水道水のpHはどのくらい?飲料水に適したpHとは?

水道水のpHはどのくらい?飲料水に適したpHはどのくらい?

みなさんはpHという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

小学校の頃にリトマス試験紙でpH値を測定した経験がある方は多いでしょう。

日本の水道水の基準にもpH値が入っているため、私たちの体に少なからず影響がある値であると言えます。

今回の記事では、pHと水道水の関係性と飲料水としての最適なpH値はいくつなのかを紹介していきます。

pHとはアルカリ性や酸性の度合いを示す数値

pHとは水溶液の性質を知るために必要不可欠な単位です。

水溶液には、酸性・アルカリ性・中性の3種類の性質があります。

これらをわかりやすく数値で表したものがpHであり、1~14までの数字で表します。

pH7が中性でありそれよりも低い値が酸性、高い値がアルカリ性となっています。

数値が中性である7から離れ手入れが離れているほど強い性質と言えます。

酸性とアルカリ性のどちらとも、強い水溶液は人体に悪影響をもたらす危険があります。

塩酸や硫酸などの強酸性の水溶液や水酸化ナトリウムなどの強アルカリ性の水溶液はどちらも皮膚に触れると火傷のような症状を引き起こしてしまいます。

自宅で精製水を作る方法を紹介!精製水はどんな使い道がある?

水道水のpHはどのくらいなの?

みなさんが飲んでいる水道水のpH値はどのくらいなのかご存知ですか?

pH値は味や安全面に大きく関わってくるため、水道水にとってとても重要な値となっています。

採水地の汚染がないかや浄水場でどのくらいの薬品が必要かどうかを判断するためにpH値は必要不可欠です。
また、pH値によって水道管などが腐食していないかどうかを確認しているため、私たちにとってもpH値は重要な値だと言えるでしょう。

水道水が酸性やアルカリ性に傾いてしまうと、水道管の劣化に繋がるため、できるだけ中性であるのが望ましいです。

水道水の以外の身近なもののpHを紹介

pH値についてはわかっていただけたかと思います。

しかし水のpHだけを紹介しても、あまりピンとこない方もいるかと思います。

そのために、身近なもののpH値を紹介していきたいと思います。

酸性のもの

酸性の身近な食品は以下の通りです。

見てわかる通り酸味がある食べ物が多いです。

  • レモンpH2~3
  • お酢pH2~3
  • ワインpH4~5
  • オレンジジュースpH4~5
  • コーヒーpH5~6
  • 日本酒pH4

お酢やワインはpH2~3と強酸性だと言えます。

しかしミネラル分を多く含んでいるため、体内でアルカリ性に変化するためアルカリ性食品と言われています。

アルカリ性の食品は尿酸値を下げる働きがあり、健康にいいと言われています。

痛風の改善にもアルカリ性食品の摂取が推奨されているため、痛風が心配な方はぜひ意識的に取り入れてみてください。

アルカリ性のもの

みなさんの身近にあるアルカリ性のものは以下の通りです。

  • 石鹸pH10~11
  • 石灰水pH11~12
  • 油汚れ用洗剤pH12~13

飲料水として適したpHは中性に近いpH7~8

飲料水に最も適しているpH値は、中性~弱アルカリ性のpH7~8の水です。

東京の水道局によると最も適したpH値に科学的根拠はなく、基準値であるpH5.8以上8.6以下であれば問題ないと言われています。

体内も中性~弱酸性に保たれているため、飲料水が最も吸収されやすいpHはpH7~8だと言えるでしょう。

少しでも水道水が酸性に偏ってしまうと酸味がある水になってしまい、アルカリ性に偏ってしまうと苦みやヌルヌルとした水になってしまいます。

pH9のアルカリ性になると下痢になってしまう恐れがありますが、pH6前後の酸性では味以外に体の影響はありません。

また、水道水が酸性かアルカリ性に傾くと、水道管に影響が出てしまいます。

水道管が腐食してしまうと、水道水が汚染されてしまうのに加えて味も大幅に劣化してしまうでしょう。

また、水道管が腐食されてしまうと外観にも悪影響なため、水道水は中性に保つべきであると言えます。

水を飲み過ぎるのは危険?太る?体に良い飲み方と適切な水分量

pHによって水の味は変わる

pHの値が変化するとそれに並行して水の味や風味が変化します。

通常は変化したとしても微妙な変化なため、水道水の味の変化に気が付く方はほとんどいません。

しかし人によっては味に敏感な方もおり、酸味や苦みを感じた経験がある方もいるようです。

酸性は酸っぱい

レモンやお酢が強い酸性なように、酸性に近くなるほど酸味が強くなります。

酸性に近づくと味に変化が起こりますが、pH6前後の水を飲んでも健康には特に影響はありません。

アルカリ性は苦く感じる

アルカリ性に近づくと苦みを感じやすくなり、ヌルヌルとした触感を感じやすくなります。

アルカリ性は酸性と異なり、アルカリ性に近づくにつれて胃腸に悪影響が出てきてしまいます。

pH4~6の酸性水はスキンケアに効果がある

みなさんは酸性水というものをご存知ですか?

