水分不足は脱水症を引き起こす!頭痛やめまいを感じたら早急な対応を!

「原因不明の頭痛に悩まされている」

原因不明の頭痛に襲われている人は、脱水症の可能性があります、

人は生活しているだけで大量水分を失っているため、季節や気温を問わずに脱水症を引き起こしている可能性があります。

脱水症は頭痛だけではなく、様々な症状を引き起こす原因となってしまうため、万全の予防をしておかなければなりません。

そこでこの記事では、脱水症を引き起こさない対策と引き起こしてしまった時の対象法を紹介していきます。

この記事でわかること

  • 脱水症で引き起こる症状
  • 脱水症を引き起こしやすいタイミング
  • 脱水症状になった時の対処法

脱水症状が起こるメカニズム

脱水症は体内の体液が不足している状態のことを指し、体液は体を維持するために重要な役割を持ちます。

体液の割合は年齢や体の大きさによっても異なりますが、成人で60%・高齢者で50%・乳幼児などの子どもで70%ほどです。

体液率が低下してしまうと脱水症状に陥ってしまい、脱水症の重要度は体重の減少率を目安に判断されます。

脱水症の症状が出ていて、1~2%体重減少が見られている場合には軽度の脱水症、体重減少の割合が3~9%で中度・0%以上になると高度の脱水症です、

それぞれの体重減少率に合わせて、症状も異なってきます。

脱水症状が引き起こす症状

脱水症の症状は段階に応じて異なっていき、軽度・中度・重度の3段階に分けられています。

それぞれの症状を紹介していきますね。

軽度の脱水症状 中度の脱水症状 重度の脱水症状
量に汗をかく
喉が渇く
めまい
吐き気
ぼんやりする
重苦しい
食欲減退
血液濃縮
尿量減少
吐き気
全身脱力感
動きが鈍くなる
皮膚の紅潮化
疲労および嗜眠状態になる
感情が鈍磨したりいらいらしたり不安定になる
無関心になる
手足のふるえ
ふらつき
頭痛
体温上昇
脈拍・呼吸の上昇及び呼吸困難
幻覚
めまい
言語不明瞭
精神錯乱
筋痙攣
失神
舌の膨張やしびれ
不眠
腎機能不全による尿量減少もしくは消失
飲み込み困難
皮膚乾燥及び感覚がなくなる
目の前が暗くなる
目がくぼむ
聴力損失

なお。体液の20%以上を失ってしまうと生命にも関わってしまい最悪の場合は死に至ります。

非常に恐ろしい症状などくれぐれも気をつけておきましょう。

特に頭痛は引き起こしやすい

脱水症は特に頭痛の症状を引き起こします。

脱水症により頭痛が起きるのは、体内に必要な水分が不足すると血液がどろどろの状態になり血流が悪くなるため。

血流が悪くなると頭部の血液循環が悪化し、血管が拡張し周囲の神経を刺激することで頭痛を引き起こしてしまいます。

脱水症の初期症状~中度症状に現れるので、早急な対応を心掛けましょう。

脱水症は2つの種類がある

脱水症と一括りにしても2つの種類があります。

  • 好張性脱水
  • 高張性脱水

それぞれの違いや特徴を紹介していきます。

低張性脱水

低張性脱水とは水分と一緒に血液中のナトリウムが不足してしまう状態のこと。

長時間スポーツした際や、夏場に汗をたくさん書いて体中の水分が無くなってしまった際に、起こりやすい症状です。

主な症状は吐き気や倦怠感、けいれんなどが現れます。

高張性脱水

高張性脱水とは体内の水分だけが不足する状態のことで、高齢者や水分補給ができない乳幼児に多いで症状です。

スポーツをしている際にかかるというよりも日常生活でかかることが多く、発熱や口渇状態、意識の混濁などの症状が現れます。

無意識のうちに起こるケースが多い脱水症なので、こまめに水分補給をするのが一番大切です。

寝る前に水を飲むとダイエットや健康に良い?寝る前の水分補給を見直そう!

脱水症を引き起こしやすいタイミングとは?

