ウォーターサーバーの水には賞味期限がある!賞味期限を守って安全に活用しよう!

ウォーターサーバーの水には賞味期限がある!賞味期限を守って安全に活用しよう!

ウォーターサーバーのボトルは毎週配送されてくるので、あまり使わない月が続くと水を消費できないケースもありますよね。

そんな時に気になるのが、水の賞味期限。

実は食品に賞味期限があるように、水にも賞味期限があり、賞味期限を過ぎてしまうと雑菌や不純物が繁殖してしまう恐れが。

水は生活していく中で口にする機会が多い飲み物なので、安全面には配慮しておきたいです。

そこでこの記事では、ウォーターサーバーの保存期間や賞味期限について解説。

水の賞味期限をしっかりと守って、安心して水が飲めるようにしていきましょう!

水の種類によって賞味期限が異なる

ウォーターサーバーで使われている水には、天然水とRO水という大きく分けて2種類の水が使われています。

それぞれの水で賞味期限にかなりの差があります。

安心して水が飲めるように、それぞれの賞味期限をしっかりと理解しておきましょう。

天然水の賞味期限は開封前で約半年・開封後で約2週間

天然水の場合、開封前と開封後の賞味期限は以下の通り。

開封前 開封後
3~6ヵ月 2週間

メーカーによって多少の違いがあるものの、おおよそ上記が賞味期限の目安です。

意外と短いと感じる人も多いかもしれませんね。

天然水の賞味期限が短く設定されているのは、採水地によって味や成分にかなり違いがあり、その成分を活かすために必要最低限の不純物しか取り除いていないため。

採水地で取れた状態から必要最低限の手間しか加えていないため、賞味期限が短く設定されているのです。

RO水の賞味期限は開封前で約1年・開封後で約1ヶ月

RO水の場合、開封前と開封後の賞味期限は以下の通り。

開封前 開封後
半年~1年 2週間~1ヵ月

採水地で取れたままの状態の天然水に比べて、RO水は水道水を原水にしている人工的に作られている水のこと。

不純物などが多い水道水をRO膜という非常に細かい膜で、極限まで水分子以外の物質を取り除いているため、不純物がほぼ100%除去された純水です

身体に影響がある物質だけでなく、あらゆる成分を取り除いているため、賞味期限が長くなっているのです。

また、RO水は天然水に比べて価格が低いのが大きな特徴なので、安さを求めるのであればRO水のウォーターサーバーがおすすめです。

ウォーターサーバーの水は安全!水を安全に保つための4つの仕組み

ウォーターサーバーの水は賞味期限が短く設定されている

基本的にウォーターサーバー水の賞味期限は短めに設定されています。

賞味期限が短めに設定されているのは、水を美味しいうちに飲んでほしいと、水の味を重視して期間を設定しているため。

そのため、水の賞味期限が切れていてもそこまで長く過ぎていなければ、飲んだとしても特に影響はありません。

しかし、水の品質が劣化しているのは確かなので、できる限り賞味期限を守っていきたいところです。

水の賞味期限が切れてしまった時の活用方法

月によっては、水の使用頻度が少なくなってしまい、どうしても水が余ってしまう月もあるかと思います。

サーバーの水は月ごとに配送されてくるため、先月の水が余ってしまうと、どうしても水が余っていく一方。

そのため、賞味期限を切らしてしまうケースもあるでしょう。

お金を出して買っているので、捨てるのがもったいないと感じてしまうあなたに、賞味期限が切れた水の活用法を紹介していきます。

  • 煮沸してから活用する
  • 災害時の備蓄用水として活用
  • 日常的に活用する生活水として活用
  • アウトドアやレジャーに活用

それぞれ見ていきましょう。

煮沸してから活用する

賞味期限が切れてしまった場合、水を煮沸消毒してから活用すれば、何一つ問題なく活用することが可能です。

水に含まれる成分は熱を加えると一気に死滅するので、賞味期限が過ぎていても使用可能。

そのため、お湯を使った料理をする際に積極的に活用するようにしましょう。

