水分補給にはルイボスティーが最適?ルイボスティーの魅力について解説!

水分補給 ルイボスティー

実はルイボスティーが水分補給にぴったりということはご存じでしょうか?

ちょっとカフェで一息つくとき、コーヒーや紅茶だとカフェインの効果で逆に水分が足りなくなってしまいます。

どうせ飲むなら、しっかりと水分補給できる飲み物が良いですよね。

この記事ではルイボスティーが本当に水分補給に向いているのか、水分が摂りやすい理由などをまとめてみました。

健康に関心がある人、ルイボスティーの魅力を知りたい人はぜひチェックしてみてください!

ルイボスティーの特徴って?

そもそもルイボスティーとはどんな飲み物なのでしょうか?飲んだことはあってもちゃんと知らないという方も多いと思います。

ここでは最初にルイボスティーがどんな飲み物なのか説明したいと思います。

ミネラルが多く含まれている

ルイボスティーにはミネラルが豊富に含まれており、これが水分補給に向いている理由の一つでもあります。

ミネラルは汗をかくと体から大量に失われてしまうため、それを補給できるルイボスティーは水分補給に最適な飲み物です。

また汗を多くかく夏場でなくとも、ミネラルは健康にプラスになる効果がとても多いです。

そのため普段から飲むことで健康の維持にも役立つ飲み物であると言えます。

余計なカフェインが入っていない

コーヒーや紅茶など、カフェインを含む飲み物には利尿作用があります。

このため水分をとっても尿としてすぐに排出されてしまい、結果的に体の中の水分は少なくなってしまいます。

実はルイボスティーにはカフェインがほぼ含まれておらず、効果的に体の水分量を保つことが出来ます。

そのため夏場の水分補給などには最適の飲み物です。

またカフェインには中毒性があったり、飲み過ぎるとカフェイン中毒など体に害のある症状を引き起こすこともあります。

そのようなリスクを気にせず飲む事が出来るのもルイボスティーの魅力の一つです。

味を楽しみながら水分補給ができる

そもそもルイボスティーは香り豊かで味もおいしいことから、好んで飲んでいる人も多い飲み物です。

効率よく水分を補給しながら味を楽しめるといったメリットもあります。

少量であればシロップなミルクなど、味付けを変える事でも飽きずに楽しむことができます。

またホットやアイスといったバリエーションも楽しめるため、飽きずに飲み続けられる面も魅力の一つです。

健康に良い上においしく飲める、非常に便利な飲みものであると言えます。

水分補給以外の楽しみ方も

実はルイボスティーは工夫次第で様々なシーンに取り入れることが出来ます。

いくつか代表的なものを紹介したいと思います。

脂っこい料理との相性がバツグン

ルイボスティーはさっぱりとした口当たりが特徴で、脂っぽい料理を食べた時などに最適です、一口飲むだけで口の中をスッキリさせてくれます。

同じ理由から人と会う少し前に飲んでおいたり、眠気を覚ましたいときなどにもおすすめの飲み物です。

カフェインは入っていないため覚醒効果はありませんが、すっきりとした口当たりで気分をサッパリさせてくれます。

ホットでも違った楽しみ方が出来る

ルイボスティーはホットでもおいしく飲めますので、少し肌寒い日などでも問題なく楽しむことが出来ます。

また砂糖やミルクを入れて味を調えたりと、紅茶やコーヒーと似たような楽しみ方をすることも可能です。

コーヒーや紅茶と違いカフェインがほぼ含まれていないため、飲み過ぎによる健康への影響も気にする必要がありません。

ただし砂糖やミルクばかり大量に入れてしまうと糖質やカロリーが多くなってしまうため、その点は注意が必要です。

アイスティーであれば毎日の水分補給に最適

記事の冒頭でも説明した通り、アイスで飲む場合は水分補給に最適です。

子どもから大人まで幅広い年代の方に飲みやすい飲み物であることも魅力です。

小さい子どもに飲ませるときは茶葉を甘みのあるものにするか、少量のシロップを入れておくのもおすすめです。

