レンタル料無料のウォーターサーバーを徹底比較!おすすめ人気ランキング5選

レンタル料無料のウォーターサーバーを徹底比較!おすすめ人気ランキング5選

ウォーターサーバーは種類によって、レンタル料が無料のサーバー・有料のサーバーがあります。

レンタル料は毎月発生する料金なので、「できるなら無料のサーバーが良い!」と考えている人が多いでしょう。

安全で美味しいお水が飲めるとしても、毎月のコストは少しでも低く抑えたいですよね。

そこでこの記事では、レンタル料が無料のウォーターサーバーを比較し、ランキング形式で紹介していきます。

サーバー選びに悩んでいる人は、チェックしてみて下さいね。

レンタル料無料のおすすめウォーターサーバーランキング

メーカー/機種 レンタル料 注文ノルマ 月額費用(24Lあたり)
コスモウォーター/スマートプラス 0円 あり
(1ヶ月最低2本24Lから)
3,800円~
信濃湧水/スタンダードサーバー 0円 なし 3,000円~
プレミアムウォーター/スリムサーバー 0円 あり
(1ヶ月最低2本24Lから)
3,920円~
アクアクララ/アクアアドバンス 0円 なし 3,900円~
クリクラ/FIt 0円 あり
(3ヶ月に6本の注文から)
2,472円~
フレシャス/slat 0円 あり
・パック→1回の注文で最低4パック(28.8L)
3,913円~

第1位:コスモウォーター/スマートプラス

コスモウォーターのスマートプラス一番の特徴は、ボトル差し込み口が足元部分にあり、持ち上げて交換する必要が無いという点。

男性はもちろん、女性や高齢者でもストレスなく、簡単にボトル交換ができます。

サーバーもスタイリッシュで非常にデザイン性が高く、カラーバリエーションも豊富で、グッドデザイン賞絵を受賞したい経歴も。

機能面では、消費電力を最大60%カットできる省エネ機能や、騒音レベルを30%軽減した静音設計など豊富に搭載しています。

コスモウォーターの評判や特徴とは?口コミや料金・契約方法まで簡単解説!

レンタル料 0円
サイズ 横幅30cm×奥行34cm×高さ110cm
重量 20㎏
エコモード
サーバーカラー ホワイト/ピンク/ブラック/ウッド/ライトウッド
水の種類 天然水
ボトルの種類 ワンウェイボトル
チャイルドロック

第2位:信濃湧水/スタンダードサーバー

月々に発生する料金が水代だけで、ランニングコストを抑えられる信濃湧水。

水代に関しても11.4Lあたり1,500円とかなりリーズナブルな価格で、最高品質のお水を楽しめます。

もちろん安さだけではなく、ダブルチャイルドロックや自動クリーニング機能などの機能を豊富に搭載しています。

とにかくウォーターサーバーの料金を安く抑えたいと考えている人におすすめです。

信濃湧水を使っている人の口コミ一覧!特徴や月額料金を徹底解説!

レンタル料 0円
サイズ 横幅30cm/奥行34cm/高さ122cm
重量 18㎏
エコモード
サーバーカラー ホワイト
水の種類 RO水
ボトルの種類 リターナブルボトル
チャイルドロック

第3位:プレミアムウォーター/スリムサーバーⅢ

プレミアムウォーターはレンタル料がかかる機種ありますが、スリムサーバーⅢはレンタル料が無料です。

通常サイズのロングサーバーと卓上に設置できるショートタイプの2種類があり、使用用途や環境に応じてサイズ感を選べます。

サーバーのサイズ感も非常にスリムなので、設置スペースを最小限に抑えられるのも嬉しいポイント。

また、エコモードやクリーン機能なども豊富に搭載しているのも嬉しいポイントですね。

プレミアムウォーター使用者の使用者の口コミ一覧!特徴や人気の理由を徹底解説!

