コーヒーを飲んだらお腹が下痢気味に…原因と対処法を詳しく解説!

コーヒーを飲んだらお腹が緩くなった下痢気味に…原因と対処法を詳しく解説!

コーヒーを飲んで下痢になったり、お腹がゆるくなったことはありますか?

コーヒーに含まれるカフェインは刺激物なので、飲みすぎると下痢を起こす原因となります。

また、カフェイン以外にも、ミルクや砂糖が下痢の原因となっているケースもあります。

しかし、具体的にどのような原因で自分が下痢を起こしているかは、わかりづらいでしょう。

そんな人に向けて、今回は、コーヒーでお腹が緩くなったり下痢気味になったりする、原因と対処法を詳しく解説します。

コーヒーを飲んで下痢になるのはカフェインの成分が原因

コーヒーを飲んで下痢になるのは、カフェイン成分が主な原因です。

カフェインには、集中力を高めたり、眠気を覚ましてくれたりする作用でよく知られています。

また、交感神経を刺激したり、胃酸の分泌を活性化させる働きがあるため、カフェインを過剰摂取すると危険です。

自律神経のバランスが崩れ、胃腸の働きが活発になりすぎて下痢を起こしてしまいます。

体質によってはコーヒーアレルギーの可能性も

コーヒーを飲んで下痢になる原因は、コーヒーアレルギーの可能性もあります。コーヒーアレルギーの場合、以下の症状がコーヒーを飲んだ数日後にくるのが特徴です。

  • 腹痛
  • 吐き気
  • 下痢

上記のような症状が、コーヒーを飲んですぐに来る場合は、単なるコーヒーの飲みすぎである可能性が高いでしょう。

また、元々お腹がゆるい人や、ストレスによって胃腸が弱っている人は、カフェイン成分の刺激に弱いケースもあります。

体調が悪い人や、お腹がゆるい自覚がある人は、コーヒーを飲みすぎないように注意しましょう。

コーヒー以外の成分が原因のケースも

コーヒーを飲んで下痢になるのは、コーヒー以外の成分が原因のケースもあります。コーヒー以外で下痢になる要因として、以下の2つが考えられます。

  • コーヒーに含まれているミルク
  • コーヒーに含まれる砂糖

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

下痢になる要因①:コーヒーに含まれているミルク

カフェオレやミルクを入れたコーヒーを飲んで、下痢になりやすい人もいるでしょう。

このケースでは、「乳糖不耐症」が疑われます。

「乳糖不耐症」とは?
牛乳に含まれる「乳糖(ラクトース)」を消化するために分解する「ラクターゼ」という消化酵素が、小腸での分泌が不足することが原因で起こります。消化不良・腹部不快・腹痛・下痢などの症状が出ます。

この症状には個人差があり、多少のミルクであれば問題ない人や、少しでもミルクが入ったものを飲むと症状が出てしまう人もいます。

コーヒーを飲んで下痢になりやすい人は、この乳糖不耐症が原因であることも考えられます。一度コーヒーに入れるミルクの量を、減らしてみることを試すのもよいでしょう。

下痢になる原因②:コーヒーに含まれる砂糖

コーヒーに砂糖を入れて飲む人が、下痢になりやすい場合、コーヒーに入れる砂糖が原因である可能性もあります。

糖成分は普通の場合、小腸で分解吸収されます。ですが、小腸が分解吸収をしにくい糖成分があります。

お腹がゆるい人がそのような糖を多く摂取すると、糖が吸収されずそのままの状態で、大腸に届いてしまうケースがあります。

この場合、下痢の症状を悪化させてしまうこととなります。人によってどれくらいの砂糖で下痢になるかは、個人差があるため、少しずつコーヒーに入れる量を減らしてみるのもよいでしょう。

コーヒーを飲んで下痢気味になった時の対処法

コーヒーを下痢気味になった時の対処法は、主に以下の2つです。

  • お腹を温める
  • 安静にする

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

お腹を温める

お腹を温めることは、下痢になった際の対処法としてよいでしょう。白湯が特におすすめですが、白湯以外でも以下のような飲み物でも代用できます。

  • ほうじ茶
  • ルイボスティー
  • 麦茶

注意点として、ホットミルクのような乳製品は温めてあっても下痢を悪化させる可能性があります。

下痢の症状がある際は、ノンカフェインかつ乳製品以外で、温かいものを飲むようにしましょう。

安静にする

下痢の症状があるときは、腸の働きが活発になっているため、安静にすることが重要です。

正常に戻るまでは、以下を心がけるようにしましょう。

  • 消化の良い食事
  • 十分な水分補給

下痢が長引いた場合、水分不足や栄養失調になりやすいため、上記を心がけましょう。

高齢の方や小さなお子さんの場合、特に気をつけることが必要です。数日間経っても治らない場合は、病院へ行くようにしましょう。

コーヒーによって下痢を起こさないための対策

コーヒーによって下痢を起こさないための対策は、主に以下の2つです。

  • コーヒーを飲み過ぎない
  • 開封したコーヒーはなるべく早く飲み切る

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

対策①:コーヒーを飲み過ぎない

1つ目の対策は、コーヒーを飲みすぎないことです。コーヒーは刺激物なので、飲みすぎることでお腹がゆるくなったり、高血圧になったりする可能性があります。

オーストラリアの健康研究施設『Australian Centre for Precision Health』のアン・チョウ博士による37~73歳の347,077名が参加した研究によると、コーヒーを1日6杯未満に抑えることが必要とされています。

コーヒーに含まれるカフェインが、循環器系に悪影響を与え始めるのは6杯目からとなっています。上記のように、コーヒーの飲み過ぎは下痢を始めとした症状の原因となるので、注意しましょう。

対策②:開封したコーヒーはなるべく早く飲み切る

開封したコーヒーは、なるべく早く飲み切るのがおすすめです。

コーヒー豆は意外と、酸化しやすいため、開封後30日以内、粉であれば10日以内で飲みきるようにしましょう。劣化を防ぐためには、以下の点に注意することが重要です。

  • 紫外線を当てないようにする
  • 高温を避ける
  • 湿度が高いところは避ける
  • なるべく空気に触れないようにする

開封前のコーヒーは、直射日光の当たらない冷暗所で常温保存するのがおすすめです。

開封後は、冷暗所で常温保存して早めに飲みきるか、可能であれば冷蔵庫内で保存するようにしましょう。

新鮮な状態のコーヒーを早めに飲み切るのが下痢を起こさない秘訣!

コーヒーはカフェインを含む刺激物なので、飲みすぎるとお腹がゆるくなったり、下痢を起こすこともあるので注意しましょう。

また、コーヒーに含まれるカフェイン以外の、ミルクや砂糖が下痢の原因となっているケースも考えられます。

ぜひこの記事を参考に、下痢を起こさないよう、コーヒーを楽しむようにしてみてください。