少し甘みがあるだけでもかなり飲みやすくなり、おいしくルイボスティーを楽しむことが出来るようになります。

また種類によっては多少のクセがあるものもありますので、飲む人の好みに合わせた種類のものを選ぶことも大切です。

水分補給に向かない飲み物

ここでは逆に水分補給に適していない飲み物も紹介したいと思います。

知らずに選んでしまうと水分が効率よく補給できないどころか、逆に水分不足になってしまう事もあるため注意が必要です。

コーヒー、お茶などのカフェイン飲料

コーヒーは紅茶などのカフェイン飲料は利尿作用によって体から水分が出て行ってしまうため原則的にNGです。

飲めば飲むほど体の水分量が少なくなってしまい、脱水症状などを引き起こしやすくなってしまいます。

実はお茶も種類によってはカフェインが多く含まれており、知らずに飲んでしまうとうまく水分補給が出来なくなってしまいます。

コンビニなどで購入するときは別の飲み物を選ぶか、カフェインの表記がない物を選ぶのが良いでしょう。

麦茶などであればほぼカフェインは含まれていないため、水分補給にはおすすめです。

水分補給にはお茶を飲んではいけない?!お茶ではいけない理由と適した水分!

スポーツドリンクは糖分が多い

水分補給用の飲み物として人気があるスポーツドリンクですが、実は糖分が大量に含まれており飲み過ぎると肥満や糖尿病などの原因となる事もあります。

これは運動時に大量のエネルギーを消費するため、その補給用として糖分を多くしていることが理由として挙げられます。

その他にも味をおいしくするために砂糖を大量に入れているという面もあります。

さすがにコーラなどのジュース類よりは糖質は低めですが、そこまで動かないにも関わらずスポーツドリンクばかり飲んでいると余計な糖分が体内に蓄積されてしまいます。

スポーツドリンクを飲むのであればカロリーには注意するようにしましょう。

水しか飲まないのも実はNG

水は基本的に水分補給に適していますが、実は塩分やミネラルを補給するにはあまり役に立ちません。

これらの成分は汗をかくと体から大量に失われてしまうため、水を飲むのであればこれらの栄養素を別に補給する必要があります。

最近では塩分補給のタブレットや塩飴などの商品も多く販売されています。

水を飲む際はこれらもあわせて食べることで効率よく体内に水分を補給することが出来ます。

水自体に害があるわけではありませんが、水だけでは水分不足を補えないということはしっかり覚えておきましょう。

アルコール類は厳禁

たまに水分補給と言ってお酒を飲む人がいますが、これは絶対にNGです。

アルコールの利尿作用によって水分は体から出て行ってしまい、飲んでも水分補給にはほとんど効果はありません。

それだけでなく体内のアルコール濃度が上がることで泥酔や急性アルコール中毒などの危険性があり大変危険です。

特に海やプールなどの場所でこれらの症状が出てしまうと溺れてしまったり、すぐに助けが来ない可能性もあります。

水分補給を目的にお酒を飲む事は危険ですので、絶対に避けるようにしましょう。

ルイボスティーの魅力

美味しく飲める以外にもルイボスティーには様々な効果があり、健康面でも魅力的な飲み物であると言えます。

それぞれ詳しい効果を解説したいと思います。

リラックス効果がある

ルイボスティーにはマグネシウムが豊富に含まれています。

これには神経の興奮を抑えて神経伝達を保つ作用があるため、精神を安定させる効果があると言われています。

そのため眠る前などリラックスしたいときには最適の飲み物です。

またカフェインが含まれていないため、眠る前に飲んでも目が覚めてしまったりトイレに行きたくなることも少ないです。

温かいものあればさらにリラックス効果が望めるため、寝る少し前に飲んでみるのも良いでしょう。

寝る前に水を飲むとダイエットや健康に良い?寝る前の水分補給を見直そう!

