1日に摂取すべき水の量とは?適量の水を摂取することで得られる5つの効果を解説!

1日に摂取すべき水の量とは?適量の水を摂取することで得られる5つの効果を解説!

水を飲めば美容や健康、ダイエットなどの効果を期待できるため、摂取量を増やしていきたいと思っている人も多いと思います。

しかし、どれくらい飲めばいいのかの目安が分からないと、行動に移せませんよね。

特に水分摂取量が少ない人や、日常的に水を飲む習慣がない人にとって、たくさんの水を補給するのはとても困難です。

そこでこの記事では、「水は1日にどのくらいの量を補給すれば良いのか?」解説していきます。

合わせて水を飲むのが苦手な人に向けて、効率的に水を飲むポイントも紹介していくので、ぜひチェックしてみて下さいね。

日常的に生活しているだけで2.5Lの水分を失っている!

人の体は成人で体重の65%前後が水分で構成されており、体内に水分があることによって、代謝物の運搬や体温の調整が行われているのです。

健康を維持するのに水分が重要と言われているのはこのため。

人が日常的に生活しているだけで、1日に約2.5Lの水分が排出されているのです。

排出されている水分の内訳は下記の表をチェックしてください。

  • 不感蒸排 約0.9L
  • 尿や便 約1.6L

不感蒸排とは汗を含めて皮膚や呼吸を通して、空だから水分が排出されている状態のこと。

特に汗をかかない日常生活の中でもこれだけの水分が失われているため、失った分の水分を補わなければならないのです。

水道水を美味しくする5つの方法!美味しい水を飲んで体質を改善しよう!

摂取する水分量が少なくなると脱水症を引き起こすことも

水分の摂取量が少なくなってしまうと、体内にある水分量が減少してしまい、脱水症を引き起こしてしまう可能性もあります。

脱水症に陥ってしまうと意識がもうろうとしたり、倦怠感を感じたりしてしまい、身体に様々な影響をきたします。

脱水症が重症化してしまうと、意識を失ってしまい、呼吸困難を引き起こしてしまう可能性もあるので非常に危険です。

最悪の場合は死に至る可能性もあるので、こまめに水分を摂取して、リスクを未然に防いでおきましょう。

水分不足は脱水症を引き起こす!頭痛やめまいを感じたら早急な対応を!

