ウォータースタンドは一人暮らしで使うべき?おすすめの機種と特徴を紹介!

ウォータースタンドは一人暮らしで使うべき?おすすめの機種と特徴を紹介!

一人暮らしをしていて、ウォータースタンドの契約を検討している人も多いでしょう。

実際に一人暮らしの人で、ウォータースタンドをおすすめできるケースは限られます。

さらに、ウォータースタンドではmウォーターサーバーの種類が多いため、契約をするうえでどの機種にしたらよいか、決めづらいと思います。

そんな人に向けて、今回はウォータースタンドは一人暮らしで使うべきかについて、おすすめの機種と特徴を含めご紹介します。

ウォータースタンドの口コミと評判!特徴や申し込み方法まで徹底解説

ウォータースタンドは一人暮らしで利用するのはあまりおすすめできない

ウォータースタンドは、以下の理由により一人暮らしで利用するのはあまりおすすめできません。

  • 料金が定額制でたくさん水を使わないと損してしまう
  • 一人暮らしの間取りだと設置しづらい
  • 家にいる時間が少ない人も利用回数が減ってしまう

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

料金が定額制でたくさん水を使わないと損してしまう

ウォータースタンドでは、毎月の料金は定額制です。

水道水を浄水して利用する方式なので、一般的なウォーターサーバーでかかるボトル代がかかりません。

したがって、水をどれだけ利用してもウォータースタンドでかかる料金は定額となります。

この料金体系は、毎月水を多く使用する家庭ではお得です。

しかし、一人暮らしのようなそこまで水の消費量が多くない場合は、水の使用量が少なくても同じ定額料金がかかってくるため、損をしてしまいます。

上記のような点も、ひとり暮らしでウォーターサーバーを利用するのは、おすすめできない理由のひとつです。

一人暮らしの間取りだと設置しづらい

ウォーターサーバーは、一人暮らしの間取りだと設置しづらい場合があります。

ウォータースタンドのウォーターサーバー本体は、水道直結型なので水道から水を供給しなければなりません。

したがって、設置する場所は水道に近いキッチンの卓上や、リビングのテーブルなどが一般的です、

しかし、一人暮らし用の物件で多いワンルームに住んでいる場合、キッチンはそこまで広くないので設置が難しい可能性が高いです。

また、テーブルがあったとしてもそこにウォーターサーバーを設置するほどのスペースを確保するのは困難でしょう。

上記のような点で、一人暮らしの間取りだと設置しづらいと言えます。

家にいる時間が少ない人も利用回数が減ってしまう

一人暮らしで、家にいる時間が少ない人は利用回数が減ってしまいます。

せっかくウォータースタンドを契約しても、仕事に出て家にいる時間が少ない場合、ウォーターサーバーを利用する頻度も減ります。

したがって、その分損をしてしまう可能性が高いです。

一人暮らしをしている場合、仕事に出ている昼間は、ウォーターサーバーを利用することはありません。

帰宅後の時間や、休日に利用することになりますが、休日でもずっと家にいる人はそこまで多くないでしょう。

一方、リモートワークで家で作業をする人や、毎日必ず料理をする人であれば、ウォータースタンドをより有効活用できるかもしれません。

上記のような点で、一人暮らしで家にいる時間が少ない人も、利用回数が減ってしまうと言えます。

ウォータースタンドのデメリットとは?契約前にチェックしておきたいポイントを紹介

一人暮らしでウォータースタンドを利用した方が良い人の特徴

一人暮らしで、ウォータースタンドを利用した方が良い人の特徴は以下の通りです。

  • 飲料水以外に料理や生活水に新鮮な水を利用したい人
  • 水を買ってくるのが面倒な人
  • キッチンがある程度広い人
  • 金銭的に余裕がある人

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

飲料水以外に料理や生活水に新鮮な水を利用したい人

飲料水以外に、料理や生活水に新鮮な水を利用したい人は、一人暮らしでもウォータースタンドを利用したほうが良いでしょう。

ウォータースタンドは、水道直結型のウォーターサーバーなので、月々の水代は水道料金のみとなります。

毎月水を多く利用する人にとって、お得なサービスです。

一人暮らしでも毎日料理をする人や、生活水に新鮮な水を利用したい場合は、ウォータースタンドの利用がおすすめです。

水を買ってくるのが面倒な人

水を買ってくるのが面倒な人は、一人暮らしでもウォータースタンドの利用がおすすめです、

飲料水を購入している人も多いと思いますが、スーパーなどで購入して重いペットボトルを持ってくるのは面倒でしょう。

特に女性にとっては重いペットボトルを毎回運ぶのは、ストレスを感じる人も多いと思います。

そこで、ウォータースタンドを利用することにより、飲料水を購入する必要がなくなります。

キッチンがある程度広い人

一人暮らしでキッチンがある程度広い人には、ウォータースタンドがおすすめです。

ウォータースタンドのウォーターサーバーは、水道直結型なのでキッチン近くに設置する必要があります。

一人暮らしでも、キッチンが広い物件に住んでいれば、ウォータースタンドが問題なく設置できます。

ボトルを使用しないため、比較的水代を気にせずに、家で利用する水をすべて新鮮でおいしい水にすることが可能です。

ウォータースタンドは賃貸でも利用できる?注意点や理解しておきたいポイントを紹介

金銭的に余裕がある人

一人暮らしでも金銭的に余裕がある人には、ウォータースタンドをおすすめできます。

ウォータースタンドは、定額料金があるので水を多く利用しても、そこまで利用しなくても毎月同じ固定費が発生します。

したがって、水の使用量を気にせず毎月の定額料金が問題なければ、一人暮らしでも利用しやすいでしょう。

ウォータースタンドを利用するメリット

ウォータースタンドを利用するメリットは、以下の通りです。

  • 水道に繋げて利用するため水道代がかからない
  • 水の注文ノルマが無い
  • ボトルを保管しておくスペーを省ける
  • ボトル交換や受け取りの手間が無くなる

