妊婦にはオレンジジュースがおすすめ!おすすめ理由と注意点

妊婦にはオレンジジュースがおすすめ!おすすめ理由と注意点

妊娠中の飲み物というとのカフェインの飲み物などの、限られた選択肢しかありません。

妊娠中であってもできれば美味しい飲み物を、飲みたいと思ってしまいますよね。

オレンジジュースは妊婦さんにとって、ストレスを溜めないという観点から見ても飲んでいただきたい飲み物です

今回の記事では妊娠中にオレンジジュースを飲んでいただきたい理由と飲む上での注意点について解説していきます。

オレンジジュースを妊娠中に飲むべき理由

妊娠中の飲み物や油の濃い食べ物の制限で、苦労されている妊婦の方も多くいますね。

オレンジジュースは妊婦の方が、飲むことができる数少ない飲み物の一つです。

オレンジジュースは胎児に必要な栄養素が豊富に含まれており、胎児の健康的な発育の観点から見てオレンジジュースは飲むべきとされています。

オレンジジュースが胎児にどのような効果をもたらすのか、一緒に確認していきましょう。

オレンジジュースのことについて深く知りたい方はこちらの記事もチェック!

オレンジジュースには体にいい効果が満載!オレンジジュースの効果と注意点

貧血の予防をすることができる

妊娠中は体内の鉄分が低下してしまい、貧血を起こしてしまうことが多くありますね。

オレンジジュースにはビタミンCが豊富に含まれており、体内への鉄分の吸収を効率的行うことを助ける役割があります。

体内への吸収を助けるだけなのでオレンジジュース単体では、あまり効果ありません。

貧血を改善することが目的であれば、食事と一緒にオレンジジュースを飲むようにしましょう。

オレンジに含まれるビタミンCの量はみかん2つ分と言われており、柑橘系のフルーツ中でもトップクラスにビタミンCを含んでいることがわかりますね。

またビタミンCには抗酸化作用があり、妊娠中の肌トラブルの改善にも役立たせることができます。

妊娠中に必要な栄養素が含まれている

妊娠中は血流が悪くなり、体がむくんでしまうという方が多いですよね。

妊娠中のむくみを解消することができる飲み物が、オレンジジュースとされています。

オレンジジュースには血流改善や高血圧の防止を期待することができるカリウムが豊富に含まれており、不要なナトリウムを体外に排出して体内の代謝の底上げをしてくれるのです。

オレンジジュースのカリウムの量は、カリウムが豊富に含まれていることで知られる牛乳の1.5倍もあり、オレンジジュースを飲めば効率的にカリウムを摂取できることがわかります。

むくみが気になる妊婦の方は、オレンジジュースを飲んで代謝を上げていきましょう。

胎児が健康に育つのをサポートしてくれる

妊娠中は自分のことよりも、胎児の発育や健康に気を使われる方が多いです。

胎児に必要な栄養素として、葉酸という成分があることを皆さんご存でしたか?

