クールクーの解約方法とは?解約の流れと解約金を無料にする裏技

クールクーの解約方法とは?解約の流れと解約金を無料にする裏技

クールクーを使っている人の中には「そろそろ解約しようかな…」と考えている人も多いでしょう。

使っていく中で別のウォーターサーバーに興味を持ったり、必要が無くなってしまったりするケースはよくあります。

しかし、はじめてウォーターサーバーを解約する人にとって「どの様に解約すれば良いのか?」「解約金はかかるのか」など不安や疑問を感じますよね。

そんな疑問を感じている人に向けて、ウォーターワンの解約方法を紹介していきます。

クールクーは3年以内に解約すると違約金が発生する

クールクーは申し込みから3年以内に解約すると違約金がかかります。

契約期間 解約金
1年未満 30,000円
2年未満 20,000円
3年未満 10,000円
3年以上 無料

他社と比べて契約期間が長く解約金が高いため、解約を考えている人は注意しておきましょう。

解約金とは別に10,000円の撤去費用もかかる

ウォーターワンでは解約金の他に、10,000円の撤去費用がかかります。

1年以内での解約は、解約金・撤去費用をあわえて40,000円もかかるため、かなり高額な出費に。

また、3年以上使用していて解約金がかからない場合も、解約する際に撤去費用は必ず発生します。

そのため、長期間使用している人の場合も必ず料金がかかるため、あらかじめ理解しておきましょう。

ウォーターサーバーの解約金・最低利用期間で比較!解約金無料のおすすめサーバー

クールクーと他社の契約期間・解約金を比較

メーカー 解約金 詳細
クールクー 1年未満 30,000円
2年未満 20,000円
3年未満 10,000円
3年以上 無料
ジャパネットウォーター 14.080円(床置き型) 2年未満で解約した場合
9.000円(卓上型) 2年未満で解約した場合
ダスキン 5.000円 1年以内で解約した場合
ダイオーズ 3.000円~12.000円 3年未満で解約した場合
アクアマジック 15.000円 2年未満で解約した場合
アルピナウォーター  5.000円 1年未満で解約した場合
フレシャス 15.000円

9.000円

1年未満

1年以上2年未満

信濃湧水 10000円 1年未満(1年以上で解約金無料)
プレミアムウォーター 15.000円

10.000円

REMIUM3年パック3年以内の解約の場合

基本プランで2年以内の解約の場合

コスモウォーター  14000円 2年未満で解約した場合

クールクーの解約方法をステップごとに解説

クールクーの解約方法をステップごとに紹介していきます。

初めてウォーターサーバーを解約する人は、参考にしてみてください。

クールクーのカスタマーセンターに電話で解約を申し込む

クールクーの解約はWEB上からの手続きはできず、電話申し込みのみです。

クールクーのカスタマーセンター(0120-017-913)に電話をかけて、オペレーターに解約する旨を伝えます。

オペレーターからサーバーの返却日時や返却方法の説明を受けられるので、忘れない様にメモを取っておきましょう。

電話番号 営業日時
0120-017-913 10時~11時(土日祝を除く)

クールクーに解約を申し込む際は2か月前に伝えなければならない

クールクーを解約する場合は、2か月前に伝えておかなければならない決まりがあります。

そのため、「来週で解約したいです」と伝えても解約できません。

余裕を持って事前に伝えておきましょう。

ウォーターサーバーを返却する準備をする

ウォーターワンは、決定した返却日から1ヶ月以内にサーバーを返却しなければなりません。

サーバーを返却するまでに時間が経過すると、ひと月分の費用がかかったり、追加料金がかかったりと余計な費用が発生します。

そのため、解約を伝えたら早急にサーバーを返却しましょう。

ウォーターサーバーの水抜き方法

水抜きとは、文字通りウォーターサーバー内の水を抜く作業のこと。

水を抜いておかないと配送中に水が漏れたり、思わぬ故障に繋がってしまったりと、あらゆるリスクを引き起こしてしまいます。

そのような事態を引き起こさない様にするためにも、サーバー内の水を抜いておくのです。

水抜きの手順は下記の通り。

  1. ウォーターサーサーバーから冷水と温水を出し切る
  2. ウォーターサーバーからボトルを取り外す
  3. ウォーターサーバー本体のスイッチを切りコンセントを抜いて5時間放置する
  4. サーバーの背面にある排水キャップを外しタンク内の水を出し切る
  5. 排水キャップを締めて水抜き完了

