井戸水と水道水の違いとは?井戸水にメリットやデメリットはある?

井戸水と水道水の違いとは?井戸水にメリットやデメリットはある?

井戸水と水道水の違いがわからないという人は、多いと思います。

実際に、水道水と井戸水の具体的な違いは、消毒などの加工の有無です。

井戸水の利用について、最近ではなかなか耳にすることはありませんが、井戸水にはデメリットだけでなく、メリットもあります。

今回は、井戸水と水道水の違いについて、井戸水のメリットやデメリットを含めてご紹介します。

水道水は人工的に加工されている水

水道水は、人工的に加工されている水です。

川やダムなどの水源から組み上げた水の、不純物を取り除くために薬品が使用されます。

また、水道水は消毒のために、塩素が使われていることも挙げられます。

日本の水道水は水質基準が厳しく管理されているため、諸外国と比べてかなり安全です。

水道水でカルキ臭がするなど、よく聞きますが、これはしっかりと消毒されて安全なことを意味しています。

井戸水は人工的ではなく自然にろ過された水

井戸水は自然にろ過された水です。井戸水は地下水を源泉としています。

地下水は、雨が降って地面に浸透し、土や石などによって自然にろ過されて溜まるものです。

雨水自体には雑菌が含まれていますが、自然にろ過されてある程度きれいな水になります。

この井戸には「浅井戸」と「深井戸」の2種類があります。

「浅井戸」は約8m〜10m程度の深さがあり、「深井戸」は約20m〜30m以上の深さがあります。

「深井戸」は不純物や雑菌が含まれる量が少ないとされ、ミネラルウォーターとして飲料水にも利用されます。

一方、「浅井戸」は農業用や工業用など、飲食以外の目的で利用されます。

上記のように、井戸水は水道水とは異なり、消毒がされておらず、自然によってろ過された水を指します。

井戸水のメリット

井戸水のメリットとして、以下の3つが挙げられます。

  • 井戸水のメリット①:無料
  • 井戸水のメリット②:災害時でも利用できる
  • 井戸水のメリット③:においが少ない

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

井戸水のメリット①:無料

井戸水のメリットとして、水代が無料な点が挙げられます。

井戸水は雨水が溜まってできるので、水代としては基本的に無料です。

井戸の水を汲み上げる際に、電気を使う場合は電気代がかかりますが、実際にかかる費用はかなり少ないでしょう。

水道を使用する場合は、使用量に応じた料金が発生しますが、井戸水は溜まっている分、いくら消費しても水代が無料というメリットがあります。

井戸水のメリット②:災害時でも利用できる

井戸水のメリットとして、災害時でも利用できる点が挙げられます。

大きな地震などの災害が起こって、水道が止まってしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。

しかし、井戸水を利用していれば、水を汲み上げるポンプが使えれば、災害時でも利用することができます。

電動で水を汲み上げるタイプの場合、停電時には利用ができなくなるので注意しましょう。

災害時には、生活用水として水を確保できる点も、井戸水のメリットの一つです。

井戸水のメリット③:においが少ない

井戸水のメリットとして、臭いが少ない点も挙げられます。

井戸水は塩素消毒を行っていないため、水道水でよく感じられるカルキ臭がありません。

また、鉄っぽい味がすることもないので、においや味が気になる人にとっては、特にメリットが大きいでしょう。

しかし、近年では深井戸であっても、飲料水として利用する場合は、消毒設備を自宅に設置することが推奨されています。

井戸水はきれいな見た目であっても、食中毒や感染症を起こす、目には見えない病原菌が含まれていることもあります。

飲料水として利用するのであれば、消毒設備をつけて利用するのが比較的安全です。

井戸水のデメリット

井戸水のデメリットとして、以下の3つが挙げられます。

  • 井戸水のデメリット①:設備を整えるのに時間がかかる
  • 井戸水のデメリット②:地域によっては水質に問題がある
  • 井戸水のデメリット③:電気ポンプの場合は停電時に利用できない

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

井戸水のデメリット①:設備を整えるのに時間がかかる

井戸水のデメリットとして、設備を整えるのに時間がかかる点が挙げられます。

まず地下水を使用するためには、井戸を掘る必要があります。

工事には掘り進める深さや、口径のサイズによって工事方法が異なります。

工事方法それぞれによって、費用や工事に適している場所、掘り進めるスピードが変わります。

また、井戸を深く掘れば掘るほど、時間と費用が発生するので、注意が必要です。

そして、井戸を掘った後は、地下水を組み上げるためのポンプを設置します。

飲料水として利用したいのであれば、特に井戸を深く掘る必要があるため、時間がかかることを理解しておきましょう。

井戸水のデメリット②:地域によっては水質に問題がある

井戸水のデメリットとして、地域によって水質に問題がある点が挙げられます。

井戸水は周辺環境の影響を受けやすいものです。

地域によっては、生活排水や化学物質の地下浸透があるところも報告されており、住んでいる地域で確認する必要があります。

注意点として、井戸の周りに水を汚染するような雑排水の浸透や、汲取式のトイレ等がないことを確認しましょう。

また、定期的な水質検査は大切で、基本的に1年に1回は行うのがおすすめです。

井戸水を利用していて、水自体になんらか異常があった場合は、保健所へ問い合わせするようにしましょう。

井戸水のデメリット③:電気ポンプの場合は停電時に利用できない

井戸水のデメリットとして、電気ポンプの場合は停電時に利用できない点が挙げられます。

災害対策などで、井戸を設置する場合、電気ポンプはおすすめではありません。

災害対策としては、自身などにより停電してしまった場合を見据えて、手動の汲み上げポンプを設置する必要があります。

手動のポンプは汲み上げるのに一定に力が必要です。女性やお年寄りでは、利用が難しい可能性もあるので、理解しておきましょう。

井戸水は設置にコストがかかるためおすすめできない!

今回は、井戸水と水道水の違いについて、井戸水のメリットやデメリットを含めてご紹介しました。

井戸水は通常の水道水と比べて、水代がかからないメリットがあります。

しかし、井戸の設置費用を考慮すると、かなりのコストがかかります。

また、安全性という点でも飲料水として利用するのであれば、消毒設備を設置することが推奨されています。

飲料水以外の目的のみで利用するのであれば、設置を検討してもよいかもしれませんが、基本的にはおすすめではありません。