ウォーターサーバーの解約方法とは?解約金や契約期間を詳しく紹介

ウォーターサーバーの解約方法とは?解約金や契約期間を詳しく紹介

ウォーターサーバーを解約したい時、まずなにからすればいいのか悩んでいる人も多いでしょう。

解約する際には色々な手続きが必要なので、手順が分からないとスムーズに解約ができません。

この記事では、ウォーターサーバーの解約手順や各メーカーの解約金額などを詳しく紹介していきます。

また、お得なキャンペーンやウォーターサーバーの休止サービス・クーリングオフなども説明しているので、気になる方はぜひ参考にしてください!

ウォーターサーバーの解約手順3ステップ

ウォーターサーバーの解約には、大きく分けて以下の3つのステップがあります。

  1. 契約中のウォーターサーバー会社に解約の申し込みをする
  2. ウォーターサーバー本体の水抜きをする
  3. ウォーターサーバー本体を業者に引き渡す

契約中のウォーターサーバー会社に解約申し込みをする

解約することが決まったら、まずは契約中のウォーターサーバー会社に解約したい旨を伝えましょう。

解約を伝える方法は以下の3つがあります。

  • 水の定期配送の日に直接伝える
  • インターネットで契約中の会社のホームページから解約を申し込む
  • 契約中のウォーターサーバー会社に電話をして解約すると伝える

