水道からお湯がでないのは凍結が原因?対処法や予防法を詳しく紹介!

気温が低くなる冬場などは水道からお湯がでなくなってしまうケースが多くなります。

お湯がでなくなってしまうと、手を洗う時・体を洗う時などのお湯を使いたいタイミングで使えないため非常に不便です。

そこでこの記事では水道が凍結してお湯がでなくなってしまった時の対処法を紹介していきます。

合わせて、凍結を防止するためのポイントも紹介していくので、合わせてチェックしてみてくださいね。

水道からお湯がでないのは給湯器が凍結しているため

水道からお湯がでないのは給湯器が凍結しているため

水道からお湯がでない時の原因は給湯器が凍結しているのが原因です。給湯器は家の外に設置されており、気温の変化の影響をもろに受けてしまうため、氷点下を下回ると凍結してしまいます。

水道水の配管内には水で満たされているものの、寒さに対して非常に弱いのです。

水の動きが無いため

氷点下をした回っていたとしても、水道管内の水が動いている場合は凍結しにくくなります。

対して、水が動いていない場合は水道管内に水が溜まったままになってしまうため、凍結が起こるリスクが高くなります。

そのため、給湯器を長時間使用していない朝方などに凍結しているケースが多いのです。

凍結した水道からお湯を出す方法

ここからは凍結した水道からお湯を出す方法について紹介していきます。

どの様に対処すればよいのかあらかじめ理解しておきましょう。

気温の上昇で解凍するのを待つ

気温が低くなる夜間から朝にかけては水を使用していないということもあり、水道が凍結しやすくなります。

日中になると少しずつ気温が高くなり、水道管内で凍結している水が解凍されるので、気温が上昇して解凍するのを待つのがベターです。

早くお湯を使うためにお湯をかけたり、無理に手を加えたりすると、破損や故障につながります。

少し時間がかかってしまいますが、水道管内の水が解凍するまで待ちましょう。

給水元栓にタオルを巻いてぬるま湯をかける

自然解凍するまで待てない人は、給水元栓部分にタオルを巻き、30~40℃くらいのぬるま湯をかけましょう。

自然解凍するよりも効率よく解凍できるため、早く利用することができます。

しかし、すぐにでも使いたいとの思いから、高温のお湯をかけるのはNG。熱湯をかけると配管の破損につながり、高額な修理費用を請求されるリスクがあります。

また、ぬるま湯をかけた後は必ず全ての水を拭き取るようにしてください。給水元栓や配管にかけてそのままにしておくと、その水が原因となり再び凍結してしまう可能性があります。

凍結させないために!日常的にできる凍結防止方法

水道からお湯がでなくなってしまうと非常に不便なので、凍結防止をあらかじめ施しておくことをおすすめします。

  • 配管にカバーを巻く
  • 配管用ヒーターをつける
  • 定期的に水を使用する

配管にカバー(保温材)を巻く

配管部分に保温材を巻いておくと配管内の温度が低下しすぎるのを防いでくれるため凍結を防止できます。

初回の配管工事をする段階で保温材を巻いてくれていますが、時間が経過するにつれて、劣化してしまい効果が薄れてしまいます。

そのため、ホームセンターで保温材を購入して交換しておきましょう。

配管用ヒーターをつける

配管用ヒーターは給湯器の配管に沿ってつけておくことにより、電気の熱で水温を温めてくれます。電源は給湯器のコンセントからもらうこともできます。

聞きなれないかもしれませんが、ホームセンターなどで販売されているので、チェックしてみてくださいね。

定期的に水を使用する

水道管が凍結してしまう大きな要因は気温が低くなるという点の他に、長時間お湯や水道を使わないことがあげられます。

配管内の水が溜まって動かないため、水道が凍結してしまうのです。

そのため、水を動かすためにも蛇口を少しだけ開いておき水を動かすようにしましょう。夜の寝ている間に少しだけ蛇口を空けておいても大きな損失にはなりません。

ウォーターサーバーがあれば寒い時でも凍結のリスクなし!

ウォーターサーバーがあれば寒い時でも凍結のリスクなし!

