ちゃんぽんが悪酔いしやすいって本当?お酒で悪酔いしない方法を解説!

お酒 ちゃんぽん

飲み会の時に違うお酒が飲みたくなったり、いろんな種類のお酒を飲んでしまったことはありませんか?

実はその飲み方はちゃんぽんと呼ばれており、ちゃんぽんをすると悪酔いすることが多いと言われています。

この記事ではちゃんぽんが本当に悪酔いしやすいのか、なぜ悪酔いするのかなどちゃんぽんについての説明をおこなっています。

ついお酒を多く飲んでしまう人、ちゃんぽんについて知りたい人はぜひチェックしてみてください!

そもそもちゃんぽんって何?

そもそもちゃんぽんという言葉をあまり聞いたことがない人も多いと思います。

まずはちゃんぽんの意味やなぜそう呼ぶのかを解説したいと思います。

複数のお酒を混ぜて飲むことをちゃんぽんと呼ぶ

ちゃんぽんとは複数の種類のお酒を混ぜて飲む事を指します。

コップの中で混ぜるという事ではなく、お酒を飲んだ後に別の種類のお酒を飲むことを意味しています。

そのため飲み会でお酒を飲んだ後、1杯でも違うお酒を注文して飲むとちゃんぽんしたことになります。

あまりお酒を飲まない人は知らないことも多く、知らない間にちゃんぽんしていることも少なくないです。

一般的には悪酔いしやすい飲み方と言われることが多く、良い意味で使われることはあまり多くないです。

意味としては長崎ちゃんぽんと同じ

ちゃんぽんと聞いて長崎ちゃんぽんをイメージした人も多いと思いますが、実は意味合い的にはどちらも同じものです。

元々ちゃんぽんという言葉には「混ぜる」という意味があり、そこからお酒を混ぜて飲む事をちゃんぽんと呼ぶようになったと言われています。

長崎ちゃんぽんの名前の由来には諸説ありますが、どちらも意味としては同じものであると言われています。

ちゃんぽんの由来については諸説ある

ちゃんぽんの由来には諸説あり、どれが正しいのかははっきりとはわかっていません。

ただ有名な説の一つとして、「チャン」と「ポン」という長崎ちゃんぽんが出来た当時に留学していた中国人の名前を組み合わせたという説があります。

他にも中国語で「ご飯食べた?」という意味である「吃飯」(シャポン)から派生したという説もあり、いずれにせよ中国の文化が日本に伝わったときの出来事が由来していると考えられているようです。

ちゃんぽんすると悪酔いしやすいって本当?

よく言われる内容として、ちゃんぽんすると悪酔いしやすいという話があります。

実際のところちゃんぽんすると酔い方に影響があるのか説明したいと思います。

実は科学的な根拠はない

結論から言うとちゃんぽんすることで悪酔いするという科学的な根拠はありません。

複数のお酒を混ぜて飲んだからと言って酔いやすくなったり、悪酔いするようになるといったことはありません。

そのため飲み会で種類の違うお酒を飲んだからと言って過剰に心配することはありません。

ただしちゃんぽんが酔いやすいと言われることや、実際にちゃんぽんをして悪酔いしてしまう人が多い事にはちゃんと理由があります。

お酒の種類が変わることで大量に飲んでしまう

ちゃんぽんをするということはお酒をおかわりしているのと同じですので、ちゃんぽんをしている時点でお酒を多く飲んでいるとも言えます。

また違う種類のお酒を飲む事で味も変わり、飽きることなく飲み続けてしまうといったことが起きやすいです。

このためちゃんぽんをすると結果的にお酒を飲み過ぎてしまい、それが原因で悪酔いしてしまうケースが多いようです。

お酒を混ぜることで成分が変わるのではなく、いろんなお酒を飲むせいで思ったよりも飲み過ぎてしまう、というのがちゃんぽんで悪酔いする原因と言えます。

そのためちゃんぽんしたいのであれば飲む量を考え、酔わない程度にお酒を楽しむことが大切です。

蒸留酒などの度数が高いお酒には注意

特に蒸留酒などのお酒は度数が高く、少量飲んだだけでも人によってはかなり酔いが回ってしまいます。

これらのお酒をちゃんぽんするとどれくらいの量を飲んだかわからなくなってしまい、知らない間に飲み過ぎてしまう事も多いです。

ウイスキーや焼酎、日本酒などのお酒を飲むときはあまりちゃんぽんせず、同じお酒を飲む方が飲み過ぎる心配は少ないです。

特にこれらのお酒は度数が高いため、お酒にそこまで強くない人は特に注意が必要です。

のみすぎて悪酔いしてしまったり、体調を崩してしまわないよう注意しましょう。

ちゃんぽんすると二日酔いになりやすい?

