水が甘く感じるのは危険!甘く感じる原因と対策

水が甘く感じるのは危険!甘く感じる原因と対策

突然、普段飲んでいる水が甘くなると、びっくりしますよね。

水を甘く感じてしまう人は、味覚障害を発症している可能性があります。

もちろん原因は味覚障害だけではないので、断定することはできません。

しかし味覚障害を発症していて、ずっと水が甘いままだと考えたら不安になりますね。

この記事では、水を甘く感じてしまう原因と対策について解説していきます。

不安な方は原因を知り、対策をしっかりと行って普通の水を取り戻しましょう。

水を甘く感じる原因

水が甘くなる原因は自分にあるのか、不安になってしまいますよね。

解決するためには原因にはどんなものがあるかを知り、対策するしかありません。

水が甘く感じる原因を詳しく紹介していきます。

味覚障害

記事の冒頭で紹介したように、水を甘く感じる原因が味覚障害によるものなら
すぐに対策をする必要がありますね。

味覚障害を起こしてしまうと、味覚障害になってしまった理由が分からないまま悪化してしまうこと多いです。

味覚障害かもと感じたら、すぐに病院に行きましょう。

病院に行くことで本当に味覚障害なのか知ることができ、必要な措置をしてもらえます。

水の中にカリウムが多く含まれている

水を甘く感じる原因は、味覚障害だけではありません。

一般的にマグネシウムが少ない軟水は、甘く感じられる傾向があります。

軟水はカリウムを多く含んでいるため甘く感じることが多いです。

軟水により甘く感じているのであれば、身体的には特に問題はないので水道会社に電話をして確認をしてもらいましょう。

食生活の変化

ダイエットなどで、食生活に変化があった人はいませんか?