レンタル料 0円
サイズ 床置き:横幅27cm/奥行33cm/高さ127cm
卓上:横幅27cm/奥行35cm/高さ82cm
重量 床置き:18㎏
卓上:15㎏
エコモード
サーバーカラー ピュアホワイト/べビーピンク/プレミアムブラック/プラチナシルバー
水の種類 天然水
ボトルの種類 ワンウェイボトル
チャイルドロック

第4位:アクアクララ:アクアアドバンス

アクアクララはサーバーレンタル料がかからないものの、あんしんサポート料という料金がかかります。

これは専門スタッフによるサーバーの配達設置、サーバーの定期メンテナンスや故障対応など、ウォーターサーバーを安心・快適に利用するためのサービス料。

実質レンタル料のように支払うことになるものの、アフターサービスを追加料金なしで利用できるのは嬉しいポイントです。

また、アクアクララは水の注文ノルマが無く、水が欲しい時に注文するシステムです。

そのため、水が消費しきれず余ったり、賞味期限が切れてしまったりする心配がありません。

アクアクララの評判とは?良い口コミ・悪い口コミからわかる人気の理由を紹介!

レンタル料 0円
サイズ 横幅27cm/奥行31cm/高さ124cm
重量 17㎏
エコモード
サーバーカラー クリアブラック/モカブラウン/スカイブルー/ライムグリーン/マンダリン/オレンジサンレッド/ベビーピンク/ピュアホワイト
水の種類 RO水
ボトルの種類 リターナブルボトル
チャイルドロック

第5位:クリクラ/Fit

クリクラ fit

クリクラFitは機能性だけではなく、デザイン性にこだわって設計されているスタイリッシュなサーバーです。

サーバーの横幅が非常にスリムで、横幅は僅か25㎝のスリム設計。

コックとボトル差し込み口に抗菌加工が施されているため、サーバー内部の衛生状態を保てます。

しかし、初回のサーバー設置時に2,200円、再加熱機能付きは4,400円の費用が発生します。

クリクラ使用者の口コミ一覧!特徴や人気の理由を徹底解説!

レンタル料 0円
サイズ 横幅24cm/奥行38cm/高さ98cm
重量 15㎏
エコモード
サーバーカラー ホワイト/ブラック
水の種類 RO水
ボトルの種類 リターナブルボトル
チャイルドロック

第6位:フレシャス/スラット

フレシャススラットは、フレシャス中でも高い人気を誇っているウォーターサーバーです。

消費電力をカットするスリープ機能やエコモード、デュアルタンクの3つの省エネ機能を搭載し、従来のサーバーに比べて70%以上の節約に繋がります。

サーバーデザインに関しても、有名デザイナーが担当しており、とてもおしゃれに仕上がっています。

フレシャススラットの口コミと評判!特徴や申し込み方法まで徹底解説

レンタル料 0円
サイズ 床置き:横幅29cm/奥行35cm/高さ111cm
重量 床置き:24㎏
エコモード
サーバーカラー マットホワイト・マットブラック
水の種類 天然水
ボトルの種類 ワンウェイボトル
チャイルドロック

ウォーターサーバーはレンタル料無料がほとんど

現在販売されているウォーターサーバーは、レンタル料がかからないもがほとんど。

しかし、なぜ無料でレンタルできるのでしょうか?

