【コンビニで買える!】カフェインが多い飲み物ランキング!カフェインの効果や摂取量目安とは?

【コンビニで買える!】カフェインが多い飲み物ランキング!カフェインの効果や摂取量目安とは?

カフェインを摂取しないと仕事が手につなかない人も多いほど、現代人にとって身近な成分であるカフェイン。

多くの人がカフェイン=コーヒーのイメージを持っていると思いますが、実際の所様々な飲みものにカフェインが含まれています。

具体的にどのような飲み物にどれくらいのカフェインが含まれているのかよくわからないという人も多いでしょう。

そこでこの記事ではコンビニで買えるものの中で、カフェインを多く含んでいる飲み物をランキング形式で紹介していきます。

合わせて、カフェインで得られる効果や摂取しすぎるリスクまで詳しく解説していきます。

カフェインを飲んで得られる3つの効果

カフェインの多い飲み物 図解

カフェインはコーヒー豆やカカオ、茶葉などに含まれている苦み成分です。

カフェイン=眠気冷ましのイメージを持つ人も多いかもしれませんが、眠気冷ましを含めて大きく5つの効果が得られます。

  • 眠気冷まし
  • 利尿作用
  • 集中力や活力の向上

カフェインの働き➀:眠気冷まし

カフェインを摂取すると頭が冴えて眠気が覚める働きがあります。

これは、カフェインが脳内で作り出す「アデノシン」という物質をブロックするためです。

アデノシンが脳内で活性化すると、脳の覚醒作用を止めて、神経を落ち着かせてしまうので眠気を感じる様になります。

カフェインにはアデノシンの働きを抑制する働きがあるので、眠気冷ましに役立つのです。

カフェインの働き②:利尿作用

カフェインに利尿作用があるのは、尿を生成する働きが腎臓が関係しています。

体内に取り込まれたカフェインは。腎臓で行われる体内への水分の再吸収を抑制する働きがあります。

そのため、体内の水分が吸収されずに排泄されてしまうので、排尿の回数や量が増えてしまうのです。

体内の余計な水分も排出してくれるので、むくみの解消に効果的で、美容に気を使っている女性に嬉しい働きと言えます。

カフェインの働き③:集中力や活力の向上

脳を覚醒する働きがあるカフェインには、集中力を高める神経伝達物質のドーパミンの分泌を促す働きがあります。

ドーパミンが分泌されると、交感神経が活性化するノルアドレナリンが分泌されます。

集中力を高める2つの神経伝達物質を刺激してくれるので、集中力を向上させたい時におすすめです。

カフェインが多い飲み物ランキングベスト5【コンビニで買える】

ここからはコンビニで手に入れられるカフェインが多く含まれる飲み物を紹介していきます。

  • コーヒー
  • 緑茶
  • エナジードリンク
  • 紅茶
  • 炭酸飲料

第1位:エナジードリンク

何かと疲れている時に飲用されるエナジードリンクには、商品によって異なるもののかなり多めのカフェインが含まれています。

商品名 カフェイン含有量
レッドブル(250ml) 80mg
モンスター(470ml) 160mg
リポビタンD(100ml) 50mg
モンスターエナジー 142mg

他の飲みもの比較してもかなりのカフェインが含まれているため、コンビニで手軽にカフェインを摂取したい人にとてもおすすめです。

商品によっては1本だけで成人男性1日分のカフェインを摂取できてしまうので、眠気冷ましややる気を出すにはもってこいの商品と言えます。

しかし、カフェイン以外にも体を活性化させる成分が大量に含まれているため、くれぐれも飲み過ぎには注意です。

第2位:コーヒー

カフェインのイメージが強いコーヒーですが、実際に比較的多めなカフェインが含有されています。

種類 カフェイン含有量 浸出方法
レギュラーコーヒー 60mg コーヒー粉末10gを熱湯150ml
インスタントコーヒー 57mg インスタントコーヒー2gを熱湯140ml

コーヒーの抽出方法と、どのような豆を使っているかによって異なるものの、カップ一杯当たりにおよそ60gのカフェインが含まれています。

コーヒーの抽出時間が長くなるほど、カフェインの抽出量は増え、コーヒー豆は浅煎りになるほどカフェインは多く残る傾向があります。

第3位:緑茶

日常的に摂取している人も多い緑茶にも、比較的多くのカフェインが含まれています。

種類 カフェイン含有量 浸出方法
緑茶 20mg 茶10gを90度の湯430mlで1分
玉露入り緑茶 160mg 茶葉10gを60度の湯60mlで2.5分
ウーロン茶 20mg 茶15gを90度の湯650mlで0.5分
ほうじ茶 20mg 茶15gを90度の湯650mlで30秒

