白湯とお湯の違いとは?白湯の飲み方と得られる効果

白湯とお湯の違いとは?白湯の飲み方と得られる効果

「白湯とお湯の違いって何なんだろう?」と思ったことがあるかもしれません。

また近年では、白湯の身体への効果がどんどん明らかになっています。

そこで今回は、白湯とお湯の違いは何なのか、白湯はどのように作るのかなど白湯に関する知識を紹介していきます。

白湯の効果を調べている人は、参考にしてみて下さいね。

白湯とお湯の違いは沸騰しているか・沸騰していないか

白湯とお湯の違いは、沸騰させたかどうかです。

お湯が水を加熱したものを指すのに対して、白湯は水を沸騰させ不純物を取り除いたものをいいます。

厳密にはお湯は40℃以上のもので、白湯は90度以上のものと定義されていますが、決定的な違いは沸騰させたかどうか。

沸騰させていなければ、90℃以上でもただのお湯。

逆に、沸騰させて不純物を取り除いていれば、90℃未満でも白湯です。

水道水の塩素を除去するには?!塩素による影響や除去方法を解説!

白湯が体に及ぼす4つの効果

白湯が身体に及ぼす効果として、以下の4つが挙げられます。

  • 基礎代謝を上げダイエット効果
  • 内臓を温め冷え性改善効果
  • 老廃物を流すデトックス効果
  • 風や二日酔いを和らげる効果

1つずつ説明します。

基礎代謝を上げダイエット効果

白湯を飲むことにより、体内を温め血行を促進し、基礎代謝を上げることができます。

これにより痩せやすい身体を作ることができるので、結果ダイエット効果につながります。

さらに、血行が良くなることで、免疫力アップにも期待できます。

水素水はダイエットに効果がある?正しい飲み方と効果を分析して解説!

内臓を温め冷え性改善効果

白湯を飲むことで体内を温め、冷え性を改善する効果が期待できます。

特に、体温の低い朝などに飲むと体内を温められるので、女性などにはオススメ。

その際は、50℃~60℃くらいまで冷やしてから、火傷しないようにゆっくり飲みましょう。

老廃物を流すデトックス効果

白湯は体内を温めることで、内臓の働きを活発にします。

そうすることで、利尿作用や便通を良くする効果があり、老廃物を流してくれます。

適切な水分を取って適切な便を排出することで、体の中の毒素を取り除きます。

その結果、美肌効果やダイエット効果、さらにはむくみの解消などにもつながります。

風邪・二日酔いを和らげる効果

白湯は、風邪・二日酔いなどの身体が弱っているときにも役立ちます。

風邪や二日酔いなどで体調が悪い時とは、内臓が弱っている時なので、白湯で代謝を上げましょう。

脱水になりやすい状況で冷水を飲むと、身体への負担にもなります。

適温の白湯なら、内臓の回復にもつながりますし身体への負担も少ないです。

白湯の作り方

白湯の作り方の手順は以下の3ステップ。

  1.  やかんや鍋に水を入れ、ふたを閉めて加熱します。
  2. 沸騰したらふたを開けて、そのまま10~15分加熱し続けます。
  3.  飲む前に50~60℃くらいまで冷やして完成。

