ウォーターサーバーは2台レンタル可能?一家庭で2台レンタルするメリットは?

ウォーターサーバーは2台レンタル可能?一家庭で2台レンタルするメリットは?

ウォーターサーバーは一家庭に1台が一般的です。

通常の家庭であれば、ウォーターサーバーは1台あれば、事足りるので2台目に申し込む人はほとんどいないでしょう。

そもそも2台のウォーターサーバーを契約できるかもよくわかっていない人が多いと思いますし、2台持つメリットはあるのでしょうか?

この記事では、ウォーターサーバーを2台申し込めるのか、2台持ちのメリットはあるのか、紹介していきたいと思います。

一家庭で2台のウォーターサーバーを設置できる

結論から伝えると、一家庭で2台のウォーターサーバーを持つことは可能です。

同じメーカーから2台レンタルするのもOKですし、もちろん別のメーカーからレンタルするのもOKです。

もちろん2台分の費用がかかる

2台のウォーターサーバーをレンタルする場合、もちろん2台分の料金がかかります。

2台あるからと言って割引きされたり、特別なサービスがあったりするわけではないので、あらかじめ理解しておきましょう。

料金の安いウォーターサーバーで比較!ランキングで最安値のウォーターサーバーを紹介

ウォーターサーバーを2台持っている人の口コミ

ウォーターサーバーを2台持つメリットとは?

1台で事足りるウォーターサーバーを2台持つメリットはあるのでしょうか?

ウォーターサーバーを2台持ちのメリットを紹介していきます。

使い分けができる

まず挙げられるのは、目的や使用人数に合わせて使い分けができる点です。

利用人数が多い場合は1つのサーバーだと、水の無くなるスピードが速く、ボトルを交換する手間が多くなります。

また、利用頻度が多すぎると故障に繋がる可能性も高くなるため、何かとリスクが多いです。

料理にウォーターサーバーの水を利用したいと考えている場合も、リビングとキッチンで2台設置すればかなり便利です。

家が大きければ注ぎに行く手間が省ける

都心ではあまり当てはまりませんが、地方に住んでいる場合、家が大きい場合があります。

家が大きいとウォーターサーバーに水を汲みに行くにも、移動をしなければならないため非常に面倒です。

そんな時にウォーターサーバーが2台あれば、移動距離も少なくなって非常に便利です。

ウォーターサーバー2台持ちのデメリットとは?

ウォーターサーバー2台持ちはメリットがある反面、もちろんデメリットも多いです。

どんなデメリットがあるのかチェックしていきましょう。

月額料金が高くなる

当たり前ですが、ウォーターサーバー2台分の料金がかかるため、月額料金が高くなります。

ウォーターサーバー1台で4000円前後の料金がかかるため、単純計算で倍の8000円もの料金がかかります。

毎月8000円が固定費用としてかかるため、1年で考えれば96,000円もの金額に。

決して安い額ではないため、大きな痛手になります。

設置場所を取ってしまう

ウォーターサーバーの一般的なサイズは、高さが120㎝・横幅が30㎝前後です。

決してコンパクトとは言えないため、2台のサーバーを設置するとかなりのスペースを消費してしまいます

生活スペースが狭くなってしまうため、日常生活に支障をきたしてしまうでしょう。

ウォーターサーバーはどこに設置するべき?設置NG・設置OKな場所を解説!

一般家庭でウォーターサーバーを2台持つメリットはほとんどない

メリット・デメリットを見比べると、ウォーターサーバーを2台持つメリットはほとんどないと言えます。

年間で10万円とかなり高額な料金になるため、よほど家計に余裕がある人でない限り、2台持ちはおすすめできません。

メーカーに相談すればボトルの配送料や配送周期を短くしてくれるので、水が足りずに困っている人は2台目を契約せずにまずは相談してみましょう。

水の使用量が多い人は水道直結型サーバーがおすすめ

水の使用量が多い人には、水が使い放題の水道直結型サーバーがおすすめです。

水道直結型サーバーは水道に繋げて水道水を利用するため、いくら飲んでも水代は変わらず、非常にリーズナブルな価格で利用できます。

興味ある人は、水道直結型サーバーを検討してみて下さいね。

ウォータースタンドの口コミと評判!特徴や申し込み方法まで徹底解説