ウォータースタンドのデメリットとは?契約前にチェックしておきたいポイントを紹介

ウォータースタンドのデメリットとは?契約前にチェックしておきたいポイントを紹介

ウォータースタンドは水道に繋げて利用する、従来のウォーターサーバーとは一線を画す存在です。

申し込みを検討している人にとっては、メリットばかりが目に入って、本当にデメリットは無いのか不安になっていませんか?

デメリットをチェックしておかないと、契約して使い始めてから後悔することになるため、非常に危険です。

そこでこの記事では、ウォータースタンドのデメリットについて、詳細解説していきます。

ウォータースタンドに申し込もうとしている人・興味がある人は必見なので、ぜひチェックしてみて下さいね。

ウォータースタンドの口コミと評判!特徴や申し込み方法まで徹底解説

ウォータースタンドの7つのデメリット

ウォータースタンドには、全部で7つのデメリットがあります。

  • 設置・撤去に工事が必要
  • 天然水ではない
  • 災害時などに断水が起きると使えなくなる
  • サービスの対応範囲が限られている
  • 水の使用量が少ない場合は月額料金が割高
  • 自動クリーニング機能が搭載されていない
  • ミネラルなどの有効成分まで除去してしまう

設置・撤去に工事が必要

ウォータースタンドは水道に繋げて利用するため、水道にサーバーを繋げるための工事をしなければなりません。

ウォーターサーバーを利用するだけで業者が入る大がかりな工事が行われるとなると、少々ためらってしまいますよね。

しかし、工事とは言っても決して大がかりなものではなく、排水管とサーバーを繋げるだけの簡易的なもの。

1時間前後あれば工事が完了し、壁を壊したりしないため、現状復帰も簡単です。

工事費も完全無料!

「工事費がかかるのでは…?」と心配している人も多いかもしれませんが、ウォータースタンドでは設置工事は完全無料。

毎月支払う料金の中に設置工事費用が含まれているため、別途料金が発生する心配はありません。

水道直結ウォーターサーバーの場合、初回の設置工事費が有料のところが多いですが、ウォータースタンドなら無料なのです!