脱水症は汗をかいたり、長時間水を飲まなかったりすることで発生しますが、様々な場面に脱水症のリスクが潜んでいます。

脱水症を引き起こしやすいタイミングを紹介していきますね。

スポーツ中

最も脱水症を引き起こしやすいタイミングは、スポーツをして、汗を大量にかいてしまった時。

体内の水分やミネラル、体液などが汗として体外に出されてしまうので、体内の水分バランスが悪くなり脱水症を引き起こしてしまいます。

汗をかきやすい夏場にスポーツを行う場合は、脱水症にならないよう、こまめに水分を補給しておきましょう、

日常生活

日常的に生活している中でも体内の水分は常に減少しているため、自覚症状が無く脱水症に陥ってしまいます。

無意識に脱水症に陥ってしまうので、脱水症をおこしていることに気付かずに重症化してしまう恐れも。

日常的に水分摂取する習慣がない人・高齢者・乳幼児などが陥りやすいので、水分補給する習慣をつける様にしましょう。

夏と冬は特に脱水症を引き起こしやすい

熱中症が最も起こりやすい時期は夏と冬です。

夏場は気温が高いので大量に汗をかき、水分や塩分、体液などが体外に放出されてしまいます。

毎年多くの人が脱水症を引き起こしてしまい、重症化して病院に搬送される人も多いです。

そのため、夏場は特に脱水症への意識を高めて、こまめに水分補給しておく必要があるでしょう。

また、気温が低い冬場にも脱水症は発症しやすいのです。

冬場は空気が乾燥しているため

冬場の寒い時期は体温を維持するために体のエネルギーを利用し、その際に無意識に汗として水分が出てしまうので、体内の水分が不足してしまいます。

また、空気も乾燥しているこの時期は水分の蒸発が進行するため、より体液が失われやすい傾向があるのです。

また、夏の暑い時期に比べて水分補給をする機会も少なくなってしまい、蒸発する水分と摂取する水分のバランスが崩れ、脱水を引き起こしてしまいます。

知らず知らずのうちに脱水症を引き起こしてしまうため、自覚のない「かくれ脱水」とも呼ばれています。

脱水症を見逃さないためのチェックしておきたいポイント

初期段階の脱水症は症状に気付きにくいため、見過ごしてしまうケースがほとんど。

初期の脱水症を見逃してしまうと、重症化を引き起こすリスクもあるため、非常に危険です。

脱水症を見逃さないためのチェックポイントを紹介していきますね。

  • のどがやたら乾く
  • 体重がかなり減少している
  • 尿の色が黄色くて濃い
  • 37℃前後の微熱がある
  • ふらふらして若干頭痛を感じる

上記のような症状を感じたら、脱水症を引き起こしている可能性が高いため、速やかに重症化させないための対策を取りましょう。

脱水症を引き起こさないためにできる3つの対策

脱水症は様々な症状を引き起こしてしまうリスクがあるため、非常に危険です。

脱水症をおこさないためには、日常的な対策を十分に施し、未然に防ぐのが一番大切と言えます。

引き起こさないための3つの対策を紹介していきますね。

こまめに水分補給をする

脱水症を引き起こさないため最も大切なのは、こまめな水分補給です。

1日に摂取すべき水分量は、性別や体形によっても異なりますが、1.5L~2Lを目安に水分補給をしましょう。

数十分ごとにこまめな水分補給する習慣が付けば、脱水症を引き起こすリスクはほとんどありません。

特に高齢者の場合は気温の変化や体調の変化に気付きにくいので、のどの渇きに気付かず慢性定期に水分が不足しがちです。

血液中の水分が不足すると血液が濃くなり、血栓ができてしまいます。

血栓は脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが高まるので非常に危険。

また、水を飲む習慣がつけば脱水症以外にも、美容やダイエット効果も期待できます。

ジュースの飲み過ぎで引き起こす5つのリスク!日常的な水分補給を見直そう!