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

水道に繋げて利用するため水代がかからない

ウォータースタンドでは、一般的なウォーターサーバーのようにボトルを使用せず、水道に繋げて利用するため水代がかかりません。

水代としては、利用した分だけの水道料金のみの支払いとなります。

ボトルを購入するタイプのウォーターサーバーよりも、比較的安価で楽しむことができます。

水の注文ノルマが無い

ウォータースタンドでは、ボトルを使用しないため、一般的なウォーターサーバーである水の注文ノルマがありません。

通常ボトルから水を供給するウォーターサーバーでは、毎月1〜2本以上のボトル注文ノルマがあるところが多いです。

この場合、一人暮らしでそこまで水が必要なくても、必要ない分まで注文しなければなりません。

その点、ウォータースタンドでは水の注文ノルマがないため、余計な出費を避けることが可能です。

ボトルを保管しておくスペースを省ける

ウォータースタンドでは、ボトルを使用しないため、ボトルを保管しておくスペースを省けます。

他社のウォーターサーバーでは、ボトルを使い終わったあと、返却する必要がある場合があります。

ウォーターサーバーのボトルはサイズが大きいので、特に一人暮らしの場合、保管場所に困る可能性が高いでしょう。

その点、ウォータースタンドではボトルを使用しないため、保管スペースを確保する必要がありません。

1番小さいウォータースタンドの機種はどれ?おすすめのコンパクトな機種を紹介!

ボトル交換や受け取りの手間が無くなる

ウォータースタンドでは、ボトル交換や受け取りの手間がありません。

一般的なウォーターサーバーには、本体上部にボトルを設置するものが多くあります。

その場合、重いボトルを上部まで持ち上げて、交換を行わなければなりません。女性や高齢な方にとっては、このボトル交換が難しく、利用しづらいと感じ流人も多くいます。

また、ボトル交換式の場合、ボトルが配送されてくるので、受け取りを行う必要があります。一人暮らしであれば、宅急便を受け取りづらいデメリットもあるので利用しづらいでしょう。

その点、ウォータースタンドでは、ボトル交換や受け取りの手間がないことで、一人暮らしの人に利用しやすいメリットがあります。

一人暮らしにおすすめの機種3選

ウォータースタンドで、一人暮らしにおすすめの機種は以下の3つになります。

  • ナノシリーズメイト
  • ナノシリーズトリニティ
  • プレミアムシリーズネオス2

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

ナノシリーズメイト

ナノシリーズメイトは、ウォータースタンドの中でも一番コンパクトな低価格モデルです。

ウォーターサーバー本体はコンパクトながら、大型のフィルターが3本搭載されており、高機能浄水が実現されています。

また、電源不要の省エネ設計という点でも、コストパフォーマンスの高さが伺えます。

価格やサイズ的にも、一人暮らしの人におすすめです。ナノシリーズメイトの詳細は、以下のとおりです。

通常プラン レンタル料金:2,480円(税別)
長得プラン 2,000円(税別)/ 月
長得登録料10,000円(税別)
浄水方式 静電吸着タイプ
ろ過水量 3,600L
製品寸法 W130×D402.7<410>×H308mm
製品重量 3.3kg

ナノシリーズトリニティ

ナノシリーズトリニティは、リーズナブルな冷水ウォータースタンドです。

冷水、常温水が使用できるので夏場冷たい水を楽しみたい人に向いています。

ウォーターサーバー本体は、自動節電モードが搭載されており、光感度センサーにより、使用しない時間は節電モードに自動で切り替わります。

一人暮らしで、冷水で楽しみたいけど、なるべくコストを抑えたい人にもおすすめのモデルです。

ナノシリーズトリニティの詳細は、以下のとおりです。

通常プラン レンタル料金:3,980円(税別)
長得プラン 3,500円(税別)/ 月
長得登録料10,000円(税別)
浄水方式 逆浸透膜方式
浄水能力 3.2L/時間
タンク容量 常温水2.5L、冷水3.5L
製品寸法 W260×D470<485>×H500mm
製品重量 18.0kg

プレミアムシリーズネオス2

プレミアムシリーズのネオス2は、デザイン性に優れた常温水のみのモデルです。

シンプルな設計になっていて、幅も19.2cmとスリムな大きさになっています。

ワンルームのようなそこまで広くない物件に住んでいる、一人暮らしの人にとって、利用しやすいでしょう。

また、「連続抽出機能」「タンク内の抗菌システム」「一定水圧維持機能」などもついており、機能的にも充実しています。

さらに、価格も比較的抑えられているのでも、一人暮らしの人におすすめです。

プレミアムシリーズネオス2の詳細は、以下のとおりです。

通常プラン レンタル料金:3,480円(税別)
長得プラン 3,000円(税別)/ 月 +
長得登録料10,000円(税別)
浄水方式 逆浸透膜方式
浄水能力 3.2L/時間
タンク容量 常温水3.5L
製品寸法 W192×D430×H434 mm
製品重量 4.9kg

ウォータースタンドを使うべきなのか考えてから申し込もう!

今回は、ウォータースタンドは一人暮らしで使うべきかについて、おすすめの機種と特徴を含めご紹介しました。

毎月の月額料金が固定のウォータースタンドは、水を多く利用しないと損をしてしまいます。

一人暮らしの人では、料理を毎日する人や、リモートワークで家に長くいる人にはおすすめできるウォーターサーバーです。

ご自身がウォータースタンドを活用しきれるかどうか、ぜひこの記事を参考に検討してみてください。