ウォーターサーバーの支払方法とは?主な決済方法と現金対応のメーカーを紹介!

ウォーターサーバーの支払方法とは?主な決済方法と現金対応のメーカーを紹介!

「ウォーターサーバーの料金はどうやって支払えばいいんだろう?」

クレジット払い・銀行引き落とし・キャリア決済など、支払い方法はメーカーによって様々なので、あらかじめ理解しておく必要があります。

支払方法を理解しておかないと、料金を滞納してしまうケースも

また、「クレジットカードを持っていない!」「キャリア決済の意味が分からない」の理由で、現金で支払いたい人もいるでしょう

快適にウォーターサーバーを利用していくうえで、支払い方法を理解しておくのは大切です。

そこでこの記事では、メーカーごとに料金の支払い方法を紹介し、料金の支払についての注意点を解説していきます。

あわせて、ウォーターサーバーのコストを抑えるコツや月額料金の安いメーカーも紹介していくのでぜひチェックしてみて下さいね。

この記事を読んでわかること

  • ウォーターサーバ―の支払方法
  • 支払いの注意点
  • コストの低いウォーターサーバー

ウォーターサーバーはどこで契約すべき?契約場所によってメリット・デメリットはある?

おしゃれでインテリアに合うウォーターサーバーおすすめランキング!費用や特徴を比較

メーカーごとの支払い方法比較表

メーカー名 代金引換 クレジットカード 口座振替 その他
フレシャス
プレミアムウォーター キャリア決済
Amazonpay
コスモウォーター
キララ
クリクラ
アクアクララ 銀行振込
(法人のみ)
信濃湧水
ハワイアンウォーター 銀行振込
(法人のみ)
ワンウェイウォーター
アルピナウォーター 銀行振込
(法人のみ)