1日に摂取すべき水分量は1.3L~1.5L

人の体からは1日に2.5Lの水分失われてしまうので。「1日2.5Lの水分を補給しなければならないの?」と思う人もいるでしょう。

しかし、1日摂取すべき水分量は1.3~1.5L程度でOKです。

というのも、飲料水以外の日常的な食事の中でも、1日に摂取すべき20~30%の水分は補給できます。

そのため、水分補給として1.3~1.5Lの水分を摂取すれば、1日に摂取すべき水分を補給できるのです。

運動をして大量の汗をかいたり、気温が高かったりすると、失われる水分量は非常におおくなるので摂取すべき水分量は多くなります。

水の飲み過ぎて引き起こるリスクはほとんどないので、こまめに水を飲んで、水分摂取量を増やしておきましょう。

水は体内で様々な働きをする

人の体の約半分を占めている水分は、人間の生命維持のために、物質の溶解、物質の運搬、体温調節という重要な働きをしています。

それぞれの働きについて詳しく紹介していきます。

体温調整

水は温度の返還がほとんどないので、体温を一定に保つ働きがあります。

暑い日や運動などで汗をかくのは、熱を放散させて体温の上昇を防ぐという、体温を保つ作用の1つ。

冬場などの寒い時期に体温を保てているのも、体温の働きによるものなのです。

物質の溶解

食事の中に含まれる栄養素を、体に吸収する働きも水分が担っています。

細胞が吸収しやすくなるように分解し、栄養素をエネルギーへと変換させているのです。

代謝活動が行われる際にはかなりの水分が必要になり、水分が少ないと代謝が悪くなり、様々な影響が起きてしまいます。

物質の運搬

水分の一部が血液に溶け込み、体内をめぐって栄養素や酸素を細胞に運ぶことを物質の運搬と言います。

物質を運搬する過程で、体内の不純物も運ばれて体外に排出されるので、デトックス効果も植えられるのです。

水を飲むことで得られる5つの効果

水を適切な量摂取することにより、大きく5つの効果を得られます。

  • 血液をサラサラにする
  • 満足感が得られ間食を控えられる
  • 肌にうるおいを保てる
  • 体質が改善されダイエットに繋がる
  • 集中力がアップする

それぞれの効果について、詳しく説明していきますね。

血液をサラサラにする

水を適切な量摂取することによって、血中の水分量が多くなり、血液がサラサラになります。

血液内の水分量が少ないと脂肪分や不純物が多く含まれているため、血液がドロドロになってしまうのです。

液は酸素を運搬しているので、血液の流れが悪くなると細胞に酸素がいかず、免疫力の低下、脳や内臓の機能の低下などを引き起こしてしまうことも。

積極的に水を補給して、血中の水分量を多くしましょう。

満足感が得られ間食を控えられる

おなかがすいたときなどに、お菓子やジュースの代わりに水を飲めば満足感が得られるため、余計な間食を防げます。

水にはカロリーや糖分、脂質が一切含まれていないので、いくら飲んでも太ることはありません。

また、お菓子やジュースなどの間食が無くなれば、健康面でも効果が得られるので一石二鳥です。

小腹がすいたら水でごまかすというサイクルを作っていきましょう。

肌にうるおいを保てる

体内の水分量が少なくなると、肌が乾燥してしまい、うるおいが無くなってしまいます。

肌の乾燥は肌荒れやニキビなどを引き起こしてしまうので、女性にとっては特に天敵です。

肌の乾燥を防ぐためにも、水分を摂取して、肌にうるおいを持たせるようにしましょう。

水を補うことで細胞の中の老廃物や毒素が排出され、細胞に必要な栄養素が補えるので古い細胞から新しい細胞へと変わり、肌の新陳代謝が改善されます。

体質が改善されダイエットに繋がる

水を飲むと体が温まるため、基礎代謝が向上し、痩せやすい体質を作れます。

水を飲むだけで簡単に痩せやすい体系を作れるので、非常にとても手軽にできるダイエットの1つです。

また、水を飲むことによって筋肉に血液が送られるため、筋肉ができやすくなり筋肉量が増えます。

筋肉量が増えると基礎代謝も向上するので、筋トレと組み合わせればより痩せやすい体系を作れるのです。

集中力がアップする

体内に十分な量の水分が含まれていれば、体の細胞が活性化するため、集中力がアップします。

仕事中にこまめな水分補給の習慣が付いている人は、仕事中に高い集中力を保つことができ、良いパフォーマンスに繋がります。

体内の水分バランスが崩れてしまうと、口の渇きや倦怠感を感じてしまい、大幅に集中力が低下してしまうことに。

仕事の良いパフォーマンスをしたいのであれば、こまめに水分を摂取する習慣をつけましょう。

水を効率的に摂取するためのポイント

「水分補給する習慣がない!」「水分を摂取するのがあまり得意ではない….」

水分補給するのが苦手・週間が無い人にとって、毎日2L近くの水を飲むのはかなり難しいです。

そこで、水を効率よく摂取するためのポイントを紹介していくので、ぜひチェックしてみて下さいね。

就寝前・就寝後にコップ一杯の水を飲む

人は寝ている間にかなりの500ml.~1ℓの水分を失っています、

日所に多くの水分を失っているので、夏場などの熱い時期は寝ている間に熱中症や脱水症などを引き起こりしてしまうことも。

そのため、就寝前と起床後にコップ一杯の水を飲む習慣をつけましょう。

コップ一杯の水を飲むだけでも、就寝中に焼失する水分を賄えて、脱水症や肌荒れなどを未然に防ぐことができます。

しかし、寝る前に水を飲み過ぎてしまうのは良くないので、適切な量の水を摂取するようにしましょう、

寝る前に水を飲むとダイエットや健康に良い?寝る前の水分補給を見直そう!