ダイエットの時の食事といえば、薄味でヘルシーな献立になります。

これまでの塩分過多な食事から健康的な食事に変えたことで、味覚に変化が起きたのです。

味覚が敏感になったことにより、水が甘く感じることができているのです。

健康的な食事を続けていれば味覚も通常に戻るので、最近ダイエットを始めた人は少し経過を待ちましょう。

味覚障害の原因

原因が味覚障害に当たる人は、健康を損ねている可能性が高いです。

この章では、味覚障害になる原因について解説していきます。

原因を知って改善に向けて、動き出しましょう。

  • 鉄分が不足している
  • 糖尿病
  • 糖尿病の薬の影響

鉄分が不足している

鉄分に含まれる亜鉛が不足してしまうと、舌の表面の細胞が生まれ変わることができなくなり味覚がなくなってしまいます。

栄養が偏った生活を送っている方は、ポリリン酸という過去食品に含まれている成分を多く体内に取り込んでしまい、亜鉛を体外に排出してしまっているのです。

また鉄分が不足することで貧血も起こしやすくなってしまい、体にとって良いことは1つもありません。

改善するためには食生活を改善することが急務ですね。

糖尿病

糖尿病は糖を抑える働きがあるインスリンの分泌を抑えてしまい、慢性的に血糖値が上がってしまう病気です。

糖尿病になると治療が大変なことはもちろんですが、神経に対して重大な症状をもたらします。

特に味覚に対する神経に障害を生じさせ、味覚障害に陥らせるのです。

糖尿病の影響で腎臓の機能も低下するので、尿として亜鉛を排出してしまうこともあります。

糖尿病になってしまったら、長期の治療は避けることができないので発症する前にしっかりと対策をするようにしましょう。

糖尿病の薬の影響

薬が体内も亜鉛と結合してしまい、体外に尿として放出されてしまいます。

薬によっては亜鉛とキレートという物質をつくることがあり、味覚の障害につながることが多いです。

糖尿病の薬だけでなくうつ病やがん治療に用いられる薬も、同じ効果を有することがあります。

薬の副作用についてしっかりと薬剤師に、確認するようにしましょう。

口の中が乾燥している

唾液の分泌量が減ってしまうと、口の中が乾燥してしまいます。

唾液は食材の味を引き出す役割があり、唾液の量が減ってしまうということは味覚に障害をもたらすことと同じのなのです。

唾液の量が減少してしまう人の特徴として、食材をよく噛まないで食べてしまう人や生活習慣病を発症してしまう人が当てはまります。

唾液の量が少ないと感じる方は、すぐ病院に行きましょう。

口の中の乾燥はうつが原因

生活習慣病や早食いの他に、ストレスやうつも口が渇く原因になります。

よく緊張で口が渇く人がいますよね。

うつ病を患っている人は慢性的に、口が乾いてしまうのです。

うつ病の人は、自覚がない人も多いので少しでも変だなと感じた人は、対策をしましょう。

対策を早く行うことができれば、味覚だけではなくストレスを解消することができますね。

次のトピックで、具体的な対策について紹介していきます。

味覚障害の対策

味覚障害になってもしっかりと対策をすることができれば、改善することができるので安心してください。

対策を怠ってしまうとどんどん症状が悪化してしまい、治すことが難しくなってしまいます。

対策をしっかりと行って、早めに症状を改善させましょう。

  • 鉄分を多く摂る
  • ストレスをなくす
  • 病院に行く

鉄分を多く摂る

鉄分をしっかり摂ることで、味覚を取り戻すことが早くできるようになります。

鉄分が豊富に含まれている食材は意外に多く存在していて、一般的に食べている食材にも含まれていることが多いです。

またサプリメントにも含まれていることが多いので、自分にあった方法で鉄分を摂取するようにしましょう。

ストレスをなくす

うつ病の原因は、ストレスである事が多いです。

うつ病を予防するには、ストレスを無くすことから始めましょう。

例えば、好きなことに没頭する時間を増やすことや、休める環境であるならまとまった休みをとることができれば、ストレスの解消になります。

一人で溜め込まず周りに相談しながら、ストレスと上手く付き合っていきましょう。

病院に行く

記事の中で何度か紹介していますが、勇気を出して病院に行くことも1つの手です。

病院に行くことで自分が味覚障害なのか確認することができ、味覚障害である場合は認識を強く持つことができます。

認識を強く持つことで正しい対策を講じることができ、早期の改善をすることができるのです。

病院に行くほどの症状ではないという方も、病院に行って自分にあった治療法を見つけましょう。

鉄分が多い食材

鉄分が多く含まれている代表的な食材について、紹介していきます。

安くてすぐに手に入る物を選んだので、1つずつ確認していきましょう。

大豆

食物性の食材の中で特に鉄分が豊富に含まれているといわれているのが大豆です。

大豆は、満腹感もありダイエットにも効果的だといわれています。

大豆に含まれている大豆イソフラボンという成分は肝臓の機能を高める働きがあり、肌質の改善もできるのです。

大豆の他にも、ほうれん草や枝豆、小松菜といった野菜にも鉄分が豊富に含まれているので、食べ合わせや好みに合わせて選びましょう。

レバー

鉄分と言えばレバーを思い浮かべる方が、多いのではないでしょうか?

レバーは1食分で1日に必要な鉄分の摂取量の半分を得ることができるのです。

レバーの1日の摂取量の目安は60gとなっているため、大量に食べる必要がない所も嬉しいポイントですね。

レバーは癖があるため、苦手な方も多いです。

レバーが苦手な方は、鶏肉を食べるようにしましょう。

鶏肉はレバーと同じくらい、鉄分が豊富で簡単に手に入れることができます。

カツオやイワシも鉄分が豊富に含まれているため、肉が苦手な人も工夫して鉄分を摂りましょう。

鉄分を効率よく吸収する方法

せっかく鉄分を摂取するなら、効率よく体の中に取り入れたいですよね。

効率よく摂取するには、鉄分を体に取り込むことをサポートしてくれる食材と一緒に食べる必要があります。

鉄分の吸収をサポートする方法を紹介しますので、しっかりと確認して生活の中に取り込んでいきましょう。

ビタミンCを摂取する

オレンジはビタミンCが豊富に含まれているので、鉄分が多い食材と一緒に取り込むことで効率よく体に取り込むことができます。

大豆の中に含まれている鉄分は無機鉄なので、オレンジのビタミンCの還元物質を取り込むことで鉄分が体の中に取り込みやすくなるのです。

注意点として、ビタミンCは熱に弱い物質なので、加熱は避けるようにしましょう。

デザートで、オレンジを食べることがおすすめです。

タンニンを控える

タンニンという言葉を、聞いたことがある方いますか?

タンニンは苦味に由来する物質なので、苦い食べ物に含まれていることが多いです。

代表的な食品は、コーヒー、緑茶、赤ワインなどがあります。

タンニンは鉄分の吸収を悪くしてしまい、味覚に障害がある時は摂取することは推奨されていません。

朝にコーヒーを飲んでいる方も多いと思いますが、我慢して味覚を取り戻しましょう。

味覚を取り戻すには生活を整えよう

味覚を取り戻すには、自身の生活を見直すことが必要です。

水が甘く感じる間は生活に支障が出ることが少ないですが、悪化してしまうと味覚自体がなくなってしまい、味を感じることができなくなってしまいます。

味覚がなくなると、食事の楽しみがなくなってしまいますね。

味覚が完全に無くなる前に、対策をしっかりとして大事に至らないようにしましょう。