RO水と天然水の違いは?それぞれのメリット・デメリットを紹介!

RO水と天然水の違いは?それぞれのメリット・デメリットを紹介!

ウォーターサーバーの水には、RO水と天然水の2種類があります。

しかし、初めてウォーターサーバーを利用する方は、2種類の水の違いは分かりませんよね。

実は、RO水と天然水には、味や値段などの異なる点が多くあります。

そこで今回は、RO水と天然水のそれぞれの違いと、メリット・デメリットを紹介していきます。

ウォーターサーバーを選ぶ際には、ぜひ参考にしてみてください!

RO水と天然水の違いは水の処理方法

RO水と天然水の違いは、水の処理方法と採水地です。

見た目は一緒ですが、値段や味が大きく異なるため、それぞれの特徴を紹介します。

RO水とはRO膜でろ過した水

RO水とは、水道水や天然水をRO膜というフィルターでろ過し水の名称です。

RO膜とは、0.0001ミクロンの超微細なフィルターで、不純物や有害物質はもちろん、ミネラルまで除去が可能です。

うまみの素であるミネラルが除去されているため、RO水自体は味気なくあまり美味しくないという特徴があります。

そのため、市販のRO水やウォーターサーバーのRO水の中には、後からミネラルが添加されているものも多々あります。

採水地が特定されておらず、水道水も使用可能なため、費用がかなり抑えられます。

ほとんどの成分を除去して、後からミネラル添加しているため、人工的に作った水と言えるでしょう。

RO水の作り方とは?RO水の特徴やおすすめの使用方法も解説!

天然水とは必要最低限の処理しか行っていない水

天然水とは、ろ過や加熱殺菌以外の処理を行っていない水の名称です。

天然水とは、ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターを指し、それ以外は天然という言葉を使用してはいけません。

ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターとは、特定水源の地下や川から採水された水であり、RO水とは異なり採水地が限定されています。

採水地には、健康にいい栄養素を豊富に含んだ、水質のいい場所が厳選されているため、RO水よりも味が美味しいです。

天然のミネラル分が豊富に含まれているため、現代人が不足しがちなミネラルが摂取できるのがメリットです。

RO水と天然水を比較

RO水 天然水
採水地 水道水、河川水 各地の有名な水源
処理方法 RO膜でミネラルを含む不純物を除去 最低限のろ過や加熱処理
成分 ミネラルが除去された純水 カルシウム、カリウム、マグネシウム、シリカなど
無味無臭 採水地によって異なる

まろやかな味わいの水が多い

安全面 測定できる全ての値で汚染物質は含んでいない 基準値を超える汚染物質は含んでいない
値段 天然水と比べて安価 RO水と比べて高価

RO水のメリット・デメリットを紹介!

RO水のメリットとデメリットを紹介します。

水を選ぶ際は、参考にしてください。

メリット

RO水のメリットは、「安全性が高い」と「値段が安い」の2点です。

順番に解説していきます。

安全性が高い

RO水は、天然水と比べて安全性が高いです。

どちらも非常に安全性が高いですが、RO水は特にクリーンな水です。

超微細なRO膜で不純物や有害物質、ミネラル分まで除去されているため、ほとんど純水です。

その安全性の高さから、内臓が未発達な赤ちゃんのミルク作りにも多く使用されています。

値段が安い

RO水は天然水とは異なり、値段が安いです。

天然水は採水地が限定されていますが、RO水は水道水などが原水として使用されているため、費用を抑えることが可能です。

値段を抑えたい方には、おすすめです。

デメリット

RO水のデメリットは、「あまり味が美味しくない」と「原水が水道水の可能性がある」の2点です。

順番に解説していきます。

あまり味が美味しくない

RO水は、ろ過の段階で不純物以外にもミネラルが除去されています。

ミネラルが含まれていると、水は美味しく感じるため、除去されているRO水はあまり美味しく感じません。

しかし、ウォーターサーバーの中には、除去後にミネラルを添加しているところもあるため、一概に美味しくないとは言えません。

ミネラルを添加しているとはいえ、天然水の美味しさの方が上のため、美味しさを重視する方には向いていないでしょう。

原水が水道水の可能性がある

RO水は、天然水とは異なり、採水地が限定されていません。

そのため、原水に水道水を利用しているメーカーもあります。

しかし、原水が水道水であっても、ほとんどの成分が除去されるため、安全性や味は変わりません。

デメリットとはあまり言えませんが、水道水を利用していることに不安を感じる方もいるため、デメリットに分類しました。

天然水のメリット・デメリットを紹介!