冷やし過ぎた水を飲まない

夏場などはキンキンに冷えた水がとても美味しいですが、冷たすぎる水を飲み過ぎるのはよくありません。

冷たい水を摂取しすぎてしまうと、体温が急激に下がってしまい。血液の流れが悪くなってしまいます。

さらに倦怠感や集中力の低下も招いてしまうので、できるだけ常温の水を摂取しましょう。

ウォーターサーバーを利用する

水をあまり飲めない人におすすめしたいのが、ウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーを利用すれば、冷たい水・熱いお湯がコックを捻るだけで出せるので、手軽に美味しい水を摂取できます。

水のボトルも自宅まで配送してくれるので、コンビニやスーパーに行って、重たい水を買ってくる手間を省けます。

自宅にウォーターサーバーがあるだけで、あらゆるメリットが得られるので、興味がある人はぜひ活用してみて下さいね。

ウォーターサーバーのメリット・デメリットを紹介!必要な人の特徴も解説!

おすすめのウォーターサーバー3選

「ウォーターサーバーに興味があるけどどれが良いのか分からない!」

そんな悩みを持っている人に向けて、おすすめのウォーターサーバー3選を紹介していきます。

各機種の特徴を詳しく紹介していくので、チェックしてみて下さいね。

信濃湧水

信濃湧水 商標 

信濃湧水は11.4Lあたりの水代が1500円と非常にリーズナブルなのが特徴です。

他のメーカーで販売されている水に比べて、500円前後お得なので月額料金をぐっと抑えられます。

また、信濃湧水は水代以外の料金がかからないのも大きなメリットで、ランニングコストをぐっと抑えられます。

そのため。ウォーターサーバーの料金をなるべく抑えたいと考えている人にとてもおすすめです。

信濃湧水を使っている人の口コミと評判!特徴や申し込み方法まで徹底解説

ウォータースタンド

ウォータースタンド 商標 1028

ウォーターサーバーは、水の入ったボトルを取り付けて利用するのが一般的ですが、ウォータースタンドは水道に繋げて水道水を利用します。

水道水を利用するため、いくら水を利用しても水代はかからず、ランニングコストを抑えられるのが嬉しいポイント。

水をたくさん利用する・料理にも美味しい水を使いたい、と考えている人にとてもおすすめです。

ウォータースタンドも常温水が利用できるので、就寝前に利用するのにピッタリです。

ウォータースタンドの口コミと評判!特徴や申し込み方法まで徹底解説

フレシャス

フレシャス 1009

フレシャスはサーバーの種類を豊富に揃えており、どの機種も非常にデザイン性が高く、おしゃれに仕上がっています。

グットデザイン賞を受賞した経歴もあり、数あるウォーターサーバーの中でもトップクラスのデザイン・機能性です。

天然水も豊富に揃えており、好みや気分に合わせて好きな天然水を利用できるのも嬉しいメリットと言えます。

冷水・温水以外に常温水も利用できる機種もあるので、初めてウォーターサーバーを利用する人にとてもおすすめの機種です。

フレシャスを使っている人の口コミと評判!特徴や申し込み方法まで徹底解説

こまめに水分摂取して健康な体を手に入れよう!

1日に摂取すべき水分は、おおよそ1.5Lと考えておきましょう。

1.5Lの水分が補給できれば、健康面でも美容面でも様々な効果を得られるので、メリットしかありません。

また、1.5Lはあくまでも目安なので、必ずしもその量を飲まなければならないわけではありません。

大切なのは少なくても水分を摂取することなので、こまめに水分を摂取し、健康的な体を手に入れましょう!