの費用は分かったけど結局いくらかかるの?」と思う人もいるでしょう。

契約内容やサーバーの種類によって料金が変わるので、使用用途に合わせて料金シミュレーションをしていきます。

3年契約で炭酸水のオプションを付けた場合、月額費用は5.800円で、炭酸のカートリッジが送られてくる月は9.400円。

そこに電気代も合わせると、ゆうに10.000円を超えるので、かなり高額ですね。

また、炭酸のオプションをつけずに2年で契約する場合は6.200円で、電気代を合わせて7.000円と言ったところ。

月額費用が安いメーカーと比べると2.000円ほど料金が高いです。

そのため、少しでも月額表を抑えられるサーバーを使いたいと考えている人にはあまり向いていません。

キララのウォーターサーバーにはこんな魅力が!

ここまで読んで、「キララの月額料金って高い…」と感じている人が多いと思います。

確かに他社メーカーと比べて、月額料金がかなり高いのは紛れもない事実。

しかし、料金が高いだけ様々な機能が搭載されていて、キララ独自の特徴があります。

そこでここからは、キララウォーターサーバーの魅力を紹介していきます。

  • 定額制で水が使い放題
  • 水の品質を保つためにあらゆる工夫が施されている
  • メンテナンスやサポート面が充実している

それぞれ見ていきましょう。

定額制で水が使い放題

何度か触れてきましたが、キララは定額制なので何本水を注文しても、追加料金が発生しません。

ボトルごとに追加料金がかかるメーカーが多い中で、定額制なのはお財布に優しく大きなメリットと言えます。

そのため、利用人数が多かく、水の消費量が多い家庭や企業などにとてもおすすめ。

ただ、ひと月当たりの水消費量が少ない家庭だと、最低ラインの水しか使えないので損してしまいます。

水の品質を保つためにあらゆる工夫が施されている

キララウォーターサーバーには水の品質を保つために、あらゆる工夫が施されています。

水の抽出口をUV LEDによって周期的に自動殺菌、大腸菌、黄色ブドウ球菌などを取り除くUVオートクリーニング機能。

使用していく中でボトルが潰れていき、ボトル内に外気の混入を防ぐためのエアレス機能などかなり豊富です。

衛生状態の高い安心・安全の水が楽しめるので、利用者からすれば嬉しいポイントですね。

メンテナンスやサポート面が充実している

ウォーターサーバーはあくまでも家電なので、丁寧に使用しても必ず故障や不具合が発生します。

自分で直せるケースもありますが、専門の業者にお願いしないと直らない故障もあるため、無駄な出費に繋がるケースも。

しかし、キララの「キララセーフティ(月額500円)」に加入すれば、トラブル時に、365日24時間体制で完全サポートが受けられます。

また、ウォーターサーバー以外の水道の故障・窓ガラス破損・電気のトラブルや鍵の紛失など、ウォーターサーバーに関係ないトラブルにも対応!

生活に関連したあらゆるサポートを月額500円で受けられるのはかなりお得なのではないでしょうか?

キララの電気代・月額料金は高いが手厚いサポートが受けられるメーカー

この記事ではキララウォーターサーバーの電気代を中心に、各種月額料金を紹介してきました。

キララの電気代・月額料金ともに、業界内ではかなり高めの料金設定です。

そのため、月額料金を少しでも抑えられるウォーターサーバーを使いたいという人にはあまり向いていません。

ただ、各種料金が高い分、ウォーターサーバーの性能が高いのは紛れもない事実。

少しくらい料金が高くても、高性能・手厚いサポートを受けたいという人にとてもおすすめです!

この記事があなたのサーバー選びに役立てば光栄です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

アクアクララの電気代はいくら?他社と比較して徹底解説!