水抜きをする際はやけどに注意

水抜き自体あまり難しい作業ではありませんが、やけどに注意しなければなりません。

水を排出する際、コンセントを抜いてからある程度放置しておかないと、熱湯が出てきてしまいます。

勢いよく水が出てくるため、こぼれたりするとやけど繋がることも。

やけどを防ぐためにも、本体のコンセントを抜いたら、5時間ほどお湯を冷ます時間を作る必要があります。

また、水を排水する際には2Lくらいの水が出てくるため、大きめのバケツを用意しておきましょう。

ウォーターサーバーを梱包する

水抜きが終わったら、発送するためにウォーターサーバーを梱包していきましょう。

メーカーが配送キットを送ってくれるケースもありますが、送ってくれない場合は段ボールや緩衝材を用意し、自分で梱包しなければなりません、

サントリー天然水でも、住んでいる地域によっては梱包キットを送ってくれるため、解約の電話を掛ける際に聞いておきましょう。

宅配業者にサーバーを渡す

ウォーターサーバーの梱包作業が終わったら、回収業者に手渡して解約作業終了です。

あらかじめ決めておいた回収日時にサーバーを返却できないと、再配達料金がかかり、無駄な費用が発生します。

無駄な出費を増やさないためにも、自分のスケジュールを管理し、都合が悪くならない様にしましょう。

引越しが理由でクールクーを解約する必要はない

クールクーは、配送先の住所を変更すれば、引っ越し先でも引き続きサーバーを使用できます。

そのため、引っ越しを理由にウォーターサーバーを解約する必要はありません。

クールクーのホームページ・電話受付で住所変更ができるため、引越しを考えている人は住所変更の手続きを行ってみてください。

クールクーを解約している人の理由

実際にクールクーを解約している人は、どの様な解約理由を持っているのでしょうか?

紹介していくので、チェックしていきましょう。

水をあまり消費せず損している気がするため

クールクーは定額制なので、水をあまり使わない人が利用してもかなり損してしまいます。

そのため、水の消費量に合わせて、使用するウォーターサーバーを選ばなければなりません。

例えば2人暮らしで月々の水の使用量が24Lくらいの場合は、一般的なウォーターサーバーを使用した方が良いです。

使用していく中で損をしない様に、月々の水の消費量がどれくらいなのか理解しておきましょう。

アルピナウォーター使用者の使用者の口コミ一覧!特徴や人気の理由を徹底解説!

設置場所が限られてしまうため

クールクーは水道に繋げて使用する水道直結型のウォーターサーバーです。

そのため、設置スペースがかなり限られてしまい、キッチンが狭くなってしまうという不満を感じている人が多いようです。

他社の乗り換えキャンペーンを活用すればクールクーの解約金が安くなる

クールクーは3年以内に解約すると、違約金が発生し、それもかなり高額です。

解約するだけでお金を支払わなければならないため、なんだか損した気持ちになりますよね。

解約金を安くし、負担を少なくする秘訣は他社のウォーターサーバーに乗り換える方法です。

解約する際に発生する違約金を現金でキャッシュバックしてくれる企業が多く、解約金の負担を軽減できます。

また、現金キャッシュバック以外にも、様々なサービスが受けられるため非常にお得です。

現在、様々なメーカーが乗り換えキャンペーンを行っているため、色々と比較してお得なキャンペーンを受けましょう!