ネイフィールウォーターの解約方法とは?解約の流れと解約金を無料にする裏技

ネイフィールウォーターの解約方法とは?解約の流れと解約金を無料にする裏技

ネイフィールウォーターを使用している人の中には解約を考えている人も多いのではないでしょうか?

使用していく中で別のサーバーに興味を持ったり、必要が無くなってしまったりするケースはよくあること。

しかし、初めて解約する人にとっては「どの様に解約をすれば良いのか」「解約する際に解約金はかかるのか?」など不安や疑問を感じますよね。

そこでこの記事では、ネイフィールウォーターの解約方法や解約金がいくらかかるのかを紹介していきます。

ネイフィールウォーターの解約を考えている人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ネイフィールウォーターは期間を満了せずに解約すると違約金が発生!

ネイフィールウォーターでは、サーバー別に契約期間が決まっており、期間を満了せずに解約すると違約金が発生します。

契約期間・解約金ともにサーバーによって異なるため、下記の表を参考にしてみて下さいね。

サーバーの種類 規定利用期間 解約金
らく楽スタイルウォーターサーバー【セレクト】 2年 9.000円
らく楽スタイルウォーターサーバー【スタンダード】 6ヶ月 9.000円
スタイリッシュサーバー 1年 5.000円

既定の利用期間こそは様々ですが、セレクトの場合は、2年以上使用しないと解約金が発生します。

かなり長期間使用しなければならないため、申し込みをする場合は、早期解約しない様にしっかりと考えておきましょう。

しかし、他のメーカーの解約金や規定利用期間と比較すればかなり良心的な条件と言えます。

マーキュロップ使用者の口コミ一覧!サーバーの特徴や評判を徹底解説!

ネイフィールウォーターと他社の規定期間・解約金を比較

ネイフィールウォーターを解約する際はフリーアクセスに連絡!

ネイフィールウォーターを解約する場合は、フリーアクセスに電話をかけて、解約の旨を伝えます。

WEBやメールなどで解約を申し込むことはできないため、注意しておきましょう。

下記、電話番号と営業時間になります。

電話番号 営業時間
0120-976-134 9:00~18:00(日曜;祝日:年末年始を除く)

フリーアクセスに電話をかけ、オペレーターに解約の旨を伝えれば、サーバーの返却方法や返却日時などの説明を受けられます。

アルピナウォーター使用者の使用者の口コミ一覧!特徴や人気の理由を徹底解説!

ネイフィールウォーターの解約方法をステップごとに解説

ネイフィールウォーターに解約する旨を伝えたら、サーバーを返却する準部を進めていきます。

しかし、「解約する際に気をつけるべきことは?」「サーバーはどうやって解約すればいいの?」など疑問を持ちますよね。

そこでここからは、ネイフィールウォーターの解約をステップごとに解説していきます。

解約を申し込んだら1ヶ月以内にサーバーを返却する

アイディールウォーターに解約を伝えたら、1ヶ月以内にウォーターサーバーを返却しなければなりません。

あまりにもサーバーを返却するまでに時間が掛かってしまうと、追加の手数料が発生してしまい、無駄な料金が発生してしまうことに。

そのため、無駄な費用をかけないためにも解約の申し込みをしたら早急に返却するようにしましょう。

余っているボトルの残量に注意!

サーバーを返却するとボトルが繋げられなくなってしまい、水が飲めなくなります。

折角ボトルを注文したにも関わらず、水が飲めなくなってしまう状況に陥ってしまうため、非常にもったいないです。

そのため、サーバーを返却する場合は水をすべて使い切ってから返却できるように、見通しを立ててから返却日を決めましょう。

ウォーターサーバーを返却する準備をする

サーバーの返却準備と言われても、具体的に何をすればいいのかよくわかりませんよね。

サーバーを返却する際に行なうのは下記の2つ。

  • ウォーターサーバーの水抜き
  • ウォーターサーバーの梱包

それぞれの作業内容を理解し、スムーズにサーバーの返却ができる様にしましょう。

ウォーターサーバーの水抜き方法

水抜きとは、ウォーターサーバー内の水を抜く作業のこと。

水を抜いておかないと配送中に水が漏れたり、思わぬ故障に繋がってしまったりと、あらゆるリスクを引き起こしてしまいます。

そのような事態を引き起こさない様にするためにも、サーバー内の水を抜いておくのです。

水抜きの手順は下記の通り。

  1. ウォーターサーサーバーから冷水と温水を出し切る
  2. ウォーターサーバーからボトルを取り外す
  3. ウォーターサーバー本体のスイッチを切りコンセントを抜いて5時間放置する
  4. サーバーの背面にある排水キャップを外しタンク内の水を出し切る
  5. 排水キャップを締めて水抜き完了
水抜きをする際はやけどに注意!