水をやかんなどに入れふたを閉めて加熱する

加熱する際は、ふたを閉めて熱しやすいようにしましょう。

また、「沸騰しそうだな」と感じたら、未中の水が吹きこぼれないように弱火にすると、やけどの恐れがないです

沸騰したらフタを開けて10~15分加熱する

沸騰したら、水の中の不純物を取り除くため、フタを外しましょう。

水道水に含まれている塩素などは、加熱することで水蒸気に変わるので、この塩素などの不純物を水の中から逃がすために、フタを開けておきましょう。

また、10~15分加熱するのも不純物を逃がすためです。

長い時間沸騰させ続けることで、中の不純物をすべて取り除いたら白湯が完成するので、10~15分の過熱は忘れないようにしましょう。

飲む前に50~60℃くらいまで冷やす

沸騰させた白湯を飲む前に、やけどの恐れがあるので、必ず50~60℃の適温まで冷やしましょう。

また体内に入れる際に、ちょうどいい温度であったほうが白湯の効果も発揮しやすいので、適温まで冷やすのも忘れないようにしてください。

白湯を美味しく飲むためのアレンジ術

白湯を美味しく飲むために、6つのアレンジ方法を紹介します。

  • レモン白湯
  • はちみつ白湯
  • しょうが白湯
  • オイル白湯
  • 大根おろし白湯
  • 梅干し白湯

1つずつ解説します。

レモン白湯

白湯にレモン1/2個分の果汁をたらすと、レモン白湯の出来上がり。

通常より飲みやすさが増すので、胃にモノを入れづらい朝にも適していますね。

はちみつ白湯

白湯に小さじ1杯のはちみつを入れると、はちみつ白湯になります。

風味が少し甘くなるので飲みやすくなりますし、甘目が好きなら分量をもう少し多くしても良いですね。

しょうが白湯

白湯にスライスしたしょうがを1枚入れると、しょうが白湯になります。

しょうがには体を冷やさない効果があるので、白湯とかけあわさって更なる効果が望めます。

しょうがのチューブなら小さじ1杯でできますので、手間もかかりませんね。

オイル白湯

白湯にオリーブオイルを小さじ1杯いれると、オイル白湯になります。

よくまぜて飲めば、とても飲みやすく美味しい白湯になりますのでおススメ。

大根おろし白湯

白湯に大根おろしを加えると、大根おろし白湯になります。

大根には消化酵素が含まれており、体内での消化を助ける効果があるので、食前や食事中にもおススメの白湯です。

梅干し白湯

白湯に梅干しを加えると、梅干し白湯になります。

梅干しにはポリフェノールという血行を促進する要素が入っているので、体内の血行を活発にしてくれます。

ただし、梅干しを入れすぎると塩分の過剰摂取になり、別のリスクが発生するので、取りすぎは控えましょう。

白湯を飲むのに適切な3つのタイミング

白湯を飲むのに適切なタイミングは以下の3つです。

  • 食前と食事中
  • 就寝前

1つずつ解説していきます。

朝は胃腸が冷えているので、体温が下がりがち。

このタイミングで白湯を飲むことで、内臓があたためられ、冷え性の改善や消化を促進する効果が望めます。

朝食の30分前に、10~20分かけてゆっくり飲むようにしましょう。

食前・食事中

食前や食事中に飲むことで、消化の促進につなげる効果が望めます。

ただし、白湯の飲みすぎはかえって消化機能を低下させる恐れがあるので、ゆっくり少しずつ飲みましょう。

就寝前

寝る前に、心も身体もリラックスするために白湯を飲むのもオススメ。

リラックスすることで寝つきも良くなるので、睡眠不足の改善や目覚めが気持ち良いなどの効果が望めます。

白湯を飲むときの注意点4つ

白湯は身体に良いですが、飲み方を間違えるとせっかくの効果を失ってしまったり、悪影響をもたらしたりすることもあり得ます。

以下4つの注意点を守りましょう。

  • 1日に飲む量は700~800ml程度にしよう
  • 一気に大量に飲まない
  • 50~60℃まで冷やしてから飲もう
  • 食後30分間は白湯を飲まない

1つずつ解説します。

1日に飲む量は700~800ml程度にしましょう

一般的に、人間が1日に摂取するのに適した水分は1.5~2L。

白湯の他の水分摂取を考慮すると、白湯は700~800mlぐらいがベストでしょう。

あんまり飲みすぎると、白湯が本来持つ効果が薄れてしまったり、身体に悪影響をもたらしたりします。

飲みすぎに注意して、白湯の効果を味わいましょう。

一気に大量に飲まない

白湯を一気に大量に飲むのもNGです。

一気に飲むと、胃が驚いてお腹を下してしまうなどの、悪い効果を与える恐れがあります。

コップ1杯を5回程度に分けて、1回150~250mlずつ摂取するようにしましょう。

50℃~60℃まで冷やしてから飲みましょう

白湯はできたとき100℃で、もし触れてしまったら火傷します。

また熱々の状態で体内に入れるのも、内臓がびっくりしてよくないので、必ず飲む前に50~60℃くらいまで冷やしてから飲みましょう。

50~60℃が一般的ですが、実際は自分にとって「ちょうど良いな」と感じるぐらいが適温です。

自分にぴったりな温度を探してみるのも、オススメです。

食後30分間は白湯を飲まない

食後30分間は、消化機能が低下するので、白湯を飲むのはNGです。

白湯を飲むタイミングは、消化を良くするために食前がベスト。

正しいタイミングで、白湯がもつ効果を無駄にしないように飲みましょう。

白湯を正しい飲み方で飲みましょう

白湯は正しい飲み方で飲まないと、本来持つ効果が半減します。

また、効果がなくなるどころか、完全に逆効果になる場合もあるので、正しいタイミングで飲んでください。

正しいタイミングは以下の3つです。

  • 朝(食事の30分前)
  • 食前と食事中
  • 就寝前

また飲み方のポイントは、以下の3つです。

  • 1日に700~800ml程度
  • 一気に大量に飲まない
  • 白湯を適温まで冷まして飲む

白湯を飲むときは、以上のポイントをしっかり押さえて、白湯の効果を味わいながら楽しく飲みましょう。