ネイフィールウォーターの電気代や月額費用はいくら?他社と比較して徹底解説!

ネイフィールウォーターの電気代や月額費用はいくら?他社と比較して徹底解説!

3種類の天然水から飲み水を選べたり、サーバーの種類が多かったりと、他社にはない魅力が詰まったネイフィールウォーター。

月額費用もかなりリーズナブルなので、興味を持っている人も多いのではないでしょうか?

ただ、ウォーターサーバーを使用していう上で、電気代や料金が月額いくら位かかるのか気になりますよね。

そこでこの記事では、ネイフィールウォーターの電気代・その他の料金を紹介していきます。

サーバー選びに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

ネイフィールウォーターの電気代は月額約500円~600円

ネイフィールウォーターの電気代は月額500円~600円ほど。

一般的なウォーターサーバーの電気代が700円程なため、平均よりも少し安めです。

電気代は毎月発生する料金なため、少しでも料金を抑えられれば長期的に見て、大きな節約に繋がります。

ネイフィールウォーターの口コミと評判!特徴や申し込み方法まで徹底解説

ネイフィールウォーターの電気代を他社メーカーと比較!

メーカー サーバー名 電気代
ネイフィールウォーター らく楽スタイルサーバー 500~600円
ジャパネットウォーター 床置きタイプ・卓上タイプ 約1.400円~1.900円
ダスキン 約600円
マーキュロップ 約500円
アクアマジック ロングタイプ 約800円
キララ ヌゥーボ(通常使用時) 約1.300円
ヌゥーボ(エコモード使用時) 約800円
ピュアハワイアンウォーター スタンダードサーバー 約1.000円
エコサーバー 約600円
エフィールウォーター フロアータイプ 約1.647円
カウンタータイプ 約1.296円
アクアクララ アクアファブ 約800円
アクアスリム 約1.000円
アクアウィズ 約475円
アクアアドバンス 約350円
アクアセレクト ライフ 約680円
アクアセレクトサーバー 約750円
信濃湧水 スタンダードサーバー 約1.000円
エコサーバー 約300円
コスモウォーター smartプラス 約465円
ECOTTO 約125円
プレミアムウォーター amadanaウォーターサーバー 約980円
amadanaスタンダードサーバー 約1.060円
Cado×プレミアムウォーター 通常時:約840円

エコモード時約670円

クリクラ サーバーL 約1.283円
ワンウェイウォーター smart 通常時:約494円

エコモード時;約436円

スタイリッシュサーバー 約688円
お掃除ロボット一体型サーバー 約744円
アルピナウォーター 床置きタイプ 約1.000円
フレシャス slat 約380円(すべてのエコ機能稼働時)
Slat+café 約380円(すべてのエコ機能稼働時)
Dewo 約330円(すべてのエコ機能稼働時

ネイフィールウォーターの電気代は他社と比較して安め

各メーカーの電気代と比較してみると、ネイフィールウォーターの電気代はかなり安いことが分かります。

電気代1.000円を超えるサーバーがほとんどのなかで、なぜネイフィールウォーターの電気代は安いのでしょうか?

W省エネ機能が搭載されている

ネイフィールウォーターには標準装備されている省エネ機能とエコモードの2つの省エネ機能が搭載されています。

エコモード無しの状態でも月額600円、エコモード状態で使用すれば月額487円の電気代で使用できます。

無駄な費用を減らせるため、少しでも月額費用を抑えたい人にはとてもおすすめです。

しかし、スタイリッシュサーバーには省エネ機能が搭載されていないため、注意しておきましょう。

ネイフィールウォーターで電気代以外にかかる費用の内訳

ウォーターサーバーは使用していく中で様々な料金が発生するため、いくら位かかるのかチェックしておく必要があります。

しかし、ネイフィールウォーターの場合、電気代にかかるのは月々水代だけ。

かなりリーズナブルな価格でウォーターサーバーを楽しめます。

水代

ネイフィールウォーターでは水の種類が4つあり、それぞれで料金が異なります。

各種料金は下記を参考にしてみてください。

1ヶ月の利用本数 京都の天然水【京ほのか】 大分の天然水【日田ほのか】 静岡の天然水【富士の希】
2本 3.900円 4.500円 3.900円
3本 5.850円 6.750円 5.850円
4本 7.800円 9.000円 7.800円

ネイフィールウォーターの月額費用は約4.000円~5.000円

ネイフィールウォーターの月額料金は24L換算で月額4.000円~5.000円と言ったところ。

天然水を扱っているメーカーの中ではかなりリーズナブルです。

また、天然水ではなくRO水であれば24L当たり約3.000円なので、電気代と合わせても4.000円以下で楽しめます。

いずれにしてもかなり料金が安いため、あまりお金をかけたくない人におすすめのサーバーと言えますね。

ワンウェイウォーターの電気代はいくら?他社と比較して徹底解説!

料金以外のネイフィールウォーターの3つの魅力

月額料金では魅力的な要素が多かったネイフィールウォーターですが、その他のポイントに関してはどうなのでしょうか?

ネイフィールウォーターの魅力を紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

Wクリーン機能が搭載されておりサーバーの衛生環境を維持できる

ネイフィールウォーターのサーバーには、サーバー内部に熱湯を循環させ加熱殺菌・自動洗浄する機能。

外気から入っている空気をクリーンに処理する、クリーンエアシステムを搭載しています。

サーバー内部に熱湯を循環させることにより、不純物やカビの原因となる細菌を熱湯消毒してくれるため、衛生状態を良好に保てます。

また、クリーンエアシステムでは独自のフィルターで取り込む空気をクリーンにしているため、サーバーの内部にほこりやごみなどが混入しません。

綺麗で安全な水を摂取できるのは大きな魅力と言えますね。

ボトル取り付け口が足元についておりボトル交換が楽々

ウォーターサーバーはボトル交換口が上部に付けられているのが一般的。

交換口が上部についていると、10㎏近くあるボトルを持ち上げて交換しなければならないため、女性や高齢者にとっては一苦労です。

しかし、エイフィールウォーターのサーバーはボトル差し込み口が足元に付けられています。

そのため、重たいボトルを持ち上げて交換する手間がかからないため、すごく簡単にボトル交換が可能。

利用者からすると面倒な手間が1つなくなるため、魅力的なポイントと言えますね。

ワンウェイボトル使用で水の衛生環境を維持できる

ウォーターサーバーで使用されているボトルは、繰り返し使用するリターナブルボトル・使い捨てるワンウェイボトルの2種類です。

リターナブルボトルの場合、ごみを捨てる手間が無くなる・ごみが出ないため地球環境に優しいなどのメリットがあります。

しかし、ボトル内に空気が入り衛生状態が不安定・繰り返し使用しているため不衛生などのデメリットも。

その反面、ワンウェイボトルは使用していく中でボトルが潰れていくため、ボトル内に空気が入らなくなります。

お水が減るごとにボトルが縮まって「真空状態」をつくりだし、常に衛生的な環境をキープしてくれるのです。

衛生状態が安定している水を楽しめるのは、大きなメリットと言えますね。

ネイフィールウォーターの電気代・月額料金はかなりお得!

この記事では、ネイフィールウォーターの電気代や各種料金を紹介してきました。

ここまで読んでくれた人ならわかるように、ネイフィールウォーターは各種料金がかなりリーズナブル。

少しでも月額費用を抑えたい人からすれば、とてもおすすめのサーバーです。

興味を持った人はすぐにでも申し込みをして、便利な生活をスタートさせましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!