寒い朝にすぐに温かいお湯を使いたいと考えている人にはウォーターサーバーがおすすめです。

ウォーターサーバーを利用すれば、コック一捻りでいつでもお湯が利用でき、冷たい水も利用する事ができます。

水も非常に安全性が高く、新鮮なので市販の水水道水を使って飲むよりも美味しい水を楽しめます。

また、その他にもウォーターサーバーには様々なメリットがあります。

水を買いに行かなくて済む

ウォーターサーバーを契約すると毎月決められた本数の水が定期的に配送されるため、コンビニやスーパーなどでペットボトルの水を購入する手間がなくなります。

重たいペットボトルを購入しなくて済むと、買い物の際にとても身軽です。

また、ボトルの形状によって使用済みのボトルを回収したり、ペットボトルごみとして処分したりできます。

お得なキャンペーンを受けられる

ォーターサーバーでは新規入会者を対象にお得なキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの特典はメーカーによって異なるものの、初回配送分のボトル無料・商品券プレゼントなど魅力的なものばかり。

普通に利用し始めるよりもお得にウォーターサーバーを利用できるため、気になっている人はぜひキャンペーン情報をチェックしておいてください。

おすすめのウォーターサーバー3選

ここからはウォーターサーバーに興味を持った人にむけておすすめのウォーターサーバーを3つ紹介していきます。

それぞれのサーバーで特徴が大きく異なるので、どの様な特徴があるのかチェックしてみてください。

  • コスモウォーター
  • プレミアムウォーター
  • アルピナウォーター

【業界シェア№1】コスモウォーター

コスモウォーターの評判は良い?口コミからわかるメリット・デメリットを詳しく紹介!

コスモウォーターは数あるウォーターサーバーの中でもトップクラスの知名度と人気を誇っているシェア№1のウォーターサーバーです。

そんなコスモウォーターの特徴は足元にボトル交換口が付いており、簡単にボトル交換ができるという点。重たいボトルを持ち上げる必要がないため、女性や高齢者でもカンタンに交換ができます。

また、月々に発生する月額料金も水代だけでリーズナブルに使用可能。利便性・料金面に優れているハイスペックなウォーターサーバーです。

水代 1900円(12L)
レンタル代 無料
電気代 465円
ボトルの種類 ワンウェイ式
水の種類 天然水
採水地 京都府福知山市
静岡県御殿場市
大分県日田市

【おしゃれなデザイン性】プレミアムウォーター

プレミアムウォーターの口コミと評判!メリット・デメリットを詳しく解説!

プレミアムウォーターでは採水した天然水を非加熱加工で仕上げており、ミネラルをはじめとした成分を損なわずに提供しています。

一般的なメーカーで採用されている熱を加える加熱処理に比べて、様々な成分を含んでいるため、天然水にこだわっている人におすすめです。

また、デザイン性にも非常に優れており、インテリアとして活躍するデザインのサーバーも。

デザイン性と天然水にこだわってサーバーを選んでいる人はプレミアムウォーターを利用しましょう。

水代  3,974円【12L×2本】
レンタル代 無料
電気代 約600円
ボトルの種類 ワンウェイ式
水の種類 天然水
採水地 山梨県富士吉田
北アルプス
富士
南阿蘇
金城

 

【リーズナブルな価格で利用可能!】アルピナウォーター

アルピナウォーター 商標

アルピナウォーターは12ℓあたりの水代が1,080円で、業界最安値で利用できるウォーターサーバーです。

他のメーカーと比較して1,000円~2,000円ほど安くなるので、できるだけ月額料金を抑えたいと考えている人におすすめ。

電気代を節約できるエコサーバーもリリースされており、さらなるランニングコストの削減につながります。

水代 1050円(7.6L)
レンタル代 無料
電気代 460~1000円
ボトルの種類 ワンウェイ式
水の種類 RO水
採水地

凍結しても大丈夫!落ち着いて対処しよう!

水道管が凍結したとしても焦る必要はありません。基本的には気温の高くなる日中まで待てば、水道管内の温度がもとに戻り使える様になります。

ただ少々時間がかかってしまうので、水道管が凍結しない様にあらかじめ凍結防止対策を施しておくようにしましょう。

また、寒い冬でも手軽にお湯を利用したい人にはウォーターサーバーがおすすめ。コック一捻りでお湯・冷水が利用できます。

快適な生活を送るためにも、自分に合った方法で対処するようにしましょう!