ウォーターサーバーは贅沢ではない!贅沢ではない5つの理由と節約方法を解説!

ウォーターサーバーは贅沢ではない!贅沢ではない5つの理由と節約方法を解説!

「ウォーターサーバーって便利らしいけど、毎月の維持費がかかるんでしょ?」

「ウォーターサーバーの水は赤ちゃんにもよく馴染むって聞いたことあるけど、そんなにお金の余裕ないなあ。」

ウォーターサーバーの利用を検討している方は、毎月の電気代や水の料金を考えて、贅沢に感じることがありますよね。

世間的にも「ウォーターサーバーは贅沢だ」というイメージは拭えていないため、お金が必要以上にかかるのではないか、という不安があると思います。

そこでこの記事では、ウォーターサーバーが贅沢ではない理由と、節約する方法を解説しています。

身体の繊細な赤ちゃんにきれいな水を飲ませてあげたいなど、ウォーターサーバーの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ウォーターサーバーは贅沢ではない

ウォーターサーバーは月々の維持費がかかるため贅沢だと思われがちですが、コストと手間を考えると実は贅沢ではありません。

実際、ウォーターサーバーの想像以上のコストの低さや利便性の高さに共感して、たくさんの人がウォーターサーバーを利用するようになっています。

特に、子育てをしている主婦がウォーターサーバーを契約することが多く、もはや子育てには必需品レベル。

何年か前はウォーターサーバーの普及率は低く、種類もそんなにありませんでしたが、最近では色んな人のニーズに合ったサーバーを提供しています。

そのため、節約したい人にはそれに適したウォーターサーバーがあるので、家庭によってはウォーターサーバーの利用で貯金につながったという声も多いです。

ウォーターサーバーは贅沢だという概念を捨てて、一度調べてみるのがおすすめですね。

ウォーターサーバーが贅沢でない5つの理由

ウォーターサーバーが贅沢ではない理由は、費用と利便性を考えると、以下の5つです。

  • お金で安全を買っている
  • ペットボトルの水を買うより安い
  • 温水・冷水を必要なときにすぐ出せる
  • ミネラルバランスを整えて体調を改善できる
  • 水を買いに行く手間が省ける

詳しく解説します。

お金で安全を買っている

日本の水道水は世界的に見れば安全性は高いですが、体質が弱い人や赤ちゃんなどにとっては絶対に安全な水とは言えません。

普段より少しお金を多く払うことで、安心して子育てができたり、体調が良くなって仕事や家事の効率が上がったりするなら贅沢とは言えません。

またきれいな水を利用することで、生活習慣病などの病気のリスクも避けることが出来ます。

こんなふうに、自分や子供の安全をお金で買っていると考えたら、贅沢な買い物ではないですよね。

ペットボトルの水を買うより安い

普段、市販のミネラルウォーターを購入して料理や飲料水に利用している方は、ウォーターサーバーを契約したほうが、安く済む可能性があります。

500mlのペットボトル水1本は100円前後ですが、ウォーターサーバーの水なら安いところだと1Lで100円です。

つまり500mlの水を50円で利用でき、市販のミネラルウォーターの半分の値段で利用する事が可能。

他にも維持費が少しかかるので一概には言えませんが、維持費の多くを占める水代のみを考えると、はるかに安く水を利用できます。

普段の生活でペットボトル水を購入するのが多いなら、ウォーターサーバーを利用することがおすすめですね。

温水・冷水を必要なときに出せる

ウォーターサーバーは電源を入れておけば、すぐに温水・冷水を用意できます。

特に温水は赤ちゃんのミルクやインスタント類で使うことが多く、鍋ややかんだと意外と手間がかかりますよね。

また、電気ポットや瞬間沸騰器などの電気機器を使っても電気代がかかります。

どうせ電気代がかかるなら、圧倒的に手間がかからないウォーターサーバーを利用するのがおすすめです。

ちなみにウォーターサーバーの月々の電気代は約500円で済むので、贅沢ではないですね。

ウォーターサーバーの仕組みとは?冷水と温水が出てくる仕組みを簡単解説!

ミネラルバランスを整えて体調を改善できる

ウォーターサーバーで利用できる水はRO水と天然水がありますが、天然水を利用すれば身体のミネラルバランスを整え、体調を改善できます。

他にも、冷え性の改善やダイエットを促すなど、ミネラルウォーターの効果はとても大きいです。

水道水を利用するのと比べて身体への効能が段違いなので、明るく毎日を過ごすためにもウォーターサーバーの利用はおすすめですね。

ただし体調改善に関しては、水の正しい飲み方が必須のため、一度確認してみましょう。

水でむくみを解消できる!むくみを予防・改善する飲み方を解説!

