ウォーターサーバーの初期費用はいくら?その他の費用もまとめて紹介!

信濃湧水エコサーバーの特徴とは?口コミ・評判やメリット・デメリット

今現在ウォーターサーバーの契約を検討している方は、どの部分で迷っていますか?

おそらく1番多いのは初期費用などの金額面でしょう。

ウォーターサーバーは普通に水を購入する際にはかからない維持費がかかるため、割高に感じますよね。

しかし、ウォーターサーバーメーカーの中には初期費用が無料なところも多く、手軽に導入できます。

今回はウォーターサーバーの初期費用が無料なメーカーから、月額費用を抑える方法までを詳しく紹介していきます。

ウォーターサーバーを検討中の方はぜひ参考にしてください!

ウォーターサーバーは初期費用が無料のメーカーが多い

ウォーターサーバーはお金がかかるイメージがあり、手軽に導入しにくいと感じている方が多いですが、実際は初期費用が無料なメーカーがほとんどで手軽に導入できます。

また、頻繁にキャンペーンを実施しているメーカーも多く、キャンペーン期間中は初期費用が無料なところもあります。

初期費用が無料で手軽に導入できるウォーターサーバーメーカーを厳選し、紹介していきます。

初期費用が無料なウォーターサーバーメーカー一覧

下記が初期費用無料で契約ができるウォーターサーバーメーカーです。

メーカー名 初期費用
信濃湧水 無料
コスモウォーター 無料
プレミアムウォーター 無料
マーキュロップ 無料
フレシャス 無料
サントリー天然水 無料無料
アクアクララ 無料
クリクラ クリクラサーバー:無料
省エネサーバー:7,000円
アルピナウォーター スタンダードサーバー:無料
エコサーバー:無料
水素水サーバー:10,000円

このように人気のウォーターサーバーメーカーの多くが初期費用となっています。

初期費用がかかるウォーターサーバーもある

多くのウォーターサーバーメーカーが初期費用無料と説明しましたが、もちろん有料なメーカーも存在します。

レンタルではなく購入すると費用がかかる

ウォーターサーバーを利用する方の多くはレンタルですが、購入して使用している方もいます。

レンタル料は無料の場合が多いですが、購入する場合は契約する際に料金が発生します。

メーカーによりますが、購入には大体40,000円前後かかります。

ウォーターサーバーを購入するのにはメリット・デメリットがあるため、紹介していきます。

購入のメリット

ウォーターサーバーの購入メリットは下記の通りです。

  • 長期的に使う際はコストを抑えられる
  • 水の料金しかかからない
  • 注文のノルマがない

基本的に長期間使う予定がある方は、メンテナンス代などがかからなくなるため購入がおすすめです。

ほとんどのメーカーは水の注文数が決まっていますが、購入してしまえば購入ノルマを気にする必要が無くなります。

購入のデメリット

ウォーターサーバーの購入デメリットは以下の通りです。

  • 導入コストが高い
  • 定期メンテナンスが受けられない
  • 返品に手間がかかる

基本的に長期間使う予定がない方や、初めて利用する方には購入はおすすめしません。

レンタルであれば返品・交換が楽ですが、購入してしまうと手続きなどが面倒です。

また、定期メンテナンスを受けられなくなるため、衛生面を保つのが難しくなるでしょう。

水道直結型だと費用がかかる

水道直結型のウォーターサーバーの場合は初期費用がかかってしまいます。

水道直結型のウォーターサーバーとは、自宅の水道管とウォーターサーバーを繋げて使用するサーバーです。

ウォーターサーバー内で浄水された水をそのまま利用できるため、水を購入する手間がかかりません。

水道管とウォーターサーバーを繋げるのに工事が必要であり、工事費用が初期費用としてかかります。

初期費用はメーカーによりますが、大体5,000円~10,000円です。

ウォーターサーバーの月額費用は3,000~6,000円

ウォーターサーバーには初期費用の他に月額費用がかかってきます。

ウォーターサーバーを契約する場合、月額費用も気になるポイントですよね。

メーカーにもよりますが、ウォーターサーバーにかかる月額費用は3,000円~6,000円です。

安いところだと3,000円以内で済む場合もあるため、記事の最後に紹介します!

