水道水を飲まない方がいい5つの都道府県!安全に水道水を飲む秘訣も紹介!

日本の水道水は基本的に安全です。

しかし、都道府県によっては水道水がおいしくないと、聞いたことがある人もいるでしょう。

実際に、日本でも地域によって水道水の味や、性質は異なります。

また、昔は水道水に不快な味やにおいがして、飲めない県もありました。

現在は改善されている傾向にありますが、都道府県ごとの詳細については、知っておきたいですよね。

今回は、水道水を飲まない方がいい5つの都道府県について、安全に水道水を飲む秘訣も含めてご紹介します。

日本の水道水は世界的に安全性が高い!

日本の水道水は世界の諸外国と比べて、安全性が高いです。

水道水が飲める国は世界で15カ国のみと言われていて、日本もその一つに含まれます。

海外では、基本的に飲水は買うものとなっていますが、日本の水道水は安全で飲み水として利用しても問題ないとされています。

日本の水道水が安全と言われている理由として、水道水の検査項目が多いことが挙げられます。

日本の水道水の安全検査項目は、51種類です。細菌などの物質、におい、色などさまざまな項目があります。

[2021年版]水道水を本当に安全に飲める国は9ヶ国!海外の水について覚えておきたいポイント

都道府県によっては飲まない方がいいところも…

日本でも味やにおいの点から、水道水を直接飲めない県もあると、耳にしたことがあるという人もいるのではないでしょうか。

日本の水道水は諸外国と比べて安全ですが、都道府県によっては飲まない方がよいところもあります。

日本国内でも、地域によって水道水の味や成分が異なります。

安全性はどれも高いとされますが、味やにおいが気になるということで、人によっては飲めない県もあるでしょう。

水道水をあまり飲まない方がいい8つの都道府県

水道水をあまり飲まない方がいい都道府県は、以下の8つになります。

  • 東京都
  • 大阪府
  • 茨城県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 神奈川県
  • 宮城県
  • 愛知県

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

東京都

東京都は、水道水が飲めない県の1つです。

東京都内は、ビルや繁華街が多く人口もかなり多くなっています。

したがって、他の県に比べて必要となる水の量も多くなるため、大きな貯水槽が設置されている傾向にあります。

この大きな貯水槽は水を多く貯水できる反面、長時間水槽に水が溜まると、雑菌が繁殖しやすいです。

したがって、それを防ぐために消毒をさらに強く行うため、水道水の味に影響を与えると、考えられています。

しかし、近年では水道水から直接給水を行う供給方法を、利用しているところが増えています。

この直接給水方式では、水を貯水槽に保管することはなくなるので、雑菌の繁殖と消毒が抑えられるでしょう。

東京都で利用できるおすすめのウォーターサーバーランキング!

大阪府

大阪府も、水道水が飲めない県の1つです。

大阪府の水源は淀川ですが、淀川の水源は琵琶湖なので、琵琶湖が実際の水源となります。

琵琶湖は高度経済成長期の工場からの汚水や、周辺の生活排水の流出によって、かなり水質が悪化した時代があります。

当時はかなり消毒の臭いが強く、味もよくありませんでした。

現在は当時と比べると浄水施設が高性能のものになり、臭いや味は改善されている傾向にあります。

しかし、琵琶湖自体の水質問題が解決されたわけではないと言われており、根本的な問題解決にはなっていません。

大阪府で利用できるおすすめのウォーターサーバーランキング!

茨城県

茨城県は水道水が飲めない県の1つと言われています。

茨城県つくば市をはじめとした地域の水源は、霞ヶ浦の湖です。

霞ヶ浦は一般的な水よりも栄養素が高く含まれています。

栄養が多いことで、環境に魚が耐えられず死んでしまい、蒸発残留物が増えたり、トリハロメタン濃度が高くなったりします。

これは水道水がカビ臭くなったり、鉄の臭いがしたりする原因となっています。

また、筑波大学の調査により、つくば市の浄水器利用率が69%にもなることが判明しています。

浄水器利用率の全国平均は29.1%なので、かなり高い数字といえるでしょう。

埼玉県

埼玉県も水道水が飲めない県の1つと言われています。

東京の隣接している点で、集合住宅が多いので、東京都内と同じように大きな貯水槽が多く利用されています。

水道水の水質としては、美味しく飲めても、貯水槽の衛生管理がしっかりなされていないと、味やにおいに影響が出るでしょう。

しかし、貯水槽の衛生管理は、マンションや管理人次第な点があります。

しっかり対策がされていれば問題ありませんが、管理がしっかり行われていないと、水道水がまずいと感じる人も出てくるでしょう。

一方、埼玉県でも都内から離れた地域では地下水脈が豊富で、塩素消毒が少なくて済む特徴があります。

よって、ミネラル分も適度に保たれ、より美味しい水道水が楽しめるでしょう。

千葉県

千葉県も水道水が飲めない県の1つと言われています。

基本的に千葉県は印旛沼や利根川が水道水の水源です。

千葉県でも高度経済成長期の急激な都市化の進行によって、工場排水や生活排水が川に流れ込み、水質汚染が進んだ背景があります。

印旛沼の水質は全国ワースト上位に入るほど、水質汚染が進んでいます。

千葉県水道局は水質改善に取り組んでおり、世界保健機関(WHO)による「飲料水水質ガイドライン」の水安全計画に基づいて、平成20年に「千葉県水道局水道事業水安全計画」を策定しました。

それから、千葉県の水道水を高いレベルの品質に戻すべく、水質の改善に取り組んでいます。

千葉県で利用できるおすすめのウォーターサーバー比較ランキング!

