ウォーターサーバーのボトル容量で比較!容量別におすすめのサーバーを紹介

ウォーターサーバーのボトル容量で比較!容量別におすすめのサーバーを紹介

ウォーターサーバーを使っていくうえで、行わなければならないのがボトル交換。

ボトルの中の水が無くなるたびに、交換をしなければならないため、ボトル交換が大変だとストレスが溜まってしまいます。

そのため、最悪の場合使わなくなってしまうことも。

長期的にウォーターサーバーを使うためにも、自分に合ったボトルの容量を考えておく必要があります。

そこでこの記事では、ボトルの容量別にメリット・デメリットを紹介し、おすすめのウォーターサーバーを紹介していきます。

サーバー選びに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

ウォーターサーバーで使われているボトルは12L前後が一般的

ウォーターサーバーで使われているボトルは、12L前後が一般的な容量です。

他には、容量が少ないボトルで4L、容量の多いボトルだと18.9Lのボトルもあります。

使用するボトルによってかなり容量が異なるため、自分に合っていないボトルを選ぶと、使いづらいなどの不満を感じてしまいます。

各メーカーで使われているボトルの容量比較

メーカー 水の容量 水代 水の種類
コスモウォーター 12L 1,900円 天然水
フレシャス 4.7L 925円※水によって異なる 天然水
7.2L 1,155円※水によって異なる 天然水
9.3L 1,506円※水によって異なる 天然水
プレミアムウォーター 7L 1,771円 天然水
12L 1,987円 天然水
アクアクララ 12L 1,200円 RO[水
7L 900円 RO[水
ピュアハワイアンウォーター 12L 1,800円 RO水
7.6L 1,370円 RO水
信濃湧水 12L 1,500円 RO水
ワンウェイウォーター 12L 1,250円 天然水・RO水
アルピナウォーター 12L 1,050円 RO水
18.9L 1.640円 RO水
マーキュロップ 12L 1,630円 天然水

