【食事の新常識】食事中は水を飲まない方が良い!?食事中の水分摂取を見直そう!

【食事の新常識】食事中は水を飲まない方が良い!?食事中の水分摂取を見直そう!

食事中に水をたくさん飲んでしまう人も多いかもしれませんが、実は食事中に水を飲むのはあまり良くないのを知っていますか?

実は食事中に水を飲んでしまうと、あらゆるリスクを引き起こしてしまう可能性があるのです。

そこでこの記事では、食事中に水を飲むとどのようなリスクがあるのか、詳しく紹介していきます。

この記事でわかること

  • 食事中に水を飲むのは良くない
  • 水分摂取する場合は食事の30分前
  • 食事中に飲んでいい水はコップ1杯

食事中に水分を摂取すると胃への負担が大きくなる

食事中に水を飲むと胃の中の胃酸が薄くなり、消化する力が薄まってしまいます。

消化力が弱くなってしまうと、胃が頑張って食べ物を消化しようとしてしまうので、胃への負担が大きくなってしまうのです。

普段何気なく食事中に水分を摂取してしまっているかもしれませんが、実は胃にかなりの負担がかかっています。

食事中に水分をたっぷりと摂取すると消化活動が停滞し、体が疲れやすくなるので気をつけましょう。

胃が頑張って働こうとすると、全身の血液は胃に集中した状態になり、脳への血液が少なくなるとその働きが弱くなり眠気を催してしまうのです。

食後眠たくなってしまう大きな要因は、満福によるものではなく、水分を大量に摂取してしまうからなのです。

ダイエットにも逆効果になる

しっかりと水分を摂取すると、体内の老廃物を取り除けて、デトックスやダイエット効果に期待ができます。

しかし、食事中の水分補給は、ダイエットに繋がらず逆効果になってしまいます。

食事中に水分を摂ると消化が悪くなってしまうだけでなく、食べものをよく噛む必要がなくなってしまいます。

咀嚼回数の多さによって満腹感を得ているため、噛む回数が減ってしまうと食事をした満足感も得られにくくなってしまうのです。

その結果、たくさん食べてしまい、肥満に繋がってしまいます。

食事中の水分補給のルール

食事中に水を飲むのは良くないことが分かったと思います。

しかし、今まで水を飲みながら食事をしていた人にとって、習慣化していたことをいきなり辞めるのはそう簡単にできることではありません。

そんな人に向けて、食事中の水分補給のルールを紹介していきます。

  • 水分補給は食事の20分前までにする
  • 食事中は最低限の水分で済ませる
  • 摂取する水は常温

それぞれのルールを踏まえて、健康的な食事をとっていきましょう。

水分補給は食事の30分前までにする

食事中に胃への負担を極力少なくしたいという人は、食事の30分前を目安に水分補給を済ませておきましょう。

食事前に水分を補給しておくことによって、食事前に満腹感を味わえるため、食べ過ぎの防止にも繋がります。

ダイエットや健康に気を使っている人には、ぜひ実践してほしい食事のポイントです。

また、食後の水分補給についても、食後3時間くらいは水分を控える様にしましょう。

食後3時間程度は、胃の働きが活発な時間なので、その時間に水分を入れてしまうと胃への負担が大きくなってしまうからです。

水道水を美味しくする5つの方法!美味しい水を飲んで体質を改善しよう!

食事中は最低限の水分で済ませる

「水を飲みながら出なければ食事ができない!」

「今まで水を飲みながら食事をしてきたのに、いきなり水を飲まずに食事をするのは無理!」

そんな人は食事中にコップ一杯程度(250ml)なら摂取してもOKです。

コップ一杯なのは、体が一度に摂取できる水分量が250ml程度のため。

一回の食事でコップ一杯以上の水を摂取してしまうと、胃への負担はもちろん、栄養が効率的に摂取できなくなります。

食事中にジュースを飲むのは少量でもNG

ジュースには糖分や着色料、人工甘味料など沢山の成分が含まれているため、食事中にジュースを飲むのはNGです。

ジュースに含まれている成分を消化・摂取しようとして、胃の働きが活発になり負担が大きくなってしまいます。

食事中の水分補給は、水・お茶で済ませる様にしましょう。

ジュースの飲み過ぎで引き起こす5つのリスク!日常的な水分補給を見直そう!

摂取する水は常温

食事中に摂取する水分は常温が好ましいです。

常温水は食事と同じ温度感で胃に運ばれていくため、胃への刺激をか最小限に抑えられます。

冷たすぎると食べ物との温度差が激しく、便秘や体の倦怠感を引きお気推してしまいます。

食事中にやってはいけない3つのこと

水分補給以外にも食事中にしない方が良い習慣があります。

なぜしない方が良いのか詳しく紹介していきますね。

租借回数が少ない

あまり租借せずに食事をしてしまうと、食べた物が大きい状態で胃へと運ばれてしまい、大きいものを消化しようとして胃への負担が大きくなります。

栄養バランスに気をつけて作った食事も、栄養が吸収されないまま消化されてしまうので、食事する意味が無くなります。

肌が栄養不足に陥り肌のハリ・弾力が低下したり、腸内環境が悪くなって肌荒れを引き起こしたりと様々なリスクを引き起こすことに。

腸の働きも鈍くなってしまうため、代謝が悪くなり、健康状態も低下してしまいます。

しっかりと租借して食事をすれば唾液の分泌を促進でき、活性酵素の抑制にも繋がるので、老化の防止にも効果が得られます。

租借回数は食事によっても異なりますが、一口当たり30回を目安に噛んでから食べる様にしましょう。

姿勢が悪い

食事する時の姿勢が悪いと、中にある大きな筋肉「僧帽筋」が硬くなることによって血流が悪くなります。

血行が悪くなると、あらゆる病気や疾患に繋がってしまい、大病のもとになってしまうのです。

食事中、無意識に姿勢が悪くなってしまう人が多いので、意識して良い姿勢を保ちましょう。

噛むときに片側で噛んでしまう

食事する際にどちらか片側だけで租借すると、片側の筋肉だけを利用することになるので、バランスが悪くなってしまいます。

また、片側だけだと十分に咀嚼できていない状態で飲みこんでしまうので、胃へ負担をかけてしまいます。

腸への負担も大きくなり、便秘や代謝の悪化を引き起こしてしまうので、左右両方で租借するようにしましょう。

食事中の正しい水分補給を理解しよう!

食事中に水を飲むと胃酸を薄めてしまうので、負担が大きくなってしまい、様々な病気へと繋がります。

バランスの良い食事をとっても栄養素が吸収されないので、結果的に不健康な種億時になってしまうのです。

健康に気使っている人・ダイエット意識が高い人は、食事中の水分摂取をなるべく少なくし、て健康的な食事をするようにしましょう!

水分補給が上手くできない・苦手な人必見!効率的に水分補給する秘訣!