天然水ではない

ウォータースタンドは水道水に繋げて水道水を利用するため、当たり前ですが天然水ではありません。

そのため、「天然水が飲みたい」「水道水を飲むのに抵抗を感じる」などとマイナスの印象を持つ人も多いでしょう。

しかし、ウォータースタンドには高性能フィルターが搭載されており、不純物やカルキ・塩素などを徹底的に除去しています。

水道水独特の味わいや臭いのもととなる要素を全て除去しているため、天然水に負けないほど味わい高い水です。

機種によってはミネラル成分を添加してくれる機種もあり、ほとんど天然水と差が無い、水と言えます。

災害時などに断水が起きると使えなくなる

ウォータースタンドは水道水に直結して浄水しているため、地震や台風などの災害が起きて断水するとウォータースタンドも利用できなくなります。

一般的なウォーターサーバーの場合は、ボトルが備蓄水となるため、水道水が使えなくなっても安心です。

日本は地震をはじめとした災害大国なので、万が一のケースを考えると大きなデメリット。と言えます。

災害時に役立つウォーターサーバーおすすめランキング!費用や特徴を比較

エコサーバーの場合は水道に繋げなくても利用できる

ウォータースタンドが販売しているエコサーバーであれば、サーバーの下に6Lタンクが2個常備されており、直接水を入れて使用できます。

断水した時でも別の方法でタンクに水を入れればキレイな水を利用できるため、災害時でも活躍します。

水道に繋げる以外でも利用できるのは、大きなメリットと言えますね。

水の使用量が少ない場合は月額料金が割高

ウォータースタンドは定額制なので、水の消費量に関係なく、毎月定額の料金を支払わなければなりません。

たとえば、ナノラピアネオの通常プランは毎月3,980円のサーバーレンタル代がかかります。

水を300L使った月があれば10Lしか使わない月があってもサーバーレンタル代は同じ。

一人暮らしや水の消費量が少ない人がウォータースタンドを利用するとかなり損してしまいます。

水の消費慮が少ない人は、アルピナウォーターやワンウェイウォーターなどの水代がリーズナブルなウォーターサーバーを選びましょう。

料金の安いウォーターサーバーで比較!ランキングで最安値のウォーターサーバーを紹介

自動クリーニング機能が搭載されていない

ウォータースタンドが販売している機種の中で自動クリーニング機能が搭載されているのは、プレミアムラピアステラのみ。

他の機種には自動クリーニング機能が搭載されていないため、「不衛生なのでは?」と感じる人も多いでしょう。

しかし、ウォータースタンドでは半年に1回の頻度で専門スタッフが、定期的にサーバーのメンテナンス・クリーニングヲをしてくれます。

専門家の業者が丁寧に掃除してくるので、自動クリーン機能が付いていないモデルでも衛生的で安心して利用できますね。

ミネラルなどの有効成分まで除去してしまう

ウォータースタンドにはナノトラップフィルターとROフィルター2タイプあり、ROフィルターは貴重なミネラル成分までも除去してしまいます。

水道水に含まれるミネラルは僅かな程度なので気にする必要もないですが、少しでもミネラル摂取をしたいならナノラピアシリーズがおすすめです。

ミネラル成を重視したい場合はボトルのウォーターサーバーがおすすめ!

「ミネラル成分豊富な水を味わいたい!」と思っている人は、ウォータースタンドよりも通常タイプのウォーターサーバーがおすすめ。

宅配水タイプのウォーターサーバーの場合、厳選した採水地から天然水を汲んでいるため、ミネラル成分豊富な天然水が味わえるのです。

しかし、各メーカ-で含有している成分に大きな差があるため、成分をしっかりと確認してから申し込みをしましょう。

ウォータースタンドはデメリット以上にメリットがたくさん!

ここまでウォータースタンドのデメリットを紹介してきましたが、デメリットだけではなくもちろんメリットもあります。

  • 圧倒的にコスパが良い
  • 契約期間や解約金が利用者思いの設定
  • アフターケアが充実している
  • フィルターのタイプが選べる

それぞれ見ていきましょう!

圧倒的にコスパが良い

一般的なウォーターサーバーとは違い、ウォータースタンドは定額制で水が使い放題。

使った分だけ水道料金はかかるものの、1Lあたり0.2円~0.3円と安いのでいちいち料金を気にせず水を使うことができます。

飲用水だけではなく料理や洗顔などの生活水として利用できるため、非常に便利です。

契約期間や解約金が利用者思いの設定

ウォータースタンドの最低契約期間は1年、期間内に解約した場合は10,000円の違約金がかかります。

「高いのでは?」と感じる人もいるかもしれませんが、契約期間2年以上・違約金2万などかなり高額な違約金を請求してくるメーカーも多いです。

それらのメーカーに比べると、かなり良心的なメーカーと言えるでしょう。

アフターケアが充実している

ウォータースタンドは「フィルター交換」「定期メンテナンス」「タンク内清掃」などサポート体制がバッチリ。

ウォータースタンドの専属スタッフが丁寧に行ってくれるので、急なトラブルなどが起きても安心です。

また、サポート・メンテナンス料が完全無料なのも嬉しいポイントですね。

フィルターのタイプが選べる

ウォータースタンドは、フィルタータイプがナノトラップフィルター・ROフィルターの2つから選べます。

ナノトラップフィルターは、安全でミネラル感を味わえてコストを抑えられ、ウォータースタンドを安く利用したい人向けです。

ROフィルターは不純物を徹底除去し、より安全性の高い水が飲見たい人向けと言えます。

赤ちゃんのミルクにも安心して使えますし、素材の味を引き出せるので料理にも最適です。

このように、希望する使い方によってフィルタータイプを選べるのもウォータースタンドのメリットです。

ウォータースタンドに向いている人の特徴

ウォータースタンドを使った方が良い人の特徴は下記の通り。

  • 水をたくさん使いたい!
  • ボトル交換をしたくない!
  • 充実したサポートやメンテナンスを受けたい!

もし上記の特徴に当てはまっていたら、ウォータースタンドの購入を検討してみて下さいね。