葉酸は胎児の脳や精神構築する上でとても重要な役割を担っており、葉酸が不足してしまうと先天性の異常の原因となってしまいます。

アメリカの妊婦は妊娠した時に、サプリメントで葉酸を摂取するほど重要な成分だと認識しているのです。

オレンジジュースは葉酸が豊富に含まれており、手軽に摂取することができる飲み物の1つですね。

オレンジジュースを適切に使って、葉酸を体の中に蓄えましょう。

りんごにも葉酸が含まれている

葉酸を摂取したくてもオレンジジュースが嫌い人や、サプリメントは不安な人もいますよね。

葉酸を含んでいる食材は、オレンジだけではありませんのでご安心ください。

りんごにも葉酸が豊富に含まれており、オレンジの酸味が苦手な方でも手軽に食べることができるようになっています。

りんごはおやつ感覚で食べることができるので、オレンジが嫌いな方にはおすすめです。

妊娠中にオレンジジュースを飲む上での注意点

妊娠中にオレンジジュースを飲むことは、体に対していい効果があることを紹介してきましたが、注意点を守らないと健康とは反対に体調を崩してしまう事になってしまいます。

健康のためにオレンジジュースを飲んでいたのに、体調を崩しては意味がありませんね。

この章では妊娠中にオレンジジュースを飲む上での、注意点を紹介していきます。

清涼飲料水は太りやすい!清涼飲料水の効果と正しい飲み方

オレンジジュースを飲みすぎてはいけない

オレンジジュースは飲みすぎてしまうと糖を過剰に摂取してしまい、その結果血糖値が上がってしまって糖尿病の原因となってしまうことがあります。

血糖値が上がってしまうと血液がドロドロになってしまい、血流が悪くなることもあるのです。

一番怖い症状はオレンジジュースを過剰に摂取してしまった影響で、血糖値が高くなり余計にのどが渇いてしまい脱水症状になってしまうことだとされています。

清涼飲料水を多く飲んでしまうことで起きる症状なのですが、オレンジジュースを大量に飲んでも起こってしまうのです。

オレンジジュースを飲む際は、飲みすぎないように注意をしましょう。

オレンジジュースは100%の物にする

オレンジジュースは成分が調整されているものと、果汁100%のものがありますね。

安価で手に入りやすいオレンジジュースは成分が調整されているオレンジジュースですが、妊娠している間は100%のオレンジジュースを選ぶようにしましょう。

成分が調整されているオレンジジュースは、果汁による甘さが足りないことを補うために糖が過剰に添加されている場合が多いです。

100%のオレンジジュースであれば、オレンジにもともと含まれている果糖以外の糖は含まれないようになっています。

しかし果糖と言っても糖であることは変わりないので、100%のオレンジジュースであっても過剰に摂取することはやめましょう。

オレンジスムージーを妊婦が飲んでも大丈夫

妊婦の方はできるだけ美味しい食べ物や飲み物で、栄養を摂取したいと思いますよね。

オレンジのスムージーであれば栄養と美味しさの両方を兼ね備えている飲み物です。

この章ではオレンジスムージーの効果について、紹介していきます。

デトックスウォーターの効果はフルーツによって違う?!デトックスウォーターの効果と作り方

市販のオレンジジュースは加工されている

妊婦の皆さんにとって加工や添加物は飲み物を飲む上で、不安に思ってしまう原因となってしまいますよね。

加工や添加をしている飲み物には、健康に関する効果を期待していた成分が壊れてしまっていることが多いとされています。

基本的に商品を作る時に1番重要視されていることが美味しさとなっており、成分や効果は重要視されないことのほうが多いです。

しかし妊婦の皆さんは、美味しさと同じくらい栄養も重要視したいですよね。

オレンジスムージーであればご自宅でジューサーさえ用意することができれば作ることができますし、自分で作っているからこそ安心して飲むことができます。

オレンジスムージーは手軽に作ることができるので、試してみてはいかがでしょうか?

オレンジスムージーは栄養をそのまま摂取できる

オレンジスムージーは、妊娠中の安全面の担保の他に食物繊維などの市販のジュースでは摂取することができない、食物繊維などの栄養素を摂取することができます。

妊娠中は便秘になりやすい人も多く、妊婦の悩み1つです。
オレンジスムージーには食物繊維が豊富に含まれており、妊娠中の便秘の解消を期待することができます。

栄養素も壊されることなく残っているため、健康と美味しさを求めるならオレンジスムージーを作りましょう。

スムージーにしても果糖の量は100%オレンジジュースと変わらないため、飲み過ぎには注意する必要がありますね。

オレンジジュース以外の妊娠中におすすめの飲み物

妊娠中に飲むことができる飲み物が、オレンジジュースだけだと飽きてしまいますよね。

飲み物に飽きてしまうとストレスの原因となってしまい、胎児にもいい影響はありません。

妊娠中におすすめの飲み物

  • ミネラルウォーター
  • 炭酸水
  • 牛乳
  • 麦茶

上記が妊娠中におすすめの飲み物なので、上から順番に詳しく解説していきます。

ミネラルウォーター

妊娠中のつわりが酷くて何も口に入れることができない、ということがありますよね。

つわりがひどい時におすすめなのが、ミネラルウォーターです。

日本のミネラルウォーターは軟水でできている事が多く、口当たりが柔らかいのでつわりが酷い妊婦さんであっても、飲むことができます。

手軽に手に入れることができ、安価なことも嬉しいですよね。

つわりが酷いからと言って水分補給を怠ってしまうと、脱水症状の危険性が高くなってしまい、胎児にも悪い影響が出てしまいます。

つわりが苦しくても、脱水症状を避けるためにミネラルウォーターで、水分補給をしっかりと行いましょう。

赤ちゃんに白湯は必要?飲ませるタイミングやポイントを紹介!

