アントシアニンを含む飲みものとは?アントシアニンの効果や多く含む食材を紹介!

アントシアニンを含む飲みものとは?アントシアニンの効果や多く含む食材を紹介!

アントシアニンは植物が紫外線など有害な光から実を守るために蓄えられる青紫色の天然色素で、ポリフェノールの一種でもあり、様々な効果が期待できます。

健康促進や美容のためにアントシアニンを摂取してる人も多くなり、サプリなどでも販売されているため、注目が集まっている栄養素です。

しかし、摂取するにもどんな飲みものや食材にアントシアニンが含まれているのか分からないと摂取したくてもできませんよね。

そこでこの記事では、アントシアニンを多く含んでいる飲み物や食材について詳しく紹介していきます。

アントシアニンを摂取することで期待できる効果

アントシアニンを摂取することにより、大きく2つの効果を期待できます。

目の働きを高める効果や眼精疲労を予防

アントシアニンはポリフェノールの一種で、ブルーベリーなどに多く含まれているため、目の働きを高める効果や眼精疲労を予防する効果が期待できます。

体内でロドプシンというたんぱく質の合成に関わっており、視機能の改善や視力低下の防止、白内障予防にも効果があることから「目に良い」と言われています。

また、アントシアニンを含む食材にはビタミンAも含まれていることが多く、このビタミンAは目に関連した栄養素です。

ビタミンAの欠乏症で鳥目とも呼ばれる夜盲症を予防する働きがあるようです。

強い抗酸化作用

アントシアニンには強い抗酸化作用があります。この抗酸化作用は、活性酸素の増加を防ぐ働きがあると言われています。

活性酸素とは?
取り入れた酸素をエネルギーとして使用した際に体内で発生する酸素のこと。少量であれば体に有益なものの、増えると生活習慣病やガンを引き起こす恐れがある

 

そのため、病気の予防はもちろん、アンチエイジングにも強い効果を発揮します。髪や肌などのを若々しく保ち、シワやたるみの予防、加齢によって増える体のトラブルにとても効果的です。

参考:厚生労働省「抗酸化物質(こうさんかぶっしつ)

アントシアニンを飲みもので摂取するのは難しい!

アントシアニンを飲み物で気軽に摂取したいところですが、実はのみものだけで摂取するのはかなりハードルが高いです。

アントシアニンを含んでいる食材が飲み物に適していないため

アントシアニンを飲み物で摂取するのが難しいのは、アントシアニンを含んでいる食材が飲みものに適していないためです。

アントシアニンを多く含んでいるブルーベリーやカシスなどは飲み物で摂取できるものの、その他の野菜はジュースにしてもおいしく摂取できません。

料理や食材から摂取するのが効率的

アントシアニンは飲みものメインで摂取するのではなく、料理から摂取することをおすすめします。

アントシアニンを多く含んでいる食材を調理して食べることによって、美味しく摂取することが可能。

特に熱を加えない生の状態が最も適しているため、サラダで食べるのがぴったりです。

アントシアニンで作られているスムージーやフレッシュジュース

「サラダはあまり得意ではない…」

そんな人はアントシアニンを含んでる食材をミキサーにかけて、スムージーやフレッシュジュースとして摂取するのがおすすめです。

自宅で食材から作ることによって、新鮮で成分バランスの整った状態で効率的にアントシアニンを摂取できます。

アントシアニンを含んでいる食材

ここからはアントシアニンを含んでいる食材を紹介していきます。

<アントシアニンを含んでいるフルーツ>

  • ブルーベリー
  • クランベリー
  • ブラックベリー
  • ラズベリー
  • カシス
  • アサイー
  • ハスカップ
  • プルーン

<アントシアニンを含んでいる野菜>

  • 紫いも
  • 紫キャベツ
  • 赤シソ
  • 赤玉ねぎ
  • ナス
  • 黒豆

2種類のアントシアニンの違い

様々な食材に含まれているアントシアニンですが、多く分けて「ビルベリーアントシアニン」「カシスアントシアニン」の2種類があります。

それぞれの特徴について紹介していきます。

ビルベリーアントシアニン

ビルベリーアントシアニンはベリー類の中でもアントシアニンの種類と量が豊富だと言われています。種類にすると15種類にも及びます。

中でも、暗順応に及ぼす作用の研究が盛んに行われており、夜間での視力改善効果に対する科学的な根拠となっています。

また、その他にも眼精疲労や目の血流が改善された報告もあります。

カシスアントシアニン

カシスアントシアニンは、ジュースやジャム、リキュールなどに幅広く利用されているベリーの一種です。

ビルベリーアントシアニンの眼精疲労予防や案順応の改善効果に加えて、一時的な近視を防ぐ効果も期待できます。

近視を防ぐのは目の周りの毛細体筋の緊張を和らげるため。

この働きはその他のアントシアニンにはない、カシスアントシアニン特有の効果といわれています。

参考:わかさの秘訣「アントシアニン

アントシアニンはこんな人におすすめ

  • デスクワークがメインでパソコンを使う仕事をしている人
  • 目の疲れを感じている人
  • スマホを見ている時間が長い人
  • 生活習慣を改善したい人
  • 視力を維持したい方

アントシアニンの効果を実感している人の声

目の疲労を感じたらアントシアニンを摂取してみよう!

アントシアニンはベリー類や紫色っぽい野菜に含まれており、身近な食材で気軽に摂取できます。

眼精疲労の予防・アンチエイジング効果など様々な効果を期待できるので、目の疲れを感じている人や健康意識の高い人にとてもおすすめです。

食材そのままで摂取するのもOKですが、飲み物で摂取したり、サプリなどで摂取するのも効果的。

アントシアニンを上手く摂取して健康な体を手に入れましょう!