バナジウム水の効果とは?!おすすめのバナジウム水と正しい使用法を徹底解説

バナジウム水の効果とは?!おすすめのバナジウム水と正しい使用法を徹底解説

バナジウム水と聞くと、なんだか体に良さそうな水という感じがしますよね。

バナジウム水が体にいいということは、間違いありません。

しかし体にいい効果にするためには、正しい飲み方をしなければいけないです。

もし誤った飲み方をしてしまうと、バナジウム水の効果の恩恵を感じるどころか体にとって有害な働きをしてしまいます。

今回の記事ではバナジウム水の効果と、正しい使用法について紹介していきます。

正しくバナジウム水を活用して、潤った毎日を送りましょう。

バナジウム水の効果

バナジウム水と聞くとなんだか、健康的に良さそうなイメージがありますよね。

バナジウム水は、日本でいうと富士山の玄武岩に100年以上の歳月をかけて水が地下水として蓄積し、蓄積された天然水を汲み上げられた水のことを指します。

バナジウム水は豊富なミネラルを含んでおり、健康や美容に対して効果があるとされているのです。

バナジウム水の効果について、しっかりと確認しましょう。

血糖値を下げる効果がある

普段の食生活が乱れている方は、糖尿病に対しての不安を抱えていますよね。

糖尿病の不安がある方に、朗報です。

バナジウム水には、血糖値を下げる役割があり糖尿病や動脈硬化のリスクを減らすことができます。

バナジウム水は糖尿病の薬としても使用されている、インスリンと同じような効果を期待することができ美味しいものを食べながら、糖尿病を防ぐことができるのです。

美味しいものを食べる時は、バナジウム水を一緒に飲むようにしましょう。

ダイエット効果がある

美を追求する人の永遠のテーマといえば、ダイエットですよね。

なんとバナジウム水には、ダイエット効果があるといわれているのです。

バナジウム水には脂肪の蓄積を抑える役割があり、エネルギーからブドウ糖に変わる時にできる中性脂肪を抑えることができます。

バナジウム水とダイエットを併用していけば、モデル体型も夢ではありません。

絶賛ダイエット中の方は、バナジウム水を飲んでスリムになりましょう。

便秘解消

ダイエットの大敵になるのが、便秘ですよね。

便秘の原因になるのは、腸内フローラの悪玉菌の数が多くなってしまっているからだと言われています。

腸内フローラとは、腸内に存在する善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスのことで善玉菌と悪玉菌のどちらかのうち、量の多い方に日和見菌が変化してしまうのです。

さながら腸内は、関ヶ原と言っても過言ではありません。

バナジウム水には、便秘改善に必要な善玉菌を増やす役割があり、腸内フローラと便秘の改善が期待できます。

腸活はとても大切なので、バナジウム水を生活に取り入れましょう。

デトックス

体の中に老廃物が溜まってくると、むくみなど様々な影響が体に出てしまいますね。

中でも恐ろしいのが、老廃物の排出が悪くなることによって血流が悪くなることです。

血流が悪くなってしまうと、心臓が過剰に働いてしまい高血圧の原因となってしまいます。

バナジウム水にはデトックス効果があり、老廃物を排出して血流の改善や代謝を高める働きがあるのです。

血流が改善することで、体内の組織が正常に働くことができます。

バナジウム水を飲んで、血流を改善させましょう。

美容効果がある

肌はいつまでも、若々しく健康的でいたいですよね。

肌の酸化と言われてもピンとこない方も多いでしょう。

わかりやすい例としては、肌の酸化は金属の酸化と似ていると言われていて、金属は酸化すると錆びついてしまうことと、肌が酸化してシミやシワができることは同じなのです。

バナジウム水には、肌の酸化を防止する効果があり、肌トラブルの原因となるシワやシミ、たるみの改善をすることができます。

体の中から酸化を防止してくれるので、潤いをずっと保った状況でいられることは嬉しいですよね。

肌のトラブルをなくしたい方は、バナジウム水を飲みましょう。

流行中のサルフェート水は美容や健康に魅力的!サルフェート水の美容と健康効果について徹底解説

骨の形成を助ける効果がある

現代社会では、子供の骨密度の低下が問題視されていることをご存知でしょうか?

