ウォーターサーバーのボトルの捨て方に悩んでいる方必見!ボトルの種類と処理の方法

ウォーターサーバーのボトルの捨て方に悩んでいる方必見!ボトルの種類と処理の方法

せっかくウォーターサーバーを導入したならば、快適に活用していきたいですよね。

ウォーターサーバーが快適に使えない人は、ウォーターサーバーのボトルの処理の方法を知りません。

ボトルの処理が面倒になってしまってウォーターサーバーを手放してしまったという人もいます。

今回の記事で伝えたいことは正しい処理の方法を知って、快適なウォーターサーバーライフを送ることが目的です。

一緒に正しい処理の方法を確認していきましょう。

ウォーターサーバーのボトルのタイプ

ウォーターサーバーのボトルのタイプは、何種類あるのでしょうか?

ボトルのタイプによって、ボトルの処理の方法が違います。

ウォーターサーバーをレンタルする時に、ボトルのタイプを確認することはとても重要です。

ボトルの種類について、確認していきましょう。

プラスチックボトル

プラスチックのボトルは、全体的に青っぽいデザインになっていることが多いです。

プラスチックのボトルでは、RO水が入れられていることが多いとされています。

RO水は精製水の一種で、より純水に近い水です。

プラスチックボトルは価格が安く、コストを気にされる方には嬉しい商品ですね。

配送に関しては、レンタル会社が配送していることが多く、安全性が高いと言われています。

RO水と天然水の違いは?それぞれのメリット・デメリットを紹介!

使い捨てタイプのペットボトル

使い捨てタイプのペットボトルがウォーターサーバーのボトルにあるというのは、ご存知ですか?

ペットボトルタイプのボトルは、処理も簡単にすることができてメリットが多いです。

置き場所に困らない点も、嬉しいポイントですね。

ペットボトルタイプのボトルは、プラスチックタイプのボトル異なり委託している宅配業者が、配送を行っています。

使い捨てタイプの不燃ごみパック

一番処理や効果が簡単なボトルを、紹介しましょう。

一番手軽に取り扱うことができるのは、軽量な使い捨ての不燃ごみパックです。

10キロ前後するボトルを持ち運んで交換することは、女性だと体格的に難しい場合が多いです。

不燃ごみパックだと軽量なため、女性であっても簡単に水の交換や持ち運びができることは嬉しいですね。

手軽さを考えている方は、不燃ごみパックの導入をしましょう。

水道直結型

そもそも交換や後処理を、したくないという方もいるでしょう。

そんな方に、おすすめしたいウォーターサーバーがあります。

それは交換や処理が一切必要ない、水道直結型のウォーターサーバーです。

ボトル代が発生しない点も嬉しいポイントですね。

しかし、ボトル代の代わりに水道代が別途発生してしまうので、導入は使用頻度を計算してからにしましょう。

ボトル処理の方法

ボトルの処理の方法について、よく知らない方も多いでしょう。

不燃ごみなのか、リサイクルが可能なのか?そもそもゴミとして一般ごみとして回収してもらえるのか?

考えだしたら、途方もないですね。

安心してください、今から紹介する内容をしっかりと実践することができれば問題なく処理を行うことができます。

正しい処理の方法について、詳しく確認していきましょう。

プラスチックボトル

プラスチックのボトルの場合は、回収してもらえることが多いです。

中には、回収を行っていない業者もあるのでレンタルする際に業者に処理の方法について確認するようにしましょう。

回収の場合は、回収日までの保管が必要です。

プラスチックのボトルは、硬い材質で作られているので置き場所に困るケースがあります。

空のボトルの保管方法のコツは、後ほど紹介させていただきますね。

使い捨てタイプのペットボトル

使い捨てタイプのボトルの場合は、ご自身で処理しなければならないケースが多いです。

自分で処理することが、面倒だと思ってしまう方も少なくありません。

しかし考え方によっては、ご自身で処理できたほうが結果的に良かったと思う場合もあります。

例えば、回収の場合は回収日まで空ボトルを保管しなければなりません。

保管が必要な方は、保管場所に困る人がとても多いです。

ペットボトルであれば、潰してコンパクトにまとめて置くことができるので、保管に困る心配はありません。

毎日ゴミを出す方は、資源ごみとして交換するごとに処理することができるので、保管の心配をする必要がない人もいます。

使い捨てタイプの不燃ごみパック

不燃パックタイプは、ペットボトルタイプよりも処理が簡単です。

回収を行っていない業者は多いですが、そもそも回収の必要がありません。

不燃ごみパックはその名の通り不燃ごみとして、回収の必要がないほど簡単に処理することができます。

処理が簡単と聞いたら、どんな人に導入してもらいことがおすすめだと思いますか?

一般的には、女性やウォーターサーバーが初心者の方に、おすすめとされています。

もし、初めてウォーターサーバーを導入される方がいれば、不燃ごみパックのウォーターサーバーを検討しましょう。

水道直結型

水道直結型のウォーターサーバーは、そもそも処理の必要がありません。

処理の必要がない分、天然水やRO水などの水は選ぶことができませんが、簡単に導入することができます。
選ぶ水によって、効果やメリットが変わってきます。

美容や健康目的なのに、適していない水を導入してしまうとせっかくウォーターサーバーを導入しても意味がありません。

なぜウォーターサーバーを導入しようと思ったか考えて、選びましょう。

水道水をそのまま飲んでも大丈夫?体への影響はある?

