スーパーの水はなんで無料なの?安全面などを徹底解説!

スーパーの水はなんで無料なの?安全面などを徹底解説!

みなさんも1度は、スーパーに無料の水があるのを見たことがあると思います。

「専用のボトルを買ったら水が無料なんてお得!」と思う方が多いでしょう。

しかし、安いからこそ、安全面や衛生面が気になりますよね。

今回は、スーパーに設置してある、無料の水の安全性と、なぜ無料なのかを解説していきます。

利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

スーパーの水が無料の理由は?

なぜ無料で提供を続けられるのか、疑問に思っている方も多いですよね。

無料提供の理由は、ただのサービス精神というわけではなく、しっかりとした理由があるため、1つずつ解説をしていきます。

  • 集客効果がある
  • ついでに買い物をしてもらえる
  • 原価が安いためボトル代だけで収入になる

集客効果がある

スーパーの無料の水には、集客効果が見込めるため、設置しているところが多いです。

水は生活する上で必要不可欠なもののため、誰もが欲しがります。

そのため、無料の水がもらえるのを聞いた方達が、そのスーパーに集まります。

水には好き嫌いがないため、老若男女問わず、多くの集客効果があるでしょう。

ついでに買い物をしてもらえる

スーパーにある無料の水は、入口付近に設置されているため、水を貰ってすぐに帰るのも可能です。

しかし、日本人の性格上、1度来店したら何か購入しなければならないと考える方が多い傾向があります。

そのため、買う予定がなかったものまで買ってもらえる可能性が高まるため、店側にはメリットしかありません。

原価が安いためボトル代だけで収入になる

無料で水を貰うためには、最初にボトルを購入する必要があり、値段は500円前後です。

無料のため、利益がほとんど発生してないと思う方がいるかと思いますが、原価が非常に低いため、ボトルの値段だけで利益はしっかりと発生しています。

また、天然水とは違い、スーパーで使用されているRO水は原価が安いです。

RO水は、超微細なフィルターでろ過を行っているため、不純物が完全に除去されています。

そのような高性能のフィルターを使用しているため、原水にこだわる必要がなく、ほとんど水道水を原水としています。

水道水は、1Lで0.2円と安いため、いくら使用してもスーパー側の金額の負担は少ないでしょう。

スーパーの水は安全性が高くない可能性がある

RO水自体は、衛生的で安全ですが、スーパーのRO水は安全性が低い可能性があります。

スーパーの無料の水は、市販のミネラルウォーターやウォーターサーバーの水とは異なり、密閉性が低く、水を補充する際に必ず空気に触れてしまいます。

そのため、雑菌が混入しやすく、劣化しやすいです。

RO水は、水道水のように消毒剤などが含まれていないため、1度菌が混入すると繁殖しやすい特徴があります。

また、ボトルは使い捨てではないため、自宅でボトルの衛生面を保つ必要があります。

水を使用するたびにキャップを開けてボトルに触れるため、ボトル自体に菌が繁殖しやすいでしょう。

メーカーのようにボトルを自宅で完璧に殺菌するのは難しいため、衛生面があまり良くないと言えます。

多くの方達が利用するのも、衛生面に問題がある原因の1つです。

スーパーの水のメリット・デメリット

スーパーの無料水のメリットとデメリットを合わせて紹介します。

利用を検討している方は、参考にしてください。

メリット

スーパーの無料水のメリットは、「水代の節約になる」と「水道水よりは安全性が高い」の2点です。

無料のため、節約をしたい方には向いているでしょう。

水代の節約になる

スーパーの無料水は、何よりも無料のため、節約になります。

しかし、水道水自体が1Lで0.2円と安いため、節約できる金額は小さいのが事実です。

ただ、毎日無料で使用できるのは、お得であるのはたしかです。

水は飲み水や料理など、使用しない日はないため、それが無料で使用できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

水道水よりは安全性が高い

水道水をろ過しているスーパーがほとんどですが、RO水は不純物を除去している水のため、水道水よりは安全性が高いと言えます。

日本の水道水は安全性が高いですが、水道管が劣化している家庭では、鉄分が混入する危険があります。

また、水道水特有のカルキ臭が苦手な方も、塩素が除去されているため飲みやすいでしょう。

スーパーのRO水は、不純物やミネラル分が除去されているため、非常に安全性が高いですが、密封性が低いため菌の繁殖が早いのも事実です。

そのため、すぐに使い切るなら水道水よりも安全でおすすめと言えるでしょう。

デメリット

スーパーの無料水は、無料で節約になるメリットがありますが、デメリットも多くあります。

利用を決める前に、デメリットをしっかり確認しましょう。

  • 保存できる期間が短い
  • メンテナンスが行き届いていない可能性がある
  • ボトルを清潔に保つ必要がある
  • 味があまり美味しくない
  • 赤ちゃんのミルク作りには適さない
  • 1人暮らしに適さない

