ミネラルウォーターは何種類ある?水道水との違いと種類について徹底解説

ミネラルウォーターは、皆さん耳馴染みがあると思います。

しかし、種類や水道水との違いについて理解されている方は少ないです。

ミネラルウォーターを普段から飲むと、費用がかかってしまいコストパフォマンスが悪くなってしまいます。

ミネラルウォーターの種類や用途についてしっかり理解して、効率よくミネラルウォーターを摂取しましょう。

この記事では、種類やメリットデメリットを含めてミネラルウォーターについてご紹介いたします。

ミネラルウォーターと水道水との違い

日本のミネラルウォーターと水道水は、法律によって規定されています。

規定による違いを、詳しく解説していきます。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターは、地下水で汲み上げられた水をさします。

地下水の種類としては、洞窟の中の水や井戸水も当たります。

日本の水は、ほとんど軟水です。

海外の水は、硬水が多いとされています。

地下で汲み上げられたミネラルウォーターは更に法律の規定により細分化されます。

水道水

水道水は日常で使えるように、徹底的な殺菌消毒が行われます。

殺菌の方法は、塩素を使用します。

水道水からカルキの匂いがするのは、消毒の時に塩素を使用しているからです。

海外に比べて、日本の水の安全性は高いと言われています。

飲みやすさも、世界でトップです。

水道水に含まれる塩素に害はある?塩素の除去方法を紹介!

ミネラルウォーターの種類

ミネラルウォーターは、法律の規定により処理の方法で名称が変化します。

呼び方について、詳しく紹介していきます。

ナチュラルミネラルウォーター

ナチュナルミネラルウォーターは、殺菌処理が一番むずかしいとされています。

地中でミネラルが溶け出すのを待ってから採取します。

ミネラルが溶け出すのを待つため、採取量は自ずと少なくなります。

ナチュナルウォーター

ナチュナルウォーターは、特定の水源で採取されたものしか名乗ることができません。

処理の方法も、より自然の水に近づけるため沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の処理を行っていません。

最低限の処理しか行わないことによって、安全性と自然の味わいを担保しているというわけです。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターは品質を安定させるために、ナチュラルウォーターよりも処理を多く行います。

処理の方法は沈殿、ろ過、加熱殺菌の他にオゾン殺菌や紫外線殺菌を行います。

殺菌勝利が完了したら、ミネラル分の調整を行います。

人の手による調整が多く加えられるため、安全性は確実に担保することができます。

ボトルドウォーター

ボトルドウォーターは、他の3種類と異なります。

飲用の水や蒸留水に、後からミネラル分を添加した水です。

ウォーターサーバーでよく使われている、RO水もボトルドウォーターに含まれます。

RO水と天然水の違いは?それぞれのメリット・デメリットを紹介!

