ウォーターサーバーの平均的な費用はいくら?費用の内訳と人数別の費用を解説!

ウォーターサーバーの利用を検討している人の中には「平均的な費用はいくらくらいかかる?」「メーカーによっても料金に違いはある?」など気になっている人もいるでしょう。

ウォーターサーバーでは水代・サーバーレンタル代など諸々の費用がかかり、利用する人数によっても費用は異なります。

あらかじめどの程度の費用がかかるのか把握しておかないと、利用しはじめてから「意外と高い…」と後悔することも。

そんな状況にならないためにもこの記事では、ウォーターサーバーで発生する平均的な費用を紹介していきます。

どの程度の費用がかかるのかしっかりと理解し、サーバーを導入する際の参考にしてみてくださいね。

ウォーターサーバーにかかる費用の内訳は?

まず、ウォーターサーバーを使用するにあたり、どの様な費用が発生するのかを理解しておきましょう。

  • 初期費用
  • サーバーレンタル料
  • 水の料金
  • 電気代
  • メンテナンス料金
  • 送料
  • 違約金
  • 配送休止料

初期費用

初期費用はサーバーの設置費用など契約時に発生する費用のことです。

ほとんどのメーカーでは初期費用がかからずに無料としていることが多いものの、中には費用が発生するメーカーもあります。

初期費用は1,000円~3,000円程度と思っておきましょう。

サーバーレンタル料

サーバーレンタル料はほとんどのメーカーで無料のケースが多ものの、一部メーカーではレンタル費用が発生します。

特にデザイン性が高いサーバーや豊富に機能を搭載しているサーバーがレンタル料有料としている傾向があります。

レンタル料は1,000円前後が一般的です。

水の料金

ウォーターサーバーの費用の大部分を占めるのが水代で、最低注文本数の目安となる24ℓ換算にすると2,000円台~4,000円台まで幅広いです。

メーカーによって水代に差が出るのは「天然水」「RO水」どちらを利用しているかという点が関係しています。

RO水よりも天然水の方が採水・加工する過程で手間がかかるので、その分費用が高くなります。

そのため、少しでも水代を抑えたい人はRO水、味わいにこだわりたい人は天然水を選ぶようにしましょう。

注文ノルマもチェックしておこう

メーカーによっては注文本数のノルマが設定されている場合もあるので、水の消費量に関わらず水が配送されてきます。

そのため、家にいる時間が短い人・一人暮らしで水の消費量が少ない人は注文ノルマが無いサーバーがおすすめです。

注文ノルマがあるとボトルが溜まっていく一方で消費しきれないケースもあるので注意しておきましょう。

電気代

ウォーターサーバーは電気を利用するいわば家電製品ですので、使用していくうえで電気代がかかります。

使用頻度や環境によって変化しますが、おおよその電気代は600円~1,000円程度です。

なお、サーバーに省エネ機能が搭載されている場合は電気代を抑えられるのでお得に利用できます。

メンテナンス料金

メンテナンス料は保険料・サポート料のようなもので、無料〜月500円ほどかかるメーカーまで様々です。

毎月メンテナンス料を支払っている場合、サーバーの故障・トラブル時に専任のスタッフが無料でメンテナンスをしてくれるので安心です。

ボトル配送料

ボトルの配送料は関東・関西などで無料としているメーカーが多いものの、北海道・沖縄・離島などでは配送料が発生する場合が多いです。

地域やメーカーによって異なりますが、1回の配送で500円~1,000円程度です。

月に2回配送されると考えて1,000円~2,000円の費用がかかると考えておきましょう。

違約金

ウォーターサーバーには規定の利用期間が定められている場合が多く、規定利用期間を満了せずに利用すると途中解約金がかかります。

契約期間や解約金はメーカーによって異なるので、申し込みをする前にしっかりとチェックしておきましょう。

配送休止料

配送休止料はボトルの配送を休止する場合にかかる費用です。

メーカーによりますが、基本的に数週間〜1ヶ月にボトルが配送される仕組みですので、その配送を止めるとかかってくる費用になります。

ウォーターサーバーの平均的な費用|人数別の月額料金を紹介

ウォーターサーバーの平均的な月額料金を人数別に紹介していきます。

大人月20L、子供1人月10L使用すると仮定して紹介していくので参考にしてみてくださいね。

世帯人数 天然水 RO水
1人暮らし(大人1人) 3,300円 2,700円
2人暮らし(大人2人) 6,500円 5,100円
3人暮らし(大人2人+子供1人) 8,100円 6,300円
4人暮らし(大人2人+子供2人) 9,700円 7,500円
5人暮らし(大人2人+子供3人) 11,360円 8,700円

人気のウォーターサーバーごとの平均費用・おすすめポイントを紹介!

ここからは人気のあるおすすめのウォーターサーバーごとの平均費用とおすすめのポイントを紹介していきます。

サーバー選びに悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

  • プレミアムウォーター
  • アルピナウォーター
  • クリクラ

【サーバーシェア・知名度№1】プレミアムウォーター

プレミアムウォーターの口コミと評判!メリット・デメリットを詳しく解説!

プレミアムウォーターはウォーターサーバーシェア・知名度ともにトップクラスを誇る非常に人気のあるサーバーです。

デザイン性が豊富なのに加えて、サーバーに搭載されている機能が豊富なので、数あるサーバーの中でもハイスペックと言えます。

使用されている天然水も非加熱製法で作られており、ミネラル成分や風味が失われていないので、天然水にこだわっている人におすすめです。

利用する水の量 費用
24ℓ 3,974円
36ℓ 5,961円
48ℓ 7,948円

【安さを求めている人におすすめ!】アルピナウォーター

アルピナウォーター 商標

アルピナウォーターは12ℓあたりの水代が1,134円と非常にリーズナブルな費用で利用できるウォーターサーバーです。

業界内でもトップクラスに水代が安いのでコスパが非常に高いのが特徴。

白を基調としたシンプルなデザイン性で搭載されている機能が少ないのは少々ネックなポイントかもしれません。

とにかくリーズナブルな費用で利用したいと考えている人にとてもおすすめです。

利用する水の量
※3本~の註文のみ
費用
36ℓ 3,402円
72ℓ 6,804円
108ℓ 10,206円

【子育て家庭に嬉しい特典が満載】クリクラ

クリクラ 商標 20210520

クリクラは子育て家庭向けのお得なプランを用意しており、妊娠中の人・子育て中の人にとてもおすすめです。

初回費用や設置サービスが無料になり、水代も割引された特別価格で利用できます。

スタンダードなサーバーだけではなく、消費電力を減らせる省エネサーバーやスタイリッシュなデザインが特徴のFttなど種類も豊富です。

サーバーレンタル代や解約金がかからず、月々に発生する費用は水代だけでなのでお得な費用で利用できます。

利用する水の量 費用
24ℓ 2,920円
36ℓ 4,380円
48ℓ 5,840円

ウォーターサーバーにかかる費用を理解してから利用しよう!

ウォーターサーバーは非常に便利な商品ですが、利用する前どの程度費用がかかるのか理解しておかないと、利用していく中で後悔するリスクが高いです。

費用を支払えない月があると最悪の場合、強制的に解約させられることも。

そんな状況に陥らない様にするためにも、ウォーターサーバーで月にいくら位かかるのか費用を理解してから利用するようにしましょう!