ボトルをストックする時のコツ

ボトルに水が入っている時やプラスチックボトルのような圧縮できない形状のボトルの置き場所って悩みの種ですよね。

ボトルは意外に大きくてスペースをとってしまうため、目立ってしまいます。

来客があった際に、ウォーターサーバーのボトルの隠し方は特に悩むことが多いはずです。

ウォーターサーバーのボトルのストックの仕方について、確認していきましょう。

立体的に収納する

ウォーターサーバーのボトルは意外に大きいため横に並べてしまうと、スペースをとってしまいがちですよね。

縦の空間を活かして積み重ねることによって、横の広がりを抑えることができます。

プラスチックのボトルは硬い性質のため、積み重ねがしやすいです。

しかしあまり積み重ねすぎると、荷崩れや落下の原因となるので補助がない場合は、2段までとしましょう。

市販で売られている固定機材を使用されている場合は、記載されている注意事項をよく読んで、高さを守ることができれば安心です。

ボトルが目立たないようにする

部屋の中のインテリアがきれいでも、ウォーターサーバーのボトルが目立ってしまうと第なしですよね。

ボトルを目立たないようにするには、いかに生活感をなくすことができるかが大切です。

例えば、素敵なカバーや布を上からかぶせるだけで、ガラッと雰囲気が変わります。

地下倉庫がある場合は、活用することも一つの手ですね。

工夫次第で目立たないようにすることは可能なので、ご自身にあったやり方を見つけるまで挑戦していきましょう。

空ボトルの置き場に困っている人の対処方法

前の章では、ストックする時のコツについての紹介をさせていただきました。

今回は具体的な、収納方法についていくつか紹介させていただきます。

実践しやすいものを抜粋したので、一緒に確認していきましょう。

ウォーターサーバーメーカーのラックを購入する

レンタルしているウォーターサーバーの業者に、ラックについて相談してみましょう。

レンタル会社によっては、ラックを販売している会社もあります。

メーカーの基準で作成されているので、サイズが合わない心配はありません。

注意点としては、ウォーターサーバーの契約者のみしか購入することができないことが、多い点です。

もし使用されたい場合は契約する際に、一度ストック場所についてレンタル会社に相談してみましょう。

ラックを販売しているレンタル会社であれば、紹介してもらえます。

市販のラックを購入する

市販でもウォーターサーバーのボトル専用のラックが販売されていることはご存知でしたか?

市販のラックを購入するメリットとしては、好みのデザインを選ぶことができる点です。

レンタル会社で販売しているラックだと、デザインのバリエーションはかなり少なくなってしまいます。

好きなデザインを探したい方は、市販で購入しましょう。

注意点としては、サイズが違うラックもあるという点です。

サイズが違うラックを購入してしまい、知らずに使用してしまうと落下や荷崩れの原因となります。

自分で作成する

最近はDIYブームということもあり、自分で作成してしまう方も多いということはご存知ですか?

自分で作成することができれば、デザインやサイズを思い通りに設定することができるので、バリエーションとしては無限に存在します。

工具や材料を揃えることから始めるので、新しい趣味としての要素になるではありませんか?

手間や時間はかかりますが、コロナの影響で家にいる機会も多いと思います。

まずは、簡単なウォーターサーバーのボトルラッのDIYからチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

水道直結型のウォーターサーバーを導入する

先程から紹介させていただいている、水道直結型のウォーターサーバーを導入してみませんか?

処理の費用がないことの他に、宅配によるボトルの受け取りの手間もなくなります。

いつでも在庫の心配をすることがなく、ウォーターサーバーの安全な水を飲むことができる点も嬉しいポイントですね。

一つだけ欠点を挙げるとしたら、設置箇所に水道がないといけない点です。

水道がないと設置できないので、若干不便に感じる方もいるかもしれません。

設置場所をよく検討した上で、導入を考えましょう。

水道水の塩素を除去するには?!塩素による影響や除去方法を解説!

ボトルを捨てるときの注意点

ウォーターサーバーのボトルは手軽に処理できるがわかった方も多いと思いますが、注意点を守らないと回収をしてもらえない可能性がありますね。

この章では間違えがちな注意点について、紹介していきます。

では、正しく処理できるように一緒に確認していきましょう。

自治体の指示に従う

自治体の指示に従うことは、普段のゴミ処理の際も同じですね。

自治体の指示に従わないといけないのは、ウォーターサーバーのボトルであっても同じです。

地域によってリサイクルゴミの種別と、不燃ごみの種別は変わってきます。

自治体の規定に則った、ゴミの出し方をしましょう。

できるだけコンパクトにする

よくペットボトルや缶を潰さずにゴミに出している人がいますよね。

潰さない影響でかさばってしまい、迷惑に思ったことがある人もいると思います。

ウォーターサーバーのボトルも同じです。

できるだけコンパクトに潰してから、処理をするようにしましょう。

特にウォーターサーバーのボトルは大きくて目立ってしまうため、潰さないで処理してしまうと近隣住民の方はとても迷惑に感じてしまいます。

ご近所トラブルを避けるためにも、潰して処理することを心がけましょう。

正しい処理法を知っていればでボトルの処分には困らない

ウォーターサーバーのボトルの処理の方法を知らないせいで、ウォーターサーバーを導入することを迷っている人も多いですよね。

ウォーターサーバーのボトルの処理は工夫次第で、億劫ではなくなります。

正しい処理の方法を知っていれば、毎日悩むことはありません。

反対に正しい方法を知らなければ、処理することが面倒になってしまい、ウォーターサーバーを手放してしまいます。

快適なウォーターサーバーライフを送るためにも、正しい処理の方法を知っておきましょう。