ウォーターサーバーの費用を支払う7つの方法

ウォーターサーバーの主な支払方法は全部で7つです。

  • 口座振替・口座引落
  • クレジットカード払い
  • キャリア決済
  • Amazonpay
  • 代金引換
  • コンビニ払い
  • 銀行決済

支払方だけでも7種類あるので、どの方法で支払えばいいのかよくわかりませんよね…

それぞれのメリットやデメリットなど、詳しく紹介していきます。

口座振替・口座引落

最も一般的な支払い方は、銀行の口座から引き落とす方法です。

ほとんどのウォーターサーバーで、銀行引き落としでの支払いに対応しているので、多くの人が口座引き落としで費用を支払っています。

しかし、ゆうちょ銀行や大手銀行のみしか対応していないメーカーが多く、地方銀行に対応してないケースが多いです

そのため、指定の銀行口座を持っていない場合は、契約する前に口座開設を済ませておきましょう。

クレジットカード払い

クレジット ウォーターサーバー

クレジットカードも多くのメーカーで対応しており、迅速かつお得に利用できるので、とてもおすすめの支払い方法です。

クレジットカードの大半はポイント還元の特典が貰えるので、ウォーターサーバーの費用を支払っているだけでポイントが貰えます。

長期間ウォーターサーバーの利用を考えている人はクレジットカードで支払いましょう。

非常にお得な支払方法なので、クレジットカードを持っていない人は、クレジットカードを作成しておきましょう。

キャリア決済

手持ちの携帯電話のキャリア決済でも、ウォーターサーバーの費用を支払えます

格安SIMを除く、大手携帯キャリアのみしか対応していませんが、毎月の通信料にまとめられるので支払い忘れるリスクがありません

しかし、キャリア決済は対応しているメーカーが少ないのが大きなデメリット。

数あるウォーターサーバー業界の中でも数社しか対応していません。

Amazonpay

Amazonpay とはAmazonに登録しているクレジットカードの情報経由で料金を支払う方法のことです。

聞き馴染みが無い人が多いと思うので、敬遠してしまう人が多いかもしれませんが、実はとても便利。

Amazonアカウントを連携させれば既に登録されているクレジットカード情報はもちろん、配送先住所も登録されるので、面倒な登録作業が不要です

ウォーターサーバーに契約する際の個人情報などを登録する手間を省けるのは嬉しいポイント。

Amazonのアカウントを持っている人は、ぜひ活用してみてください。

代金引換

クリクラは解約金がかかる?解約の流れとお得な乗り換えキャンペーンを紹介

代金引換は商品が送られてきたタイミングで料金を支払う方法です。

商品にかかる費用を現金で用意しておけばいいので、面倒な手続きが無くとてもカンタンです。

  • クレジットカードを持っていない
  • 近くにコンビニがない
  • 指定の銀行口座がない

…など、現金以外の支払いができない人におすすめです。

銀行決済

ウォーターサーバーはボトルが配送されてから、指定の銀行口座に振り込む、後払い型の決済方法です。

今手元にお金がなくても、商品が届いてから14日以内に支払えば問題ないので、支払いに融通が利くのがポイントです。

銀行支払は手数料がかかるので注意

好きな時に支払いができ融通の利く銀行支払ですが、他の支払いと違うのは手数料がかかる点

利用者が支払いにかかる手数料を負担しなければなりません。

手数料自体は300~500円くらいの僅かな額ですが、長期的に考えると大きな金額になります。

コンビニ払い

コンビニ払いは銀行振込と同様で、商品が届いてから14日以内に支払う後払い決済方法

銀行振り込みと大きく異なるのは、請求書さえあれば近くのコンビニで支払いができるということです。

銀行振込は指定の銀行や口座番号を控えておかなければなりませんが、コンビニ払いの場合はその必要がありません。

手数料がかからず、支払いも楽なので、ウォーターサーバーを現金で支払おうとしている人に最もおすすめの方法です。

ウォーターサーバーの平均的な費用はいくら?人数別に月額料金を紹介

ウォーターサーバーの支払いが遅れると遅延金が発生!

うなだれる男性

「引き落とし日に口座の残高が足りなかった」

「後払いの期日を過ぎてしまった…」などの理由で、ウォーターサーバーの費用を支払えない場合、支払い期日の翌日から遅延金が発生するケースがりあります

通常の料金よりも高額な料金を請求されてしまうので、注意しておきましょう。

遅延金を発生させないためカスタマーセンターに連絡を!

支払ができない場合は放置しているのではなく、カスタマーセンターへ問い合わせて、支払いが遅れる旨を伝えましょう

しっかりと伝えれば、大半の場合は遅延金が発生することなく、支払期間を延長してくれます。

遅延金が発生する場合は支払期日を過ぎて、連絡を受けてもなお支払わない悪質な場合や、何度も支払期日を過ぎて料金を支払っているような場合のみです。

料金を支払わずに放置するのが一番危険なので、必ずサポートセンターへと問い合わせましょう。

ランニングコストが安いおすすめのウォーターサーバー3選

ウォーターサーバーでは毎月料金が発生するので、できるだけコストのかからない機種を選びたいですよね。

そう考えている人に向けて、ランニングコストが安いおすすめのウォーターサーバーを紹介していきます。

  • クリクラ
  • アルピナウォーター
  • ワンウェイウォーター

クリクラ

クリクラ お試し

クリクラは数あるウォーターサーバーの中でも、解約金が一切かからない珍しいメーカーです。

一般的にウォーターサーバーには契約期間が定められており、その期間を満了せずに解約すると違約金がかかります。

クリクラの場合はいつ解約しても違約金がかからないので、安心して利用できます

また、月額料金は水代だけで、その他の料金は一切かかりません。

非常にリーズナブルな料金で利用できるので、月額料金を抑えたいと考えている人にとてもおすすめです。

クリクラ使用者の口コミ一覧!特徴や人気の理由を徹底解説!

アルピナウォーター

アルピナウォーター 商標 

アルピナウォーターは水代が1050円と業界最安値で利用できる、非常にリーズナブルなメーカーです。

また、水代以外の料金は一切かからず、毎月使用した分の水代だけの支払で済みます。

サーバーのデザインも非常にシンプルで操作しやすいので、初めてウォーターサーバーを利用する人にもおすすめ

とにかく安いウォーターサーバーを利用したいとしている人におすすめです。

アルピナウォーターの口コミと評判!特徴や人気の理由を徹底解説!

ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーター 商標 1207

ワンウェイウォーターの水代は1250円で、アルピナウォーターよりは高いものの、非常にリーズナブルな価格です。

ワンウェイウォーターの特徴は、水の安さだけではなく、サーバーに搭載されている機能の豊富さです。

サーバー内部を自動洗浄してくれるクリーニング機能や消費電力を削減できる省エネ機能など、月額料金に対してサーバーが高性能

ウォーターサーバーを安く、便利に利用したいと考えている人にピッタリです。

また、ワンウェイウォーターのAcroという機種は、自動掃除ロボットを搭載しており1台で2役こなしてくれる優れもの。

掃除機とウォーターサーバーどっちも欲しい!と考えている欲張りな人におすすめしたい機種です。

ワンウェイウォーターの口コミと評判!特徴や申し込み方法など徹底解説

自分に合った支払い方を見つけよう!

ウォーターサーバーはメーカーによって対応している支払方法が様々です。

そのため、自分にはどの支払方法がピッタリなのかをあらかじめ考えておきましょう

この記事のポイントは下記の通り。

この記事のポまとめ

  • 一般的な支払い方法はクレジット払い
  • 現金で支払う場合はコンビニ決済がおすすめ
  • 料金の支払が送れると遅延金が発生する可能性があるので注意

自分に適した支払方法をみつけて、スムーズな支払いができる様にしましょう!