アレルギーが抑えられることも

種類にもよりますが、ルイボスティーにはアレルギーを抑える効果があると言われています。

これはフラボノイドという成分が豊富に含まれており、このフラボノイドの抗菌作用によりアレルギーの症状を軽くすることが出来ると言われているためです。

個人差があるため一概には言えませんが、花粉症やアトピーなどの一般的なアレルギーにも効果はあると言われています。

ただし飲んですぐに効果が表れるといったものではなく、普段から飲み続けることで効果が出てくる事が多いようです。

普段からアレルギーに悩まされていたり、花粉症で困っている方は試してみるのも良いかもしれません。

活性酸素の働きを抑えるため、美肌になれる

活性酸素というのは呼吸によって取り入れた酸素が変化したものであり、体内の他の物質を参加させる作用があります。

普段であれば体の免疫機能に役立つものですが、これがストレスなどの原因によって必要以上に増えてしまうと体に悪影響が出てしまう事があります。

ルイボスティーに含まれている抗酸化物質にはこの活性酸素の働きを抑える効果があり、結果的にストレス等による肌のダメージを抑えることが出来ます。

そのためルイボスティーを飲む事で肌のシワやシミ、たるみなどの症状を抑えることが出来ます。

むくみや便秘の解消効果も

ルイボスティーに含まれているカリウムには余分なナトリウムを排出させる効果があり、これによって足などのむくみ解消に効果があると言われています。

また同様に毛細血管の働きを促進するルチンという物質にも似たような効果があります。

また上記以外にもマグネシウムの働きによって便をやわらかくしてくれる効果があるため、便秘の解消にも効果的な飲み物です。

水分も同時に補給できるため、得に便秘の解消には効果が期待できると言われているようです。

飲むと白髪が少なくなると言われている

じつはルイボスティーは白髪にも効果があると言われています。

そもそも白髪というのは廊下が原因でおこるものですが、ルイボスティーの抗酸化作用や血行促進、女性ホルモンの分泌促進によって髪質の改善効果があると言われています。

このことから結果的に白髪を少なくする効果もあると言われているようです。

白髪以外にも髪のツヤが気になる、きれいな髪質を保ちたいといった方にもルイボスティーはおすすめの飲み物です。

さすがに数日飲んだだけで劇的に変わるといったことは少ないですが、普段から飲む事で髪のケアに役立てる事であれば可能です。

ルイボスティーの楽しみ方

ルイボスティーは種類や淹れ方によっても違いが生まれ、少し工夫することでより自分好みの味や香りを引き出すことが出来ます。

ここではルイボスティーをより楽しむための方法について説明したいと思います。

好みに合わせて2種類の茶葉が選べる

ルイボスティーにはレッドとグリーンの2種類の茶葉があり、それぞれ特徴が違います。

茶葉をしっかり発酵させたものがレッド、発酵させていないものがグリーンになります。

グリーンであればさっぱりとした風味があり、クセもなく飲みやすい味わいが特徴です。

一方レッドの方は若干の甘みがあり、香りや味がより豊かに感じられるものが多いです。

ちなみにルイボスの茶葉は発酵しやすく管理が難しい事から、未発酵のグリーンの方が価格が高くなりやすい傾向があります。

値段や好みを考え、自分に合った方を選ぶようにしましょう。

ルイボスティーの正しい淹れ方

水出しで入れる場合であれば専用の茶葉を使い、冷蔵庫で10時間ほどかけて作るのがおすすめです。

水道水で作る場合は一度沸騰させてから覚ましたものを使用することで、余計な不純物かなくなりおいしく仕上げることができます。

煮出して入れる場合は茶葉を目安5グラム程度、弱火で10分ほど煮出すようにしましょう。

沸騰させる場合にミネラルウォーターなどを使用すると沸騰によってミネラルが失われてしまうため、煮出しの場合は水道水で十分です。

どちらの方法で淹れてもおいしく飲めることに変わりはありませんが、淹れた後はすぐに飲み切るようにしましょう。

ルイボスティーは水分補給だけでなく、幅広い場面で楽しむことが出来る

いかがでしたか?ルイボスティーは水分補給だけでなく健康面でも良い効果があったり、少し手を加えることで様々な楽しみ方をすることもできます。

これまで飲んだことがない人はこれを機に飲んでみるのも良いかもしれません。

夏場などの暑い時期はもちろん、普段の生活にもおいしく飲めるルイボスティーを取り入れてみましょう!