寝起きのコーヒーは体に悪い!?コーヒーを飲むのに適した時間帯とは?

寝起きのコーヒーは体に悪い!?コーヒーを飲むのに適した時間帯とは?

気付けの一杯として、飲まれることの多いコーヒー。

朝目が覚めてから、とりあえず一杯のコーヒーを飲むという人も多いでしょう。

朝目覚めてからコーヒーを飲むと、気分的にシャキッとしますよね。

しかし、寝起きのコーヒーは、体に悪いということを知っていますか?

この記事では、寝起きのコーヒーが体に悪い理由と、コーヒーを飲むのにベストな時間を紹介していきます。

この記事でわかること

  • 寝起き時にコーヒーを飲んではいけない理由
  • コーヒー摂取に適した時間
  • コーヒーを飲んで得られる効果

寝起きのコーヒーが体に悪いのはコルチゾールが原因

寝起きのコーヒーが体に悪いのは、活動を活発にする作用のホルモン「コルチゾール」が原因です。

コルチゾールは人間が起床してから約1時間程度で分泌され、このコルチゾールによって、目覚めが促進されます。

コルチゾールが活発的に分泌されるのは朝8時から9時の間

この時間帯にカフェインが含まれたコーヒーを飲んでしまうと、コルチゾールの働きが減少し、カフェインの覚醒作用も軽減してしまうんです。

そのため、体を起こそうと思って飲んでいたコーヒーは、かえって目覚めを悪くさせてしまうのです。

目覚めのコーヒーはカフェイン中毒の原因にもなる

無理やり目を覚ます感覚でコーヒーを流し込むと、コルチゾールの自然分泌に影響を与えます。

コーヒーを飲んでも目が覚めないことから、ついついもう一杯のコーヒーに手が伸びてしまい、カフェインの摂取量をむやみに増やすことに。

体がコーヒーがなければ起きられない体質に変わってしまうため、カフェイン中毒の大きな原因になります。

カフェイン中毒になると、不眠や悪寒、吐き気を伴ってしまい日常生活に支障をきたしてしまいます。

くれぐれもコーヒーの飲み過ぎには気をつけましょう。

コーヒーを飲むのにベストな時間とは?

起床後・昼間・夕方の三つの時間帯ではカフェインの効き目が最大化できません。

コーヒーを飲むのに一番適した時間は、10時から11時頃・14時から15時です。

この二つの時間帯がコーヒーの摂取にする適しているのは、1日の中で人間がもっとも眠くなるタイミングだからです。

コーヒーは一緒の刺激物なので、眠くなるタイミングに接種すると、眠気覚ましとして眠さが緩和されます。

コーヒーの摂取量は1時間に1杯まで

コーヒーを好きな人の中には、ついつい飲みすぎてしまう人が多いですが、原則として1時間1杯に抑えましょう

コーヒー飲み過ぎはカフェインの過剰摂取につながり、体に良くありません。

1時間に1杯の摂取量を守ることで、カフェインの良い効能だけを存分に発揮できます。

コーヒーに含まれるカフェインの効果

カフェインの主な効果は覚醒作用で、覚醒作用によって、頭をスッキリさせて集中力を高める効果が得られます

また、カフェインは利尿を促す効果もあり、体内の老廃物の排出を促進する効果が期待できます。

コーヒーを飲みすぎるとトイレが近くなるのは、カフェインの利尿作用が原因です。

コーヒーを飲むことで得られる効果

「コーヒーを飲みすぎると体に悪い」

「健康のためにコーヒーをあまり飲まなくなった」

上記のように、人によってはコーヒーは体に良くないと、意図的に飲まない人が多いです。

しかし、コーヒーを飲むことにより、4つの健康効果が得られます

  • 心臓や脳卒中による死亡リスクを低下させる効果
  • リラックス効果
  • ダイエット効果
  • 老化防止効果

それぞれの効果について説明していきます。

心臓や脳卒中による死亡リスクを低下させる効果

コーヒーにはポリフェノールが含まれており、このポリフェノールは体内でフェルラ酸という成分に結合します。

ポリフェノールとフェルラ酸が結合することにより、血小板が固まるのを防ぎ血液をサラサラにしてくれる効果が得られます。

血液がサラサラになると血管が詰まりによる、脳梗塞や心筋梗塞防止につながります。

また、カフェインは気管支を拡張する作用があり、呼吸器の機能を改善する効果も期待できるのです。

リラックス効果

コーヒーの香りは、リラックス状態のアルファ波の増加を促進させる効果があり、香りをかくことで気持ちがリラックスします。

仕事のストレスや疲れなど、コーヒーの香りをかぐことで、抑制できるんです。

ダイエット効果

コーヒーは私たちの健康を支える自律神経と副交感神経を刺激し、コントロールする働きがあります。

そのため脳の働きも活発になり、脂肪代謝を働きかけるため、脂肪燃焼を高める作用が期待できます。

ダイエットをしている方は、用量を守って、コーヒーを飲んでいきましょう。

老化防止

コーヒーにはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が含まれています。

クロロゲン酸には老化の原因となる活性酸素を抑制する働きがあり、しわやたるみなどの対策につながります。

コーヒーは飲み方次第で様々な効果を得られる!

コーヒーは飲む時間と摂取量さえ守れば、良い効能がたくさんあります。

リラックス効果を始め、ダイエット防止・老化防止・自律神経のコントロールなど。

コーヒーを飲む習慣がある人は、飲まない人に比べて自殺のリスクが約50%の減少するというデータもあります。

自分の中でコーヒーを飲むタイミングを決めて、健康なコーヒーライフを送りましょう。

この記事のまとめ

  • 寝起き時にコーヒーを飲んではいけないのは成分が
  • コーヒー摂取に適した時間は10時から11時頃・14時から15時
  • コーヒーを飲んで得られる効果はたくさんある