ウォーターサーバーに不具合が…故障した時に起こる症状と対処法を徹底解説!

ウォーターサーバーに不具合が...故障した時に起こる症状と対処法を徹底解説!

ウォーターサーバーを活用している人の中には「少し様子がおかしいかも…」と感じる場合もあるかもしれません。

ウォーターサーバーが故障すると、お湯が出なかったり、水が漏れたりと様々な症状が出てきます。

いつもは普通に使えていた人からすれば、ウォーターサーバーが故障してしまうとすごく不便ですよね。

そこでこの記事では、ウォーターサーバーに不具合や故障した場合の原因と対処法を紹介していきます。

お使いのウォーターサーバーが故障したかもしれない人は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

ウォーターサーバーが故障した時に起こる症状

ウォーターサーバーが故障した時によくある症状は下記のようなものが挙げられます。

  • ウォーターサーバーの発する音が大きい
  • ウォーターサーバーから水が漏れている
  • ウォーターサーバーから出てくる水がぬるい

詳しく説明していくので、お使いのウォーターサーバーの症状と照らし合わせてみて下さい。

ウォーターサーバーの発する音が大きい

まず一つ目の症状は、ウォーターサーバーが通常よりも大きな音を出しているケースです。

ウォーターサーバーは水を熱したり、冷やしたりする過程で、冷蔵庫の様な「ブーン」という音を発します。

正しく作動している場合は、そこまで気になるような音ではありませんが、不具合があるとかなり大きな音が出ます。

少し様子を見てあまりにも改善されない場合は、自分で種利するのではなく、メーカーに相談して対処してもらいましょう。

ウォーターサーバーがうるさい時の原因とは?対処法と音が静かなサーバーを紹介!

ウォーターサーバーから水が漏れている

2つ目に出る症状は、ウォーターサーバーから水が漏れてくるケース。

ウォーターサーバーが正常に作動していれば、水が漏れることはまずありません。

床が水浸しになってしまい、後片づけがすごく大変になってしまうため、早急に対応しなければなりません。

加えて、漏れた水がウォーターサーバーの内部に心酔してしまうと、本格的な故障に繋がってしまい修理費用や弁償代を支払わなければならないことも。

そのような事態に陥らないためにも、故障の原因を突き止めて。迅速な対応を心掛けましょう。

ウォーターサーバーから水が漏れてくる4つの原因

ウォーターサーバーから水が漏れてくるのは、大きく分けて4つの原因が挙げられます。

  • ボトルが破損している
  • 給水コックが破損している
  • ボトルがウォーターサーバーにしっかりと装着されていない
  • ウォーターサーバー本体が故障している

セルフチャックで症状が改善できるものもあれば、業者に依頼しないと直らないものまで様々。

ウォーターサーバーを一通り調べてみて、自分ではどうしようもない症状については、メーカーに問い合わせましょう。

自分で無理やり直そうとすると二次災害に繋がってしまう可能性があり、症状がさらに悪化してしまいます。

ウォーターサーバーから出てくる水がぬるい

3つ目の症状はウォーターサーバーから出てくる水が、冷水・温水ともにぬるいというケース。

いつもは冷たくて美味しいお水が出るのに、冷却されておらず、常温のお水が出てくる症状も良くあります。

冷水と温水が一ひねりで出てくるのが魅力なのに、どちらでないとなると、ウォーターサーバーを使っている意味がありませんよね。

次の項目でウォーターサーバーに不具合が起きた場合の対処法を紹介していくので、ぜひ読んでみて下さいね。

ウォーターサーバーから出る水がぬるい!考えられる原因と3つの対策を紹介

ウォーターサーバーが故障しかもしれない時の3つのチェックポイント

それではここからは、ウォーターサーバーが故障したかもしれない時に、チェックすべき3つのポイントを紹介していきます。

・ウォーターサーバーの電源が抜けていないか
・ボトルとウォーターサーバーがしっかりと付いているか
・ボトルの中の水が少なくなっていないか

それぞれチェックしていきましょう。

ウォーターサーバーの電源が抜けていないか

まず初めにチェックすべきポイントは、ウォーターサーバーのコンセントがしっかりと刺さっているかです。

初歩的なことですが、何かのきっかけで知らぬ間にコンセントが抜けてしまうことが良くあります。

得にウォーターサーバーを長期間使っておらず、久しぶりに使う際に入れ忘れてしまうこ都が多いです。

ウォーターサーバーは電源が入っていないと、冷却や加熱がされないため、常温水しか出てきません。

故障かと思ったら、まず初めにコンセントが刺さっているかチェックしてみましょう。

ボトルとウォーターサーバーがしっかりと付いているか

次にチェックするポイントは、ウォーターサーバーにボトルがしっかりと付いているかという点。

ボトルが斜めに入っていたり、しっかりと差し込まれていなかったりすると、隙間ができて水が漏れてしまいます。

特にボトル交換口が上向きに付いているウォーターサーバーの場合、ボトルが重たくて上手く取り付けられないケースが良くあります。

そのため、差込口にボトルが正常に差しこまれているか確認してみましょう。

ボトルの中の水が少なくなっていないか

3つ目にチェックするポイントは、ボトルの中のお水が少なくなっていないかという点。

ボトルの中の残量が少ないと、ウォーターサーバーの内部にあるタンクに水が供給できなくなってしまうため、水がぬるくなる原因になります。

見落としてしまいがちなポイントなので、忘れずにチェックするようにしましょう。

また、ボトルを交換してから、お水を冷却・加熱するのに30分~40分程度かかるので覚えておきましょう。

故障した際に自分で無理やり直そうとするのはNG

ウォーターサーバーに不具合が生じ場合、自分で無理やり直そうとするのはNGです。

不具合が生じた場合は、前の章で説明したセルフチェックする程度にしておきましょう。

ウォーターサーバーを解体して、内部をいじくってしまうと、さらなる二次被害を被ってしまうリスクがあります。

無理やりいじくるとさらなる故障に繋がり無駄な出費に繋がることも

「セルフチェックしたけれど症状が改善されない!」などの状況に陥っても、自らでウォーターサーバーを修理すると、症状が悪化してしまうケースがほとんど。

故障の症状が悪化してしまうと、別途修理費用や部品代を請求される場合があり、余計な出費がかかってしまいます。

そのため、どうしても症状が改善されない場合は、おとなしくメーカーに問い合わせて対象法を聞きましょう。

軽度の故障であれば無料で翌日にメンテナンスしてくれるメーカーもあり、早期で改善が見込めます。

ウォーターサーバーが故障したらセルフチェックをしましょう!

この記事ではウォーターサーバーが故障した際の原因や対処法について解説してきました。

故障の度合いによって、自分で直せるものから業者にお願いしないと直らないものまで様々です。

そのため、「故障かな?」と思ったら、まずはセルフチェックを行う様に心掛けましょう。

ただ、自分で修理をしてしまうと、さらなる故障に繋がってしまう可能性もあるので気をつけて下さいね。

自分だけでは直せないとおもったら、早急にメーカーに電話して相談するようにしましょう!