シャインウォーターの水がカビ臭い!対処法とにおいを防ぐ秘訣を解説!

シャインウォーターの水がカビ臭い!対処法とにおいを防ぐ秘訣を解説!

シャインウォーターは、一般的なウォーターサーバーとは違い、水道水を注ぐタイプの浄水器一体型のウォーターサーバーです。

ボトル交換する必要がない、水代がかからないなど、使っていく中で非常に便利な商品です。

そんなシャインウォーターですが実際に利用している人の中には、カビ臭いという苦情も寄せられています。

安心安全で新鮮な水が飲めるのが特徴のウォーターサーバーからカビ臭いがすると、利用している意味がないですよね。

そこでこの記事では、シャインウォーターからカビ臭いにおいがする原因と対処法について紹介していきます。

カビ臭いに悩まされている人は、ぜひチェックしてみて下さいね。

シャインウォーターからカビ臭がしてしまう原因

そもそも水しか利用しないウォーターサーバーから、なぜカビ臭がしてしまうのでしょうか?

カビ臭がする原因から紹介していきます。

水道水に含まれる成分

シャインウォーターは、天然水ではなく水道水を利用しているのが、大きな原因です。

というのも、水道水にはカルキや塩素と言った成分が多く含まれており、サーバー内で加工する過程で余計な物質が残ってしまうのです。

水道水特有の成分が残ってしまうと、処理できない成分からカビが繁殖してしまうのです。

水道水が臭いのはなんで?気になる臭いの原因と対処法を詳しく解説!