ボトルが小さいメリット・デメリット

ボトルの容量が少ないと、いくつかのメリット・デメリットが生まれます。

ボトル容量が小さいメリット

ボトル交換がしやすい

ボトル容量が小さいメリットは、何と言ってもコンパクトで使い勝手が良いということ。

12L近くあるボトルと違い、半分くらい位の重量なので、女性や高齢者でもカンタンにボトル交換ができます。

ボトル交換は毎月1回~3回程度行わなければなりませんが、容量が小さければ、持ち運び簡単で使い勝手が非常に良いです。

そのため、負担も最小限に済ませられます。

早く飲み終わるため衛生面でも安心

2つ目のメリットは、容量が少なく早く飲み終わるため、衛生面で安心できるという点です。

ウォーターサーバーは使用していくうえで、ボトル内に空気が溜まっていき、水が空気に触れてしまうと水の鮮度が落ちてしまいます。

そのため、ボトルを開封した後の賞味期限の目安はおよそ2週間程度。

ボトルの容量が多い場合は水を消費しきれずに賞味期限が切れてしまうケースもありますが、容量が少なければ賞味期限を切らさずに水を消費しきれます。

水は日常的に飲用するものなので、衛生状態を保てるのは嬉しいポイントです。

ボトルの容量が小さいデメリット

ボトル交換の頻度が多くなる

ボトルの容量が小さい分。ボトル交換をする頻度が増えるのは大きなデメリットです。

月に3回以上交換をしなければならないため、面倒に感じてしまう人も多いでしょう。

しかし、ボトル自体が軽い分あまり負担に感じてしまうことはありません。

ボトルのごみが多くなる

ボトルの容量が少ない分、使用するボトルの本数が多くなるため、ごみも非常に多くなります。

ボトルごみはかなりかさばってしまうため、ごみを出す日まで非常に邪魔です。

しかし、ビニールパックの場合は小さく折り畳んで捨てられるため、使用量が多くなってもかさばってしまう心配はありません。

ボトル容量が大きいメリット・デメリット

ボトル容量が大きい場合にも、メリット・デメリットが挙げられます。

ボトルが大きいメリット

交換する頻度が少ない

ボトル容量が大きいとボトル交換をする頻度が少無くなるのが大きなメリットです。

一度交換してしまえばしばらくの間は、交換が不要になるため、交換するのが面倒な人におすすめです。

2人暮らしで12Lボトルを使用する場合は、月に1回だけの交換で済みます。

災害時の備蓄水に役立つ

ボトル容量が多い場合は、災害時の備蓄水として保管しておけば非常に安心です。

容量が少ないボトルの場合は災害の際にすぐに使い終わってしまう可能性がありますが、容量が多ければ緊急時でもしばらくの間は飲み水が無くなるリスクがありません。

また、メーカーによって異なるものの、未開封状態であれば半年~1年ほどは新鮮な状態をキープできます。

災害時に新鮮で美味しい水を飲めるのは大きなメリットと言えますね。

ボトルが大きいデメリット

ボトルが重たくて交換が大変

ボトル容量が大きい場合、容量に比例して重たくなるため、ボトル交換時に負担が大きくなります。

一般的なボトルサイズの12Lの場合、重量に換算すると12㎏程になり、サーバーの上部まで持ちあげるのが非常に大変です。

女性や高齢者はもちろん、男性でも10㎏以上のボトルを持ち上げるのは一苦労。

ウォーターサーバーは長期的に使用するため、重たいボトルを交換するのが苦にならないか、考えておきましょう。

ボトルの容量別おすすめウォーターサーバー

「欲しい容量のボトルは決まったけどどのサーバーがおすすめ?」「どのサーバーを選べば良いのか迷ってしまう」

そんな人に向けて、ボトルの容量別におすすめのウォーターサーバーを紹介していきます。

一般的な12Lボトル・軽量ボトル・中間サイズボトルのそれぞれを解説していきますね。

12Lボトル;コスモウォーター

12Lの一般的なサイズのボトルを使用しているメーカーの中でのおすすめは、コスモウォーターです。

コスモウォーターの最大の特徴は、ボトル取り付け口が足元にあり、重たいボトルを持ち上げて交換する必要がありません。

最小限の負担でボトル交換ができるため、使用していく中でストレスがかかりません。

また、コスモウォーターはデザイン性・機能性・使用者の満足度の高さが認められ、グットデザイン賞を受賞した経歴もあります。

使用されている天然水も採水から48時間以内なので、自然本来の美味しい天然水を楽しめるのも嬉しいポイントですね。

コスモウォーターの評判や特徴とは?口コミや料金・契約方法まで簡単解説!

バランスのいい7Lボトルのプレミアムウォーター

プレミアムウォーターでは、12Lボトル・7Lボトルの2種類から、使用するボトルを選ぶことができます。

7Lボトルは、ボトルが重たすぎず交換頻度も多くないちょうどいいサイズ感です。

また、プレミアムウォーターでは、富士吉田・北アルプス・朝来・金城・南阿曽の採水地の異なる5つの天然水を楽しめます。

天然水ごとにミネラル成分や味わいが大きく異なり、気分に合わせて水を替えられるのは嬉しいポイント。

販売されているウォーターサーバーも6種類と非常に多く、いずれもデザイン性が高くおしゃれです。

そのため、あらゆる要素でハイスペックなメーカーと言えます。

プレミアムウォーター使用者の使用者の口コミ一覧!特徴や人気の理由を徹底解説!

4.7Lの軽量ボトルを使用しているフレシャスデュオミニ

軽さを求めている人におすすめなのが、4.7Lのボトルを使用しているフレシャスのデュオミニ。

ボトルが軽量な分、サーバーも非常にコンパクトで、机や棚のちょっとしたスペースに設置できます。

もちろんコンパクトなサイズだけではなく、デザイン性も非常に優れており、マットな質感が特徴的でインテリアとしても活躍します。

機能面では、電気代を60%カットできるエコ機能や「UV-LED」という殺菌効果のある紫外線を出すダイオードも搭載。

小さいながらに非常にハイスペックな機能を持ち合わせている、ウォーターサーバーです。

フレシャスデュオミニの口コミと評判!特徴や申し込み方法まで徹底解説

自分に適した容量のウォーターサーバーを見つけよう!

使用する人によって適切なボトルサイズが異なるため。自分にはどのサイズのボトルが適しているのか、申し込み前に理解しておかなければなりません。

適していない容量のボトルに申し込んでしまうと、使わなくなったり、早期解約に繋がったりしてしまうことも。

そのような状況に陥らないためにも、ボトルの容量ごとに特徴を理解しておきましょう。

ボトルの容量を選ぶ際は、下記のポイントを理解して置いてくださいね。

  • 容量が少ないボトルはボトル交換が楽な反面、交換回数が多い
  • 容量が大きいボトルは交換が大変
  • 足元でボトル交換ができるウォーターサーバーもある