赤ちゃんが水分補給してくれない!上手く水分補給させる対処法を伝授!

赤ちゃんが水分補給してくれない!上手く水分補給させる対処法を伝授!

赤ちゃんが、なかなか水分をとってくれないことに悩んでいる人も多いでしょう。

しかし、嫌がる赤ちゃんに対して、無理やり水を与えることは避けたいですよね。

実際に赤ちゃんに上手に水分補給させるには、月齢によってさまざまな対処法があるので、まずは色々試してみることが大切です。

今回は赤ちゃんが水分補給してくれないときに、上手く水分補給させる対処法をご紹介します。

体内から水分がなくなると脱水症になるリスクがある!

まず人の体内から水分がなくなると、脱水症になるリスクがあります。

特に赤ちゃんの場合、大人よりも脱水症状になりやすいと言われています。

したがって、一定の月齢になると、母乳以外にも水分補給をしてあげることが重要です。

具体的には、生後6ヶ月以降から離乳食が始まり、同時に母乳以外の水分補給を始める赤ちゃんが多く見られます。

しかし、基本的にはミルクや母乳を、優先して与えることが重要です。

母乳はいくら与えても大丈夫と言われている点から、脱水症にならないよう、こまめに母乳で水分補給させましょう。

水分不足は脱水症を引き起こす!頭痛やめまいを感じたら早急な対応を!

汗をかきやすい夏場は特に注意が必要

汗をかきやすい夏場は特に注意が必要です。

赤ちゃんは代謝が良いことから、大人よりも脱水症状になりやすいと言われています。

もちろん赤ちゃんは体温調節機能が未発達なので、気温の影響を受けやすく、熱中症にもかかりやすいです。

特に夏場はより汗をかきやすく、脱水症のリスクも高くなります。

衣服は熱がこもらない涼しい服を用意し、炎天下な土での外出は避けましょう。また、夏場は水分補給が重要です。

なかなか水分を取らない赤ちゃんには、さまざまな対処法を試して、水分補給ができるよう赤ちゃんと向き合っていきましょう。

水分補給してくれない赤ちゃんに対する対処法

水分をなかなか取らない赤ちゃんに、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。水分補給をしてくれない赤ちゃんには、以下のような対処法があります。

  • 容器を変えて水分を与える
  • ストローで水分補給させる
  • 水に味をつけてみる
  • 水分補給している姿を見せつける
  • 食事の中に汁物などの水分を多めにする

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

容器を変えて水分を与える

水分を取らない赤ちゃんには、容器を変えてあげる対処法があります。

マグボトルの色や、形、飲み口の種類が変わると、赤ちゃんが前よりも水分を飲んでくれるかもしれません。

年齢によって飲み口の形は最適なものがあるので、直飲みなどが難しい年齢の子には、無理をさせずスパウトなどを用意してあげましょう。

ストローで水分補給させる

水分を取らない赤ちゃんには、ストローで水分補給させる対処法もあります。

ストローは口をすぼめる必要があるため、赤ちゃんにとって難易度は高めです。

一般的には9ヶ月ごろにならなけらば、ストローでの水分補給が困難でしょう。

よくあるのが、ストローで飲めるようになった赤ちゃんでもストロー自体を噛んでしまうケースです。

しかし、赤ちゃんによっては多少時期が早くても、逆に水分をとってくれることもあります。

水を取ってくれない際の、選択肢の1つとして試してみてもよいでしょう。

水に味をつけてみる

水分を取らない赤ちゃんには、水に味をつけてみる対処法もあります。

一定の月齢になると、母乳以外の味にも慣れる必要があるため、麦茶を与える人も多いでしょう。

しかし、なかなか飲んでくれないケースをよく耳にします。

その場合は、200mlに小さじ1杯の砂糖を溶かすことで、母乳に似た味になり、飲みやすくなります。

このように、水に味をつけて工夫してみるのもおすすめです。

水分補給している姿を見せつける

水分を取らない赤ちゃんには、実際に水分補給している姿を見せつける対処法もあります。

赤ちゃんに、スパウトやストローで水を飲んでもらう上で、最初のうちはうまく飲めないケースがほとんどです。

そこで、お母さんが見本を見せてあげることで、赤ちゃんが真似をして飲めるようになる場合があります。

このように、水分補給をしている姿を見せてあげることも、おすすめです。

食事の中に汁物などの水分を多めにする

水分を取らない赤ちゃんには、食事の中に汁物などの水分を多めにする対処法もあります。

離乳食のメニューを考える際には、汁物やスープ、野菜の煮物を増やすとよいでしょう。

野菜には水分が多く含まれているため、離乳食で水分を補給させることも方法としては有効です。

赤ちゃんが嫌がる場合は無理に与えない!

赤ちゃんが水分補給を嫌がる場合、無理やり与えるのは最適ではありません。

なかなか水を飲んでくれないことで、イライラした状態で水を与えようとすると、よりうまく飲んでくれなくなる可能性があります。

水分を与えるときは笑顔を保ち、飲んでくれたときはしっかりと褒めてあげることが重要です。

これを続けていくうちに、赤ちゃんが水分をたくさん取ってくれるようになります。

無理やり与えずに、赤ちゃんに水を飲むということを習慣づけていくことが重要です。

時間を空けてから与えてみる

赤ちゃんが水分補給を嫌がる場合は、時間を空けてから与えることもよいでしょう。

健康のために水分補給をさせたい気持ちはわかりますが、嫌がる場合に無理やりあげることは適切ではありません。

少し時間を空けてから、赤ちゃんのペースに合わせて再度水分補給をさせてあげることが重要です。

赤ちゃんと向き合って上手く水分を与えよう!

今回は、赤ちゃんが水分補給してくれないときに、上手く水分補給させるための対処法をご紹介しました。

赤ちゃんにはそれぞれ個性があり、飲みやすいボトルや、時間帯、タイミングがそれぞれです。

水分を取らないからといって、無理やり飲ませることは最適な方法ではありません。

この記事では、さまざまな対処法をご説明しています。

まずはいろいろな対処法を試して、赤ちゃんと向き合いながら、上手に水分を与えるための参考にしてみてください。

赤ちゃんは水道水をいつから飲める?飲ませても良いタイミングと飲ませる際の注意点