理由としてはゲームなどの普及の影響で、外で遊ぶ機会が少なくなったことなどが挙げられます。

特に2020年はコロナの影響で、外で遊ぶことができなかった子もたくさんいますね。

時代の問題なので仕方がないことですが、対処法はあります。

バナジウム水を飲むことで、子供の骨や歯の形成を助ける効果があることがわかりました。

バナジウム水は子供には少し刺激が強いので、量を調節して与えることが大切です。

おすすめのバナジウム水

一般的なミネラルウォーターと違ってバナジウム水を探すことは、大変です。

軟水と硬水の問題や、国産か海外のバナジウム水のどちらを選べば良いのか分からないと人が多いですよね。

バナジウム水を選ぶことに悩んでいる方のために、今回は私がおすすめするバナジウム水を紹介いたします。

軟水と硬水の違いとは?味わいや特徴・使い分け方を徹底解説!

富士山のバナジウム天然水

富士山のバナジウム天然水は、軟水でとても飲みやすく値段が手頃なところおすすめポイントです。

山梨県の富士吉田市で作られている富士山バナジウム天然水は、アサヒ飲料が生産しており家庭的な商品だと言えます。

値段も500mlに対して、95円となっており天然水なのに100円を切るところが嬉しいですよね。

コストパフォーマンスに優れた富士山のバナジウム天然水を、選びましょう。

バナジウム水酸素水

バナジウム水酸素水と聞くと、なんだか普通の水ではないように聞こえますね。

バナジウム水と酸素水のいい所が合体した水で、酸素の濃度が通常の水の30倍含まれているんですよ。

酸素濃度が高いため、肺から取り入れた空気の10倍早く血液に届くようになっています。

バナジウム水のデトックス効果と酸素水の健康要素の2つの要素があるバナジウム酸素水は、山梨県の南都留郡で採取することができ、まさに秘境の地で採れる幻の水なのです。

健康に不安がある方は秘境の水である、バナジウム水酸素水を試されてみてはいかがでしょうか?

バナジウム水の注意点

バナジウム水は誤った飲み方をしてしまうと、危険が大きいということをご存知でしたか?

バナジウム水を誤った飲み方をしてしまうと、体に対して様々な影響が出てしまいます。

このトピックでは、バナジウム水を飲む際にどのようなことに気をつけなければならないか、紹介していくので一緒に確認していきましょう。

過剰に摂取してはならない

過剰なバナジウム水の摂取は、危険だとされています。

バナジウム水は、胃腸への刺激が強い飲み物です。

バナジウム水を過剰に摂取してしまうと、胃腸に負担をかけてしまい下痢や嘔吐など体が拒否反応を示してしまいます。

薬も同じですが、バナジウム水は飲みすぎると毒になってしまうため、適量を見極めて正しく飲むようにしましょう。

冷やして飲んではならない

どんな飲み物でもそうですが、冷やして飲んでしまうと胃腸に対して負荷をかけてしまいますよね。

水道水や軟水のミネラルウォーターなら刺激が少なく、冷やして飲んでも体に対しての影響は少ないとされていますが、バナジウム水のような刺激が強い水を冷やして飲んでしまうと下痢の原因となってします。