水と空気に交互に触れるため

ウォーターサーバーを使用していく中で、水と空気に交互に触れます。

空気にはほこりや微細な雑菌が無数にあるので、サーバー内に付着すると、カビが繁殖する原因になるのです。

シャインウォーターでカビが繁殖しやすい3つの場所

ウォーターサーバー内でカビが繁殖しやすい箇所は大きく3つあります。

  • 水の注ぎ口
  • ボトル差し込み口
  • 水の受け皿

カビが繁殖しやすい場所を理解しておけば、発生源を特定しやすく、早急な対処が施せます。

それでは、なぜ上記3カ所からカビが繁殖してしまうのか説明していきます。

ウォーターサーバーの掃除頻度はどのくらい?正しい掃除の頻度とやり方を紹介

水の注ぎ口

水の注ぎ口は、水に触れている時間が長く、使い終わった後に水滴が残りやすいです。

水滴が付着したままにしておくと、その水滴に空気が触れてしまい、カビが繁殖する原因になります。

水の注ぎ口部分にカビが繁殖してしまうと、水の味わいにダイレクトに影響するので注意が必要です。

ボトル差し込み口

ボトルの差し込み口部分も同様に、水と空気が振れやすい部分なので、カビが繁殖しやすいです。

同時にお湯も使用するので、温かい水と冷たい水が混合してしまい、カビ繁殖する温床になります。

掃除しにくい部分でメンテナンスがいき届かないのも、カビが繁殖しやすい1つの要因です。

水の受け皿

水の受け皿部分は給水時に水がこぼれない様に備えられており、常時水が溜まっています。

見落としてしまいがちな部分でもあるので、不衛生な水が溜まってしまい、カビが発生しやすくなります。

分かりにくい部分だからこそ、こまめな掃除を心がけましょう。

シャインウォーターからカビ臭がした時の対処法

ここからはシャインウォーターからカビ臭がした時の対処法について紹介していきます。

  • 乾いた布でアルコール除菌
  • ボトルを交換してみる
  • カスタマーセンターに血合わせる

手軽に行えるものばかりなので、カビ臭がしたら早急な対応を心がけましょう。

それぞれ詳しく説明していきます。

乾いた布でアルコール除菌

まずは水気をなくし、アルコール除菌してカビを撃退しましょう。

注ぎ口や受け皿、ボトル設置口などの水と空気に触れやすい部分は重点的に行ってください。

再発を防止するためにも、1週間に1度のペースで定期的にクリーニングしましょう。

ボトルを交換してみる

長期間放置していたボトルを使用している場合、そのボトルに入っている水自体に異変がある可能性があります。

水自体に異変があると、いくらサーバーをクリーニングしても状態が改善することはありません。

そのため、水が残っていても思い切って新しいボトルに変えてみましょう。

カスタマーセンターに問い合わせる

サーバーをキレイに掃除して、あたらしいボトルに変えてもカビ臭がする場合は、掃除しきれないサーバーの内部に問題がある可能性が高いです。

サーバーの内部はセルフクリーニングで掃除しきれない部分なので、シャインウォーターのカスタマーセンターに相談しましょう。

カスタマーセンターに連絡すれば、専門の業者にクリーニングしてもらえます。

シャインウォーターの連絡先は下記の通りです。

シャインウォーターカスタマーセンター
電話番号 0120-080-296
問い合わせ番号 9:00~18:00(年末年始除く)

シャインウォーターにカビを繁殖させないための秘訣

シャインウォーターにカビを繁殖させないためには、あらかじめ予防をしておくのが大切です。

そこで、カビを予防するための効果的な予防法を紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

乾いた布で拭き取る習慣をつける

水がある場所にカビが繁殖しやすいため、ウォーターサーバーを使ったら、こまめに水滴を拭き取る癖をつけましょう。

使い終わった後の水滴を拭き取り、乾燥している状態にしておけば、カビの繁殖を防げます。

こまめに水滴を拭き取っていけば、カビが繁殖する原因を防ぐことができます。

定期的にアルコール除菌をする

乾いた布で拭き取るのと合わせて、アルコール除菌も定期的に行いましょう。

アルコール除菌をしておけば、カビの繁殖を限りなくゼロにできます。

スプレータイプのアルコールが好ましいですが、ウェットティッシュでもOKです。

しかし、アルコール除菌をした後に水気が残っていると、除菌した意味がありません。

アルコールで拭き取った後も必ず、乾いた付近で水気を拭き取っておきましょう。

注ぎ口を指で触れない

注ぎ口に指で触れてしまうと、指についていた付着物を養分に、カビが繁殖してしまいます。

手は体の中で最も汚い部分なので、手で蛇口に触れてしまうと、非常に不衛生です。

特に小さいお子さんがいる家庭では、子どもがサーバーの注ぎ口部分に触れてしまう可能性が高いため注意です。

水気の多い場所には設置しない

水気の多い場所はカビの温床なので非常に繁殖しやすいです

以下の場所は、高温多湿の場所なので、なるべく設置しない様にしましょう。

  • 浴室付近
  • 部屋干しする部屋
  • 水道周り
  • ホコリが溜まりやすい場所

ウォーターサーバーには適した設置場所があるので、あらかじめ理解しておきましょう。

直射日光の当たる場所にサーバーを設置しない

直射日光が当たる場所にウォーターサーバーを設置すると、水の温度が上昇してしまい、非常に不衛生な状態に陥ります。

また、カビの繁殖以外にも、サーバ内部の機能に障害が起きてしまい故障に繋がります。

ウォーターサーバーは直射日光が当たらない、涼しい場所に設置しましょう。

ウォーターサーバーはどこに設置するべき?設置NG・設置OKな場所を解説!

カビ臭い水を飲み続けるとかなり危険!

当たり前かもしれませんが、カビ臭い水には悪い影響があるので、違和感を感じたら飲用を控える様にしましょう。

カビ臭い水を我慢して飲んでいると、体に悪い影響を及ぼしてしまい、非常に危険です。

セルフクリーニングで状態が改善しない場合は、早急にシャインウォーターのカスタマーセンターに問い合わせましょう。

ウォーターサーバーの安全面は大丈夫?安全を保つ方法を徹底解説!

シャインウォーターからカビ臭がしたら早急な対応を!

シャインウォーターは水道水を使うため、水代がかからない・ボトル交換が不必要など様々なメリットがあります。

しかし、水道水を使うことにより、不純物がサーバー内に溜まりやすいので水質に影響が出やすいのです。

大体はサーバーの点検と掃除を行えば状況は改善しますが、それでも改善しない場合は早急にシャインウォーターに問いあわせましょう。

キレイでおいしい水を楽しめる様に、普段からの掃除をこまめに行ってくださいね。

シャインウォーターの解約方法とは?解約の流れと解約している人の理由を紹介