ちゃんぽんすると二日酔いになりやすいという話もありますが、こちらは本当なのでしょうか?同じように説明していきたいと思います。

ちゃんぽんで二日酔いになりやすくなるわけではない

これもちゃんぽん自体が原因ではなく、知らないうちにお酒を飲み過ぎてしまう事が原因であることがほとんどです。

お酒を混ぜることで二日酔いになりやすい効果があったり、成分が変わったりするわけではありません。

特に遅い時間まで飲んでいたり、泥酔するほど飲んでしまったりすると二日酔いになりやすいです。

ちゃんぽんをするかどうかに関係なく、お酒はほどほどの量でとどめておくようにしましょう。

二日酔いを防ぐためには

二日酔いになりたくない場合はお酒を飲んだ後すぐに寝ないようにしましょう。

眠ってしまうと体の内臓も働きにくくなってしまい、アルコールが分解されないまま体内に残りやすくなってしまいます。

お酒を飲んだら眠るまでに少し間をあけるようにしましょう。

また二日酔い防止としてしじみの味噌汁が有名ですが、こちらは二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドの分解を助ける効果があります。

お酒を飲んだ後に飲む事で二日酔いを防止する効果が期待できるため、飲み過ぎてしまった時などにはしじみがおすすめです。

二日酔いになってしまったときの対処法

二日酔いになってしまったときはまず水をしっかり飲みましょう。

アルコールの分解には水分を使用するため、体がアルコールを分解しきれず脱水症状になってしまっていることが多いです。

また利尿作用によって体内に残ったアルコールを排出しやすくなる効果もあります。

他にも汗をかくことで体内のアルコールを早く排出することが出来るため、温かくして横になったり軽い症状であれば入浴などでも二日酔いを早く治すことが出来ます。

ただし無理な運動は逆効果になる事が多いため、かならす体に負担のない範囲で汗をかくようにしましょう。

つらい2日酔いはポカリが効く!その理由とポカリの効果を詳しく解説!

ちゃんぽんしても酔わない飲み方

どうしても好きなお酒を何種類も飲みたい日もありますよね。

ここではちゃんぽんをしても酔いにくくなったり、なるべく悪酔いせずにお酒が飲める方法を解説します。

ゆっくり少しずつ飲んだ方が酔いにくい

よく言われることですが、お酒を飲むときはゆっくりと飲んだ方が酔いにくいです。

お酒に酔っている状態というのは肝臓がアルコールを処理しきれていないことを指すため、アルコールを飲むペースを落とせば当然肝臓の働きも楽になるということになります。

また一度に大量に飲む事でも肝臓がアルコールを処理しきれなくなってしまうため、お酒を飲むときは少しずつが基本です。

必ず体に無理のない範囲で少しずつ、ゆっくりと飲むように心がけましょう。

食事をとることでアルコールの吸収を抑えられる

空腹の状態でお酒を飲むと普段よりもアルコールを吸収しやすくなってしまい、通常よりも酔いやすい状態になってしまいます。

そのためお酒を飲む前には必ずしっかりと食事をとるようにしましょう。

時間がなくて食事をとれないときはおつまみなど、お酒を飲みながら飲むだけでもアルコールの吸収をある程度抑えることが出来ます。

どうしても食べる時間がない時はおつまみでもいいので少しでも食べるようにしましょう。

水をしっかり飲むことも大切

アルコールの分解には水分を消費するため、お酒を飲んだ後にはきちんと水分を摂ることが大切です。

飲み会などの最中にもきちんと水を飲むようにしましょう。

周囲に気を使ってしまい水が飲みづらい時は、お湯割りやお茶割などの水分が多い物でも多少は効果があります。

特にお湯割りであれば飲むスピードもゆっくりになりやすいため酔いが回ってきた時には一度お湯割りを挟むのも効果的です。

まわりがぼんやりしてきたり、少し酔いが回ったと感じた時は休憩して水分を補給するようにしましょう。

お酒のアルコールを早く抜く方法とコツを詳しく紹介!

酔い止めに効果のある食べ物紹介

お酒を飲む前に食べ物を食べた方が良いのはもちろんですが、実は特に酔い止めに効果のある食べ物がいくつか存在します。

最も食べやすく効果があるのがチーズやナッツ類などです。

これらはタンパク質と脂質を多く含んでいるためアルコールの分解を抑えてくれる効果があります。

飲み会のすこし前か、おつまみとして途中で食べるのがおすすめです。

また体重を気にする人であれば海藻類や野菜がおすすめです。

特に海藻はミネラルが豊富でカロリーも低いほか、居酒屋などのメニューでも取り扱っていることが多いです。

家で用意する場合も比較的簡単なため、便利な食材であると言えます。

もちろん好きなものを選んでも結構ですが、お酒を飲む前には必ずなにか食べるようにしましょう。

ちゃんぽんをしても悪影響はないが、飲み方には注意

いかがだったでしょうか。

ちゃんぽんをすることで必ず悪酔いするわけではありませんが、飲み過ぎてしまったり二日酔いになりやすくなってしまうことは事実です。

お酒を飲むときは自分に合った量をまもったり、ペースを考えて飲む事が大切です。

いろんな種類のお酒を飲む場合でもきちんと量をまもり、楽しくお酒を飲むようにしましょう!