特に胃腸が弱い方は、バナジウム水を冷やすことはせず、常温で飲むようにしましょう。

効果を感じるためには短期間で飲んではいけない

せっかくバナジウム水を飲むなら、効果の恩恵を受けたいですよね。

筋トレや勉強でも同じことですが、バナジウム水も長期的に続けないと効果を感じることはできません。

せっかく取り入れたバナジウム水なので、効果を感じられるように3ヶ月以上は毎日飲むようにしましょう。

バナジウム水を過剰に摂取した時の体への影響

先程のトピックでバナジウム水の注意点は、知っていただけましたね。

注意点の中でも一番危険な内容は、過剰に摂取した場合です。

過剰に摂取した場合は、下痢や嘔吐のような症状に襲われてしまうということは紹介しましたが、その他の症状については知らない方が多いですよね。

この章では、バナジウム水を過剰に摂取してしまった時の体に現れる症状について紹介していきます。

水を飲み過ぎるのは危険?太る?体に良い飲み方と適切な水分量

血糖値を過剰に下げてしまう

バナジウム水の効果の中で、血糖値を下げるメリットがあるという内容を紹介しましたよね。

しかし血糖値を正常に下げる効果は、正しい量のバナジウム水を飲んだ場合だけです。

バナジウム水を過剰に摂取してしまうと、過度な低血糖に陥ってしまい腎臓に負担をかけてしまい、震えや脱力といった症状に見舞われてしまいます。

震えや脱力意外にも、胃腸を刺激することで過度な空腹を感じてしまうことや、疲労を感じてしまうようになってしまいますね。

正しい量とは、コップ1杯とされているので、適量を守ってバナジウム水で健康になりましょう。

下痢になることがある

赤ちゃんにバナジウム水を与える際は、注意が必要です。

赤ちゃんは腎臓が未発達なため、バナジウム水を飲んでしまうと嘔吐や下痢を引き起こしてしまいます。

成人であれば嘔吐や下痢の影響で、重度の脱水症状になることは滅多にありませんが、赤ちゃんは、体が小さい分保有できる水分の量も少ないですよね。

保有している水分の量が少ないと、脱水症状を引き起こしやすくなってしまいます。

脱水症状を引き起こさないためにも、バナジウム水の与え方には気をつけましょう。

バナジウム水を飲む適切なタイミング

バナジウム水は適切なタイミングで飲むことによって、しっかりとした効果が現れるようになることをご存知ですか?

ただなんとなくのタイミングでバナジウム水を飲んでしまってはもったいないです。

せっかくバナジウム水を飲むのであれば、効果が現れやすい時間に飲むようにしましょう。

バナジウム水を飲む適切なタイミングを、紹介していきます。

水を飲む効果的なタイミングはいつ?正しい水の飲み方とは!?

起床後

起床後は体から水分が500ml以上の、水分が失われていると聞くと驚きですよね。

失っている水分を補うために、水分補給が必要になるのです。

水分補給の水をバナジウム水に変えるだけで、水分から栄養素の吸収を早くすることができます。

バナジウム水を朝から飲んで、潤った一日を送りましょう。

運動後

運動後は当然、汗をかきますよね?

汗で排出してしまった水分を補うために、水分補給をしなければなりません。

バナジウム水を活用するのは、運動をする前です。

運動前にバナジウム水を飲む際は、常温の方が良いといわれています。

常温のバナジウム水を飲むこと体内のデトックス効果を高めて、老廃物を排出することができるようになるのです。

就寝前

就寝している時が、一日の中で一番むくみがひどくなるタイミングだといわれていることを皆さんご存知ですか。

就寝前にデトックス効果が高いバナジウム水を飲むことで、体の中の老廃物を尿として放出してくれます。

むくみが気になる方は、寝る前にバナジウム水を飲むようにしましょう。

バナジウム水は適切に飲もう

バナジウム水はいい面と悪い面が、表裏一体にあるということを知っていただけましたか?

悪い面は、誤った飲み方をしなければ出てきません。

バナジウム水を飲む時は記事で、紹介したことに注意して飲むようにしましょう。

バナジウム水を飲む時の注意点

  • 過剰に摂取してはならない
  • 冷やして飲んではならない
  • 効果を感じるためには短期間で飲んではいけない