炭酸水

妊娠をしていると爽やかな飲み物を、飲みたくなる時がありますよね。

炭酸水であれば安全に水分を補うことができ、口当たりも爽やかなのでおすすめすることができる飲み物です。

炭酸水を選ぶことの注意点としては、糖が含まれていない炭酸水を選ぶことだといわれています。

もし甘さを補いたいときは、オレンジジュースと割って飲むようにするとオレンジジュースの糖度も抑えることができ、趣向の違う炭酸水を楽しむことができますね。

無糖の炭酸水であればアレンジの幅が広いので、色々なフルーツで割ってみましょう。

炭酸水にはダイエット効果がある?効果的な正しい飲み方を紹介!

麦茶

妊婦の方でよくお茶は全般的に飲むことができないと、勘違いされている方が非常に多いです。

確かに緑茶や烏龍茶などはカフェインが含まれているため、飲むことを避けたほうが良いとされています。

しかし麦茶であればカフェインが含まれていないだけでなく、ミネラルを豊富に含んでいるため積極的に飲むべきだとされています。

妊婦の方は汗などをかきやすく、脱水症状に陥りやすいですよね。

脱水症状の不安がある方は、麦茶を飲んで水分補給を円滑に行うようにしましょう。

妊娠中に飲んではいけない飲み物

妊娠中の食生活において様々な制限をかけられて、うんざりしている方も多いですよね?

食生活に気を使うことは、胎児を守るためにとても重要なことです。

妊娠中に飲むことを避けたほうがいい飲み物をしっかりと確認して、健康的な赤ちゃんを生みましょう。

  • アルコール
  • ハーブティー

上記が、飲んではいけない飲み物です。

なぜ飲んではいけないのか、1つずつ解説していくのでしっかりと確認するようにしましょう。

アルコール

噂でアルコールは少量であれば飲んでも大丈夫ということを、聞いたことがある人もいるかもしれません。

しかしアルコールが胎児に与える影響を考えたら、飲まないほうが良いと言えます。

アルコールはとても小さな物質であるため、体内に入ると胎児の血液に混ざってしまう可能性が高くなってしまうのです。

胎児は血中のアルコールを分解して排出することができないため、そのまま胎児の中に残ってしまいます。

アルコールが胎児の体内に残ってしまった結果、胎児の精神や脳の発育に異常をきたしてしまい先天的な障害を持ってしまうのです。

元気な赤ちゃんを生みたいのであれば、どんなにお酒が好きでも我慢するようにしましょう。

ハーブティー

ハーブと聞くと香りが豊かで、アロマなどに使う方も多いですよね。

香りの成分は妊婦さんの妊娠中の精神不安を和らげる効果があり、ストレス溜めない方法として確立されています。

しかし飲み物として考えると、すこし不安があると言えるでしょう。

ハーブティーの種類は多種多様に存在しており、ハーブティーの専門家出ない限り胎児に悪い成分が含まれているかどうか、ということがわからない飲み物となっています。

マタニティー用のハーブティーも販売されていますが、不安がある場合は飲まないほうが良いでしょう。

妊娠中はオレンジジュースを飲もう

いかがでしたか?

妊娠中のオレンジジュースの摂取は、妊婦にとっていい効果があることが知ることが出来ましたね。

妊娠中は食事の様々な面で不自由を感じることが多くなります。

少しでも食べ方や飲み方に工夫をして不要なストレスを溜めないことが大切です。

オレンジジュースはストレスを溜めないための手段のひとつなので、1日にコップ1杯位を目安に飲むようにしましょう。