高齢者の水分補給を頻繁にしましょう!水分補給をしなければいけない理由と対策

高齢者の水分補給を頻繁にしましょう!水分補給をしなければいけない理由と対策

高齢者の水分補給は家族の協力がなければ、完璧に行うことができないということを頭に入れておきましょう。

実際に高齢者の死因の中に脱水症状も含まれており、決して他人事ではありません。

家族の方も日々の生活が忙しくなることが多いですが、家族で協力して高齢者に水分補給をしてもらわないと命に関わります。

大切な家族の命を守るためにも、工夫して水分補給をしてもらうようにしましょう。

高齢者が水分補給をしなければならない理由

高齢者は水分補給を適切に行わないと、命にかかってしまう場合があります。

高齢者の多くは、体の様々な箇所に不調をきたしてしまう影響で、日常生活が思うようにいかなくなってしまいます。

水分補給に関しても例外ではありません。

この章では、高齢者が水分補給をしなければいけない理由について解説していきます。

脱水症状になりやすい

以下が脱水症状になりやすい要因です。

  • 体内の水分量の保有が低下している
  • 喉の乾きを気づきにくい
  • 病気による薬の服用
  • 内蔵機能の低下

1つずつ詳しく解説していきます。

体内の水分量の保有が低下している

高齢者が脱水症状になりやすい要因としては、食欲不振などの影響による体内の水分の保有量が低くなってしまうことです。

水分は食事からも摂取することができますが高齢者は、歯が悪いことなどが原因で食欲が低下してしまいます。

食事は体内の水分量と筋肉量に大きく関係しており、筋肉の低下は筋肉に含んでいる水分量の分が少なくなってしまうことと同じなのです。

高齢者に無理に食事をしてもらうことは、難しいのでこまめに水分補給をするようにしましょう。

喉の乾きを気づきにくい

高齢者は年齢とともに味覚や聴覚などの様々な感覚が鈍くなってしまいます。

失われていく感覚の中には喉の感覚も含まれており、高齢者は喉の乾きに気づかないことが多くなってしまいますね。

また脳の機能が低下すると認知症のリスクが高くなってしまい、水分補給自体の認識をすることができなくなってしまいます。

感覚の低下による脱水症状を防ぐには家族のサポートが必要になるので、常に水分補給の注意をするようにしましょう。

病気による薬の服用

年齢を重ねるにつれて糖尿病などのリスクが、高くなってしまいすね。

糖尿病になってしまうと体の中の余分な糖を排出するために、尿をたくさん出してしまいます。

糖が尿として排出されるのと同時に体に必要になる水分も排出されてしまうので、結果的に体内の水分量が少なくなってしまい脱水症状に陥ることのなるのです。

また薬による影響も、脱水症状に関係します。

薬の中には体の中の余分な塩分を排出する効果があるものもあり、塩分は尿や汗となって体外に出てしまうので、注意が必要です。

薬を飲んでいる高齢者の方が身内にいる場合は、特に注意するようにしましょう。

内蔵機能の低下

内臓の中でも特に水分補給に関係する臓器は、尿を生成することで知られる腎臓だとされています。

腎臓は体内の水分バランスを整える働きがあり、機能が低下することによって体内の水分バランスが崩れてしまうのです。

また体の中に必要な電解質の体内に留めることができなくなり、脱水症状に陥りやすくなってしまいます。

体内の水分量を正常に保つために、水分補給を怠らないようにしましょう。

体温調節できないから

高齢者は夏場に暑さをあまり感じないという人が多いということをご存知でしたか?