月額費用の内訳

ウォーターサーバーの月額費用の内訳は以下の通りです。

  • レンタル料
  • 水の料金
  • 配送料
  • 電気代
  • メンテナンス代

1つずつどのくらいの金額なのかを説明していきます。

レンタル料は0~1000円

ウォーターサーバーのレンタル料は無料のところが多く、かかっても1,000円以内です。

機能がいろいろ付いている機種や、デザインにこだわっている機種だとレンタル料がかかる傾向があります。

水のボトル代は3000~5000円

水のボトル代は家族の人数などで左右されますが、平均すると3,000円程度です。

ウォーターサーバーの水には、RO水と天然水の2種類があり、水の種類によって金額が異なります。

一般的に天然水方が高い金額設定となっています。

また、毎月の水の注文数があらかじめ決まっているメーカーが多いため、水を使用しなくても水の料金は必ずかかります。

1人暮らしの方は消費しきれない可能性があるため、注文ノルマがないメーカーをおすすめします。

水の配送料は無料のメーカーが多い

水の配送料はほとんどのメーカーが無料となっています。

離島などにお住いの方は、かかってしまう可能性がありますが、かかったとしても1,000円以内でしょう。

電気代は300~1000円

電気代は機種によって大きく異なってきます。

省エネ機能が付いていないウォーターサーバーですと1,000円ほどかかります。

省エネ機能が付いている場合、300円台に抑えられるウォーターサーバーもあります。

メンテナンス代は0~2000円

メンテナンス代は無料のところから2,000円ほどかかるメーカーもあります。

定期的なメンテナンスや故障などの対応費用をあらかじめ月額料金に含んでいるところが多いです。

中には、無料でサーバー交換を行っているメーカーもあります。

月額費用を抑える方法を伝授!

ウォーターサーバーにかかる月額費用がわかっていただけたところで、続いては費用を抑える方法を伝授していきます。

  • 電源を落とさない
  • 直射日光が当たる場所に設置しない
  • 省エネ機能が付いたウォーターサーバーを選ぶ

以上のポイントを守れば確実に費用を抑えられます。

順番に説明していきます。

電源を落とさない

電気代の節約のために、こまめに電源を落とした方がいいと思っている方がいますが、電源を落とさない方が電気代を抑えられます。

ウォーターサーバーには冷水と温水があり、それぞれのタンク内に水温を維持した状態で保管されています。

1度電源を切ってしまうと、冷水と温水が常温に戻ってしまい、電源を付けなおした際に再度冷水と温水を作り直す必要が出てきます。

その際に余計な電力がかかるため、電源は基本的につけた状態の方が電気代の節約になります。

直射日光が当たる場所に設置しない

ウォーターサーバーを直射日光に当たる場所に設置してしまうと、タンク内の水温が変化してしまいます。

水温が変化してしまうと、水温を維持するのに消費電力が大きくなってしまうため、電気代がかかってしまいます。

ウォーターサーバーを設置する際は、直射日光が当たらず、サーバー本体の温度が変化しづらい場所を選びましょう。

省エネ機能が付いたウォーターサーバーを選ぶ

電気代を大幅に抑えたいなら省エネ機能付きのウォーターサーバーがおすすめです。

省エネ機能が付いていると、ウォーターサーバーを使用しない夜間などの時間帯の消費電力を自動的に抑えられます。

省エネ機能付きのウォーターサーバーは、電気代が300円台で済む場合もあります。

月額費用が安いウォーターサーバーを紹介!

月額費用をできるだけ抑えたい方のために、月額費用が安いウォーターサーバーメーカーを厳選して紹介します。

契約する際にぜひ参考にしてください。

シンプルウォーターは初めての利用におすすめ

シンプルウォーターは初めてウォーターサーバーを設置する方におすすめのメーカーです。

レンタル料がかからないため、毎月の水の料金だけで使用できます。

また、水の購入ノルマがなく解約金も無料のため、ノーリスクでウォーターサーバーを利用できるメリットがあります。

コンパクトなウォーターサーバーで1人暮らしの方でも置き場所に困りません。

水は天然水で6.2リットルパックが750円と安価であり、月額2,250円から利用できます。

9年連続お客様満足度No.1のクリクラ

クリクラは、初期費用が無料で1週間の使用期間が用意されており、満足できなければ使用期間終了後にウォーターサーバー本体とボトルをスタッフが回収してくれるため初めての利用にも安心なウォーターサーバーメーカーです。

水の種類はRO水で、赤ちゃんがいるご家庭でも安心して利用できます。

月額2472円から利用できます。

天然水なのに低価格なアクアセレクト

アクアセレクトは水質日本1に11回選ばれた宮川の湧水を、24リットル2837円と安価に提供しているウォーターサーバーメーカーです。

ウォーターサーバー本体とボトルが2本セットになった「スタートアップ年間パックプラン」は月額2,900円で業界最安値水準の価格設定です。

3本目のボトルは1,343円と安価で、初めてウォーターサーバーを利用する方でも気軽に始められます。

デザイン面も豊富なカラーバリエーションがあるため、インテリアの邪魔をしません。

ウォーターサーバーは初期費用無料で気軽に始められる!

いかがだったでしょうか。

ウォーターサーバーはなんとなく導入しづらいイメージがありますが、初期費用が無料のメーカーが多く、手軽に利用できます。

月額費用が安いウォーターサーバーメーカーも多くあるため、経済的負担はあまりかからないでしょう。

今回紹介した費用の節約方法を行えば、さらに負担を軽減できます。

ぜひ今回の記事を参考にして、ウォーターサーバーを契約してみてください!