ネットでの解約申し込みが不安な方は、定期配送日に配送員さんに直接伝えるのがおすすめです。

直接伝える場合は営業時間外に電話しても伝えられないため、契約中のウォーターサーバー会社の営業時間を事前に調べてから連絡してください。

サーバー返却のための作業をする

ウォーターサーバーの解約を伝えられたら、次はウォーターサーバーを業者に引き渡すための準備が必要です。

業者がウォーターサーバーを回収しに来る前に、以下の3点をチェックしておきましょう。

  • 利用中のボトルを使い切る
  • ウォーターサーバー本体の水抜きをする
  • 必要ならウォーターサーバーを梱包する

利用中のボトルを使い切る

ウォーターサーバーを業者が回収しに来る前に、利用中のボトルを使い切っておきましょう。

厳密に言えば、利用中のボトル内に水が残っていても業者が回収してくれるのですが、ボトルの水が残っている状態で解約すると利用できなくなってしまいます。

ウォーターサーバー本体があるうちに水を出し切っておいたほうが楽ですし、払った分のお金のもとを取るためにも、業者が来る前に水を使いきりましょう。

ウォーターサーバー本体の水抜きをする

水抜きとはウォーターサーバー内部に溜まっている水をすべて出し切る作業で、水抜きをしていない状態では返却ができません。

回収業者が回収しに来る前に必ず水抜きをしましょう。

水抜きの方法はサーバーによって違いますが、基本的には本体裏側の水抜きキャップを外せば水抜きができます。

ただ、水抜きする際には排水口から熱湯が出てきてやけどする恐れがあるため、あらかじめ電源を切って数時間おいてから、水抜きをするようにしましょう。

また、意外と多くの水が排出されるので、大きめのバケツなどを利用しておくと安心です。

必要ならウォーターサーバー本体を梱包する

回収去れる前にウォーターサーバー本体を梱包しておきましょう。

梱包する際には初回配送時に送られてきた梱包用ダンボールw再利用するか、業者にダンボールの配送を依頼して送られてきたダンボールで梱包してください。

また、配送時についていた付属品などがあれば、ウォーターサーバー本体と一緒に梱包しておきましょう。

梱包用の段ボールは自分で購入しなければならないケースもあるので柔軟に対応できるようにしておきましょう。

ウォーターサーバー本体を業者に引き渡す

最後にウォーターサーバーを業者へ引き渡します。

梱包が必要ならウォーターサーバーをダンボールに梱包して、あらかじめ玄関まで持っていき置いておきましょう。

また、付属品があればウォーターサーバーと一緒にまとめておき、業者がウォーターサーバー本体と付属品を受け取ったら、引き渡しは完了です。

ウォーターサーバーの解約金(違約金)と最低契約期間

ウォーターサーバーを最低契約期間内に解約すると解約金(違約金)が発生します。

解約金の相場や最低契約期間はウォーターサーバー会社によって異なりますが、総じて比較的高い費用がかかります。

必ず確認しておきましょう。

各会社の解約金と最低契約期間一覧

各ウォーターサーバー会社の解約金と最低契約期間をまとめると以下の表になります。

メーカー 解約金 詳細
プレミアムウォーター 15.000円
10.000円
ずっとPREMIUMプランの解約の場合
基本プランで2年以内の解約の場合
コスモウォーター  14000円 2年未満で解約した場合
アルピナウォーター  5.000円 1年未満で解約した場合
フレシャス 15.000円
9.000円
1年未満
1年以上2年未満
信濃湧水 10000円 1年未満(1年以上で解約金無料)
アクアクララ 6,600円
11,000円
11,000円
通常プラン(1年未満)
2年割プラン(2年未満)
子育てアクアプラン(2年未満)
ワンウェイウォーター 9,900円
15,400円
smartプラス(2年未満)
Arco(2年未満)
ウォータースタンド 6,600円 1年未満
ハミングウォーター 16,500円 2年未満
マーキュロップ 5,000円 半年未満

このように最低契約期間と解約金(違約金)は会社によって違いますが、普段の維持費にこの解約金が加わると結構な額になります。

解約する時になって驚かないように、できればウォーターサーバーを契約する前に調べておくと良いですね。

クリクラは解約金が無料

クリクラは既定の利用期間が定められていないので、解約金がかからずにお得に利用できます。

もし、「赤ちゃんがミルクを飲む間だけウォーターサーバーを利用したい」や「海外旅行を控えていて、旅行に立つまでウォーターサーバーを利用したい」などの短期的な利用であればクリクラがおすすめです。

また、長期的に利用するか分からないけど取り合えず利用してみたいと考えている人にもぴったりです。

ある程度の手間はかかりますが、ウォーターサーバーの利用に不満を感じたら躊躇なく解約すれば良いためです。

ウォーターサーバーのお得な乗り換えキャンペーン

ウォーターサーバーを解約する方で、新しいウォーターサーバーに乗り換えたい方も多いです。

乗り換える際、ウォーターサーバー会社によっては「乗り換えキャンペーン」を実施していることがあるため、必ず確認しておきましょう。

乗り換えキャンペーンの3つの特典

乗り換えキャンペーンの特典は、主に以下の3つです。

  • 他社での解約金(違約金)を既定の範囲内で負担する
  • 既定額のキャッシュバック
  • ギフト券のプレゼント

各内容の金額はウォーターサーバーの会社によって異なるため、自分が乗り換えたいと思う会社のキャンペーンは必ず調べておきましょう。

また、どのウォーターサーバーに乗り換えるか悩んでいる方は、乗り換えキャンペーンのことも考慮に入れて考えてみるのがおすすめです。

乗り換えキャンペーンを行っているメーカー一覧

乗り換えキャンペーンの内容はウォーターサーバーの会社によって異なっているので、自分が魅力に感じる特典を受けられるメーカーがおすすめです。

当サイトおすすめのキャンペーンを紹介していくので、参考にしてみて下さい。

メーカー キャンペーン内容
プレミアムウォーター 他社の解約金を最大16,500円キャッシュバック
クリクラ ①12ℓボトル2本プレゼント
②クオカード3,000円分
アルピナウォーター ①現金5,000円
②12ℓボトル4本無料
③ペットボトル2ダースプレゼント
※連絡欄に乗り換えキャンペーン利用と記入が必要です。

ウォーターサーバーを解約した理由

実際にウォーターサーバーを解約した人は、主に以下の7つの理由で解約した方が多いです。

  • ウォーターサーバーの維持費が想像より高かった
  • 配送されてくるボトルを収納できない<
  • ボトルが重くて交換が大変
  • ウォーターサーバーの水が口に合わなかった
  • カビの繁殖や故障トラブルがあった
  • 赤ちゃんのミルクを作る必要がなくなった
  • 新しいウォーターサーバーに乗り換えたかった

ウォーターサーバーの維持費が想像より高かった

ウォーターサーバーの利用には、水の代金以外に維持費がかかります。

維持費の中には電気代・水代・配送料・メンテナンス代などがあり、水代が大半を占めるものの、長期間利用しているとかなり大きい額になります。

この維持費の積み重なりが想像より負担になり、ウォーターサーバーを解約した方は多いです。

ウォーターサーバーの維持費を節約するには、配送・メンテナンスの代金が無料の会社と契約したり、エコモード搭載のウォーターサーバーを利用して電気代を節約したりするなどの方法があります。

