シンプルウォーターの解約方法とは?解約の流れと解約金を無料にする裏技

シンプル 解約

富士鳴沢のおいしい水が飲めるシンプルウォーター。

実際に契約している人も少なくないでしょう、しかし、料金面やサーバーの使いやすさなど様々な面で解約を検討している人もいるのではないでしょうか。

しかし、実際に解約するとなると、解約金の金額や、解約の方法を確認しておきたいですよね。

そんな人に向けて、今回はシンプルウォーターの解約方法について、解約の流れと解約金を無料にする裏技を含めご紹介していきます。

シンプルウォーターはいつ解約しても解約金無料!

シンプルウォーターは、数あるウォーターサーバーの中でもめずらしく、いつ解約しても解約金が無料です。

通常ウォーターサーバーは契約して1年~3年以内に解約すると、約1万円以上の解約金が発生します。

他社ではほぼ必ず解約金は発生するので、シンプルウォーターはその点お得で始めやすいです。

しかし、注意点として注文から解約までの水の注文数が、12箱以下の場合は、ウォーターサーバー本体代金の半額4,900円(税抜)を請求されます。

1箱ずつ水を注文していれば12カ月間、2箱ずつの注文であれば半年間継続していれば請求はなくなります。

それでも請求額は4,900円(税抜)なので、他社よりも比較的安価で解約可能です。

ピュアハワイアンウォーター口コミと評判!特徴や評判を徹底解説!

シンプルウォーターの解約方法をステップごとに解説

シンプルウォーターでは、「公式サイトのマイページより解約」「コールセンターより解約」の2つの解約方法があります。

それぞれのステップを紹介していきます。

シンプルウォーターのマイページ・コールセンターから解約の申し込み

まずは公式サイトマイページからの解約申し込みです。

解約申し込みは、以下のように行います。

  1. シンプルウォーターのマイページにアクセス。
  2. 申し込み時に登録済みのEメールアドレスとパスワードを入力しログイン。
  3. サーバー本体の引き取り日を入力して申し込み完了

コールセンターからの解約申し込みは、以下を参考にしてください。

シンプルウォーター お問い合わせ窓口

  • TEL:0800-800-5880
  • 受付時間 : 10:00 ~ 16:00
    (土日祝祭日、及び当社規定の休業日は除く)

オペレーターに契約している情報と解約希望ということを伝えましょう。

解約を申し込んだら1ヶ月以内にサーバーを返却する

解約を申し込む際に決めたウォーターサーバーの引き取り日に、ウォーターサーバーの返却を行います。

返却は解約申し込み日から1カ月以内に設定することが可能です。

立ち合いが必要となるので、自分の予定を事前に確認して、候補日を複数確保しておきましょう。

ウォーターサーバーを返却する準備をする

返却日を決めたら返却の準備をします。

  • ウォーターサーバーの水抜き方法
  • ウォーターサーバーを梱包する
  • 宅配業者にサーバーを渡す

上記それぞれの詳細について、ご説明していきます。

ウォーターサーバーの水抜き方法

ウォーターサーバーは水抜きを行います。

まずは余っている水を使い切ります。温水を利用している場合は、コンセントを抜いて約3時間程度置いてから、排水を行うようにしましょう。

蛇口や排水口から水を全て出し切ったら、3日程度乾燥させて水抜きは完了となります。

ウォーターサーバーを梱包する

水抜きが終わったらウォーターサーバーを梱包します。

梱包用資材を用意するか、契約時に送られてきた資材を利用して、丁寧に梱包を行います。

梱包する際は、固定用ホルダーや水受け皿などの付属品も忘れずに梱包するようにしましょう。

宅配業者にサーバーを渡す

梱包が終わったら、解約申し込みのタイミングで決めた集荷の日程で、宅配業者にウォーターサーバーを渡します。

宅配業者によっては、玄関先で渡す必要があるところもあります。

そのため、事前に梱包が済んだ状態で、ウォーターサーバーを玄関先に移動しておくのがおすすめです。

シンプルウォーターを解約している人のリアルな意見を紹介

シンプルウォーターを解約した人で、解約を決めた理由については以下の3点が多くありました。

  • サーバーのデザイン性が乏しい
  • 初期費用が高い
  • 住んでいる地域によって配送料が高い

次項から上記それぞれの詳細について、ご説明していきます。

サーバーのデザイン性が乏しい

シンプルウォーターを解約した人で、ウォーターサーバー自体のデザイン性が乏しいという意見があります。

他社のウォーターサーバーと比べると、真っ白でシンプルなデザインが特徴ですが、逆に安っぽい印象を受ける人もいるかもしれません。

他社製のものは、更に機能が多くて最先端のサーバーであれば、スタイリッシュなものもあります。

シンプルウォーターのサーバーは卓上型でシンプルな設計なので、毎月のコストを抑えられている点もあるでしょう。

【おしゃれ好き必見!】インスタ映えするおすすめのウォーターサーバー8選!

初期費用が高い

お金 なくなる

シンプルウォーターは初期費用が高いという意見があります。

毎月のサーバー代はかかりませんが、初回のみウォーターサーバー代として、9,800円(税抜き)がかかります。

他社と比べると、初回のウォーターサーバー代としては高額です。

初期費用としてはウォーターサーバー代に加えて水代と配送料がかかります。

ただ、2020年11月30日まで、ウォーターサーバーの無料キャンペーンを行っており、期間内であれば初期のサーバー代がかかりません。

そのため、、初期費用としては水1箱であれば2,250円(税抜き)と配送料のみが初期費用となります。

料金の安いウォーターサーバーで比較!ランキングで最安値のウォーターサーバーを紹介

住んでいる地域によって配送料が高い

シンプルウォーターでは、住んでいる地域によっては水の配送料がかかります。地域ごとの配送料は以下の通りです。

  • 北海道→400円
  • 青森県・岩手県・秋田県・宮城県・福島県・山形県→100円
  • 鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県→200円
  • 香川県・愛媛県・徳島県・高知県→300円
  • 福岡県・佐賀県・大分県・長崎県・鹿児島県・熊本県・宮崎県→400円
  • 沖縄県・離島 →1,500円
  • その他の県→無料

配送料としては、他社と比較しても平均より高めの金額です。

特に沖縄県や離島については、1,500円なので毎月と考えると固定費が高額になります。

また、上記の金額は1箱あたりの配送料なので、もし月に2箱注文しているならば、倍の値段がかかります。

住んでいる地域の配送料を確認したうえで、検討してみてください。

乗り換えキャンペーンを活用すればシンプルウォーターの解約金が0円

女性 ガッツポーズ

シンプルウォーターは半年~1年以内の解約で、違約金が発生します。

一定期間以上契約しなければ、解約金が発生してしまうので、なかなか解約しづらいでしょう。

しかし、他社のウォーターサーバー製品では、乗り換えキャンペーンが行われているところがあります。

シンプルウォーターを解約して他社のウォーターサーバーに乗り換えすれば、乗り換え先のキャンペーン利用で違約金分をキャッシュバックしてくれたり、その金額相当の様々な特典がついたりする場合があります。

ウォーターサーバーは種類が多いので、使用しているウォーターサーバーの解約を検討しているならば、乗り換えキャンペーンの活用がおすすめです。