利尿作用のある飲み物ランキングベスト10|飲んで得られるメリット・デメリットとは?

利尿作用のある飲み物ランキングベスト10|飲んで得られるメリット・デメリットとは?

利尿作用のある飲み物を飲むと、トイレが近くなるため、摂取する場合はタイミングや場所を見極めなければなりません。

しかし、どの飲み物に利尿作用の効果があるのか分からないと、気軽に水分補給ができませんよね。

そこでこの記事では、どの様な成分に利尿作用の効果があるのかを紹介し、ランキング形式で紹介していきます。

また、利尿作用のある飲み物を飲むことにより、どの様なメリット・デメリットがあるのかもあわせて解説していきますね。

利尿作用のある飲み物に含まれている3つの成分

利尿作用のある飲み物に含まれている3つの成分

利尿作用のある飲み物には共通して含まれている3つの成分があります。

  • アルコール
  • カフェイン
  • カリウム

なぜこれらの成分に利尿作用の効果があるのか、成分の特徴や効果について紹介していきます。

アルコール

アルコールには尿の量を減らす働きのあるホルモンの分泌を抑制する効果があるため、アルコール摂取するとトイレが近くなります。

数ある成分の中でもアルコールは最も利尿作用の効果が強いため、摂取する際には注意しなければなりません。

また、アルコールは体温を上昇させて発汗作用もあるため、尿だけではなく皮膚や息からも水分が失われます。

飲んだ分だけ利尿作用が活発になってしまうので、適量を摂取するようにしてください。

カフェイン

コーヒーやお茶などに含まれているカフェインは、体内の老廃物と結合し体外に排出する働きがあります。

適度に摂取する分にはデトックス・むくみ解消に効果的ですが、過剰に摂取するのは危険です。

利尿作用によって、体内の水分が少なくなってしまいます。

しかし、カフェインには利尿作用の他に眠気解消や集中力アップの働きも。

量を守って適度に摂取する分には、最適な成分と言えます。

カリウム

野菜やフルーツに多く含まれているカリウムには、体内の塩分を尿として体外に排出する働きがあります。

そのため、血圧を下げる効果やむくみを解消する効果が期待できます。

女性や肥満気味の人にとっては最適な成分と言えますね。

しかし、塩分は体の健康維持に欠かせない成分なので、過剰にカリウムを摂取して塩分が体外に排出されるのは危険です。

疲労・吐き気・脱水症を引き起こしてしまいます。

体に良いとされているカリウムも容量を守って、適切な量を摂取するようにしましょう。

利尿作用のある飲み物ランキングベスト10

利尿作用のある飲み物ランキングベスト10

ここからは利尿作用のある飲み物をランキング形式で10種類紹介していきます。

既に知っているのもから意外なものもあると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

お酒

お酒にはアルコールが多く含まれており、利尿作用のある飲み物として有名です。

たくさん飲むことによって、尿の量を減らすホルモンの分泌量が少なくなるため、利尿作用の効果が強くなります。

お酒には沢山の種類がありますが、中でも効果があるお酒は下記の通り。

  • ビール
  • ワイン
  • 果実酒

上記のお酒はアルコール分に加えてカリウムも含まれているので、体内塩分を水分共に排出してしまいます。

摂取する際には容量を守って、適切な量を摂取するようにしましょう。

コーヒー

仕事の合間や一息つく際に飲む機会が多いコーヒーには、カフェインが含まれているため、たくさん摂取するとトイレが近くなります。

コーヒーに含まれるカフェイン量は100mlあたり40mg~60mgほど。

健康な成人が一日に摂取すべきカフェイン量が400mgなので、500mlを目安と考えておきましょう。

しかし、妊娠中や授乳中の女性はカフェインを摂取すると異常をきたしてしまう可能性もあるので、少量に抑えておいた方が安全です。

玉露

お茶の中でも高級な部類に入る玉露には、100mlあたり160mgものカフェインが含有されています。

非常に大量のカフェインが含まれているので、摂取する際には注意しなければなりません。

エナジードリンク

仕事の合間やもうひと頑張りする際に飲む機会の多いエナジードリンクにも多量のカフェインが含まれています。

ついつい飲み過ぎてしまうという人も多いかもしれませんが、十分に注意しなければなりません。

また、人工甘味料や覚醒成分も含まれているため、過剰に摂取してしまうと体に負担をかけてしまうことに。

日常的にたくさん飲む習慣がついている人は、1日1本を目安に飲むようにしましょう。

緑茶

コンビニやスーパーで販売されている緑茶にも微量ではあるものの、カフェインが含まれています。

あくまで微量なので、そこまで気にすることはないものの、過剰に摂取するとトイレが近くなります。

販売されているお茶の種類によって含有しているカフェイン量が異なるので、購入する際には成分表をチェックしてどの位のカフェインが含まれているのか見てみましょう。

