災害時に使えるウォーターサーバーおすすめランキング|選び方・災害対策で比較!

災害時に役立つウォーターサーバーおすすめランキング!費用や特徴を比較

地震などの災害が多い日本では、万が一のことを考えて日常的に災害時への万全な対策を整えておくのが大切。

特にライフラインが寸断され、スーパーの買い占めなどが起きた際に深刻な問題になるのが飲用水の問題です。

中々水が手に入らない際に役立つのがウォーターサーバーで、災害時でも備蓄水として活躍してくれます。

災害時には様々なトラブルが予想されますが、ウォーターサーバーが災害時でも使えるとなればとても安心ですよね。

そこでこの記事では、災害時でも使用できるウォーターサーバーを、特徴や料金を比較してランキング形式で紹介していきます。

災害に適したウォーターサーバーを選ぶ際のポイント

災害に適したウォーターサーバーを選ぶ際のポイント

ウォーターサーバーはものによって、災害時に使用できるサーバー・使用できないサーバーがあります。

そのため、災害時に使用できないウォーターサーバーを選んでしまうと、いざという時に使用できなくなることも。

そうならないためにも、災害時に使用できるウォーターサーバーの特徴を紹介していきます。

  • 自動パネルではなくコック式やレバー式のウォーターサーバー
  • ワンウェイ方式よりもリターナブル方式の方が災害時の流通に強い
  • 天然水よりもRO水の方が賞味期限が長く災害時に適している
  • ボトルの容量が多いものを選ぶ

自動パネルではなくコック式やレバー式

ウォーターサーバーの中には給水や温度調整などを全てタッチパネルで行える、とてもハイテクなものもあります。

スタイリッシュでとてもおしゃれな反面、電子のタッチパネルなので、電気が無いと操作ができなくなってしまうことに。

いざという時に給水できないと意味が無いため、電気が無くても使用できるコック式・レバー式のウォーターサーバーを選びましょう。

コック式であれば捻るだけ水が出てくるため、電気を使用する必要がありません。

ワンウェイ方式よりもリターナブル方式の方が災害時の流通に強い

ウォーターサーバーには、ボトルを繰り返し使用するリターナブル方式と、使い捨てタイプのワンウェイ方式があります。

それぞれでメリット・デメリットがあるものの、災害時を考えて選ぶのであれば、リターナブルボトルがおすすめ。

リターナブルボトルは自社配送を行っているため、災害時でも配送が止まってしまう可能性が低いです。

対してワンウェイボトルの場合、ボトルの配送を別の企業に委託しているケースがほとんどなので、災害時に業務がストップしてしまう可能性が高くなります。

そのため、自社の配送手段を持っているリターナブル方式の方が、いざという時にも配送してくれる可能性が高くおすすめです。

しかし、必ずしも配送してくれるわけではなく、あくまで可能性が高いだけということを理解しておきましょう。

天然水よりもRO水の方が賞味期限が長い

天然水は熱の加工などを最小限に済ませて、自然本来のミネラル成分や味わいを保っています。

そのため、非常に味わい深いメリットがある反面、賞味期限が短い傾向があります。

開封済みで2週間、未開封の状態でも半年ほどしか持たないため、災害時の備蓄水として保管しておくには少々心配です。

しかし、RO水の場合は不順物をはじめとしてミネラル成分まで、ほとんど取り除いているため賞味期限が長いです。

開封してしまうと1ヶ月で天然水とあまり変わらないものの、未開封の状態であれば、1年~1年半は保管が可能。

かなり長期間の保存ができるため、いざという時の備蓄水にピッタリです。

ボトルの容量が多い

災害時のことを考えてウォーターサーバーを選ぶのであれば、ボトルの容量もチェックしておきましょう。

容量が少ないボトルだとすぐに使い終わってしまう可能性があるものの、容量の多い方が災害時に使用できる水が多くなります。

保管しておくためにスペースを取ってしまうというデメリットがあるものの、たくさんの水を保管しておくためにも、容量の大きいボトルがおすすめです。

災害時でも利用できるおすすめのウォーターサーバーランキング

ウォーターサーバーの中には、災害時に利用できるもの・利用できないものがあり、災害時に利用できない機種を選んでしまうと、いざという時に水が使えなくなってしまうことに。

