ウォーターサーバーにカビが繁殖?!対処法と予防法を徹底解説!

ウォーターサーバーにカビが繁殖?!対処法と予防法を徹底解説!

ウォーターサーバーは便利な一方で、メンテナンスを怠るとカビが繁殖してしまいます。

せっかくおいしい水が飲みたくて利用しているのに、汚れた水が出てくるなんてひどい話ですよね。

本記事では、カビ繁殖の予防法と対処法を解説しています。

現在ウォーターサーバーを利用している方も、これから利用する方も、ぜひ参考にしてみてください!

ウォーターサーバーに繁殖するのは赤カビと黒カビ!

ウォーターサーバーな繁殖するのは、主に黒カビと赤カビです。

ひとつずつどんなカビなのか説明していきます。

黒カビとは

黒カビは、最も一般的なカビです。

体内に侵入すると、ぜんそくやアレルギーを引き起こす恐れがあります。

また繁殖力が高いのも特徴で、黒カビは根深く繁殖していきます。

それゆえ、表面の黒カビを掃除しても、また奥深くから繁殖してきます。

アルコールで除菌できるので、こまめに対処しましょう。

赤カビとは

赤カビは、黒カビ発生の原因となるカビです。

赤カビ自体は体内に入れても影響はありません。

しかし繁殖が早く、2日ほどで再生します。

黒カビになる恐れがあるので、こちらもこまめに掃除しましょう。

カビが繁殖しやすい条件は高温多湿の汚い場所!

カビは高温多湿の、不清潔な場所を好みます。

カビにとっての3大好条件は、

  • 温度20~30℃
  • 湿度60%以上
  • ホコリやダニが多い

ひとつずつ説明します。

温度は20~30℃が繁殖しやすい

カビにとって繁殖しやすい温度は20~30℃とされています。

温度だけで見れば、日本の夏はほぼ絶望的ですよね。

温度・湿度ともに高く、カビにとって繁殖に条件が良すぎるのです。

ただ実は、冬も気をつけなければいけません。

これには湿度が関係しています。

湿度は60~90%で繁殖しやすい

湿度60%以上だと、カビが繁殖しやすいです。

夏場はもちろん湿度が高いので注意が必要ですが、実は冬も侮れません。

冬は、一見乾燥していて湿度が低いと思いがちです。

しかし、冬は外の寒さと、部屋の暖房の影響によって結露ができます。

すなわち部屋に水滴ができるため、結果湿度が高くなってしまいます。

カビとは1年中戦ってないといけないのです。

ホコリが多い場所に繁殖しやすい

カビはホコリが多い場所に繁殖しやすいです。

ホコリの多い場所にはダニが繁殖します。

空気中のホコリとダニの死骸などは、カビにとって良い養分になってしまいます。

したがって、ウォーターサーバーを設置するときは場所に注意しましょう。

ウォーターサーバーは温度変化が激しいので繁殖しやすい!

ウォーターサーバーは便利なことに、お湯も扱います。

しかしその一方で、温度変化が激しいという側面もあります。

温度変化の激しいところにはカビが繁殖しやすいので、ウォーターサーバーにはカビが繁殖しやすいのです。

ウォーターサーバーでカビが繁殖しやすい3つの場所

ウォーターサーバーでカビが繁殖する主要部分は以下の3つです。

  • 注ぎ口
  • 水の受け皿
  • ボトルの装着部分

ひとつずつ解説します。

注ぎ口

注ぎ口は最も水の出入りが多い部分です。

したがって、残った水によってカビが繁殖してしまいます。

水を出した後に、垂れ下がっている水を対処しないといけません。

水の受け皿

受け皿も水が溜まってしまいます。

カビは水のあるところに繁殖するので、こちらも対処が必要です。

常に乾いた状態を作ることが大切になります。

ボトル交換時の装着部分

ボトルの設置部分も水がたまりやすい部分なので、カビが発生しやすいです。

また、ウォーターサーバーはお湯も扱うので、溜まった水が温められてしまします。

それゆえ、カビが繁殖しやすい条件を満たしてしまいます。

こちらも定期的に点検すべきでしょう。

ウォーターサーバーの掃除頻度はどのくらい?正しい掃除の頻度とやり方を紹介

到着時のウォーターサーバーや水に繁殖している可能性は低い!