災害時の備蓄用水として活用

災害時は、断水により水の供給がストップされて、水道水が使えなくなってしまう可能性が非常に高いです。

場合よっては、一か月以上も水道水が使えなくなってしまい、供給される水を待たなければいけないことも。

そのような災害時の備えとして、使い切れないウォーターボトルは生活用水などに使える備蓄用にストックしておきましょう。

飲用水として活用できなくても、生活水として、体を拭いたりトイレを流したりすることができます。

もし飲用水として備蓄しておく場合は、水の賞味期限に十分注意して、保管しておくように心掛けましょう。

日常的に活用する生活水として活用

洗顔や歯磨き、食器洗いなどの生活用水として活用するのも有効的な活用方法です。

少しもったいない気もしますが、捨ててしまうよりは水の節約に繋がるため有効な手段と言えます。

アウトドアやレジャーに活用

アウトドアでキャンプなどをする際、手を洗うための水などに活用するのも有効な活用方法です。

アウトドアではきれいな水を確保しづらいため、不衛生になりがちな場面が多いです。

そのため、賞味期限切れの水を活用すれば、川の水よりもきれいな水で食器洗いや手洗いなどに活用できます。

賞味期限以外で水の品質を保つための工夫を紹介

水の賞味期限が切れてしまうと、飲み水として使えなくなってしまいます。

お金を出して購入している訳なので、どうせなら無駄な水が出ない様に飲み水として活用したいところ。

水の保管状況などによって、記載されている賞味期限より早くなってしまう可能性があります。

そこでここからは、水の品質を落とさないための工夫を紹介していきます。

  • 直射日光が当たらない涼しい場所で保管する
  • サーバー本体を定期的にセルフメンテナンスする
  • サーバーの電源は基本的に切らない

それぞれ見ていきましょう。

サーバーの水は直射日光が当たらない涼しい場所で保管する

サーバーの水が入っているボトルは、できるだけ涼しい場所に保管しておくようにしましょう。

直射日光が当たる気温が高い場所に保管してしまうと、水温が上がってしまうため、水質の低下に繋がります。

水温があがってしまうと、水の不純物や雑菌が繁殖してしまい、記載されている賞味期限よりも早くもめなくなってしまいます。

そのため、直射日光が当たらないできるだけ涼しい場所で保管してくようにしましょう。

サーバー本体を定期的にセルフメンテナンスする

水を清潔な状態に保つためにも、サーバー本体のセルフメンテナンスは定期的に行わなければなりません。

  • サーバー付近に溜まっているほこりを取る
  • 水の受け皿やコックの部分を拭いて清潔な状態にする
  • ボトルの差し込み部分をアルコールなどで拭き取る

上記のような細かいメンテナンスがとても重要です。

いくら水が清潔な上位であっても、水を出すための本体が清潔でなければ、水を清潔な状態に保てません。

サーバーによっては、除菌機能や掃除機能が付いているものもあるので、衛生面にも目を向けても良いでしょう。

サーバー本体は高温多湿避けて涼しい場所に設置する

サーバーの本体が日光にさらされてしまうと、雑菌が繁殖しやすくなり、不衛生な状態になってしまいます。

また、湿度が高い空間も同様に、雑菌が繁殖する可能性が非常に高いです。

そのため、ウォーターサーバーはできるだけ風通しの良い、涼しい空間に設置しましょう。

賞味期限を守って安全にウォーターサーバーを活用しよう!

この記事では、ウォーターサーバーの水の賞味期限について紹介してきました。

ウォーターサーバーの水は賞味期限が早めに設定されており、賞味期限が過ぎてしまう可能性が非常に高いです。

そのため、賞味期限を理解し、計画的に活用していく必要があります。

サーバーの使用条件をしっかりと理解して、きれいな水が飲めるようにしましょう!

また、水が使いきれなくて困っている場合、下記の記事を読んでみて下さい。

ウォーターサーバーの水が余ったらどうするべき?余った水の活用術や対処法を解説!