そんな状況にならないためにも、災害時でも利用できるウォーターサーバーを紹介していきます。

  • クリクラ
  • アクアクララ
  • アルピナウォーター
  • ピュアハワイアンウォーター
  • アクアセレクト
  • 富士桜命水

第1位:クリクラ

クリクラ 商標 20210520

クリクラのウォーターサーバーは日本気象協会の公式防災グッズとして認定されており、電気が使えない停電時でも水が利用できます。

また、クリクラは「ローリングストック方式」を推奨しており、災害時に対する意識が非常に高いです。

加えて、クリクラで使われている水は、天然水に比べて賞味期限が長いRO水を使用。

ウォーターサーバーとして使用する以外にも、備蓄水として1年~2年程の長期保存が可能です。

配送地域 全国(沖縄を除く)
配送システム 定期配送(自社配送)
ボトルの種類 1,352円/12L 824円/6L
ノルマ なし
月額料金目安 3878円~

クリクラの口コミ一覧

第2位:アクアクララ

リーディングカンパニーのウォーターサーバーメーカーアクアクララさんにインタビューさせて頂きました!

賞味期限が長いRO水にミネラルなどの成分を添加した、デザインウォーターを使用しているアクアクララ。

長期間の保管ができて備蓄水として活躍する他に、給水方法がコック式なので、停電時でも安心して使用できます。

また、アクアクララは自社独自の配送システムの制度を持っており、配送がストップしがちな災害時でも安定して水の供給が行われます。

他のメーカーでは、ボトル配送を他の企業に委託しているケースが多いため、いざという時に心強いメーカーと言えるでしょう。

配送地域 全国(沖縄を除く)
配送システム 定期配送(自社配送)
ボトルの種類 1200円/12L 900円/6L
ノルマ なし
月額料金目安 4100円~

アクアクララの口コミ一覧

第3位:アルピナウォーター

アルピナウォーター 商標

アルピナウォーター12ℓあたり1,050円というリーズナブルな価格で利用できるウォーターサーバーです。

アルピナウォーターはコック式なので電気を使わなくても使用できますが、何よりも「水の賞味期限の長さ」が特徴です。

未開封で1年、開封済みの状態でも3ヶ月間は美味しく飲めるため、備蓄水として活用するのにピッタリです。

また、ボトル容量が18.9Lとかなりの大容量なので、たくさんの水をストックしておくことができます。

アルピナウォーターはボトルが定期配送されず、都度注文する方式なので、ボトルを切らさない様こまめに注文しておきましょう。

配送地域 全国(沖縄を除く)
配送システム 定期配送(自社配送)
ボトルの種類 1200円/12L 900円/6L
ノルマ なし
月額料金目安 4100円~

アルピナウォーターの口コミ一覧

第4位:ピュアハワイアンウォーター

ピュアハワイアンウォーターは南国の国ハワイの水を使用しており、海外の水を楽しめるウォーターサーバーです。

数あるウォーターサーバーの中でハワイの水を使用しているのは、ピュアハワイアンウォーターしかありません、

もちろん災害時用としてもしっかり活躍しますが、美味しい水が飲めるウォーターサーバーを探している人にもピッタリです。

月額費用も3600円~と非常にリーズナブルで、500mlあたり78円の値段でハワイの水を楽しめます。

配送地域 全国(沖縄を除く)
配送システム 定期配送(自社配送)
ボトルの種類 1200円/12L 900円/6L
ノルマ なし
月額料金目安 4100円~

ピュアハワイアンウォーターの口コミ一覧

第5位:アクアセレクト

アクアセレクトは水質日本1位に輝いた宮川の天然水を使用しており、モンドセレクションで11年連続で賞を受賞しているウォーターサーバーです。

アクアセレクトでは2種類のウォーターサーバーが販売されていますが、どちらも停電時に使用できます。

また、アクアセレクトで販売されている11.3Lのボトルは、ウォーターサーバーに差し込まなくでも簡単に手で開けられます。

一度キャップを開けても、再度蓋をできるため、水の中にごみなどが混入する心配が無く非常に衛生状態が高いです。