配送されてくるボトルを収納できない

ウォーターサーバーのスペースが取れれば何不自由なく利用できると思いがちですが、実は配送されてくる水の置き場所も取って置かなければなりません。

水ボトルはダンボールに入って送られてくるため、想像以上のスペースが必要で保管しておくとかなりかさばります。

ボトルの収納スペースに不満がある人は、ビニールパック式ボトルを利用しているウォーターサーバーと契約するべきです。

ビニールパックなら配送時もそこまでのスペースを取らず、使用後も手のひらサイズに畳んで捨てられるため、スペースを取らないのでとても便利です。

ボトルが重くて交換が大変

ウォーターサーバーで使われているボトルは12ℓ前後の水が入っており重さにすると10㎏前後にもなります。

男性でも10㎏前後のものを持ち上げるのは大変で、女性や高齢者の人にとっては大きな負担になってしまいます。

ボトル交換は月に2回程度はあるので、長期的な利用を検討している人はボトル交換が足元でできるサーバーやボトルの容量が少ないサーバーを利用しましょう。

ウォーターサーバーの水が口に合わなかった

ウォーターサーバーの水には天然水とRO水の2種類の水があり、RO水とはRO膜を利用して不純物をはじめミネラル成分などを極限まで取り除いた水です。

このときミネラルも失われてしまうため、RO水は想像していたミネラルウォーターとは風味が変わってしまいます。

RO水を利用して味に不満があるなら、美味しい天然水を利用して水のクオリティを上げましょう。

カビの繁殖や故障トラブルがあった

ウォーターサーバーはかなりシンプルな構造をしているため、故障は起きにくくなっていますがメンテナンスを怠るとカビが繁殖します。

このカビの繁殖から水の味が変わってしまい、期待していた味が出せなくなってウォーターサーバーを解約する事が多いです。

カビの繁殖を抑えるには、ウォーターサーバー本体に水滴が残っているのを防ぐと良いです。

注ぎ口や水の受け皿に水が残っていると、湿度が高くなりカビが繁殖しやすくなってしまうため、こまめに布で拭きアルコール除菌をしましょう。

赤ちゃんのミルクを作る必要がなくなった

ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルクのために利用していた人は、赤ちゃんがミルクを卒業するとウォーターサーバーを利用しなくなります。

水の使用量が止まればウォーターサーバーと契約している意味がなくなるため解約するようです。

赤ちゃんがミルクを飲んでいる期間は比較的短いので、解約金が大きくならないように最低契約期間が短いウォーターサーバーと契約するのがおすすめですね。

新しいウォーターサーバーに乗り換えたかった

ハイスペックでおしゃれで安いものを見つけたら新しいウォーターサーバーと契約したくなりますよね。

一番良いのは、契約前にいろんなウォーターサーバーを調べてから自分にあっているものを選ぶことですが、勢いで契約してしまう方は意外と多いです。

ウォーターサーバーの乗り換えをする際は、解約金・咲いて契約期間と乗り換えキャンペーンの2つを必ずチェックしましょう。

ウォーターサーバーの休止サービスと適用しているメーカー

ウォーターサーバーを販売しているメーカーの中には、停止手続きを行うことにより水の配送を一時的にスキップできる制度があります。

例えば、仕事の事情で海外に行かなければならないけど契約はしておきたい方などにオススメで、少しの期間だけ利用料をストップできます。

しかし、ウォーターサーバーの会社によっては休止サービスで手数料がかかる場合があるため、検討しているサーバーで費用がかかるのか確認しておきましょう。

休止できる期間は割と短期間のため、長期的に利用できなくなる場合は解約も考えたほうが良いですね。

ウォーターサーバーのクーリングオフと申請期間

ウォーターサーバーにもクーリングオフは利用できますが、購入方法によって対象外の場合もあるため確認しましょう。

訪問販売や店頭での勧誘から契約につながった場合はクーリングオフ制度の適用が可能ですが、ネット上で自分が申し込んだ場合は自分で比較・検討する余地があったとみなされ、クーリングオフが適用されないケースが多いです。

クーリングオフをするならはがきに購入店・契約日などの必要事項を書き、申請期間内にメーカーへ郵送する必要があります。

申請期間は訪問販売など直接的な場合は8日以内で、マルチ商法やモニター商談の場合は20日以内が一つの目安です。(申し込みもとによって異なります。)

申請可能期間も必ずチェックしておき、できるだけ早めに申請しましょう。

ウォーターサーバーを解約するときは手順とお金を確認する

ウォーターサーバーの解約の手順は3ステップです。

  1.  メーカーに解約の申し込みをする
  2. ウォーターサーバーを業者に引き渡すために水抜きや梱包をする
  3. ウォーターサーバーを玄関においておき業者に引き渡す。

また、解約金(違約金)はメーカーにもよりますが3000~20000円の費用がかかるため、事前に把握して契約や解約を行ってください。

手順とお金をしっかりと把握して、スムーズにウォーターサーバーを業者に引き渡すようにしましょう。