加湿器に入れる水は何を使えばいいの?加湿器には水道水が向いている理由

加湿器に入れる水は何を使えばいいの?加湿器には水道水が向いている理由

みなさんは加湿器を利用しています。

冬場は乾燥が酷く、肌荒れの原因になってしまうため、特に女性の方は利用している方が多いのではないでしょうか。

加湿器ですが、利用するには本体に水を入れる必要があります。

みなさん特に何も考えずに水道水を入れていたと思いますが、実は水道水以外を入れるのは良くありません。

水道水以外の水というと「浄水器の水」や「ミネラルウォーター」があります。

何も知らない方だと、水道水よりもミネラルウォーターなどを加湿器に入れた方がクリーンなイメージがあると思います。

しかしそれは逆で、水道水以外の水を使用してしまうと衛生的によくありません。

今回の記事では、なぜ加湿器には水道水が適しているのかを解説していきます。

加湿器に入れる水は菌の繁殖を防げる水道水

加湿器の中に入れる水は水道水が1番適しています。

そもそもミネラルウォーターを加湿器に使用するのは、かなりの贅沢なため実際に使用している方は少ないと思います。

ミネラルウォーターを利用している方は少ないでしょうが、浄水器を導入している方の中には浄水器の水をそのまま使用している方も多いのではないでしょうか。

しかし、ミネラルウォーターや浄水器の水と比べても水道水を使用するべきです。

なぜかというと、水道水には塩素が含まれているからです。

塩素は水道水の雑菌の繁殖を防ぐために使用されている除菌剤であり、加湿器に使用すれば加湿器内の雑菌の繁殖を抑えられます。

加湿器に水道水を使用した場合、加湿効果だけでなく除菌や消毒を同時に行えることになります。

加湿器に使用してはいけない水2選

加湿器に入れる水は水道水が最も適していますが、入れてはいけない水も存在します。

「水なら大して変わらないでしょ。」と思っている方は、加湿器を故障させてしまう危険もあるため、下記の水は使用しないようにしてください。

  • 浄水器の水やミネラルウォーター
  • アロマオイルを混ぜた水

1度は入れてしまったものもあるのではないでしょうか。

1つずつ危険性について解説していきます。

浄水器の水やミネラルウォーターは雑菌の原因

浄水器の水やミネラルウォーターを水を使用すると、加湿器内にカビや雑菌が繁殖してしまう可能性があります。

ミネラルウォーターや浄水器の水は、水道水と異なり塩素が含まれていません。

そのため、加湿器内の雑菌の繁殖や汚れの原因に繋がってしまう可能性が水道水より高いです。

ミネラルウォーターや浄水器の水は、殺菌効果よりも美味しさを優先しており、普通に飲む分には問題ないですが加湿器には適していないと言えるでしょう。

アロマオイルを混ぜた水は雑菌の繁殖や故障の危険がある

アロマオイルを混ぜた水を加湿器に使用してしまうと、雑菌の繁殖や酷いと故障までしてしまう危険があります。

「え?アロマオイル入れて使ってるよ。」という方もいますよね。

アロマオイルを絶対に加湿器に利用してはいけないわけではなく、専用のアロマオイルを使用する分には全く問題はありません。

ここで使用してはいけないと言っているアロマオイルは通常のアロマオイルです。

専用のアロマオイルは水溶性ですが、通常のアロマオイルは名前の通り油のため、決して水に溶けません。

油が水に溶けずに膜をつくってしまい、カビや雑菌の繁殖や故障の原因になってしまうでしょう。

加湿器の説明書には水以外のものを入れないようにと記載されているため、通常のアロマオイルはもちろん香水なども入れてはいけません。

加湿器に水道水以外を使用するとデメリットが多い

加湿器に水道水以外の水を入れると良くないのはわかっていただけたでしょうか。

記事の前半で話した雑菌やカビが繁殖する以外にも、水道水以外の水を使用すると下記のようなデメリットが多く存在しています。

  • カビや雑菌が繁殖してしまう
  • 加湿器のフィルターが劣化する
  • 加湿器周りのものにミネラルの結晶が付着する

順番に説明していきます。

カビや雑菌が繁殖してしまう

記事の前半でも説明しましたが、水道水以外の水を使用すると雑菌やカビの繁殖に繋がります。

水道水は市販の水などとは異なり、衛生面を保つために塩素などの殺菌作用のある物質が多く含まれています。

人間の体には影響ありませんが、加湿器内の菌を殺してくれる役割を果たしてくれます。

タンク内は常に殺菌状態になるため、加湿器を衛生的使用できるでしょう。

加湿器のフィルターが劣化する

水道水以外を使用するとフィルターが汚れやすくなり、劣化スピードがはやくなってしまいます。

超音波式の加湿器はフィルターを通して水蒸気を部屋に送るため、フィルターが汚れていると部屋中が埃っぽくなってしまいますよ。

空気がどんどん汚れてしまうと喉や鼻にも悪影響なため、フィルターを劣化させないためにも水道水を使用するようにしましょう。

加湿器周りのものにミネラルの結晶が付着する

水道水ではなくミネラルウォーターなどの水を使用すると、加湿器周りに白い結晶が付いて汚れてしまう可能性があります。

白い結晶とはミネラル分であり、ミネラルウォーターのようなミネラルを多く含んだ水を使用すると水蒸気となったミネラル分が結晶化して周りの家具や服などに付着してしまいます。

