ウォータースタンドの口コミと評判!特徴や注意点を詳しく解説!

ウォータースタンドの口コミと評判!特徴や申し込み方法まで徹底解説

ウォータースタンドは、水道直結型のウォーターサーバーを提供しているメーカーです。

「普通のウォーターサーバーと何が違うの?」と感じる人も多いかもしれませんね。

カンタンに説明すると、浄水器とウォーターサーバーの良いとこどりをしているサーバーと言ったところ。

普通のウォーターサーバーのようにボトルに入った水を使用するのではなく、水道水から出てくる水を使用するため、どれだけ飲んでも水代がかからないのが大きな特徴です。

かなり魅力的に感じている人も多いかもしれませんが「その他にどのような特徴があるのか?」「月々どのくらいの料金がかかるのか」など疑問を感じる人も多いでしょう。

そこで、この記事ではウォータースタンドの口コミや評判、月額料金やスペックなどを紹介していきます。

ウォータースタンドに興味を持っている人はぜひ参考にしてみて下さいね。

目次

ウォータースタンドの基本スペック

最初に、ウォータースタンドで使用できるサーバーの基本的なスペックから紹介していきます。

初期費用 0円
設置費用 0円
長得プラン登録料 1万円
※初回1回のみ
※申込者のみ
サーバーメンテンス料 0円
サーバーの機能 チャイルドロック

省エネモード

自動節電

抽出量選択機能

光感知センサー

除菌システム

1ヶ月の電気代の目安 300円~700円前後
お水の種類 水道水
お支払い方法 クレジットカード決済
キャリア決済
サーバーの種類 11種類
提供エリア 一部地域を除き全国配送可能

ウォータースタンドの6つのメリット

ウォータースタンドの基本スペックが理解できたところで、ここからは3つのおすすめポイントを紹介していきます。

  • 定額制で水が飲み放題で美味しい!
  • 重たい水を買ってくる手間がかからない
  • コンパクトでデザイン性が高い
  • 12種類の豊富なデザインの中から利用するサーバーを選べる
  • 常温水・冷水・温水の3つがボタン一つで切り替え可能
  • 半年に一回無料のメンテナンスが受けられる

それぞれのポイントを詳しく紹介していきますね。

定額制で水が飲み放題で美味しい!

ウォータースタンドは水道に繋げて使用するため、水の残量や次のボトルの配送などを気にしなくてもOK。

どれだけ飲んでも水代がかからず、発生する料金はサーバーのレンタル代と電気代だけです。

水の使用量に関わらず、定額の料金で使用できるのが、ウォータースタンドの一番の魅力と言えますね。

「家族が多く水の消費量が多い」「ペットボトルやウォーターサーバーを設置するスペースがない」と感じている人にすごくおすすめです。

重たい水を買ってくる手間がかからない

コンビニやスーパーでペットボトルの水を購入すると、かなり重たいため、持ち運びがかなり面倒です。

また、ペットボトルを保管しておくためにもスペースを取ってしまうため、生活していくうえで邪魔に感じてしまいます。

しかし、ウォータースタンドは水道から出てくる水を使用するため、ペットボトルを購入・保管しておく手間がかかりません。

部屋のスペースを有意義に使えるのは嬉しいメリットですね。

「買い物の負担を少なくしたい!」「できるだけ家の中のスペースを有効活用したい!」と考えている人にピッタリです。

コンパクトでデザイン性が高い

ウォーターサーバーの場合は高さが1m以上あり、横幅も30㎝以上あるため、設置するのにかなりのスペースを取ってしまいます。

対して、ウォータースタンドはウォーターサーバーよりも高さがなく、コンパクトな作りなのでかなり設置しやすいです。

機種によっては横幅が20㎝以下のものもあるため、設置場所スペースに悩むことはありません、

加えて、サーバーのデザインも非常にスタイリッシュなので、デザイン性を重視している人でも満足できるでしょう。

12種類の豊富なデザインの中から利用するサーバーを選べる

ウォータースタンドではサイズや機能など、異なる特徴を持っている12種類の機種を取り扱っています。

これだけ豊富に種類を取り揃えられているのは、ウォータースタンドならではのメリットです。

利用者の用途や好みにあわせて、好きな機種を選べるのはうれしいですね。

ウォータースタンドで利用できる機種は下記の通りです。

    • ナノラピアネオ
    • ナノラピアマリン
    • ナノラピア ガーディアン
    • ナノラピア トリニティ
    • ナノラピア メイト
    • エコサーバー ネオ
    • エコサーバー トリニティ
    • ROスタンド
    • プレミアムラピア ステラ
    • プレミアムラピア S2
    • プレミアムラピア L2
    • プレミアムラピア ネオス2