配送地域 全国(沖縄を除く)
配送システム 定期配送(自社配送)
ボトルの種類 1200円/12L 900円/6L
ノルマ なし
月額料金目安 4100円~

アルピナウォーターユーザーの口コミ一覧

第6位:富士桜命水

ふじざくら命水の口コミと評判!特徴や申し込み方法まで徹底解説

富士桜命水は富士山で採水したバナジウム成分が豊富な天然水なので、災害時でもバナジウム成分な天然水を楽しめます。

そんな富士桜命水で使用されているボトルは、バックインボトルと呼ばれる、小型の段ボールの中にパックに水が詰められています。

お水のパックに給水コックがあるので、災害時でもボトルのみで楽々利用することができます。

配送地域 全国(沖縄を除く)
配送システム 定期配送(自社配送)
ボトルの種類 1,674円/11.5L
1,458円/9L
ノルマ 2本~
月額料金目安 4,990円~

ウォーターサーバーが備蓄水として優れている理由

ウォーターサーバーが備蓄水として優れている理由

ウォーターサーバーが災害時の備蓄水として優れているのには大きく3つの理由があります。

  • ローリングストックができる
  • プラスチックボトルで丈夫
  • かさばらずに保管ができる

ローリングストックができる

ローリングストックとは「ストック(備蓄)をローリング(回転)する」という備蓄方法のことです。

日常的に使用するウォーターサーバーの水を少し注文しておき、使ったら使った分だけすぐに買い足しておきます。

これにより水を常時確保しておくことができます。

プラスチックボトルで丈夫

ウォーターサーバーで使われているボトルはプラスチックタイプの上部なボトルが使用されています。

ペットボトルで使われている素材と違い、耐久性に優れているため、外部からの衝撃に耐えることができます。

災害時には家の中が荒れる可能性が高く、家具や家電などが倒れてボトルを潰してしまうことも。

そんな状況でもプラスチックタイプの衝撃に強いボトルであれば、破損せずに利用できるため安心です。

かさばらずに保管ができる

ウォーターサーバーのボトルはペットボトルよりも保管しやすいのも特徴です。

ペットボトルは容量が2ℓで容量が少ないため、かさばってしまうデメリットがあります。

しかし、ウォーターサーバーでは一般的な容量が12ℓ前後なので、1本あるだけである程度の水を確保しておくことができます。

災害による停電・復旧後のウォーターサーバーの取り扱いについて

災害により停電が起きた際のウォーターサーバーの取り扱いについて紹介していきます。

停電したら電源プラグを抜く

停電が起きたらウォーターサーバーのの電源を抜いておくようにしましょう。

電源を抜くのは、復旧した直後に普段よりも大量の電流が流れるリスクがあり危険だからです。

電源を入れっぱなしにすると、ウォーターサーバーの本体が故障したり、電源がショートしてしまう可能性があるので注意しておきましょう。

停電復旧後はすぐに電源を入れない

停電が復旧して電気が開通しても、数ぐに電源を入れない様にしてください。

電復旧後5分以上経過してから電源を入れることにより、通電火災を防ぎ、ウォーターサーバーの故障事故の可能性を抑えられます。

電源を入れたら温水スイッチをオンにすれば通常通りに使用できるようになります。

災害時に必要な水分量は大人で1日3ℓが目安

内閣府が出している「大規模地震発生に伴う帰宅困難者対策のガイドライン」によると、災害時に必要な水分量は大人1人あたりで1日3ℓが一つの目安と言われています。

この3ℓという水分量は飲料水・食事に必要な水分量で、トイレ・お風呂などの生活水は含まれていません。

そのため、災害がおきた非常事態に大人2人で住んでいる場合、1日に6ℓの水が必要という計算になります。

ウォーターサーバーを使用し災害に備えて万全の対策を取ろう!

災害時でも使用できるウォーターサーバーの特徴は大きく3つ。

  • 給水方法がコック式
  • RO水を使用しているか
  • ボトルがサーバー上部に付いているか

災害はいつ起こるか分からないため、万全の対策を整えておきましょう!