結晶は取るのが手間な上、服を劣化させてしまう可能性もあるため注意する必要があります。

硬水は特にミネラル分が多く含まれているため、結晶化しやすいです。

水道水と浄水器の水、ミネラルウォーターの違い

ここまで加湿器には水道水を用いて、ミネラルウォーターや浄水器の水は使用してはいけないと説明してきましたが、水道水とどの程度成分に差があるのかを紹介していきたいと思います。

水道水はミネラル分の他に塩素などの殺菌剤が含まれる

水道水には、カルシウム、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、ケイ素などのミネラル分を含む成分を含んでいます。

それ以外に、浄水処理の過程で加えられる塩素などの殺菌剤が含まれているのが特徴です。

塩素以外にも、トリハロメタンや鉄分など、住んでいる場所によって様々な成分が含まれています。

水道水のカルキを抜く7つの方法!注意点と必要な時間を解説!

浄水器の水はミネラル分が除去された純粋に近い水

浄水器の水は使用したフィルターにもよりますが、ミネラル分などの成分の多くが除去されており純粋に近い水になっています。

余分な成分が含まれていないため、抵抗力が弱い赤ちゃんのミルク作りなどには向いています。

しかし、衛生面を保つための成分が含まれていない分、長期保存はあまりできません。

ミネラルウォーターはミネラル分が多く含まれる

ミネラルウォーターは名前の通り、カルシウム、カリウム、ナトリウム、マグネシウムなどのミネラル分を多く含んだ水です。

基本的に水道水よりもミネラル分を多く含んでいますが、種類によってはミネラル分が少ないものもあります。

水道水とミネラルウォーターの違いとは?成分や味わいに違いがある?

水道水は2日以上置いてくと雑菌が繁殖する

みなさんは水道水にも賞味期限があることをご存知でしたか?

塩素などが含まれるため、いつまでも保存できると勘違いしている方も多いですが、実は水道水を放置していると雑菌が繁殖してしまいます。

水道水の保存期間は保存環境によりますが、常温で2~3日、冷蔵で10日程です。

意外と短いですよね。

そのため、水道水は塩素が入っているから長期時間放置しても大丈夫ではなく、加湿器に入れたまま何日も放置していると雑菌だらけになってしまいますよ。

加湿器を衛生的に保つ方法

水道水はミネラルウォーターや浄水器の水と比べると、雑菌が繁殖しにくいのはたしかですが、上記でも説明したように放置していると雑菌が繁殖してしまいます。

水道水を使用する以外に加湿器を衛生的に保つ方法は2つです。

  • 水は毎日交換する
  • 定期的にメンテナンスをする

この2つを守って水道水を使用していればいつまでも衛生的に加湿器を使用できるでしょう。

この記事を見た方は今日から早速取り組むのをおすすめします!

水は毎日交換する

水道水は塩素が含まれており、雑菌やカビは繁殖しにくいですが、時間の経過とともにどうしても繁殖してしまいます。

そのため、加湿器の水は毎日交換するのがいいでしょう。

前日の水が多く残っていたとしても、それは全て廃棄して、新しい清潔な水を入れるようにしましょう。

定期的にメンテナンスをする

加湿器を常に衛生的に保つには、定期的なメンテナンスが不可欠です。

毎日水を交換していたとしても、水道水にもミネラル分が含まれているためどうしても白い汚れや赤い汚れが付いてしまうものです。

その汚れを放置しているとどんどん広がってしまうため、1週間に1回はフィルターや水の受け皿を取り外し、汚れやぬめりを洗い流すようにしましょう。

加湿器にカビが発生してしまった時の対処法

定期的なメンテナンスを心がけていたつもりだったのにカビが発生してしまった!という方向けに、加湿器内にカビや雑菌が繁殖してしまった場合の対処法を紹介します!

カビを取るにはクエン酸が有効

カビや雑菌を取り除くにはクエン酸が有効です。

使用するのはクエン酸と小さなブラシで、ぬるま湯にクエン酸を溶かしてタンク内に入れて半日ほど放置しましょう。

そうすれば大体の汚れは落とせるため、仕上げにブラシで残りの汚れを取り除きましょう。

掃除後は、クエン酸がタンク内に残らないようにしっかりと洗い流すのも重要ですよ。

カビの匂いを取るには重曹が有効

カビや雑菌は取り除けたのに独特の匂いが残ってしまう場合が意外と多いです。

そのような場合に有効なのは、重曹です。

手順としては、重曹をぬるま湯に溶かしてカビの匂いがするタンクやフィルターを浸し、1時間ほど放置しましょう。

最後に水でよく洗い流したら終了です。

ほとんど場合はこの方法で匂いを取り除けます。

それでも匂いがとれない場合は、香り付きの加湿器用ウォーターなどを使って匂いを消すのも1つの手です。

加湿器には必ず水道水を入れましょう!

いかがだったでしょうか。

加湿器に入れる水には水道水が最も適しているのがわかっていただけたかと思います。

加湿器に入れる水なんて何でもいいと思っていた方も、これを見て改善していただけると嬉しいです。

カビや雑菌が繁殖してしまうと健康にも影響が出てしまう恐れがあるため、今後は水道水を使用し、定期的なメンテナンスを心がけましょう!