塩分を摂取する

汗をかいて体内に水分が出やすくなる夏場は、水分補給に加えて塩分もこまめに摂取しましょう。

塩分が体内からなくなってしまうと、エネルギーが作れなくなり、めまいや倦怠感を引き起こしてしまいます。

直射日光を避けて涼しい場所で生活する

太陽の直射日光に長時間当たっていると、体内温度が高くなってしまい、水分が少なくなってしまいます。

そのため、できるだけ直射日光の当たる場所を避けて、涼しい場所で過ごすようにしましょう。

涼しい場所で生活するだけでも大きな対策に繋がります。

脱水症を引き起こしたときの対処法

脱水症を引き起こしてしまった時、どのような対応をすれば良いのかよくわかりませんよね。

落ち着いて対応できるように、熱中症にかかった際の正しい3つの対処法を紹介していきます。

自分が脱水症にかかった場合・一緒にいる人が脱水症にかかった場合のどちらも対応できるようにしっかりと対処法をチェックしましょう。

対処法①:水分と塩分を摂取する

まずは体内に水分と塩分を摂取しましょう。

通常の水で水分補給するのもOKですが、経口補水液やスポーツドリンクを飲めば光栄強く水分をはじめとした様々な成分を摂取できます。

飲み過ぎるのは吐き気を催す原因になってしまうので、一口ずつ補給するようにしましょう。

対処法②:温度と湿度を調節する

脱水症が起きた場所が、直射日光があたる・気温と湿度が高い場所の場合は、涼しい場所へと移動しましょう。

涼しい場所へと移動して安静にするだけでもだいぶ楽になります。

対処法③:とりあえず安静にする

脱水症を引き起こしたら下手に動かず、安静にしておきましょう。

安静にしていれば症状も落ち着いてきて、余計なエネルギーも使わないため、症状の進行をストップできます。

脱水症を防ぐため水分補給したい人はウォーターサーバーがおすすめ!

「脱水症が怖いから水分補給する習慣をつけたい」

「美味しい水を手軽に摂取する方法はないかな?」

そんな人には、ウォーターサーバーをおすすめします。

ウォーターサーバーがあれば美味しい水をいつでも摂取でき、水も自宅まで配送してくれるのでとても便利です。

どの機種を選べばいいのか分からない人に、おすすめのウォーターサーバー3つを紹介していきますね。

  • 【利便性を重視したい人におすすめ!】コスモウォーター
  • 【月額料金の安さが魅力!】信濃湧水
  • 【水道に繋げて利用する!】ウォータースタンド

高齢者におすすめのウォーターサーバ-を比較!おすすめの機種をランキング形式で紹介

【利便性を重視したい人におすすめ!】コスモウォーター

コスモウォーターの最大の特徴は、ボトルが足元で交換できる点。

重たいボトルを持ち上げる必要が無く、簡単に交換できるのは大きなメリットです。

また、コスモウォーターは水代以外の費用が一切かからず、ランニングコストを抑えられるのもポイント。

使い勝手の良いウォーターサーバーをリーズナブルな価格で利用できます。

コスモウォーターの口コミと評判!特徴や申し込み方法まで徹底解説

【月額料金の安さが魅力!】信濃湧水

信濃湧水は11.4Lあたりの水代が1500円と非常にリーズナブルなのが特徴です。

他のメーカーで販売されている水に比べて、500円前後お得なので月額料金をぐっと抑えられます。

また、信濃湧水では水代以外の料金がかからないのも大きなメリット。

ウォーターサーバーの料金をなるべく抑えたいと考えている人にとてもおすすめです。

信濃湧水を使っている人の口コミと評判!特徴や申し込み方法まで徹底解説

【水道に繋げて利用する!】ウォータースタンド

ウォーターサーバーは、水の入ったボトルを取り付けて利用するのが一般的ですが、ウォータースタンドは水道に繋げて水道水を利用します。

水道水を利用するため、いくら水を利用しても水代はかからず、ランニングコストを抑えられるのが嬉しいポイント。

水をたくさん利用する・料理にも美味しい水を使いたい、と考えている人にとてもおすすめです。

ウォータースタンドも常温水が利用できるので、就寝前に利用するのにピッタリです。

ウォータースタンドの口コミと評判!特徴や申し込み方法まで徹底解説

こまめに水分を補給して脱水症対策を取ろう!

脱水症は非常に身近な病気ですが、最悪の場合死に至る恐ろしい病気で、毎年脱水症で亡くなっている人もいるほど。

脱水症を防ぐために最も大切なのは、こまめな水分補給です。

数時間ごとに口に含む程度でも大きな熱中症対策に繋がるので、万全の対策を取るようにしましょう!

水道水を美味しくする5つの方法!美味しい水を飲んで体質を改善しよう!