ココア

ココアの原料であるカカオ豆にはカフェインが含まれているので、利尿作用があります。

また、糖分もたくさん含まれており、たくさん飲むと肥満につながることも。

たくさん飲む機会はないかもしれませんが、くれぐれも飲み過ぎには注意です。

しかし、ココアの主成分であるポリフェノールには健康維持に交換的と言われているので、美容・健康意識の高い人にはピッタリです。

適切な量を守って飲むようにしましょう。

牛乳

牛乳には利尿作用のあるカリウムが100mlあたり150mg含まれています。

意外かもしれませんが、くれぐれも飲み過ぎには気をつけましょう。

野菜ジュース

手軽に野菜を摂取できる野菜ジュースは、様々な成分がバランスよく配合されているため、ごはんのお供として飲む機会が多い人も多いと思います。

そんな野菜ジュースには種類によって異なるものの、利尿作用の働きがあるカリウムが含まれています。

体に欠けている成分を補えるため、適度に摂取する分には良いものの、たくさん飲むのは避けましょう。

豆乳

豆乳にはコレステロールを抑えたり、中性脂肪などの脂質を分解・排出してくれるサポニンという成分が含まれており、ダイエット効果が期待できます。

また、美容効果があるとされており、特に女性に人気の高い飲み物です。

そんな豆乳にもカリウムが含まれているので、たくさん摂取するのは避ける様にしましょう。

利尿作用のある飲み物を飲むメリット

利尿作用のある飲み物を飲むメリット

利尿作用のある飲み物を飲むメリットが主に2つあります。

むくみ防止

ずっと同じ体勢で生活をしたり、塩分の多い生活を送っていると、血行が悪くなるのでむくみの原因になります。

特に女性に多い症状で、顔や足のむくみに悩まされている人も多いでしょう。

そんなむくみを改善するには、血行を良くしたり体に溜まった老廃物を排出する利尿作用のある飲み物がピッタリです。

カリウムやカフェインが含まれている飲み物を適度に摂取することによって、むくみの改善につながります。

デトックス効果

体に溜まっている毒素や老廃物はほとんどが尿から排出されるので、利尿作用のある飲み物を摂取することによってデトックス効果が期待できます。

食事にどれだけ気を付けても老廃物や毒素は確実に蓄積されていくので、水分をたくさん飲んで、尿として排出するのが効果的です。

デトックス効果は代謝改善や体質改善をしてくれて、ダイエットにつながるので、ダイエットしたい人にもおすすめです。

利尿作用のある飲み物を飲むデメリット

利尿作用のある飲み物を飲むデメリット

様々なメリットがある一方で利尿作用のある飲み物にはデメリットもあります。

どの様なデメリットがあるのか見ていきましょう。

頻繁にトイレに行きたくなる

当たり前かもしれませんが、利尿作用のある飲み物をたくさん飲むとトイレが近くなります。

一々席を立ってトイレに行かなかればならないので、少々面倒です。

そのため、タイミングを見極めて飲む必要があります。

あまり飲まない方が良いタイミングは下記の通りです。

  • 長距離バスに乗る前
  • 就寝前
  • 映画などを見る前
  • 仕事中

脱水症状に陥る

利尿作用のある飲み物は体内の老廃物を尿として排出してくれる点ではメリットですが、過剰に尿として排出するのは危険です。

というのも、体内の水分の多くを尿として排出してしまうと、体内の水分量が少なくなり脱水症に陥る可能性があるため。

軽度の脱水症であれば少しの間安静にしていれば問題ありませんが、重度になると意識を失ってしまいます。

大きな事故につながってしまう可能性があるので、十分に気をつける様にしましょう。

適切な水分補給に適している飲み物

適切な水分補給に適している飲み物

ここまで読むとかなりたくさんの飲み物に利尿作用の成分が含まれていることが分かったと思います。

「日常的に飲む飲み物は何がいいの」と思う人もいるでしょう。

そこでここからは日常的に摂取するのに適している飲みものを紹介していきます。

水には成分がほとんど含まれていないため、たくさん飲んでも体への負担がありません。

そのため、日常的に摂取するのにピッタリの飲み物です。

カロリーや糖分などの体に蓄積される栄養素もなく、逆に老廃物を排出してくれます。

体質や体形によって目安の摂取量が異なりますが、1.5ℓを目安に摂取すると健康や美容にとても効果的です。

ウーロン茶

ウーロン茶はお茶の一種でありながら、カフェインが少ないため、他のお茶よりも体への負担が少ないです。

また、油分を分解してくれる作用もあるので、脂っこい食べものと一緒に飲むと胃もたれや体脂肪が付きにくくなる嬉しい効果も。

スッキリとした口当たりで飲みやすいのもポイントです。

成分を理解して適切な水分補給をしよう!

利尿作用のある飲みものをは適度に飲む分には、デトックス効果やむくみ防止などにつながる嬉しい効果があります。

しかし、たくさん飲むと脱水症を引き起こしてしまうリスクがあるので十分に注意しなければなりません。

成分を正しく理解して、適切な水分補給をしてくださいね。