保存できる期間が短い

スーパーの無料水には、RO水という水が使用されている場合が多く、不純物が完全に除去されています。

消毒剤などが含まれていないため、雑菌が繁殖しやすい特徴があります。

密閉されていれば衛生的で安全な水ですが、スーパーの無料水は、補充する際に空気に触れるため、安全性が高くありません。

そのため、保存できる期間は短いでしょう。

メンテナンスが行き届いていない可能性がある

スーパーの無料水は、メンテナンスが行き届いていない可能性が高いです。

また、スーパーによってメンテナンスの頻度が異なるのも事実です。

私たちからは、メンテナンスの有無もわからないため、安心して利用ができません。

ボトルを清潔に保つ必要がある

スーパーの無料水のボトルは、使い捨てではなく再利用タイプです。

そのため、自宅で衛生面を保って保管する必要があります。

自宅で保管すると、手で触れる機会も多く、埃などがたまりやすいため、衛生面を保って管理するのは難しいでしょう。

味があまり美味しくない

スーパーで提供されているRO水は、不純物と一緒にミネラル分も除去されています。

水のうまみにはミネラルが大きく関わっているため、あまり美味しくないという特徴があります。

そのため、味にこだわりある方には、適さないでしょう。

赤ちゃんのミルク作りには適さない

スーパーの無料水は、衛生面から赤ちゃんのミルク作りには適しません。

RO水は、雑菌や不純物が除去されているため、赤ちゃんに適した水ですが、スーパーの無料水は、密封性が低く雑菌が繁殖しやすい傾向があります。

また、多くの方達が利用するため、衛生的じゃない可能性もあります。

赤ちゃんのミルクは栄養価が高く、雑菌が繁殖しやすいため、スーパーの無料水とは相性が悪いです。

1人暮らしに適さない

1人暮らしの方は、家族と暮らしている方よりも、水の消費量が少ないです。

そのため、スーパーで水を貰ってきたとしても、すぐに消費ができないでしょう。

スーパーの無料水は、雑菌が繁殖しやすく、長期の保存には適さないため、1人暮らしの方の利用はおすすめしません。

スーパーにある無料の水はRO水とアルカリイオン水の2種類

スーパーの無料水には、RO水とアルカリイオン水の2種類があります。

店によって、RO水や純粋水など名称が異なります。

どちらも原水は、水道水を使用しているスーパーがほとんどでしょう。

RO水とは超微細なフィルターでろ過した純水

RO水とは、超微細なフィルターでろ過した純水です。

ろ過後は、不純物以外にもミネラル分も除去されます。

ミネラルが含まれていないと味がなく美味しくないため、後から添加されることもありますが、スーパーの水では添加されていません。

限りなく純粋に近いため、赤ちゃんなどの免疫力が低い方でも安心して飲むことができる水です。

RO水の作り方とは?RO水の特徴やおすすめの使用方法も解説!

アルカリイオン水とは水をアルカリ整水器で加工したもの

アルカリイオン水とは、水をアルカリ整水器で加工したものです。

水道水を電気分解して作られるアルカリ性電解水の総称で、飲料水の他にも洗浄水や除菌水としても使用されています。

弱アルカリ性のため、整腸作用が期待できるでしょう。

RO水を飲むならウォーターサーバーがおすすめ!

スーパーのRO水は衛生面がよくないため、RO水飲むならウォーターサーバーがおすすめです。

ウォーターサーバーのRO水は、密封性が高く、未開封なら半年から1年は保管ができます。

そのため、災害時用の備蓄水としても使用できるメリットがあります。

ウォーターサーバーのメーカーは、水質に厳しい基準を設定しているため、スーパーよりも安全性が非常に高いです。

内部クリーンモードなど、自動的に衛生面を保ってくれる機能が付いているサーバーもあるため、衛生面と安全性は保障されてします。

RO水が飲めるおすすめのウォーターサーバーを紹介!

RO水が飲めるおすすめのウォーターサーバーを紹介します。

月額費用が抑えられるウォーターサーバーを厳選したため、節約したい方でも安心して使用できるでしょう。

ぜひ参考にしてくださいね!

アルピナウォーター エコサーバー

アルピナウォーターのエコサーバーは、月額費用2,972円(税抜き)で使用ができる経済的なウォーターサーバーです。

水のボトルも12Lで1,050円(税抜き)から購入でき、他社と比較しても最安値水準です。

水源にもこだわっており、北アルプスの天然水をろ過して使用しています。

エコサーバーのため、通常のサーバーと比較して電気代を最大42%カットできますよ!

アルピナウォーター使用者の使用者の口コミ一覧!特徴や人気の理由を徹底解説!

クリクラ クリクラ省エネサーバー

クリクラのクリクラ省エネサーバーは、月額費用3,130円(税抜き)で使用ができるウォーターサーバーです。

9年連続お客様満足度No.1を受賞しており、非常に人気のメーカーです。

省エネサーバーのため、通常のサーバーと比較して、電気代が2年間で約10,952円もお得になります。

サーバーレンタル料・宅配料・入会金がかからないため、気軽に利用ができます。

水のボトルは、12Lで1,460円(税抜き)で経済的です。

再利用するタイプのボトルですが、スタッフが回収して、検査と洗浄を徹底的にするため安心です。

年1回の定期メンテナンスもあるため、衛生面と安全性のレベルは非常に高いと言えます。

クリクラ使用者の口コミ一覧!特徴や人気の理由を徹底解説!

スーパーの無料の水はあまりおすすめできない!

いかがだったでしょうか。

結果的には、スーパーの無料で提供されている水は、あまりおすすめできません。

多くの方が利用するため、雑菌が混入しやすい上、水の衛生面を保つのが困難です。

無料なのは確かに魅力的ですが、安全性が低い水は飲みたくないですよね。

安全性の高いRO水を飲みたいのであれば、ウォーターサーバーがおすすめです。

今回紹介したように、月額費用が抑えられるウォーターサーバーもあるため、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。