常温水・冷水・温水の3つがボタン一つで切り替え可能

ウォータースタンドでは、水道水を利用しているものの、冷水・温水・常温水の3つの温度を利用できます。

一般的なウォーターサーバーの場合、冷水と温水しか利用できないので、3種類の温度を使い分けられるのはおおきなメリットです。

また、機種によっては90℃以上の熱湯を利用できる機種や、温水だけで高温(93度)・中高温(85度)・低温(75度)が利用できる機種があるなど非常に多種多様です。

赤ちゃんのミルク作りや料理に合わせて、適切な温度の水を利用できます。

半年に一回無料のメンテナンスが受けられる

ウォータースタンドでは、半年に一回の頻度で、専任のスタッフによる無料のメンテナンスを受けることができます。

このメンテナンスでは、セルフメンテナンスだと掃除しきれないサーバー内部の掃除をしてくれるので、不衛生な状態になる心配がありません。

衛生状態を気にしている人にとっては、嬉しいポイントと言えますね。

ウォータースタンドの3つのデメリット

ウォータースタンドは全体的に高評価する人が多いですが、不満点やデメリットも少なからず存在します。

契約してから後悔しないためにも、悪い評価もチェックしておきましょう。

  • 月額料金が高い
  • 本体が大きい機種もある
  • ウォータースタンドの配線が気になる
  • 天然水を味わえるわけではない
  • 災害時などの備蓄水として利用できない

それぞれのデメリットについて、詳しく紹介していきますね。

月額料金が高い

ウォータースタンドは定額瀬で使い放題という点に惹かれて使い始める人が多いですが、使用しはじめて見ると料金面に不満を感じる人が多いです。

実際に使用している人からも、「綺麗な水道水を飲むために月額4.000円は高い」「安全性の高い水を飲むために6.000円は高い」などの意見が上がっています。

月額料金は定額制で、水を使わない月でも同じ額の料金を支払う必要があり、水をあまり使わない人には割に合わないことも。

そのため、自分が毎月どのくらいの水を消費するのか把握しておいた方が良いでしょう。

毎月水を48L以上使用しなければ、ウォーターサーバーやペットボトルを使った方がお得です。

本体が大きい機種もある

ウォータースタンドは卓上型なので見た目コンパクトですが、実物を見て思っていたよりも大きいという意見が非常に多くなっています。

そのため、置きたかった場所に置けないという人も…

予定していたスペースに収まらずはみ出してしまったり、トレイを外して使ったりしている人も多くいます。

使いやすさを重視するならスペースに余裕がある場所に置く、もしくはコンパクトサイズのモデルを選ぶといいでしょう。

ウォータースタンドの配線が気になる

ウォータースタンドはあくまで家電製品に含まれるため、電源コードや様々な配線が付いています。

それらのコードをコンセントや水道管に繋げて使用するわけですが、設置の仕方によっては配線が気になってしまう人が多いです。

特にキッチンデザインやインテリアにこだわっている人からすれば、生活感が出てしまいこだわってディスプレイした空間が台無しに…。

本体のデザイン自体は申し分ありませんが、配線関連がちらついてしまうのはデメリットですね。

天然水を味わえるわけではない

ウォータースタンドでは水道の蛇口から出てくる水道水を利用します。

特殊なフィルターなどで水道水特有の味わいや臭いは除去されており、美味しい水を味わえますが、天然水を利用できるわけではありません。

ミネラル成分豊富な天然水を楽しみたい・天然水へのこだわりがある人にはあまりおすすめできません。

天然水を楽しめるウォーターサーバーは数多くあるので、あなたの好みに合わせて選んでみてくださいね。

災害時などの備蓄水として利用できない

ボトルを設置して利用するウォーターサーバーの場合、災害などで電気が使えなくても、備蓄水としてボトルの水を利用できます。

しかし、水道に繋げて利用するウォータースタンドは、水道水が止まってしまうとそもそも利用できなくなってしまいます。

ウォータースタンドは災害時に利用できないので、あらかじめ理解しておきましょう。

災害時に備えて備蓄水としても利用したいと考えている人は、ボトルを差し込んで利用する一般的なウォーターサーバーを利用しましょう。

ウォータースタンドを使用しているユーザーのリアルな口コミ

ここからはウォータースタンドを使用しているユーザーのリアルな口コミを紹介していきます。

SNS上で見つけた、良い口コミ・悪い口コミを紹介していくので、チェックしておきましょう!