紹介したお茶の中で最もカフェインを多く含有しているのは、玉露入りの緑茶で、100mlあたりに160mgのカフェインが含んでいます。

コーヒーと比較してもおよそ3倍ものカフェインを含んでいるため、数ある飲み物の中でトップクラスです。

ただ、玉露入りのお茶は高級なので、コンビニなどで安値で売られているわけではありません。

コンビニで販売されているお茶は緑茶・ウーロン茶・ほうじ茶などで、比較的カフェイン量は控えめです。

第4位:紅茶

紅茶には適量のカフェインが含まれており、エナジードリンクが苦手・コーヒーが飲めない・緑茶の渋みが苦手な人におすすめです。

紅茶には100mlあたり30mgのカフェインが含まれており、コーヒーと比べて約半分の含有量です。

カフェイン量が控えめで、紅茶特有の風味や香りを楽しめるので、優雅にカフェイン摂取したい人におすすめです。

第5位:炭酸飲料

商品名(350mlあたり) カフェイン含有量
コカ・コーラ 34mg
マウンテンデュー 54mg
ドクターペッパー 41mg
ペプシ 38mg

意外かもしれませんが、コンビニで販売されている各種炭酸飲料にもカフェインが含まれています。

そのため、日常的に上記の炭酸飲料を飲んでいる人は知らず知らずのうちにカフェインを摂取しています。

特にお子さんが日常的に炭酸飲料を摂取している場合は過剰摂取になるため注意しなければなりません。

第6位:チョコレート類

種類(100gあたり) カフェイン含有量 浸出方法
ミルクチョコレート 28mg
ハイカカオチョコレート  84mg

チョコレートにもカフェインが含まれており、ミルクチョコレートはお茶と変わらないカフェイン量が含有されています。

カカオの割合が多いハイカカオチョコレートの場合は、100gあたり84gとかなり多量のカフェインが含まれています。

糖分とカフェインを同時に摂取できるので、仕事の合間に食べるのにピッタリです。

販の板チョコレートは一枚50g程度のものが多いため、一度に大量のカフェインを摂取してしまうリスクはありませんが、くれぐれも食べ過ぎには注意しておきましょう。

カフェインの適切な摂取量とは?

眠気冷ましややる気アップに効果があるカフェインですが、1日に摂取すべき量が決められています。

摂取しすぎるとあらゆるリスクを引き起こしてしまうので、適切なカフェインの摂取量を理解しておきましょう。

成人の場合400mg

カナダの保険省が公表したデータによると、「健康な成人は最大400 mg/日(コーヒーをマグカップ(237 ml入り)で約3杯)までとする。」とされています。

参考:カナダ保健省 (HC)

妊娠中の方は控えるべき

妊娠をしている方や子どもはカフェインはできるだけ控えたほうが賢明です。

下記、世界保健機構であるWHOが公表した文言です。

2001(平成13)年に公表した「Healthy Eating during Pregnancy and Breastfeeding (BookletFor Mothers)2001」において、
「紅茶、ココア、コーラ飲料は、ほぼ同程度のカフェインを含み、コーヒーにはこれらの約2倍のカフェインが含まれている。
このため、カフェインの胎児への影響についてはまだ確定していないが、妊婦はコーヒーの摂取量を一日3~4杯まで
にすべき」とされています。
引用元:WHO:Healthy Eating during Pregnancy and Breastfeeding,Booklet for mothers,2001

【飲み過ぎ注意!】カフェインを摂取しすぎると様々なリスクが…!

カフェインは適量を摂取する分には、身体によい影響があるものの、摂取しすぎると様々なリスクを引き起こしてしまいます。

カフェインは、神経を鎮静させる作用を持つアデノシンという物質と化学構造が似ており、アデノシンが本来結合する場所(アデノシン受容体)にとりついてアデノシンの働きを阻害することにより神経を興奮させます。

コーヒーは、適切に摂取すれば、がんを抑えるなど、死亡リスクが減少する効果があるという科学的データも知られていますが、カフェインを過剰に摂取し、中枢神経系が過剰に刺激されると、めまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠が起こります。消化器管の刺激により下痢や吐き気、嘔吐することもあります。

長期的な作用としては、人によってはカフェインの摂取によって高血圧リスクが高くなる可能性があること、妊婦が高濃度のカフェインを摂取した場合に、胎児の発育を阻害(低体重)する可能性が報告されています。

引用元:農林水産省「カフェインの過剰摂取について」

上記に書かれているように、カフェインの過剰摂取はめまいや不眠、不安などあらゆる症状を引き起こしてしまうため、かなり危険です。

カフェインの摂り過ぎには注意!用量を守って摂取しよう!

適量のカフェインであれば、仕事の効率化・眠気冷ましなど良い働きを期待できます。

コンビニで簡単に手に入れられる商品も多いので、上手にカフェインと向き合うのが重要です。

また、カフェインの摂り過ぎはあらゆる症状を引き起こしてしまうリスクがあるため、くれぐれも注意しましょう。