水抜き自体あまり難しい作業ではありませんが、やけどに注意しなければなりません。

と言うのも、水を排出する際、コンセントを抜いてからある程度放置しておかないと熱湯が出てきてしまいます。

勢いよく水が出てくるため、こぼれたりするとやけど繋がることも。

やけどを防ぐためにも、本体のコンセントを抜いたら、5時間ほどお湯を冷ます時間を作る必要があります。

また、水を排水する際には2Lくらいの水が出てくるため、大きめのバケツを用意しておきましょう。

ウォーターサーバーを梱包する

サーバー内の水抜きが完了したら、発送するためにウォーターサーバーを梱包していきます。

メーカーが配送キットを送ってくれるケースもありますが、送ってくれない場合は段ボールや緩衝材を用意し、自分で梱包しなければなりません、

ネイフィールウォーターでも、住んでいる地域によっては梱包キットを送ってくれるため、解約の電話を掛ける際に聞いておきましょう。

また、しっかりと梱包しておかないと、運ぶ際に衝撃などで破損や故障に繋がることも。

無駄な費用が発生しない様に、しっかりと丁寧に梱包しましょう。

宅配業者にサーバーを渡す

ウォーターサーバーの梱包作業が終わったら、回収業者に手渡して解約作業終了です。

あらかじめ決めておいた回収日時にサーバーを返却できないと、再配達料金がかかり、無駄な費用が発生します。

無駄な出費を増やさないためにも、自分のスケジュールを管理し、都合が悪くならない様にしましょう。

ネイフィールウォーターを解約している人のリアルな意見を紹介

実際にネイフィールウォーターを解約している人は、どの様な理由で解約しているのか、意外と気になりますよね。

既に解約している人の理由と自分の理由が似ていたら、思い切って解約に踏み切れるでしょう。

ボトルを保管しておくと邪魔になる

ウォーターサーバーの水はボトルに入っており、ボトルは高さ20㎝・横20㎝くらいあるため、保管しておくのにある程度のスペースが必要です。

そのため、部屋があまり大きくない人からすれば、ボトルを保管しておくのがかなり邪魔に感じてしまいます。

ペットボトルよりも設置スペースの場所を取ってしまうため、ウォーターサーバーを解約する人が多いようです。

コスパがあまり良くない

ウォーターサーバーを使用していく中で、水代・レンタル料・メンテナンス代・配送料・電気代などあらゆる費用が発生します。

メーカーによって発生する料金が異なるものの、ネイフィールウォーターでは水代・電気代の2つ。

月額料金に換算すると4.500円程で、1日あたりだと150円程。

2Lのペットボトルだと100円くらいで済ませられるため、ウォーターサーバーは料金が多少割高です。

コスパの悪さかネイフィールウォーターを解約している人が多いようです。

あまり必要性を感じられなかった

ウォーターサーバーは水を飲むだけの、いわば家電製品です。

そのため、使用する人によっては向き不向きがあるため、サーバーの必要性を感じられないことも。

そのような人は契約しても早期解約してしまうようです。

早期解約すると違約金が発生してしまう可能性があるため、しっかりと考えてから申し込みを検討する必要があるでしょう。

引越しを理由にアイディールウォーターを解約する必要はない

アイディールウォーターでは、配送先の住所変更を行えば、引越し先でも引き続きサーバーを使用できます。

そのため、引越しを理由に解約する必要はないのです。

アイディールウォーターのホームページ・電話受付で住所変更ができるため、引越しを考えている人は住所変更の手続きを行ってみてください、

他社の乗り換えキャンペーンを活用すれば解約金が無料になる!

ネイフィールウォーターを解約する際、サーバーによって利用期間が異なり、解約金が発生します。

解約するだけで解約金が発生するため、損した気持ちになりますよね。

しかし、他社の乗り換えキャンペーンを活用すれば、現金をキャッシュバックしてくれるため違約金を支払わずに解約ができます。

また、現金キャッシュバック以外にも、様々なキャンペーンがうけられるため非常にお得。

現在、様々なメーカーが乗り換えキャンペーンを行っているため、色々と比較してお得なキャンペーンを受けられるようにしましょう。