暑さを感じる器官は肌だとされており、もし肌の感覚器官が鈍くなってしまうと血流を増加させることや汗を排出するための伝達ができなくなってしまいます。

汗などで熱を放出することができないため、体内に熱がこもりやすくなってしまい熱中症のリスクが高くなってしまうのです。

水分補給をして体内を冷やす必要があるので、こまめに水分を摂るようにしましょう。

高齢者に水分補給をしてもらう方法

高齢者に水分補給を確実にしてもらうためには、家族の協力が必要になります。

家族の力があれば、高齢者の脱水症状のリスクを軽減することができるのです。

以下が高齢者に水分補給をして貰う方法です。

  • 家族が水分補給を管理する
  • 部屋の温度を調節する
  • ゼリーなど水分補給が簡単なものを用意する

詳しく解説していきます。

家族が水分補給を管理する

家族の皆さんは高齢者が必要な1日の水分摂取量を把握しなければなりません。

1日に必要な水分の量は高齢者の体重1kgあたり40mlです。

体質もあるので必要であれば40ml以上の水分を、飲んでもらうようにしましょう。

あくまで水分補給の目安ですので、食べ物に含まれている水分は水分補給にカウントしないでください。

部屋の温度を調節する

部屋の温度や湿度などの環境を整えることも、脱水症状を起こさないために重要なことになります。

エアコンが苦手という高齢者も中にはいますが、脱水症状や熱中症は命に関わるので説得をするようにしましょう。

部屋が乾燥しすぎてしまうと不快指数には現れませんが、体内が脱水症状になってしまうことがあります。

加湿器を導入して適切な湿度を、保つようにしましょう。

ゼリーなど水分補給が簡単なものを用意する

高齢者は歯が弱い影響で食事が苦手な人が多いですが、柔らかいものや麺類であれば食べられるという方が多いですよね。

ゼリーなどの水分が凝縮して作られている食事は、歯が弱い高齢者にも好まれやすいです。

食事を摂ってもらえない時は、ゼリーやプリンを食べてもらうようにしましょう。

ゼリーと言ってもこんにゃくゼリーは喉に詰まってしまう可能性があるので、控えた方が無難です。

水分補給をしなければならないタイミング

1日の中でも、どのタイミングで水分補給をするかによって効果が変わってきます。

必要なタイミングを把握して、水分補給を促すようにしましょう。

朝起きた時

寝ている間に人間は、ペットボトル1本分に当たる約500mlの水分を失っています。

その水分を補うために朝起きたタイミングで水分を摂取することは重要です。

朝の水分補給を怠ってしまうと体内の水分量を蓄えることができなくなり、脱水症状のリスクが高くなってしまいます。

朝起きたら必ず水分補給を、してもらうようにしましょう。

入浴時

入浴際はスポーツをした時くらい、汗を流しますよね。

よく入浴後の水分補給は喉が渇く影響でされる方が多いですが、入浴前の水分補給も脱水症状にならないためには非常に大切になってきます。

脱水症状になるケースとしては、入浴前に体内に十分な水分がないために、入浴の際に排出する水分に負けてしまうことが原因で脱水症状が起きてしまうのです。

入浴中の脱水症状にならないためにも、入浴前と入浴後に水分補給をするようにしましょう。

就寝1時間前

入浴の時の水分補給と同じで、寝ている間に排出する水分に負けないようにする必要があるますね。

寝ている時間は平均的な人で、7時間だといわれています。

7時間もの間水分補給ができなくなってしまうので、寝る前には必ず水分補給をしてもらうようにしましょう。

高齢者の水分補給で注意すること

この記事を読んで高齢者の水分補給が大切だということが知ることができたと思いますが、水分補給をする上で注意しなければならないことも多くあります。

注意しなければならないことをまとめてみましたので、一緒に確認していきましょう。

1回に大量に水分補給をしない

こまめに
通常の水分補給の時もそうですが1回の水分補給で大量の水を飲んでしまうと、水中毒やむくみの原因となってしまいます。

いくら高齢者が体内に保有できる水分の量が少ないからと言っても、大量の水を飲むことは健康を害する結果になってしまうのです。

水中毒になってしまうと更に喉が乾いてしまうことになってしまい、逆効果となってしまいます。

水分補給の回数を多くして、少量をこまめに摂取できるようにしましょう。

体調をしっかり確認する

高齢者は日によって、体調が変化してしまいます。

体調が悪い時は下痢や嘔吐といった症状に見舞われることもあり、水分が失われてしまう可能性が高いです。

脱水症状にもなりやすいので、高齢者の体調をしっかり把握することが重要になりますね。

高齢者の水分補給にはハイポトニック飲料が好ましい

高齢者に飲んでもらう飲み物には、適度な塩分と糖分が含まれているもの好ましいとされています。

ハイボニック飲料という飲み物はご存知ですか?

ハイボニック飲料の中には経口補水液も含まれています。

ハイボニック飲料はナトリウムや糖が控えめになっていて、糖尿病の予防につながるとされているのです。

高齢者の急な脱水症状にも対応しているので、高齢者の水分補給にはハイボニック飲料をおすすめします

仕事などで協力が難しい場合の対策

働いていて高齢者の水分補給の協力が難しい場合は、対策をしましょう。

家族が協力できなくても他の対策を講じることは可能です。

おすすめの方法を紹介しますので、取り入れましょう。

訪問介護を利用する

訪問介護は価格が少し高くなってしまいますが、家族を守るために積極的に利用をしましょう。

在宅の介護は住み込みの介護より費用を抑えることができ、高齢者も受け入れやすいことがメリットといえます。

訪問介護の会社の中にはスポットで取り入れることができるので、休みの日と仕事の日で分けて訪問介護を使うことができます。

介護と聞くと抵抗がある方もいますが、恥ずかしいことではありません。

むしろ命を守るために大切なことです。

在宅介護を取り入れて、安心できる生活を送りましょう。

認知症がない場合はカメラを利用して呼びかける

認知症を患っていない高齢者であれば、在宅介護を使わなくても水分補給をしてもらえる方法があります。

リモートワークの普及と同時にウェブカメラも進化を遂げました。

ウェブカメラの普及によって遠隔でコミュニケーションを取ることが当たり前になりましたね。

ウェブの技術を活かして水分補給の時間になったら、家族が高齢者に呼びかけて水分補給をしてもらうことが可能です。

家の中の様子を見守るツールも販売されているので気になった方は、取り入れてみてはいかがでしょうか?

家族で協力して高齢者の水分補給をしましょう

高齢者は水分補給を自分ですることが、難しいということがわかっていただけましたか?

家族で協力して高齢者に水分補給をしてもらわないと、大切な家族の命を危険にさらしてしまいます。

反対に家族の協力を得ることができれば脱水症状の心配がなくなり、安心して生活をすることができるようになりますね。

負担になってしまうこともありますが、大切な家族の命がかかっていますので協力を怠らないようにしましょう。