ウォーターサーバー会社も、水を生産している場所も、菌に対する検査は徹底しています。

自宅に到着した時点で菌が発生している、なんてことはめったに無いでしょう。

もし繁殖してしまったなら、自宅が原因の可能性が高いでしょう。

点検はできていたか、場所は適切か、一度見直してみましょう。

赤い(黒い)異物がある、味や匂いに違和感があるときは繁殖を疑おう

カビの発生は、割とわかりにくい場合もあります。

以下3点に当てはまった場合は、カビの繁殖を疑いましょう。

  • 赤い(黒い)汚れが見える
  • 水の中に黒い浮遊物がある
  • 味または匂いに違和感がある

一つずつ見ていきます。

赤い(黒い)汚れが見える

注ぎ口や水の受け皿などに、赤または黒の汚れが見えたら、カビである可能性が高いです。

布で拭き取って、アルコールで除菌するなどの対処法を取りましょう。

また当然ですが、とりあえず水は飲まないようにしましょう。

水の中に黒い浮遊物がある

注いだ水に黒い浮遊物が浮いていたら、黒カビの可能性が高いです。

ウォーターサーバーの内部に、カビ以外の黒い異物が入ることはまず無いと思います。

黒カビはぜんそくやアレルギーを引き起こす可能性があります。

絶対に飲まず、メンテナンスをしましょう。

味または匂いに違和感がある

目には見えなくても、味や匂いに違和感があればカビが繁殖している可能性があります。

ウォーターサーバーの内部でカビが発生している可能性が高いので、除菌などの対処をしましょう。

水には手を付けず、業者を呼んでメンテナンスしてもらうのもアリです。

水の中の白い浮遊物は大丈夫!

水の中に白い浮遊物が浮いていることがあります。

これは白カビではありませんので、安心してください。

これは水の中のミネラル成分が結晶化したものですので、体に害はありません。むしろ良いものです。

ウォーターサーバーは温度の変化が激しいので、水の中で結晶化と呼ばれる現象が起こります。

これにより、水分中のミネラルが目に見えるようになっただけです。

安心して飲んでください。

ウォーターサーバーにカビを繁殖させないための予防法

せっかくきれいな水が飲みたいのに、カビが繁殖したら最悪です。

ですので、カビが発生しないように、しっかり予防策を取りましょう。

具体的な予防策は以下の7つです。

  • 水気の多い場所に設置しない
  • 直射日光を避ける
  • 乾いた布で拭く
  • アルコールで除菌する
  • 注ぎ口を指で触れない
  • 注ぎ口を綿棒で掃除する
  • 内部クリーン機能を使う

解説していきます。

水気の多い場所には設置しない

水気の多い場所はカビが繁殖しやすいです。

具体的には、

  • 浴室付近
  • 部屋干しする部屋
  • 水道周り
  • ホコリが溜まりやすい場所

などが挙げられます。

浴室付近

浴室付近は水が溜まりやすいので、カビが発生しやすいです。

またお湯も使うので、温められた水により、さらにカビが発生する原因になります。

場所としては最悪なので、できるだけ避けてウォーターサーバーを置くようにしましょう。

部屋干しする部屋

部屋干しする部屋も湿度が高くなります。

またダニなども発生しやすいので、カビの繁殖が活発になってしまいます。

部屋干しする部屋もできるだけ避けましょう。

水道まわり

水道周りも浴室付近と変わらず、水やお湯が溜まりやすいです。

結果、カビにとって好条件となってしまいます。

しかし、ウォーターサーバーを料理などに使いたい方は、キッチンの近くに設置したいですよね。

その場合は、ウォーターサーバー自体の点検は欠かさず、キッチン周りの水気もできるだけ拭き取るようにしましょう。

ホコリが溜まりやすい部屋

ホコリが溜まりやすい部屋は、カビが繁殖しやすい3大条件の1つです。

ホコリが溜まることにより、ダニが増えていきます。

ホコリとダニの死骸を養分に、カビは繁殖していきます。

完全な負のループなので、ホコリが溜まるような場所は避けて設置してください。

ウォーターサーバーはどこに設置するべき?設置NG・設置OKな場所を解説!