酸性水とはpH4~6の水であり、飲料水ではなく通常スキンケア用品として使用されます。

酸性水の主な効果は「洗浄作用」と「収斂作用」があります。

pH4~6は肌と同じpH値であるため、肌に余計な刺激がなく敏感肌の方にもおすすめです。

殺菌効果もあるため、ニキビや吹き出物などの肌荒れにも効果があります。

収斂作用による肌の引き締め効果もあるため、女性はもちろん美意識の高い男性の方にもおすすめです!

アルカリイオン水は健康にいい効果をもたらす

みなさんはアルカリイオン水を飲んだことがありますか?

アルカリイオン水とは、pH9~10の水のことを指します。

アルカリイオン水は、カルシウムやマグネシウム、カリウムなどのミネラルが豊富に含まれているため、現代人に不足しているミネラルを摂取できます。

ミネラルは健康にもいいため、ミネラル分を多く含むアルカリイオン水はおすすめです。

アルカリイオン水は、味がまろやかでお茶や煮物にも適しています。

アルカリイオン水は慢性下痢や胃酸過多、消化不良、胃腸症状の改善にも効果があり、この記事を読んでいる胃腸の悪い方には強くおすすめします。

しかし、健康にいいからと言って大量に飲めばいいものではありません。

1日の摂取量は体重の5%が上限となっており、大量に飲み過ぎてしまうと消化不良や胃液の殺菌効果を弱める可能性もあるため注意が必要です。

人間の体は弱アルカリ性に保たれている

人間の体は、常に弱アルカリ性に保たれています。

人間の体液濃度をpHに表すとpH 7.35~7.45の弱アルカリ性です。

なぜ弱アルカリ性に保たれているかというと、全身の細胞がpH 7.35~7.45の範囲内でないと機能を発揮しないためです。

pH値が7.35以下のアシドーシスという状態に陥ってしまうと以下のような様々な症状が出てきてしまいます。

  • 浅く不規則な呼吸
  • 血圧低下
  • 不整脈
  • 頭痛

pH値が7.45以上のアルカローシスの状態に陥ってしまった場合は、以下のような危険な症状が出てきてしまいます。

以下のような症状が出てきてしまった場合はすぐに病院に行く必要があります。

  • 筋痙攣
  • 発汗
  • 意識障害
  • 昏睡
  • しびれ

様々な臓器による調整でpH値がコントロールされている

人間の体内はpH 7.35~7.45の弱アルカリ性で、様々な臓器による調整でpH値がコントロールされています。

何らかの原因でpH値がpH 7.35~7.45の正常範囲からずれてしまった場合は以下のような臓器の働きですぐにpH値を正常に戻します。

  • 肺でのガス交換
  • 腎臓でも再吸収
  • 胃腸でも吸収

pHが低い飲み物を飲んでも体液は酸性にならない

みなさんの中には、pH値が低くて酸味が強いものを摂取したら体液は酸性になるの?と疑問に思う方もいると思います。

美味しい食べ物や飲み物には酸性のものが多いため、食べすると不安になってしまいますよね。

しかし、結論を言うとpH値が低いものを摂取しても体液は酸性にはなりません。

なぜ酸性にならないかというと、体内には酸性物質が多くなった場合に酸を排出して中性に戻す恒常性(ホメオスタシス)という機能が備わっているためです。

そのため、pH7.35以下のアシドーシス状態に陥ることはありません。

弱アルカリ性の水は体にかかる負担が少ない

弱アルカリ性の水は人間にとって最も負荷がかからず、健康にいい飲み物だと言えます。

日本の水道水はpH5.8以上8.6以下のため、体に負荷がかかりません。

なぜかというと、人間の体液も弱アルカリ性だからです。

pHが同じなため、余計な刺激がなく体内に吸収されやすいです。

胃腸への負担を減らすためには8~13度の水温で飲むのを心掛けましょう。

人間の歯のエナメル質には酸の影響を受けやすいという特徴があり、pH5以下で溶け始めます。

そのため、弱アルカリ性の水は歯を溶かすリスクが少ないと言えるでしょう。

また、酸性の食べ物を食べ続けていると酸蝕症になる危険があります。

唾液のpHは中性のため、酸性の食べ物を食べても約40分間で口の中が中性に戻りますが、40分間は酸性の状態が続くため、酸性のものは体に悪影響を及ぼします。

口内の健康状態は健康に影響するため、糖分や酸の少ない弱アルカリ性の水が理想的と言えます。

水道水は飲料水に適した弱アルカリ性

いかがだったでしょうか。

小学校で習ったpHがこんなにも重要な役割を果たしていたなんて驚きですよね。

水道水は危険だという方も中にはいますが、日本の水道水には厳しい検査基準が設けられているため、衛生的で安全です。」

日本の水道水は人間の体液に近い pH5.8以上8.6以下に保たれているため、最も適した飲料水と言えるでしょう。