水を買いに行く手間が省ける

普段、市販のミネラルウォーターを買いに行く方は、水をスーパーに買いに行くのは手間ですよね。

ウォーターサーバーを利用すれば、必要な水は自宅まで届けてくれますし、値段も購入するより安く済む可能性があります。

また、ペットボトルの水は重いため、家の中まで運ぶのはかなり負担がかかります。

特に赤ちゃんを抱いた主婦の方で、マンションの少し上の階に住んでいる方は、水を運ぶのが本当に辛いと思います。

こういった手間を考えても、ウォーターサーバーは贅沢ではありませんね。

ウォーターサーバーが贅沢だと思う人の特徴

ウォーターサーバーを贅沢だと感じる人には、以下の3つの特徴があります。

  • 同居者が少ない
  • 水の味にこだわりがない
  • ウォーターサーバーの維持費が高いと感じる

詳しく解説します。

同居者が少ない

同居者が少なかったり、一人暮らしだったりする方は、ウォーターサーバーの利用を贅沢だと感じる傾向があります。

確かに、利用者がいないと水の消費量が少ないので、お金を無駄に払うことになりますし、宅配水も余らせてしまいます。

同居者が少ない人は、水を飲む習慣をつけることと自炊の徹底を意識しないと、ウォーターサーバーを無駄に使うことになります。

この2点ができないなら、ウォーターサーバーの利用はおすすめできませんね。

水の味にこだわりがない

そもそも水道水とミネラルウォーターの違いがわからず、特にこだわりもない人は、ウォーターサーバーの利用を贅沢に感じる傾向があります。

確かに「おいしい水を飲みたい」などの水へのこだわりがない方は、飲み水にお金を払いません。

ただ、きれいな水を飲むことで身体に良い影響をもたらすことは明らか。

むくみ改善やデトックス効果など、様々な面で体調改善につながるため、体調や体質に悩んでいるならウォーターサーバーの利用がおすすめですね。

ウォーターサーバーの維持費が高いと感じる

料金がかかる項目 料金
水代 3000~7500円/月
電気代 450~1100円/月
サーバ-レンタル代 400~1000円/月
メンテナンス代 0~1000円/月
配送料 0~1000円/月

 

ウォーターサーバーの利用にかかる月々の維持費の項目とおおよその料金は、このようになっています。

安いウォーターサーバーでも月々およそ3500円、4人家族での利用だと8000円ほどかかるメーカーもあります。

月々3500円だとしても年間42000円になり、これが負担な人はウォーターサーバーの利用を贅沢に感じますよね。

しかし、ウォーターサーバーの水代は市販のミネラルウォーターの約半分の値段のため、同じ量の水を利用するなら、間違いなくウォーターサーバーのほうが得をします。

それでも費用が気になる方は、メンテナンス代・配送料が無料でエコモードを搭載しているモデルを契約するのがおすすめです。

また、期間によってはお得なキャンペーンもあるので、一度確認してみましょう。

ウォーターサーバーを節約して利用する3つの方法

ウォーターサーバーの利用でできる節約方法は以下の3つです。

  • 外出時にマイボトルを持参する
  • エコモードを搭載しているサーバーを選ぶ
  • 天然水ではなくRO水を利用する

詳しく解説します。

外出時にマイボトルを持参する

外出時にマイボトルとしてウォーターサーバーの水を持参することで、外出中の飲み物代を節約できます。

1か月に20日外出するとして、毎日150円のコーヒーやお茶などを買うとすると、月々3000円の出費になります。

さらに、自宅での飲み水や自炊用の水などを考えると、月におよそ5000円の出費になりますよね。

ウォーターサーバーなら月々3500円から始められるため、普通に生活するより確実にお得。

マイボトルを持参するだけで、こんなに費用を節約できるのですから、ウォーターサーバーを利用するなら必ずマイボトルを持参しましょう。

エコモードを搭載しているサーバーを選ぶ

最近のウォーターサーバーは、エコモードという電気代を節約する機能が搭載されています。

この機能を利用することで、月々の電気代を500円以下にまで落とすことが可能。

エコモードが搭載されていないサーバーだと、月々の電気代は1000円ほどになり、最低金額の倍です。

電気代が年間6000円と年間12000円なら、当然6000円のほうを選びますよね。

ウォーターサーバーを選ぶ際は、可能な限りコストを抑えるために、必ずエコモードを搭載しているものを選びましょう。

天然水ではなくRO水を利用する

ウォーターサーバーでは、天然水とRO水を利用することができます。

RO水とはRO膜を使って水内の不純物をすべて取り除いた水のことで、ミネラル成分も失われているため、天然水より価値が低い水です。

味や身体への効果を見ても、ミネラルウォーターより少し劣る水ですね。

具体的な費用は、メーカーにもよりますが、天然水からRO水に変えると月々200~300円ほどのコストカットができます。

この費用も年間に置き換えると無視できない数字になるので、少しでも節約したい方はRO水を利用しましょう。

ウォーターサーバーは子育ての必需品

ウォーターサーバーは贅沢だと思われがちですが、最近の赤ちゃんの子育てにはかなり需要があり、必需品に変わりつつあります。

赤ちゃんの身体はとても繊細なため、きれいな水でミルクを作っていろんなリスクを回避したいですよね。

十分にきれいな水を使わないと、風邪や下痢など、赤ちゃんにとっては重大な問題につながる可能性があります。

また、ウォーターサーバーを子育てのために契約するなら、最低契約期間の確認が必須。

ウォーターサーバーには最低契約期間が決まっており、契約期間中に解約すると解約金(違約金)が発生します。

解約金は3000~20000円と幅広いですが、どのメーカーにしても高い費用のため、できるだけ解約金を払うのは避けたいはずです。

赤ちゃんにミルクを飲ませる期間はそう長くないので、ウォーターサーバーの利用を検討しているなら、最低契約期間と解約金を必ずチェックしましょう。

ウォーターサーバー利用はむしろ節約につながる

最近のウォーターサーバーはいろんなタイプがあるため、どんな人でもお得に便利に利用できます。

子育てに利用する人も増えていますし、日本全体の普及率も上昇中。

これからも普及率は上昇すると予想でき、もしかしたら十数年後には「ウォーターサーバーは一家に一台」が当たり前になっている可能性もあります。

こうしてウォーターサーバーは贅沢ではなく、必要なものに変わってきています。

赤ちゃんのためにも自分のためにも、お金で安全を買うことがおすすめですね。