直射日光を避けて設置する

ウォーターサーバーを設置する際、直射日光は避けてくださいと説明されると思います。

直射日光が当たると、単純に温度が上がります。

温度が上がると、カビが繁殖しやすくなってしまいます。

したがって、直射日光の当たるような場所に設置するのは控えましょう。

乾いた布で拭く

常に水気をとっておくために、乾いた布でウォーターサーバーを拭きましょう。

乾燥していることは、カビの繁殖を防ぐことになります。

定期的にこまめに行うことで、快適にウォーターサーバーを利用できます。

アルコール除菌する

カビはアルコールで除菌できます。

カビを退治するために、アルコールを吹き付けた布やウェットティッシュなどで、除菌しましょう。

乾いた布で拭くこととセットで行うと良いので、こちらもこまめに行ってください。

注ぎ口を指で触れない

注ぎ口に指で触れてしまうと、指についていた付着物を養分に、カビが繁殖してしまいます。

触れてしまっても除菌すれば大丈夫ですので、すぐにアルコールで除菌しましょう。

また、ちいさな子どもなどが触ってしまう場合が考えられる方は、注意してください。

注ぎ口を綿棒で掃除する

注ぎ口は水の出入りが最も活発な部分です。

そのためカビが繁殖しやすいので、注ぎ口は徹底的に掃除しましょう。

そのために、手で届かない部分も掃除したほうが良いので、綿棒を使います。

綿棒で注ぎ口を掃除することで、カビの繁殖を防ぐことができます。

内部クリーン機能を使う

最近のウォーターサーバーはハイスペックなものが多く、内部クリーン機能がついているものがあります。

以前までは、業者しか点検できない部分は定期的なメンテナンスで補っていました。

しかし、この内部クリーン機能を使うことで、自分では点検できない部分も掃除してくれます。

適度に用いて、ウォーターサーバーをきれいに保ちましょう。

ウォーターサーバーにカビが繁殖してしまった時の対処法・行動

いざカビが繁殖してしまった時の対処法・行動を解説します。

対処法・行動は主に以下の4つです。

  • カビ繁殖の可能性があるときは、水を利用しない
  • 乾いた布で拭き、アルコール除菌する。
  • ウォーターサーバーの設置場所を変えてみる。
  • それでもだめなら業者に相談する。

ひとつずつ解説します。

カビが繁殖している疑いがあるときは利用しない

もちろんですが、カビが繁殖した水は危険です。

飲むときも、料理にも使用しないでください。

カビ繁殖の可能性が0になった時に利用するようにしましょう。

可能性が0になったときとは、次のようなときです。

・匂い、味、見た目に違和感がなく、以前と同じように使えること
・業者がGoサインを出すこと

なるべく危険を回避して、気持ちよくウォーターサーバーを使いましょう。

乾いた布で拭きアルコール除菌する

まずは水気を無くし、アルコール除菌してカビを撃退しましょう。

注ぎ口や受け皿、ボトル設置口、などあらゆるところを点検します。

定期的にメンテナンスしていれば、恐らくこれで利用できるようになると思います。

ウォーターサーバーの設置場所を変えてみる

設置場所が悪い可能性もあります。

  • 直射日光の当たる場所
  • ホコリの溜まる場所
  • 水気の多い場所

以上3つの場所はカビが繁殖しやすい場所です。

速やかに場所を移動するのもアリかと思います。

それでもだめなら業者に電話をかける

自分で対処しても、カビが繁殖している恐れが消えないなら、業者に頼むしか無いでしょう。

自分でわからないことは、プロに頼むのが一番です。

これからも気持ちよくウォーターサーバーを使うために、少しの不安でも消しておくことをおすすめします。

また、業者によってはメンテナンス料金が無料の場合もあります。

無料なら積極的に頼むのも良いと思います。

カビが生えない様にウォーターサーバーは定期的にメンテナンスをしましょう

本記事では、ウォーターサーバーのカビの繁殖について、対処法や予防法などを解説してきました。

結論として、定期的にメンテナンスを行うことが一番重要です。

乾いた状態を保ち、除菌すること。

ホコリやダニなどが発生しないように、常に清潔にしておくこと。

これを守っておけば、ダニが繁殖する可能性は低いです。

こまめな点検を欠かさず、美味しくきれいな水をずっと使えるようにしていきましょう。