ミネラルウォーターのメリット

ミネラルウォーターのメリットは、沢山あります。

一つずつ紹介していきます。

水道水よりも美味しい

水道水よりも、美味しく感じる人が多いです。

理由としては、塩素が入っていないため水としての味わいが水道水よりも高くなっています。

硬度も自分で変えられるようになっているため、お好みに合わせてミネラルウォーターを選べるようになっています。

純粋においしい水を飲みたい方には、おすすめです。

料理に最適

料理に使うことも、できます。

塩素が無いため、素材の香りを邪魔しません。

風味を感じる料理に、ミネラルウォーターを使用したら水道水で作ったときとは比べ物にならないほど美味しく感じます。

軟水に適した料理等、料理によって水の硬度を変えることができるのはメリットと言えます。

軟水で炊いたご飯は、風味や味わいが良いので一度お試しください。

ミネラルウォーターのデメリット

ミネラルウォーターには、デメリットも存在しています。

ミネラルウォーターはいいものだと断言できますが、日常に取り入れる上でデメリットが存在します。

これから詳しくご紹介いたします。

水道水のほうが安い

当たり前のことですが、ミネラルウォーターより水道水のほうが圧倒的に安いです。

ミネラルウォーターが500mlのボトル1本当たり100円なのに対して、水道水であれば500mlに対して0.1円となっています。

その差、1000倍です。

欧米各国ではミネラルウォーターが安く売られていますが、日本ではミネラルウォーターを飲む文化がないため、定期的に購入しようとすると割高になってしまいます。

少し贅沢品なミネラルウォーターですが、用途を絞って購入することができれば負担にはならないです。

工夫して、購入するようにしましょう。

氷は水道水のほうが適している

氷を作る際は、ミネラルウォーターより水道水のほうが良いとされています。

水道水は塩素による殺菌がされているため、腐る心配が少ないです。

冷蔵庫の中は、雑菌が多いとされています。

その中で長期間保存される氷は、できるだけ殺菌された水道水で作るほうが安心です。

またミネラルウォーターで、冷蔵庫の製氷機機能を使用して作る際に固まったミネラル分がホースに詰まってしまい、故障してしまうケースもあります。

うがいにはミネラルウォーターは適していない

うがいには、ミネラルウォーターよりも水道水のほうが良いとされています。

水道水でうがいを行った人の40%が風邪を引いていないことがわかりました。

要因としては、塩素による殺菌効果あったとされています。

ミネラルウォーターには、殺菌成分が含まれていないため水道水と同じような結果にはならないです。

ミネラルウォーターを使用する場面は、使い分けをしましょう。

日本と海外のミネラルウォーターの違い

日本と海外では、ミネラルウォーターの定義が違います。

海外の文化では、原産地にブランドや無添加が一番いいとする文化があります。

ルーツは、お酒による文化からきています。

ワインは、原産地呼称制度で畑単位まで細かくブランディングされています。

ミネラルウォーターも採水地によって、評価が変わってきます。

日本と海外のミネラルウォーターの違いを詳しく解説していきます。

日本のミネラルウォーター

日本のミネラルウォーターは、ほとんど軟水です。

日本の場合は安全のために殺菌が義務化されており、厳しい制約が設けられています。

採水地の規制に関しては、厳格に定められておらず厳しくありません。

海外のミネラルウォーター

海外のミネラルウォーターは、ほとんど硬水です。

海外のミネラルウォーターは日本とは反対で、殺菌してはいけないことが義務化されています。

安全性の担保には採水地の環境保全が重要視されており、厳しい制約が設けられています。

ボトル詰めに関しても、空気に絶対触れてはいけないことやミネラルウォーターに成分の添加をしてはいけないことが、厳しく定められています。

ミネラルウォーターは美容効果が高い

ミネラルウォーターは、美容にとてもいいとされています。

女性の方は、特に美容について気になると思います。

詳しく紹介していきます。

ダイエット

ミネラルウォーターは、ダイエット効果があると言われています。

ダイエットを行っていると偏食になり、栄養の摂取がうまくできなくなってしまうことが多いです。

栄養が偏ってしまうと、食欲が暴走してしまいリバウンドの原因となります。

リバウンドを避けるために、ミネラルウォーターを摂取することがいいとされています。

ミネラルウォーターは、効率よく栄養を摂取することができるため食欲を抑えることができます。

ミネラルウォーターと食のバランスを考えながら、ダイエットをしましょう。

洗顔に使用すると美肌効果がある

ミネラルウォーターは洗顔に利用すると、美肌効果があると言われています。

ミネラルウォーターは皮膚を刺激する塩素がないため、肌を傷めずにすみます。

特に日本のミネラルウォーターは、軟水なため硬水よりも肌に環境が整っています。

軟水は赤ちゃんにも使用することができるくらい、優しい成分になっています。

低刺激の洗顔をすることで、ニキビの予防にもなります。

年頃の学生は、必見です。

おすすめのミネラルウォーター

ミネラルウォーターは、数多く存在しています。

どれを選んだら良いか、わからないという方多いです。

そんな方のために、おすすめのミネラルウォーターをご紹介していきます。

温泉水99

温泉水99は、鹿児島県の桜島で採取されます。

桜島の地下750mmで採取することができ、近くには天然温泉もあります。

超軟水で、飲み口が柔らかく日本人に適した水となっています。

価格は1.9Lが6本入りで、2106円です。

サンタンナ

サンタンナは、イタリアのピエモンテで採取されます。

ピエモンテは、ワインの名産地で食物が豊かに実る地域です。

海外では珍しいとされる軟水となっており、爽やかなのどごしが特徴的です。

コントレックス

コントレックスはカロリーがゼロの、ミネラルウォーターです。

フランスで採取されるコントレックスは、硬水が使用されています。

カロリーがゼロのため、ダイエットに効果的で、女性におすすめしたミネラルウォーターです。

区分としてはナチュナルミネラルウォーターとなります。

価格は、1.5Lが12本入りで1799円となります。

ミネラルウォーターを飲もう

いかがでしたか?

ミネラルウォーターの魅力や種類について、わかって頂けたと思います。

ミネラルウォーターは、普段使いで飲むとコストがかなり高くなってしまいます。

しかし用途を選んで購入することができれば、効率よくミネラルウォーターを摂取することができます。

種類や用途を考えて最適なミネラルウォーターを飲んで、健