ウォータースタンドの良い口コミ一覧

30代女性

ウォーターサーバーを利用しようと考えた時に、料金を気にせずに使えるタイプはないかと探していました。
そんなときにウォータースタンドの存在を知り、水道に繋げて美味しい水を利用できるみたいなので、我が家にピッタリなサーバーだと思いました。
実際に使っていく中でも、特に不便なく使えていますし、水も美味しいので大満足です。
サーバー選びに悩んでいる人にとてもおすすめの機ですね。

40代男性

水道に繋げて利用するので、料金を気にせずに好きなだけ使えるのが嬉しいポイントです。
ウォータースタンドを使用する前は、ボトルを取り付ける一般的なサーバーを使っていたので、だいぶ使い勝手が良くなりました。

ウォータースタンドの悪い口コミ一覧

60代女性

お水自体は美味しくて満足しているんですけど、蛇口回りの配線が気になりますね。
うちはキッチンが狭いので、かなり圧迫感があるんです。
場所をかなり占領されているので、もう少し慎重に選べばよかったなと後悔。

50代男性

水道水を利用するので、災害用としては使えないのが盲点でした。
ウォーターサーバーを選んでいるときに、備蓄水としても活用できるものをと考えていたのですが、ウォータースタンドだと使えませんもんね。
水の味わいや機能面では問題ありませんが、災害時に使えないのは残念です。

40代女性

いくら高性能のフィルターを使っているとはいえ、水道水の味わいや臭いが若干ありますね。
水の味わいには敏感な方なので、天然水を楽しめるサーバーにすれば良かったと後悔しています…

ウォータースタンドの月額料金

ウォータースタンドの特徴やデメリットが分かったところで、ここからはウォータースタンドで発生する月額料金を紹介していきます。

月額料金を把握しておかないと、使用し始めてから「思ったよりも料金が高い」「もっと安く済むと思っていた」などの不満を感じることに。

早期解約に繋がってしまうケースもあるので、しっかりとチェックしておきましょう。

本体のレンタル料金

1つ目に発生する料金は、ウォータースタンドのレンタル料です。

機種によってかなり料金が異なり、3.500円~5.980円とかなり幅があります。

下記、機種・契約プランごとの料金を紹介しているのでチェックしてみて下さいね。

ナノラピア/ネオ ナノラピア/マリン プレミアムラピア/ステラ
通常レンタル 3.980円 3.980円 5.980円
長得プラン 3.500円 3.500円 5.500円

電気代は約300円~700円

ウォータースタンドは家電製品の一部なので、電気を使用します、

使用状況や使用料によって、多少の前後はするものの、おおよそ300円~700円と言ったところ。

ウォーターサーバーの一般的な電気代が1.000円なので、かなり電気代がお得なのが分かります。

お得な電気代で使用できるため、あまりネックに感じる必要はありません、

ウォータースタンドの月額料金を他社メーカーと比較

メーカー 月額費用(最低注文本数) 水の種類
ウォータースタンド 3.000円~6.000円 水道水
ふじざくら命水 4.000円 天然水
サントリー天然水 4.700円 天然水
ネイフィールウォーター 4.500円 天然水・RO水
ジャパネットウォーター 4.500円 天然水
ダスキン 4.200円 天然水
ダイオーズ 4.456円 RO水
アクアマジック 3.996円 RO水
エフィールウォーター 4.500円 RO水
ワンウェイウォーター 2.400円 RO水
アルピナウォーター 2.972円 RO水
フレシャス 3.839円 天然水
プレミアムウォーター 3.680円 天然水
信濃湧水 3.000円 天然水
コスモウォーター 3.800円 天然水
うるのん 2.050円 天然水

