自分がお酒に強いのか知りたい!お酒に強い人の基準って何?

お酒 強い 基準

学生や社会人になるとほとんどの人がお酒を飲む機会があると思います。

あまり飲んだことがない場合、自分がお酒に強いのかどうか気になりますよね。

この記事ではお酒の強さを知る方法や、そもそもお酒に強い人は何が違うのかを解説していきます。

お酒の強さが気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

お酒の強さってどうやって判断するの?

明確な基準がある訳ではない

お酒の強さについてははっきりした基準があるわけではなく、感覚的に言われてる場合がほとんどです。

決まった量を飲めたら強い人、というような線引きはありません。

初めて飲んだ場合などは分からないと思いますが、お酒を飲む機会が増えてくるとまわりの人と比べてなんとなくわかってくる場合がほとんどです。

体質的に強い人の場合は人から強いと言われることもあります。

いずれにせよはっきりした基準がないため、なんとなく判断されているという事は覚えておきましょう。

パッチテストが最も一般的

大まかなアルコールへの耐性を判断する方法として有名なのがパッチテストです。

有名な検査のため体験したり聞いたことがある方も多いと思います。

パッチテストとはアルコールを含んだガーゼを肌に押し付け、色が変わるかどうかを確認するテストです。

お酒に弱い人ほど肌が赤くなる傾向があります。

あくまで目安となる程度のものですが、自分の体質を知りたい人は試してみるのも良いでしょう。

周囲の人と比べてしまっていることも

お酒の強さというのははっきりした基準が無いため、周囲に強い人が多い場合は自分だけお酒に弱いと思い込んでしまっていることがあります。

特にお酒を飲み始めたばかりの頃は自分が強いのかよく分からないという人も多いです。

逆も同じで、周囲にお酒が飲めない人が多いと自分が強いと思ってしまうこともあります。

普段同じ人とばかりお酒を飲んでいる人の場合、たまには他の人と一緒に飲んでみると自分の強さが分かるかもしれません。

アルコールの強さが決まる要因

基本的には遺伝によって決まる

お酒の強さというのはほぼ生まれた時から決まっています。

お酒を多く飲んだからといって強くなったり、鍛えて大量に飲めるようになるわけではありません。

また両親や親戚にお酒が強い人が多いのであれば、自分も強い体質である可能性が高いです。

必ず一緒というわけではありませんが、身近な人に近い体質になりやすいという事は覚えておきましょう。

男性より女性の方が酔いやすい事が多い

実は一般的に男性より女性の方が酔いやすいと言われています。

これはアルコールを分解する酵素が男性に多い事が原因で、女性の方が少量のお酒でも酔ってしまう事が多いです。

また男性の方が身体も大きい人が多く、体内の水分が多い事も理由の一つです。

もちろん個人差もあるため一概には言えませんが、統計的には男性の方がお酒に強い人は多いです。

体格によっても体質が変わる

身体が大きいほど体内の水分も多くなるため、お酒を飲んでも酔いにくくなります。

これはアルコールを分解するときに水分を必要とするからです。

また同じ身長や体重でも、脂肪の多い人の方が酔いやすいと言われています。

これはアルコールが脂肪に溶けにくいことと、脂肪のせいで体内の水分が少なくなってしまう事が原因です。

そのため体が大きく、筋肉質な人ほどお酒に強い事が多いです。

年齢が上がるほど酔いやすくなる

年を取るとアルコールを分解する酵素の量が減るため、少しの量でも酔いやすくなります。

そのため年配の方の方が基本的にはお酒に弱い事が多いです。

たまに年配の方でもお酒に強い場合がありますが、そういう人は若いころからお酒に強かったケースがほとんどです。

もともと強いからお酒を飲めるのであって、年齢が関係ないわけではありません。

基本的には年をとるごとにお酒に弱くなっていきます。

お酒に強くなる方法ってないの?