神奈川県

神奈川県も水道水が飲めない県の1つと言われています。

神奈川県は工業地帯が多いことから、10年ほど前に消毒の臭いや、味について水道局に改善の意見が多くあったことが報告されています。

また、東京都内と同じように、人口が多いので、大きな貯水槽が原因となる問題はあるでしょう。

しかし、横浜市の浄水場に関しては2005年に品質マネジメントシステム「ISO9001」を取得しました。

それからは、水質管理を含む浄水処理を徹底的に見直しており、不純物を取り除くための設備も新しくなっていることから、以前より水質が改善されています。

宮城県

宮城県も水道水が飲めない県の1つと言われています。

宮城県内にはダムが多くあります。

そのダムが水道水の水源とされていることが多いのですが、ダムは川や沼などと異なり、閉鎖的な環境です。

したがって、溜まっている水には窒素やリンなどの物質が流れ込みやすく、味に影響が出ていると考えられます。

愛知県

愛知県も水道水が飲めない県の1つと言われています。

愛知県では他の都道府県と異なり、水源として使用される川が2つのみです。

よって、水源から浄水場までの距離が遠くなっています。

水源からの距離が遠いと、その分味に影響が出ると考えられています。

一方、名古屋市内に関しては浄水場が増えて、水道水がおいしいと言われるようになってきました。

地域によって、水道水の味が異なるのが現状です。

水道水がまずい地域は水道管が劣化している

水道水がまずい地域は水道管が劣化していることも、原因の1つです。

水道管が劣化してサビなどが発生していると、水道水が鉄っぽい風味を帯びてしまいます。

いくら浄水場で消毒されて、ろ過されていっても、その水を運ぶ水道管が劣化してしまっては、味に影響が出続けてしまうでしょう。

安全性に問題ないとしても、臭いや味が気になる場合は、水道局に問い合わせてみるのも、選択肢の1つです。

マンションに住んでいる場合は貯水タンクが汚い可能性も

大きなマンションに住んでいる場合は、貯水タンクが汚いことで、水道水がまずくなっている可能性があります。

大きな貯水槽は長時間水槽に水が溜まると、雑菌が繁殖しやすいです。

基本的に管理会社で衛生管理が行われていますが、管理がずさんな場合、貯水タンクが汚くなっているかもしれません。

その場合、味やにおいに影響が出ていると考えられます。

水道水を安全に飲む工夫

水道水を安全に飲むための工夫には、以下の3つがあります。

  • 煮沸消毒する
  • 浄水器を取り付ける
  • ウォーターサーバーを活用する

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

煮沸消毒する

水道水は煮沸消毒すると、カルキを抜くことができます。

実際に、10分〜30分程度沸騰させるのがおすすめです。

煮沸消毒することで、水道水の味は雑味が減ります。

また、独特な水道水のにおいも取り除かれて、飲みやすくなるでしょう。

水道水のカルキを抜く7つの方法!注意点と必要な時間を解説!

浄水器を取り付ける

蛇口に浄水器をつけることで、水道水に含まれる不純物を取り除くことが可能です。

浄水器を通した水道水は、雑味やにおいが減り、口当たりが良くなります。

また、安全性もより高くなるメリットもあります。

フィルター容量が大きいものの方が、長持ちでより浄水能力も高いため、水道を多く使用する家庭でおすすめです。

ウォーターサーバーを活用する

水道水を安全に飲む工夫として、ウォーターサーバーの活用もおすすめです。

ウォーターサーバーは、水道と直結してフィルターを通すタイプのものであれば、水道水をより美味しく安全に楽しむことが可能です。

水道直結型のウォーターサーバーには、1000万分の1mmの極小浄化孔フィルター「RO膜」(逆浸透膜)が多く利用されています。

RO膜を通った水道水は、RO水となり無味無臭で、硬度がかなり低いのが特徴です。

ミネラル成分も限りなく取り除かれているので、口当たりまろやかで、赤ちゃんのミルク作りにより適していると言われています。

このように水道水は、ウォーターサーバーを活用することでも、より安全に美味しく楽しむことが可能です。

ウォーターサーバーのメリット・デメリットを紹介!必要な人の特徴も解説!

安全に水分補給をしよう!

今回は、水道水を飲まない方がいい5つの都道府県について、安全に水道水を飲む秘訣も含めてご紹介しました。

日本の水道水は品質基準が高く、基本的に安全です。

しかし、地域によっては水道水がおいしく飲めない可能性もあります。

その場合は、ウォーターサーバーを活用したり、煮沸消毒することで改善できるので、ぜひこの記事を参考に試してみてください。