天然水のメリットとデメリットを紹介します。

後悔をしないためにも、メリットとデメリットを知った上で、選びましょう。

メリット

天然水のメリットは、「天然のミネラルが摂取できる」と「美容に効果的」の2点です。

順番に解説していきます。

天然のミネラルが摂取できる

天然水には、カルシウム・マグネシウム・カリウムなどの、天然ミネラルが豊富に含まれています。

加熱処理などの必要最低限の処理しかしてないため、ミネラルが失われることはありません。

ミネラルは、水の美味しさに大きく関わる成分のため、バランスよくミネラルが含まれている天然水は非常に美味しいです。

現代人は、ミネラル分が不足しがちなため、飲むだけでミネラルを補給できる天然水はおすすめです。

美容に効果的

天然水は、美容に効果的というメリットがあります。

天然水に豊富に含まれているミネラルは、肌にはなくてはならない成分です。

ミネラルは肌の構成成分であるため、ミネラルを多く摂取すると肌荒れや吹き出物がなくなり、美肌になることができます。

ミネラルは、体内で作られない栄養素のため、体外から摂取する必要があります。

天然水を毎日飲む習慣をつければ、ミネラルを安定的に摂取できるため、美容には効果抜群です。

デメリット

天然水のデメリットは、「採水地によって味が異なる」と「赤ちゃんには適さない可能性がある」の2点です。

順番に解説していきます。

採水地によって味が異なる

天然水は、採水地によって味の特徴が異なります。

理由は、採水地によってミネラル含有量が異なるためです。

天然水は、基本的には非常に美味しいですが、好き嫌いが分かれる可能性があるため、デメリットに分類しました。

赤ちゃんには適さない可能性がある

天然水はRO水とは異なり、ミネラルが豊富に含まれます。

ミネラルの1種であるマグネシウムは、便秘薬として使用される成分であり、胃腸の働きを活発化させる効果があります。

そのため、内臓が発達していない赤ちゃんが飲むとお腹を壊してしまう可能性があります。

しかし、ほとんどの水は軟水であり、ミネラルのバランスがいいため、そこまで心配する必要はないでしょう。

安全性の面ではどちらも心配いりませんが、RO水の方がより安全なため、赤ちゃんに飲ませるならRO水がおすすめです。

RO水が飲めるおすすめウォーターサーバー

RO水が飲めるウォーターサーバーで、おすすめの機種を紹介します。

RO水がいいと感じた方は、ぜひ検討してください!

ワンウェイウォーター smart

ワンウェイウォーターのsmartは、500mlが52円という業界最安値でRO水を飲むことができます。

ROP水のボトルは、12Lで1,250円というかなりの安価です。

初期費用やレンタル料、配送料、メンテナンス料が全て無料のため、水代しかかからないのもおすすめポイントです。

ウォーターサーバーを使わない時は、電力を50~60%カットできる省エネ機能搭載なため、節約をしたい方でも安心して利用できます。

また、静音モデルのため、寝室に置いても睡眠の邪魔になりません。

デザインがシンプルで、どんなインテリアにも合わせられますよ。

ワンウェイウォーターの口コミと評判!特徴や申し込み方法など徹底解説

天然水が飲めるおすすめウォーターサーバー

天然水が飲めるウォーターサーバーで、おすすめ機種を紹介します。

天然水がいいと感じている方は、ぜひ検討してください!

フレシャス デュオ

フレシャスのデュオは、500ml約79円で、天然水の中では非常にリーズナブルな価格です。

水の料金は、7.2Lで1,140円となっています。

7.2Lの軽量ウォーターパックとなっているため、女性やお年寄りでも、簡単に交換ができます。

使い終わったパックは、小さく畳んで捨てられるため、ゴミの置き場所に困りません。

また、フレッシュ機能が搭載されているため、常に天然水の新鮮さがキープされています。

静音設計であり、寝室やワンルームに設置しても邪魔になりません。

sleep機能、エコモード、温水タンクと冷水タンクが分かれているデュアルタンクという、3つの省エネ機能で電気代を70%以上カットできます。

キッズデザイン賞を受賞しており、お子さんがいる家庭でも安心して使用できるのもおすすめポイントです。

フレシャスデュオの口コミと評判!特徴や申し込み方法まで徹底解説

自分に合った水の種類を選びましょう!

いかがだったでしょうか。

RO水と天然水の違いと、メリット・デメリットについて理解していただけたかと思います。

RO水と天然水の特徴はそれぞれ異なるため、自分に合ったものを選ぶのが重要です。

ウォーターサーバーを契約する際は、ぜひこの記事を参考にして決めてみてください!