基本的に体質が変わることはない

お酒の強さは生まれた時から決まっているため、基本的にお酒に弱い人があとから強くなることはありません。

鍛えて飲めるようになったり、ある日突然強くなったりすることもありません。

たまに吐くまで飲めば強くなる、筋トレをするとお酒が飲めるようになるといったことを言う人もいますが全く効果はありません。

それどころか無理な飲酒はアルコール中毒のリスクを高めたり、吐いてしまう事で食道や胃腸を痛める原因にもなります。

無理な飲み方をしたり、自分を鍛えるつもりでお酒を飲むのはやめましょう。

お酒に酔いにくくすることなら可能

体質そのものを変えることはできませんが、お酒に酔いにくい飲み方を覚える事で以前よりもアルコールがまわりにくくすることは可能です。

意外と知らない人が多いですが、お酒を飲むスピードや量、種類などによっても酔いやすさは変わります。

また体調にも大きく左右されるため、調子のよい日を選んで飲む事も大切です。

お酒のアルコールを早く抜く方法とコツを詳しく紹介!

お手軽に出来るアルコール対策

■水をしっかり飲む
アルコールの分解には水分を消費するため、水を飲むだけでも簡単には酔わなくなります。

お酒を飲むときはしっかりと水分を摂るようにしましょう。

お冷を注文するなどの方法でも良いですが、水割りやお茶割などのメニューであれば最初から水分が多いためおすすめです。

家で用意するのもかんたんなので、悩んでいる人は一度試してみるのも良いでしょう。

中でもお湯割りなどの温かい飲み物はゆっくり飲みやすいほか、代謝が促進されてアルコールが分解されやすくなります。

少し酔いがまわってきたときはお湯割りに切り替えてみるのも効果的です。

■空腹のままお酒を飲まない

おなかが空いた状態でお酒を飲むと普段よりもアルコールが吸収されやすく、少しの量でも酔ってしまいます。

お酒を飲む前には必ずきちんと食事をとるようにしましょう。

時間が無くて食事がとれなかった場合でも、おつまみなどを食べることでアルコールの吸収をおさえることができます。

特にチーズやナッツ、レバーなどはアルコールの分解をサポートする栄養素が多く含まれておりおすすめです。

事前にきちんと食事をとるか、おつまみを食べながらお酒を飲むようにしましょう。

■ゆっくりと少しずつ飲む

お酒は一度に大量に飲むよりも少しずつ飲んだ方が酔いにくいです。

これはアルコールを分解する時間に個人差があり、分解が終わってから飲む方が身体にアルコールが残りにくいためです。

一度で大量に飲んでしまうと体内でアルコールが分解できず、急性アルコール中毒などの危険もあります。

お酒を飲むとき基本的にゆっくり飲むようにしましょう。

人によってペースは違うため、自分が無理せず飲めるペースを守るようにしましょう。

無理に強くなる必要はない

大量にお酒を飲むと体調を崩すことも

お酒は無理に飲むと体に害になることも多く、体調を崩してしまう原因にもなります。

急激に飲む事で急性アルコール中毒になったり、アルコール依存症になってしまうケースも多くあります。

あくまで適量を飲むからこそ楽しめるものであり、自分の限界を超えて飲む事は危険です。

付き合いで無理にお酒を飲んだり、まわりの量にあわせて飲むようなことは避けましょう。

自分の限界を知ることが大切

お酒を飲み始めたばかりの頃は自分がどれくらいの量を飲めるかわからず、失敗してしまう事もあると思います。

すぐには難しいですが、自分がどのくらい飲めるのかを掴めるようにしましょう。

気分が悪くなったら飲むのをやめたり、水を飲んで休憩することも大切です。

少しずつ自分の限界がわかってくるため、無理をせず少しずつ飲める量を確認するようにしましょう。

お酒で眠くなるって本当?飲み会で眠くなる理由を徹底解説!

飲み会に行かないという選択肢も

お酒を飲む事が好きではない場合、そもそも飲み会に行かないという選択肢もあります。

社会人になると付き合いで参加しなければならない時もありますが、プライベートであれば無理してお酒を飲む必要はありません。

気分が乗らないのであれば思い切って断ることも大切です。

よく飲み会のコミュニケーションで悩む人が多いですが、お酒が無くても人とコミュニケーションをとる方法はたくさんあります。

無理して飲みの場に参加するのではなく、お酒以外の方法でコミュニケーションが取れるよう工夫してみましょう。

ここまでお酒の強さについて解説してきましたが、いかがでしたか?

自分がお酒に強いのかまだ分からないという人は、今回紹介した方法で確認してみるのも良いかも知れません。

お酒は自分にあった量をきちんと知ったうえで、楽しく飲むように心がけましょう!