サーバー代無料なのは水代に含まれているため

サーバーレンタル代が無料なのは、サーバー代を水代に含めているため。

サーバー代を水代に含ませることで、余計な費用がかからない様にしているのです。

そのため、サーバーのレンタル代が無料だからと安心するのではなく、水代を含めてトータルいくら位かかるのかをチェックしておいた方が良いでしょう。

サーバー代が発生するサーバーもある

ほとんどのサーバー代がレンタル料無料ですが、搭載している機能がハイスペックなサーバーやデザイン性が高いサーバーはレンタル料がかかるケースもあります。

基本的にサーバー代は月々発生しますが、機種によっては水の注文量によって割引・無料になるケースも。

各サーバーによってことなるため、しっかりとチェックしておきましょう。

レンタル代以外に発生する費用の内訳

ウォーターサーバーには、レンタル料以外にも様々な料金がかかります。

1ヶ月あたりに発生する料金の内訳を紹介していくので、チェックしていきましょう。

水代

ウォーターサーバーはメーカーから送られてくる水を使用するため、当然水代がかかります。

メーカーによって水代は異なりますが、2,500円~5,000円といったところ。

金額にかなりの差があるため、事前に理解しておかないと使い始めてから「こんなに高いの…」と後悔することに。

水代はウォーターサーバーの料金のほとんどを占めるため、入念にチェックしておきましょう。

ボトルの配送代

住んでいる地域やメーカーによっては、ボトルを配送するための料金がかかります。

首都圏の場合はほとんど無料ですが、地方の場合は300円~1,000円程の配送料です。

あまり高額ではないものの、長期的に考えるとかなりの料金になるため、注意しておきましょう。

電気代

ウォーターサーバーは他の家電と同じ様に、電気を消費して使用するため、毎月電気代がかかります。

ひと月あたりの電気代は1,000円くらいが一般的ですが、省エネ機能を搭載しているサーバーだと500円以下に抑えられます。

メーカーごとに電気代は大きく異なるため、各ウォーターサーバーの電気代をチェックしておきましょう。

解約金

ウォーターサーバーは最低限の利用期間が定められており、その期間を満了しない状況で解約すると違約金がかかります。

各メーカーで期間や金額が異なるものの、5,000円~30,000円と言ったところ。

かなり高額なので、申し込みを検討しているサーバーの契約期間と違約金をチェックしておきましょう。

配送休止手数料

ウォーターサーバーは毎月の注文ノルマが定められており、注文量を増やさない限り、最低のノルマ数が送られてきます。

そのため、消費する水の量が少ない・長い間家を空けていて水を消費できないと、水のボトルが溜まってしまう一方です。

そんな時に使えるのが「配送スキップ」という制度で、電話やマイページで手続きを済ませれば次回配送分のボトルをスキップできます。

しかし、何回も連続で配送スキップしてしまうと、配送休止手数料として300円~1,000円ほどの料金がかかります。

連続で使用しない様、計画的には配送スキップをするようにしましょう。

サーバーレンタル料無無料と有料のメーカー違い

サーバーレンタル料無料・有料のメーカーにはそれぞれ違いがあります。

申し込みをする前にしっかりと理解しておきましょう。

定期購入の注文ノルマ

サーバーレンタル料が無料のメーカーの場合、ほとんどが定期購入を前提としたサービス体系になっています。

そのため、所定の期間まったく注文が無いと「休止手数料」という形で料金が取られてしまいます。

対して、レンタル料が有料のメーカーでは、定期購入のノルマが無い場合が多く、必要になったら注文する自由なスタイルです。

定期メンテナンス費用

各メーカーでは、常に清潔な状態で水を提供するため、年に1回~2回に1度の頻度でサーバーの定期メンテナンスを行っています。

この定期メンテナンスですが、大体のケースでは今まで使っていたサーバーと、メンテナンス済みのサーバーを交換するという形で行われます。

交換の際の手間などから、メンテナンス料金が発生することも多いものの、実はサーバーレンタル料が有料の場合、メンテナンス料を含んでいるケースがほとんど。

そのため、メンテナンス時にあらためて料金を徴収されることはありません。

一方サーバーレンタル料が無料のメーカーは、メンテナンスの際に5000円など一定の金額が発生します。

事前に理解しておかないと急な出費になるため、注意しておきましょう。

サーバーレンタル料だけではなく様々な料金をチェックしておこう

現代のウォーターサーバーは、レンタル料がかからないメーカーが多いため、レンタル料が安いからと言ってお得なわけではありません。

ウォーターサーバーの料金相場を理解するのであれば、水代や電気代、配送料など様々な料金をチェックしていきましょう。

適当にサーバーを選んで後悔しない様に、あらゆる料金を比較してから申し込みをしましょう!