ウォータースタンドの人気サーバーをランキング式で紹介

それではここから、ウォータースタンドの中で人気が高い機種を当サイトが選んだおすすめ順に3つ紹介していきます。

どれにしようか悩んでいる人はぜひ参考にしてみて下さいね。

おすすめ①:ナノラピア/ネオ

ウォータースタンド ナノラピアネオ

ナノラピアネオは、ウォータースタンドの定番デザインで、非常にシンプルなデザインと機能が特徴。

タンクへ汲んだ水を上部のサーバーへ送り込めるため、水栓との接続が不要なので、好きな場所へ設置できます。

ネオセンスフィルター・ナノトラップフィルター・イノセンスフィルターの3つで、水道水の中の不純物を完全に排除しています。

下記、ナノラピアネオの詳細です。

レンタル料 通常プラン 3,980円
長得プラン 3,500円
サイズ 26cm×50.5cm×50cm
電気代の目安 500円/月

おすすめ②:ナノラピア/メイト

ウォータースタンド ナノラピアメイト

本体のスリム性を追求し、本体内のタンクを無くすことで設置場所の自由さが広がったナノラピアメイト。

電気を使わなくてもしようできるため、コンセントが無くても使用でき、何よりも月々電気代が発生しません。

発生する料金は電気代だけなので、とっても経済的。

ナノラピアネオと同様に、3つのフィルターで徹底的に水をろ過しているため、安全性の高い水が楽しめます。

レンタル料 通常プラン2.480円
長得プラン 2.480円
サイズ 13cm×41cm×30cm
電気代の目安 500円/月

おすすめ③:ナノラピア/ガーディアン

ウォータースタンド ナノラピア ガーディアン

ガーディアンは、新技術である『瞬間冷温水』機能により、タンク内のお水を保温・保冷するために電気を使いません。

製品の仕組みから非常にECO要素の強い製品と言えます。

また、温度調節機能も搭載されており、温水に関しては、高温(93℃)・中高温(85℃)・低温(75℃)が選ぶことが可能。

その他にも、スリムデザイン・タッチパネル式などかなりハイスペックな機種と言えます。

レンタル料 通常プラン4.480円
長得プラン 4.000円
サイズ 23cm×23cm×47.1cm
電気代の目安 150円/月

ウォータースタンドに申し込む前に理解しておきたいポイント

それではここから、ウォータースタンドに申し込みをする前に、理解しておきたいポイントを紹介していきます。

申し込む前に理解しておかないと、利用し始めてから後悔してしまうことも。

そのような状況に陥らない様にも、しっかりと理解しておきましょう、「

水道に繋げて使うため設置場所が限られてしまう

大前提としてですが、ウォータースタンドは水道に繋げて、水道水を循環・ろ過して使います。

そのため、水道の蛇口付近に設置しなければならず、いくらスリムなサーバーでも設置スペースを取ることに。

特にキッチンやシンク付近が狭い人にとっては、日常生活に支障をきたしてしまうことも。

ある程度の広さが無いと、ウォータースタンドを設置するのは難しいかもしれませんね。

ウォータースタンド設置時に工事が必要

ウォータースタンドは設置する際に、業者による工事が発生します。

キッチンの一部を解体したりするほどの大掛かりな工事ではありませんが、水道付近の状況に合わせて棚を設置することは考えられます。

1時間程度で済むケースが多いですが、場合によっては3時間程度かかることもあるので、あらかじめ把握しておきましょう。

ウォータースタンドホームページに寄せられる質問一覧

ここからは、ウォータースタンド公式ホームページに寄せられる質問をいくつか紹介していきます。

実際に使用している人が感じている疑問なので、あなたが利用するようになった際にも疑問を感じる可能性が高いです。

Q&A方式で紹介していくので、参考にしてみてくださいね。

設置工事の料金は?

ウォータースタンドの設置にかかる工事費用は、月々のレンタル料金に含まれているため、別途発生しません。

工事の所要時間については、60分~90分が目安となっており、場合によってはそれ以上かかかることもあるので、あらかじめ注意しておきましょう。

フィルターの交換期限はありますか?

1日10リットルの使用を基準として、

  • ネオセンスフィルター:6ヶ月
  • メンブレンフィルター:2年
  • イノセンスフィルター:18ヶ月
  • 抗菌フィルター:2年

上記がフィルターの交換期限目安になります。

引越しの際に料金が発生しますか?

お引越しなどで取り外し、再設置をする場合は、移設費用は無料とさせていただいています。

しかし、代理店契約の場合は料金が発生することもあります。

通常プランで申し込んだ後に長期プランに変更できますか?

長得プランに変更可能です。長得登録料を頂いた月からレンタル料金が変更となります。

日割りの対応は無く、既にお支払い済みのレンタル料金については、過去に遡っての差額返金はございません。

また、契約期間の数えは通常プランで開始頂いた年月を引き継ぐ形になります。

ウォーターサーバーよりも手軽に水を楽しみたい人におすすめ!

いかがでしたか?

ウォータースタンドは、設置スペースが最小限で済み、ボトルを購入する必要が無いため手軽に使用できるのが大きな特徴。

また、月々の料金が定額制でいくら水を使っても料金が変わらないというのも、家計に優しくて良いですね。

しかし、いくつかのデメリットや利用者の不満要素もあるため、様々な要素をチェックし比較したうえで申し込みを決断しましょう。

自分にピッタリの機種を見つけて、後悔や失敗が無いようにしましょう!